僕を悪い子にして

boku wo waruiko ni shite

僕を悪い子にして
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神11
  • 萌×216
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
133
評価数
33
平均
4.1 / 5
神率
33.3%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
シリーズ
僕を悪い子にして
発売日
価格
¥679(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784758077378

あらすじ

“親に愛されている”真面目で成績優秀な優等生・白石は、クラスメートで“金持ちの道楽息子”の不良・不動に知られたくない秘密を見られてしまう。
黙っている代わりにセックスさせろと言われ、所構わず抱かれる日々。
癒されることのない生傷を乱暴に暴いていく不動に、けれど白石は快楽を覚え始める。

正反対に見える二人の、誰にも言えない共通点――
愛を知らないふたりが愛し方を知る…

表題作僕を悪い子にして

不動斗真、金持ちの道楽息子 高校生
白石真、真面目な優等生

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下:キャラクター紹介

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

シリアスな生い立ちだろうって感じだけ

続刊が出るらしいので興味から読みました。綺麗な絵だと思いましたが、横顔や身体のバランスが気になりました。それから台詞より表情や雰囲気で語る場面が多かった様に思います。なんだか、途中で一昔前の少女漫画を読んでいるような感覚になりました。ちょっと思ったのと違ってました。真がアナニーする場合がちょっとイキナリな印象があったのと、激しかったので、あれだけビクビクしていた父親は不在なの?って不思議に思いました。ビクビクしている割に回想の中にしか登場しないので、現実感があまりないです。初めから雰囲気のままストーリーが進んでいくのがこの作者さんの手法なのか?描ききれて無いだけなのか?続刊に期待です。

0

作風、雰囲気、登場人物が全て魅力的です

表紙は題名の印象とは違い、実際の話はもっと切なくて清らか(?)な感じでした。受けの真が可愛らしくてとても感情移入がしやすく、幸せになることを願いながら読める作品です。
絵柄も超綺麗で、設定や雰囲気、登場人物にすごく惹かれました。

ただ神評価に出来なかった理由は、少しあやふやになっている所が多かったからです。なぜ真は今の環境に置かれているのかはともかく、攻めの斗真がなぜ真をレイプしたのか、なぜ関わるなと言った後にキスしたのか、キスしたのになぜ真から告白したら「気持ち悪い」と拒絶したのか、なぜ最終的に斗真は真を好きになったのか、もっと詳しく知りたかったです。

というわけで、私は続編を出して欲しいのです!!!!色々と掘り下げて頂いて、二人が少なくとも二人で過ごしている時には幸せそうにしているところをもっとたくさん見せて頂きたいです!あと、やはりどちらも自身の家族と納得いくほど向き合えたら良いな、と思います。もちろん決まって上手くいくわけではないんですがね…やはり二人には真に幸せになって欲しいです。

まあ続編の話は置いておいて、ストーリーが未熟(と言ったら偉そうなんですが…)な部分がありますが読む価値は絶対にあるのでおすすめです!

1

表紙のイメージと違って…切ない!

えっ…めちゃくちゃ面白い!!
正直表紙のイメージでえっちそうだな〜と思ってなんとなく買ったら良い意味で裏切られた!!確かにエロもあるけどそれ以上に意外に純愛というか…スゴい萌え萌えでした!!BLらしい切ないすれ違いとかあってもう!スゴい好みです!!
最初の方、無理やりだったりとかして受けの白石君が可哀想だったりしてコレハッピーエンドになんの?!と不安だったんですが、その後すごい切ない純愛展開になっていってもう萌えまくりでした。受けの子すごく健気でかわいい!泣き顔が…守ってあげたい!攻めの不動君はとにかくイケメン!眼福です。ドSっぽい中にも些細な事に気づく優しさがあって素敵です。絵がとても綺麗で好きです。こーゆー地味な受けとモテそうなヤンキーの組み合わせ大好きなので意外なとこで超自分好みの作品に出会えて嬉しいです。
ただ本当に好きな二人だけにこの1巻で見納めは悲しすぎる!もっと二人がイチャイチャしてたり普通にデートしたりするとこも見たいです。まだまだ物足りない。あと白石君の家庭の問題も解決していないのでそこも気がかりで…。不動君!助けてあげて!
とにかく久々にどストライクなBLが読めて嬉しいです。出来れば2巻3巻とこの二人が見たい!作者様…余力があれば…お願いします…!

2

買ってよかった!久々に萌えた。笑

いや〜〜、、よかった!!

ネタバレ注意です!

