完璧な恋の話

kanpeki na koi no hanashi

完璧な恋の話
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×29
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

53

レビュー数
5
得点
70
評価数
20
平均
3.7 / 5
神率
20%
著者
渡海奈穂 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
梨とりこ 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784403525094

あらすじ

完璧じゃないのに周囲に完璧と目されて後ろめたい思いをしている森吉。
ある日、密かに“本物”の完璧な男と認めていた後輩・組木に告白されて!?

表題作完璧な恋の話

組木貴裕,26歳,有能な後輩リーマン
森吉慧,28歳,人事部勤務のリーマン

その他の収録作品

  • きっとあなたのことだから
  • あとがき

レビュー投稿数5

完璧

梨とりこ先生の挿絵目当てで購入。リーマンもの、ゆっくり焦れ焦れ話かと思っていたらめっちゃ面白かった!レビューのタイトル「ポンコツ」ってしたいけどネタバレかな、と思い我慢。とにかくポンコツなリーマンがお好きな方、めっちゃおススメしたいです!雑誌掲載分の本編160P弱+その続き60P弱+あとがき。すっごく好きなんですけど、何か強烈な残るものがあるかと言われると?だったので萌2にしました。

人事部に所属し、部内は勿論、部外のメンバーにもとても頼りにされている森吉。頼られると断れず、何とかしようと色々頑張るからなのですが、そんな森吉でも「完璧」と惚れ惚れするのが、2歳年下で中途採用の後輩、組木。「アドバイスできることなんかないだろ」と思うのですが、組木に「なんでも話してくれ」と告げてみたら「付き合ってください」と言われて・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
受けの弟妹3人(末弟が爆笑)、笹尾(攻めの元カレ)、職場の同僚少々かな。
言いたい放題の末弟、ほんま好き。

** 以下、攻め受けについて

攻めはリーマンとして、とっても優秀、懐っこい大型犬。部下に欲しい。
受けもリーマンとして、とても優秀で頑張り屋で人の事を思いやる方で、職場にいたら間違いなく慕われるタイプで、大好き!
という完璧に思える二人なのに、恋愛面では、間違いなくポンコツ(笑)

攻めは恋愛面に限定で壁作り気味だし、ちと重いぞこれはという印象。そういう自覚があるのか、本当に慎重に慎重に言い寄っていくので、じれったーい!
受けはこれまで女性と付き合ったことは何度かあれど、多分「ほんとに好きになってもらえていない」と気づかれ、尽く相手から別れを告げられた方。
今回、「ほんとに好きになる」という感情に目覚めて、めでたしめでたしとなるのですが、そこまでがポンコツ同士なので焦れ焦れ焦れ焦れ・・・
本編の後の続きもポンコツ過ぎて大爆笑です。

ポンコツ万歳。じれったい恋バナを楽しんでいただきたいです。

0

完璧な男とは

今回は中途採用された後輩社員と有能と評判の先輩社員のお話です。

見栄っ張りな受様が自分の理想とする男である攻様の恋人になるまでと
恋人になってからの続編短編を収録。

受様は入社5年目で人事部に所属する会社員です。いつも穏やかで誰にでも
親切で、優しく、頼りがいがあり、ついでに見栄えも良いという、およそ
非の打ち所の無い男だと、周りから評価されています。

それは両親が供働きな上に激務で、2卵生双子の弟妹と末弟の面倒をみる
役割を担ってきた受様の誰にでも"いい顔したい""知らないと言えない"
見栄っ張りな性格が起因していました。

家族も友人も社内の上司や同僚達までも、そんな受様を完璧な男と評しま
すが、末弟だけはそんな受様の本質を見抜いていて常に辛辣な態度を取り、
「近いうちに自分の首を絞めるぞ」とさえ言うのですが、長年培ってきた
ええかっこしいな性格は変えられません。

そんな受様が本物の"完璧な男"と思っている男が今回の攻様になります♪
攻様は今年の春に中途採用された2つ下の社員ですが、すこぶる美形な上に
中途採用されるほどの専門知識の豊富さと以前の会社で培ったノウハウを
活かしてシステムごと改善した強者なのです。

