愛されたがりの尽くし方

aisare tagari no tsukushi kata

愛されたがりの尽くし方
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神18
  • 萌×227
  • 萌33
  • 中立6
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
14
得点
303
評価数
86
平均
3.6 / 5
神率
20.9%
著者
楢島さち 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス moment
発売日
ISBN
9784801960626

あらすじ

見返り欲しさの一方的な尽くし方にうんざりされ、
同棲していた男の恋人にフラれた瀬戸陽太は、
バイト先の常連・岡崎巽に拾われる。
同居を持ちかけられ、巽の好意を知った陽太は尽くし癖のスイッチが入り、
じわじわと迫りながらうっとりとした瞳で見上げ、お礼と称して股間をまさぐり始める。
抱かれて愛に満たされたい陽太は、巽をセックスに誘うが、
「本気で俺のことを好きにならない奴は抱かない」と断言されてーーー…。

愛されたがりの「初めての恋」が育つまでを見守る珠玉のラブストーリー
描き下ろしマンガ10P収録!

表題作愛されたがりの尽くし方

岡崎巽・美術教師・28歳
瀬戸陽太・定食屋でバイトの大学生・20歳

その他の収録作品

  • Bonus track
  • あとがき
  • カバー下:イラスト

レビュー投稿数14

甘やかしVS尽くしたがり

尽くすのが生きがいで尽くしすぎてしまう陽太が巽と出会い愛とは何かに気づいていきます

酔っ払った陽太は巽さんを誘うもお断り...
お前が俺のこと好きになるまで抱かれたいという巽!!!!紳士〜〜巽さんかっこいい

巽さんからの愛に触れてだんだん意識し始めた陽太
一緒に寝るかの一言だけで顔真っ赤にするのがかわいい!成長したね…!

巽さんにトロトロにされてる顔がたまらない!
もともと素質はあるしエロいよ陽太〜〜
我慢した巽さんまじ尊敬

絵は線が細くて繊細な感じで綺麗です

ビッチ系の受けが好きな方にオススメします!

3

尽くしたがりのラブコメ

尽くしたがりで喜んでほしいだけなのに、重いと感じるのは、受けた分を返せないから。
冷たい様だけど、ある意味真面目な同棲相手から、一方的に別れを告げられる。

荷物を持って、住処を失い途方に暮れて、
何気に昔住んでいたアパートに行ってみたら、アルバイト先の常連客が住んでいた。

瀬戸陽太は、ただ尽くしたいだけ。愛していなくても尽くしたがる、壊れた人。
同居相手の巽に、愛が無ければHしないと言われても、陽太はその意味が分からない。

いじましくて、可愛い分、気の毒に感じる主人公が、自分にあった相手と巡り合えてよかったんじゃない?

1

とにかく優しく甘い

この年齢差が!私は好きです( ´﹀` )
受けが、愛情を感じるために尽くしたい=好きっていう思考になってたのを、自分の欲を抑えて根気強く変えていくのが良かった。
王道だとは思うけど、すっごい好みでした

0

尽くしたがりの受け


必要とされてないと、自分の存在意義がわからなくて、ついつい尽くしてしまう受けの陽太くん。

元カレにもそれが原因で、重い、うざいと言われて別れを切り出され、家を追い出されてしまいます。

行く宛もなく、前に住んでいたアパートになんとなく行ったところ、そこに住んでいたのはアルバイト先の常連客の巽さん。

行く宛がないのならしばらくいればいいと、そこから二人の話が始まります。

ここでも、尽くしたがりが出てきてしまいますが、そこを巽さんが「好きとは何か」っていうのを、教えてくれようとします。

巽さんのこの、包容力というか大人な感じがとても好き!!
陽太くんが、巽さんのことを好きになって、「好きってこういうことなんだ」って、気づいてから気持ちを伝えるまでが可愛い。

両思いになってからは、陽太くんがエロ可愛いすぎてたまらんです(/ω\)キャー

ちょーっと、陽太くんが細すぎて…
「大丈夫?ちゃんと食べてる?」と、変なところを心配してしまいましたが、きっとこれから幸せ太りするはずだ!と勝手に妄想しておりますwww

