君だけが僕を見つけられる…呪いにも似た恋

スクールナイト

school knight

スクールナイト
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神32
  • 萌×214
  • 萌1
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
223
評価数
51
平均
4.5 / 5
神率
62.7%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション
発売日
価格
¥700(税抜)  ¥756(税込)
ISBN
9784344840577

あらすじ

自分以外の人間の顔がただの点と線にしか見えない雪村。だが、新しく寮の同室となった紫ノ宮の顔はなぜか判別できたことに驚く。学校では怪しげな魔物が蠢き生徒が何人か消えたが教師も同級生も見て見ぬふり。訝しむ雪村に、紫ノ宮は「お前を守る騎士になる」と宣言するのだが!? ストーリーテラーARUKUがお贈りする甘い呪いにも似た長い長い恋の物語。

表題作スクールナイト

その他の収録作品

  • ある日曜日午前5時半の光景(描きおろし)
  • 番外編 人こひ初めしはじめなり(描きおろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

♯因果の道理

輪廻転生とは…生ある者が迷妄に満ちた生死を絶え間なく繰り返すこと。

いわゆる、輪廻転生もの。
ダークファンタジー。
運命を変えるために王子を守る騎士の物語…
輪廻転生を断ち切り、王子の幸福を願う騎士の物語…

仏教の教えでは、全ての結果には必ず原因があり、輪廻転生にも原因がある。
その原因を断ち切ることで、輪廻転生から抜けだことができるはず…

物語上その原因は、黒薔薇の騎士…そいつを倒すために命をかけて戦う白薔薇の騎士。

壮大で優しくて、読後にさえワクワクさせられる…そんな物語…。

1

一途すぎる騎士と王子様の物語

学園モノにしてがっつりファンタジーです。一途な愛にめちゃくちゃ泣きながら読みました。大好きな作品です。

1

天才による美しいおとぎ話

何だ!この話は。なんという伏線と見事な回収。物語は独創的すぎるのに、人が人を思う気持ちの尊さやその永遠性、その普遍性が驚くべき表現力で描かれている。こういう唯一無二の作品を描ける人を天才と呼ぶのだろう。誰にも真似できない世界観、素晴らしい。世の中の残酷さを描きながら、そこでこそ輝く美を描いた稀有な作品。

2

一年の幕開けを応援してもらいました♪

たまたま新年に読んだのですが、過去のしがらみを断ち切って、リスタートをきる、一年の幕開けに相応しい物語でした!今年一年を応援してもらえた気分です。

舞台は孤島の男子校。戦時中の軍事学校みたいだけど、戦争に勝つためってがむしゃら感はなく、生徒は簡単に置き換えられる希薄さで、ゴーストが出てくるファンタジー要素もあり、過去なのか、近未来なのか、パラレルワールドなのかもわからない不思議な世界観。

主人公の雪村は、自分以外の顔が、丸と線にしか見えない。
みんなLEGO人形みたいで判別できないし、表情もわからないから、雪村はいつも笑顔を貼りつけて嫌われないようにやりすごしている、どこか孤独感が漂う少年。
でも寮で同室になった紫ノ宮だけは人の顔に見える!
紫ノ宮は最初は冷たかったのに、危ないことに巻き込まれる雪村を、メロンパンの報酬で守ってくれることに。
紫ノ宮はピンチの雪村を身を挺して守り抜く、”白薔薇の騎士”の称号に相応しいかっこよさで、雪村にとって紫ノ宮はどんどん特別になっていって…

気弱な雪村がひたむきに紫ノ宮を想う、それに紫ノ宮が気まぐれに応えているようなキュンキュンさせられるストーリーです。途中までは。
後半で二人の過去のしがらみ、何度も繰りかえされてきた悲しい因縁が明らかになると、雪村>紫ノ宮に見えた想いの深さが、紫ノ宮>雪村に逆転するんです。
紫ノ宮はこんな想いを抱えながら、雪村のことを守ってきたのか!
もう二人が一緒にいるだけ、それだけで嬉しさが込み上げてきます。