受様の業務も引き継いだものもあり、今日も多忙な受様の集計を手伝って
くれますが、社内アンケートの集計だけではなく、自由回答欄の意見まで
見やすくまとめられている上に、改善案の下地まで作られていて、隣席の
先輩社員にも「本当にいい拾いものだよな」と耳打ちさるほどです。

先輩社員は「優秀な後輩が2人もいて頼もしい」と言いますが、攻様の様
な『本物』の「格好いい」に受様のような「かっこつけ」が叶うはずは
ないのですが、謙虚は嫌味とも言われてしまい、なかなか受様の巣の部分
は認められません。

しかしある時、若い女子社員から攻様はガードが固くて気まずいとからと
書類の確認を頼まれます。仕事に関係ないところで食事や飲みに誘った
女性社員は悉く断られ続けていた結果の気まずさらしいのですが、そうい
えば無茶な仕事を振られれば代替案を提示しつつも断り、攻様から誰かに
頼みごとをする事はあまりないかもしれません。

素で真面目なのか、本当に壁があるのか判断は難しいものの、そういうと
ころは攻様を見習わないとなと思う受様でしたが、部署内の親睦会の翌日
相談があるからと食事に誘われます。

そこで相談されたのは攻様の恋についてでした。社内の誰かと橋渡しして
欲しいのかと思った受様でしたが、攻様はゲイで「受様が好きなので付き
合ってくれますか」と交際を申し込まれてしまうのです。

内心ではワタワタする受様でしたが、「受様は俺の憧れ」で「少しでも
チャンスがあるなら」と思い切って誘ったと言う攻様に返事に詰まって
しまいます。

果たしてこんな受様と攻様の間に恋の花は咲くのでしょうか!?

雑誌掲載作のタイトル作に後日談を書き下ろし手の文庫化で、長男気質か
ら周りの面倒を見ているうちに「完璧な男」と言われるようになった受様
のオフィスラブになります♪

今時はオフィスラブって言わない!? 最近はリーマンモノでも社内恋愛って
流行じゃないのか、あんまり見なくなって気がします。本作は中途採用で
自分の仕事を引継いだ後輩社員に告白された受様がぐるぐるしながら恋を
実らせるお話です。

いいかっこしいの性格が災いして、攻様の打ち明け話を聞いた後では告白
を断り切れなかった受様は家で撃沈していた所を末弟に見つかり、つい
攻様とのお付き合いについて相談すると、末弟には馬鹿すぎると罵倒され
つつも、傷が浅いうちに謝って断れと助言されます。

しかし潔く「考え直させてくれ」といった受様に、攻様は「嫌です、考え
直さないでください」ときっぱり断られてしまいます。なんとか自分とは
釣り合わないからと言えば、一度引いて見合う男になるとまで言われしま
い、結局は根負けしてしまうのですよ(笑)

期間限定のお試しをする事となり、けっこういい雰囲気になっていくので
すが、受様が攻様の元カレの相談にまでのった事からラブラブめいてきて
いた2人の関係に影が差し始めて、攻様から拒否られた受様ですが、来る
者拒まずの受様には良かれと思ってした事なのに、無残過ぎる結果となっ
てぐるぐるする事になるのです。

努力して周りに"完璧""できる男"と言われてきた受様が、実はダメな男なの
か、本当にダメダメな男なのかを主軸に、彼に恋した攻様との関りで読み
解かれていきますが、実に渡海先生らしい地頭は良くても感覚がズレてる
受様のぐるぐる&ワタワタし、惚れた攻様が諦めの極致で受け入れるまで
2人の恋の結末にドキドキしつつ、とっても楽しく読めました♪

人は見たいようにしか他人を見ず、自分の正義で他人の言動を判断します
が、ここまでダメダメでも受様にハマってしまった攻様がちょっと可哀
そうな気がしないでもなく(笑)、読者な第三者としては2人の言動の不一致、
すれ違いにニマニマしつつ、萌え萌えさせて頂きましたよ (^m^)o

書き下ろしの短編も受様の勘違いから攻様まで悶々させてしまうお話で、
微妙にズレていく受様の言動とそれによって翻弄される攻様が面白かった
です。

受様に惚気相談をされる受様の末弟の恋がとても気になったので、ぜひぜひ
スピンオフをお願いしたいです!!