2

優しくなりたい

付き合った相手に尽くすことこそが生き甲斐の陽太は本当の意味で人を好きになることがわからない。
それは自分の承認欲求を満たしたいだけだ、と恋人に振られ、家を出てきたところ
バイト先の常連客・巽に拾われて‥
という、王道展開。
でもそれもあまり気になりませんでした。
陽太がクソビッチなわけでもないし
むしろ過去の恋人達には一時の都合の良い相手として扱われていたんだろうな‥
そう思うとちょっと可哀想に感じました。
今までの彼氏とは違って巽は
スキルとか関係なく陽太自身と向き合っていて、そういう部分から
巽さんみたいに優しくなりたい、という
陽太の発言に繋がったんだろうなと思ったら
王道だけど深いところがあるなと感じました。

2

尽くし型の受け

楢島先生が好きで購入。
必要とされたくて尽くす陽太。自分に自信がなくて不安で寂しいのかも。
巽と一緒に暮らしていくうちに愛するっていうことを徐々に知る過程が可愛かったな。
巽が見た目に似合わず(笑)包容力があって寂しがり屋の陽太にはぴったりだなと思いました。

1

考え方が変化する出会いって貴重

尽くしたがりの考え方、その変化していく様がすごく巧く描かれていて面白かったです。こういった、自分と違う考え方をする人物のお話がとても好きで、またその人物の考え方が変化するのも感動しながら読みます。

愛されたいから尽くしたい、相手の為と思いつつ承認欲求からくる尽くし癖。悪いことだと思っていない(悪いことではないです)陽太は巽にぐいぐい問い詰め攻める。
そんな彼が好きとは何だと自問し、自覚してからの挙動不審(と豪華な食事!笑)、巽と想いが通じてからの尽くしっぷりの本領発揮と、変化が丁寧でとても楽しく読めました。
巽自体の造形はあまり好きではないのですが、陽太との考えの違いを押し付けず無理に諭さず、良い年長っぷりでした。
二人とも自分の性格を抑えることなくめでたしとなったので、読後感も良いです。

著者あとがきで、陽太のご飯を美味しそうに描くよう注力したと書いてあり、キラキラ盛り盛りな食事風景に納得しました!

0

好きだからこそ

可愛らしい表紙に惹かれて購入。
恋愛下手な子がちゃんとした恋をするまでのお話でした。

受けの陽太は素直で可愛いんだけど、尽くす事が生き甲斐なためそれが原因で振られます。
好きと言われる→嬉しい、喜んで貰いたいと尽くす=自分の存在価値という陽太の考えは、その人の事が好きだからしたい!というのとは違うんですよね。
そんな陽太の思考回路、分からんでも無いな〜と思ってしまいました(^^;;

対して攻めの巽は、陽太の事を気に入ってながらも陽太のHなお誘いにのりません。
自分の事が好きじゃないならしない、という巽の辛抱強さったら…!
家事も陽太に全て任せるのではなく当番制にしたり、陽太のやりたい事の手助けをしたり、巽がイケメンすぎでした(*´ω`*)

そんな巽に陽太が惹かれるのも分かるわ〜といった感じです。
陽太が巽を好きだと自覚してからの告白はわりと早く、ダラダラ恋に悩む〜みたいな展開じゃないから私は好きでした(笑)

書き下ろしは陽太が酔っぱらってエロ可愛いお話です。(H有り)
陽太は外で呑んだらいけない子だわ…( ̄▽ ̄;)

二人の同居のキッカケは「無いだろw」って感じだし、都合よすぎと思う点はありますが、全体を通して表紙同様可愛らしいお話でした。

5

裸体がガリガリすぎる…

初読み作家さんです。
キャンペーンで半額になっていたので、読んでみました。

尽くしたがりの受け。
だけど、それは好きだから相手に喜んでほしいという訳ではなく、尽くす事によって必要とされたい、自分の存在意義を感じたい、相手から感謝されたいという所謂、自己満足型なんです。