そして、またしても襲いかかってくる因縁。でも雪村は紫ノ宮に出会って強くなり、今度は違う未来を手にできるかもしれない…

最初、この本を読もうと思ったのは迷宮のリコリスさんのレビューがキッカケです。いつもあらすじをわかりやすく書いたうえで考察を書き添えてくれるのに、本作に関しては掴みどころがなく、でも”衝撃”だけは伝わってきて、これは読まなくてはと思いました。
そして読んでみると、この世界観を文字で説明するのは無理だし、物語はARUKU先生の絵で体感していくしかないというのがわかりました。
ARUKU先生の絵は以前より儚げになり、この物語にピッタリで、ARUKUワールドに引きこまれました。
新年早々にピッタリな物語が読めて嬉しいです♪

4

ARUKUさん作品の中でも史上最高のキラキラ美形攻めだと思う。

自分以外の人の顔が点と線でしか見えないため人の顔を見分けることができない雪村は苦労が絶えなかった。
だけど寮で新しく同室になった紫ノ宮の顔だけはちゃんと目鼻立ちがある正常な顔に見えて、生まれて初めて顔を認識できたことに驚く雪村。

紫ノ宮は剣術の腕前から「白薔薇の騎士」の称号を与えられているのですが、この「ナイト」は騎士の「ナイト」なのねーと。

学園ものかー?と読み進んでいたら、どんどんファンタジー、それもダークめなのが入り込んできて、バッサバッサと人の形をした妖のようなものを斬って血しぶきが飛び散ったり、クラス全員を殺戮したり(といっても妖のような類ですが)する描写があるので、おぉ〜ぅ…そっち系か…と最初読んだときはビビりました。
「明日屋商い繁盛」みたいな虫系のグロい描写があったらどうしようか…とドキドキしながら半分薄目で読み進めましたが、虫は人間サイズの蛾がいたけど、ぞろぞろではないので何とか許容範囲。

正直学校を舞台にしたあたりは、前日に「やっぱり好きだ」を読んでたこともあってキラキライケメン攻めと自分の可愛さに無自覚な可愛い受け(あちらはおでこちゃんと言って可愛がられる、こちらの雪村はほっぺをむにむにされて可愛がられるといったような)という組み合わせに見覚えがあるなぁ…と思ってしまったのですが、王子様の話のあたりからグイグイとお話に引き込まれていきました。

一言でいえば輪廻転成&騎士道ダークファンタジーというのかな。他の人の顔が皆同じに見えてしまうのにも意味があって、何度死んでも何度生まれ変わっても相手を見つけ出して守り抜くというやつで、最後が自分に理解力がないのが申し訳ないのですが、裏?の世界ではまだ黒と白の戦いが続いているということでいいんでしょうか?
そしてまたあちらの世界では、これからも何度も何度も輪廻転成を繰り返すのでしょうか?そこがわからなかった………

攻めに守られる受けという構図が「明日屋商い繁盛」と似たようなものを感じますが、あちらの方が各エピソードに涙するものも多くて好きなので、比較してということになってしまいますが萌萌です。

しかし攻めのキラキラぶりが素晴らしく、ARUKUさんの中で史上最高のキラキラ美形攻めだと思います。長髪がこれまたいいんだわー。私自身は長髪あまり好きではないのだけど、この攻めに限っては切っちゃダメ!と思ってしまいました。


4

ただただ涙した、その理由。

『スクールナイト』というタイトルを最初に見たときは、夜の学校で巻き起こるストーリー?と思っていたのですが、night(夜)ではなくて、knight(騎士)でした!