1

あくまでも個人的な感想

もしかして、こんな感想を持つのは自分だけかもしれないと思いながらレビューをさせて頂きます。
内実は潔癖のスパダリ×見栄っ張りのポンコツ
渡海先生は、このつもりで書かれたのですよね。
でも、私は全く逆の印象を抱きました。


努力で完璧な男を演じている森吉は、誰もが認める本物の完璧男・組木に告白されてーー…というお話。
ノンケの森吉が、ゲイの組木に惹かれていく様子が丁寧に描かれています。

森吉は見栄っ張りというより、断れない人なんじゃないかと思いました。
友達からの誘い、兄弟からのお願い、同僚の相談事。
決していい格好がしたいだけの男じゃなく、困っている人を助けてあげたい人のように感じました。
人から頼られるたびに勉強を重ね、努力をし、それを何十年も続けてきたんだから、それは森吉という人間そのものなんだと思うんです。
ポンコツなんかじゃなくて、優しい努力家だと私は思いました。

対して、組木は何でもできるスパダリというより、思考は女でアウトラインがハッキリしているちょっと怖い男……という印象を持ちました。
気持ちの見えない森吉にイライラし、食事も喉を通らず仕事も手につかない。
組木は、かなりな恋愛脳だと思うんです。
浮気は絶対に許せず、三股された元彼は断固拒絶で、どんなに謝りたいと言っても取りつく島なし。
これは、正直ちょっと怖かった。
この人の地雷を踏んだら、弁解の余地なく一発退場なんだと思ったら恐ろしかったです。

上手くいっているうちはいいでしょうね。
でも、いつ組木を怒らせて嫌われるかと思ったら笑えなかった。
それに比べたら、森吉は懐が広くて優しくていい男だなって思いました。
みんなに優しいのは、誰にも優しくないのと同じだって言われてましたけど、それは違うと思う。
だって森吉が優しいことには変わりないでしょ?
ただ、恋人だったら寂しいかもしれないけど。

そんなわけで、女のような組木の思考に嫌気がさしてしまいました。
でも、森吉の弟の恋はちょっと覗いてみたいです。

2

大人だって不器用な恋をする

側から見たら容姿も整い仕事もできる完璧な受けと攻め。
でもその内情を知ると、なんてポンコツ!なんて不器用!
受け攻め両視点で進むので一方の視点では見えなかった人柄が、なるほど実はこんな人だったのね!と。今回は受け攻めどちらもスマートじゃない恋模様が描かれています。
しかしそれこそが2人の魅力ですね。好きになれば痘痕も靨。自分だけに見せる完璧じゃない一面にキュンとこない恋人はいません。むしろそういう一面こそ愛おしい!になるのはまさに完璧じゃないけど2人にとっては完璧な恋の形というわけですね。今回はタイトルも秀逸です。
こういうお話は新鮮でとても面白かった。

1

完璧じゃない二人の、完璧な恋の話

どうでもいい話ですが、一人「渡海月間」で、既刊を片っ端から読み返してる真っ最中だったりします。
渡海先生ですが、こういう普通だけど普通じゃない恋を書くのがとてもお上手ですよね。
どこか欠けた完璧では無いキャラを、滑稽に、でも愛おしく描くのが巧みと言うか。

タイトルが「完璧な恋の話」ですけど、裏テーマとなるのが「完璧じゃ無い貴方でも愛してる」になると思うんですよ。
人って、相手が完璧だから、誰より優れてるから、とても心が美しいから、好きになるワケでは無いんですよね。
むしろ、完璧じゃない無様でダメな部分こそ、愛しいと感じちゃったりする。
そんな、とても優しくてあたたかいお話。

もう、恋って本当にややこしい。
でも、最高に素敵。
って事で!