それを付き合ってる彼に指摘され、別れを切り出されてしまいます。
同棲していたけど家を追い出され、途方に暮れていたところ、受けのバイト先の客で以前から受けに好意を持っていた攻め宅に転がり込む事に…。

早速、置いてもらえるならなんでもします〜とフェラをしセックスを迫る受けに対し、お前は俺のことを好きではないのに俺だけ好きな状態でセックスしても虚しいからしないと諭しても、攻めのいう事が理解できない受け。

そして、攻めから「俺の事を本気で好きにならない限り絶対にお前の事は抱かない」という宣言をされてしまいます。
だけど、その気持ちを理解できないどころか、そもそも本気で好きになるってどういう事?とそこから躓いてしまう受け…前途多難。

セックスしない宣言されてからも、寝込みを襲おうとする受けにイラ〜っ。
攻めのことを好きでもないのに「巽さん(攻め)が俺を好きっていうのが本当なら、抱いてもらって気持ちを確かめて安心したいです」と言うんだけど、自分が安心したい為に、攻めの気持ち丸無視で攻めを利用しようという根性が…

「誰かに必要とされていないと自分の居場所がないんじゃないかと不安になる」ほどの自己肯定の低い人間が出来上がっちゃうような生育過程がストーリー上で描かれていないので、受けの思考回路にまったく共感できませんでした。

尽くし依存型人間になってしまうって結構よっぽどの事だと思うんだけど、おまけページで「病弱な母に代わって弟妹の面倒を見てきたので自己優先度が低く、人に必要とされたり認められたりする事が生き甲斐」とキャラ紹介されているだけ。
自分の事が疎かになってしまうというのは理解出来ても、それだけで人の気持ちもわからないビッチ人間になれちゃうの?って。

まあ攻めが出来た男で、抱いてよ!と迫る受けのことをグッと堪えて手を出さない意志の持ち主でして、じっくりと待ってくれるおかげで受け自身も色々考えて、色々気付いて成長していく…というストーリーで可愛らしいんだけど、全体的にライトでぐわっとくる箇所がなかったので、ちょっと物足りなかったです。

そして表紙の通り絵が可愛らしいのですが、脱いでびっくり!攻め受けの裸体が鶏ガラみたい…。
特に受けがガリガリで、筋肉どころか肋骨が浮き出てるし、細い棒のような腕。
27歳のいい男であるはずの攻めの身体もこれまたショボい。
それなりにエロがあるので裸体の登場率はそれなりにあるのだけど、ガリガリなのでまったくエロくないです。

中立と迷ったのですが、攻めがいい男だったので萌で。

4

尽くしたい=愛されたい

KindleUnlimitedにて読了。安定した可愛い絵柄ですが裸体がかなり華奢で、受けもキラキラした顔立ちなので、この辺りは好みが分かれるかも…。

受けが彼氏と別れて以前住んでいた部屋に行くと、現在の住人は、バイト先の常連さんの攻め。そこから部屋に置いてもらうことになって、いきなりフェラしだす流れになったのでびっくりした。
尽くすことで相手に自分を認めてもらえると思っている受けに対して、攻めがちゃんと一歩引いて諭すので、とりあえずは安心。攻めは前から受けをいいなと思っていたのだが、そこでなし崩し的に最後までしなかったのは、まともな大人という感じで好感を持った。

受けは家庭の事情で、デザインの道に進むのを諦めていた過去があり、偶然にも攻めは美術関係の仕事をしているので、自分の工房で受けに仕事の手伝いをさせる。
それを通して受けが成長するプロセスはわかるのだが、アパートの部屋のことといい、序盤から偶然が重なり過ぎていて、若干のご都合主義感が…。
元カレも再登場し、元カレとの関係と攻めとの違いに気付く過程も、もうちょっとじっくり描いてもらった方が感情移入できたような気がする。
攻めの、受けを見守るような大人な態度は萌えましたが、受けが熱を出してるのにガマンできないのはどうかと思うよ…。まあ、看病からのえっち突入はBLあるあるネタなので、仕方ないのかな。
危なっかしい感じの受けと包容力ある攻め、というカップリングは好きでした。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う