あらすじは、優等生の白石は、父親に虐待をされているという秘密を、不良の不動に知られてしまいます。それを黙ってる代わりにセックスさせろと脅迫される、という、まあ、ありふれた(?)設定なのです。

気になるところは細々とあるんです。

何故唐突にセックスなのか、不動は別にゲイでもないし、男相手によく勃つなーという。。←
それと白石が不動を好きになった理由は??流されちゃった感が否めない。
不動は白石に「俺に関わるな」って言っておきながらキスしたし。
白石に告白されて「気持ち悪い」って拒絶するし。
それと白石が花火や雷などの大きな音を怖がる理由もイマイチ分からない。

そういうところは気になりました。

だが!!!!!!!!
とにかく絵が綺麗なんだよ〜〜〜〜!!おい〜〜〜〜!!絵柄めっちゃ好きです(´;Д;`)

2人がキスしてる背景に花火があがってる見開きのページが綺麗すぎて言葉が出ない( ˘ω˘ )
この作者様が描く手が美しいです。

それとキャラがいいですd
白石、不動が両思いになった時の2人のウブさよ。。赤面しちゃってさ〜不動も可愛い。可愛すぎる。
その他にも白石の友達の橘くん、名前はないですが不動がつるんでる2人の友達もなんか気になる。。

今まで荒い抱き方とキスだった不動だけど、両思いになった後は優しいからニヤける。笑

不動も親に虐待されて消えない痕もあるので、お互いがお互いしかいない、寂しいとかの気持ちもわかる、そういう関係っていいよねd

不動が白石の痣を舐めてるのもよかったなあ。あと名前呼んでって頼む感じも笑

気になるところはあるのですが、それをもどうでもよくなるくらいの画力、というか絵の迫力というか。そういうものを持ってる作者様だと思います!

2

個人的にかなり好きです(*´ω`*)

雰囲気で読ませる漫画だと思います。
よく考えると(考えなくても)、不自然な部分だったり引っかかる所があったりするのですが、その作品自体の独特な雰囲気や強いエネルギーで読ませてしまうと言うヤツです。
好きな方は好きだろうなといった感じで。私もかなり萌えました(//∇//)

内容ですが、金持ちの道楽息子で不良の不動と、真面目な優等生・白石。正反対なのに実は心に同じ傷を抱えています。そんな二人が関わり合っていくうちに、互いに愛を知りー・・・と言うものです。
初読み作家さんですが、個性が強めながら綺麗な絵だと思います。

白石は実は父親から暴力を振るわれており、それを隠して優等生をしています。その事に気付いた不動から脅され、無理矢理に身体の関係を持たされています。
そして傲慢で好き勝手に振る舞っている不動。実は彼にも白石と同じ、親から虐待されていた過去があり、といった所。

実の所、白石の秘密を知った不動が、何故「セックスさせろ」になるのか不思議です。この時点では特に白石に惹かれているワケでもないし、元々ゲイて感じでもないですしね。また、白石が不動を好きになる動機付けがイマイチ弱くて唐突に思えます。同じく、不動が白石を好きだと自覚するのもちょい不自然に思えます。「こいつには俺しか・・・!」たって、「え?なんで??」て感じなんですね。

しかし、そんな微妙な部分がありつつも、その独特なパワーで納得させて読ませてくれちゃうのがこの作品の凄い所。サブカル系と言うのでしょうか。作品自体に独特な雰囲気があって、なんと言うか強いパワーで引き込まれます。
あと、パッと一瞬で心を惹かれるコマなんかが多いです。また、そんなコマのイラストが大変美しい。
身も蓋もない事を言っちゃうと、強姦される受けが萌えるんですね。
BLでありがちな、最初から気持ち良くなっちゃうパターンでは無く、最初の内は痛くて脅えているのがまたいいというか(//∇//)
脅されて身体の関係を持たされ続け、受けが追い詰められていく姿が気の毒ながらすごく萌える・・・!個人的に、こうゆうのが大好きなのです。

あと、強姦から始まった二人の関係が、愛のあるものに変わっていくのも見所。追い詰められて苦悩している受けも萌えましたが、今度は攻めに心を開き、素直に甘える受けがかわいすぎて萌えます!
そして常に不遜な態度だった攻めが、恋愛感情を自覚した途端に見せる素の表情もキュンとさせられました。
なんと言うか、強姦シーンはかわいそうな受けに萌えるのですが、心が通じ合ってからのエッチは甘々で萌えるのです。攻めと受け、両者の表情がやたらかわいかったりして。このエッチの時の表情がすごく豊かなのも良かったです。ほんと、かわいいだけじゃ無く、すごく色っぽくもあります(//∇//)

微妙に腑に落ちない部分もありましたが、個人的にかなり好きな雰囲気の作品でした。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