人の顔が認識できない、見えない主人公の雪村。学校の寮で同室になった紫ノ宮の顔だけははっきりと見えて…というストーリー。現代のようでもあり、もっと古い時代の様でもある学校生活。そこに非日常なものが入りこんで来て、ファンタジー色が濃くなっていきます。グロテスクな描写がありながらも、他の生徒たちの描写は普通で、そのアンバランスな世界観に、何だろう?どういうことだろう?と読み進めると、どんどん不穏な空気が増えて行くのですが、雪村の可愛さと、紫ノ宮の凛とした精悍な姿、そして二人のやり取りが可愛いやら、カッコいいやらで萌えるんです!だから最後の方まで事の真相はわからないのだけれど、ドキドキしっぱなしで読みました。

そしてとうとう明かされる「この世でたった一人だけの顔が見える理由」。これがわかった時の私の衝撃。なんて苦しくて切なくて、そして甘いんだろう。恋とか愛とか、そんな言葉では言い表せない二人の絆に、ただただ涙しました。

たった一人と結ばれた運命の絆。恋を超えた壮大な輪廻の物語。繰り返す残酷な運命の果てに、今までのどの自分よりも強くなれた雪村の行く先を、是非読んでみてください。

5

ayaayac

迷宮のリコリス様
明けましておめでとうございます。
こちら、リコリスさんのレビューをキッカケに読まなくてはリストに入れていました。(レビュー中に勝手にお名前を出してしまってすいません)
レビューから伝わった”衝撃”を信じて読んで良かったです!
たまたま新年に読んだのですが、一年の幕開けに相応しい作品で読めて良かったです。
レビュー&ご紹介ありがとうございましたm_ _m
そして今年もリコリスさんのレビューを楽しみにしています♪

ふばば

こんにちは、コメントありがとうございました。
ARUKUさん、神懸かってる!っていう感じでしたよね…!

お前が魔法少女だったのか!

最初は主人公が自分以外の顔が分からなくて
一人だけわかる運命的な相手が出てくるんだろうなと思いながら
まぁ特殊な感じはあるけど、普通のBLかなぁと
しかし進むにつれて謎が解けていくのですよ
わかる!そう!これこそ
僕と契約して魔法少女になってよ!!(`乂ω・´*)
そうなのです。某彼女とはちょっと違うけどw
彼もまた守るために何度も生まれ変わるって受の前に現れるのです!!
もう運命なのだ運命だからこそから逃れられない受の死...
失敗しても、何度も何度も繰り返すのさ
もうね、これだけでつらいね( ;∀;)
攻の正体もね...なんかつらいよね、これ幸せになれるのかなぁ思ってたけど
最終的にハッピーエンドだったのでよかった

某アニメを知っているとまた違うテンションですw

3

神だ〜(信者より)

いやーー……
なんだろう、この物語。
ARUKUさんは凄い凄いとずっと思って心酔してきたけど、まだ上があったよ…
ジャンルとしては、ファンタジー。
他人の顔が点と線にしか見えない雪村。
そんな雪村の前に現れた、唯一顔が見える紫ノ宮。
紫ノ宮は雪村とは前世の約束があるからお前の騎士になってやる、と言う。
そして、言葉の通り襲いかかってくる危険やバケモノを斬って斬って、雪村は守ってくれるカッコいい紫ノ宮を好きになっていく…
自分の「好き」を隠そうとする雪村のモダモダ、カッコ良すぎる紫ノ宮がもう何とも萌える!
そしていよいよバケモノが学校全体を襲い始め、対決を決意する雪村。雪村って実は数学の秀才!
ここで雪村の過去編。いや、前世編。
何度も何度も生まれ変わって同じ事を繰り返し、今の雪村になって多分初めて「騎士」に恋をして。
恋で遂に因縁が打ち破られる…!

「明日屋商い繁盛」や「キラキラセブン」内の短編にも現れるモチーフの最強形なのかな。
BL的にはキスまで。エロはありません。
雪村と紫ノ宮の、切なくてキラキラした恋心と騎士道に萌えましょう!

9

迷宮のリコリス

お久しぶりです!
キラキラの恋と騎士道。萌えました~ヾ(≧∇≦)ノ
やっぱりARUKU先生はすごいですね。
何度読んでも目がびしょびしょになってしまいます。
紫ノ宮の見た目のカッコよさも最強でした!!

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