ザックリした内容です。
周囲から完璧だと目される、サラリーマンの森吉。
実際には八方美人の見栄っ張りなだけで、全然「完璧」では無いと言うのが自己評価なんですね。
そんな彼が密かに「本物」だと認めているのが、後輩の組木。
周囲とどこか壁がある彼が、自分にだけは親しみを向けてくるのが嬉しくて、悩んでいるらしき組木の相談に乗ると、突然告白されてしまいー・・・と言うものです。

で、持ち前の「いい顔しい」から、ついつい付き合う事を了承してしまう森吉。
しかし男と付き合うなど無理な彼は、素のダメな自分を見せて、組木の方から幻滅してもらおうとする。
でも、染み付いた「格好つけ」から、無意識にいい顔をしてしまい・・・と言う流れ。

まずこちら、王道の片思いものになるんですね。
攻め>>>>受けの。

で、面白いのが、受けのキャラクター。
いや、最初こそ、周囲にいい顔ばかりしては自分の首を絞めちゃう優柔不断男に思えるんですよ。
それが、博愛主義の誰にでも優しい男→どこか欠けた所のあるダメ人間へと印象が変わってゆく。

こう書くと主人公が相当ダメ人間に見えるんですけど、一応、自己評価が低いだけで、本当に仕事も出来るし目端が利く有能な男だと思うんですけど。
後輩である組木が「本物」だと思っても、妬んだりせず素直に凄いヤツだと認めと、性格だって決して悪くないですし。

これね、個人的に一番萌えた部分なんですけど、そんな誰にでも優しい、逆を言えば誰も特別では無かった受けが、攻めにより、初めて本当の恋をすると言う所でして。
いや、組木ですが、スマートなのにグイグイ来てと、森吉にかなり強引に近づくんですよね。
で、そんな彼と過ごすうちに、これまでには無い嫉妬だの独占欲だのと言う感情を経験し、戸惑ったりオロオロしたりする森吉がめちゃくちゃ可愛いのです。

またこちら、両視点で語られる所が上手くて。
えーと、実は組木ですが、最初から森吉の欠けた部分と言うのに気づいてたんですよ。
それでも、どうしようもなく森吉に惹かれた組木は、なんとしても彼を手に入れようとアタックを開始する事にした。
そう、「完璧じゃない貴方でも愛してる」ですよ!
いや、組木は組木で過去の経験から恋愛に対してトラウマを抱えていてと、決して森吉が思うように完璧な男では無いんですけど。
ここに組木のトラウマの原因となった元彼が絡み、二人の恋愛は混迷の様相を極めて行くワケですけど。

とりあえずですね、読み終えての感想ですが、スレ違いや誤解の妙が最高だよ!ですかね。
しつこいですが、森吉がダメ人間なんですよ。
組木から見た彼と言うのは、自分を思わせ振りに翻弄する小悪魔なんですよ。
それがそれが、クライマックスで分かる本当の森吉。

ただの天然じゃないか!!
組木じゃないけど、なんて恐ろしい男・・・!と言いたくなっちゃうんですよ。
ええーー!
もう、なんて可愛い生き物なの!?と。
そしてポンコツなの・・・。
や、そんな森吉を世界一可愛いと思ってる組木にもまた、萌えまくっちゃうんですけど。

と、そんな感じで、主人公のキャラやスレ違いの妙が可愛すぎる作品になるんですけど。
いやもう、最高ですね。

ちなみに、ここまでが雑誌掲載作。
この後、書き下ろしで二人の後日談になります。

この書き下ろしですが、しょうもない誤解からスレ違う二人が、コミカルに書かれています。
笑った。
そしてエロ魔神と化した組木にニヤニヤした。
もう、勝手にやっててちょうだい!って感じになります。

ところで、表紙にスーツの男が二人並んでると、それだけで異様に滾っちゃのは私だけですかね?

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う