いたぶられると、悦(よろこ)びます。

工藤先生のマジェスティックデイズ

kudousensei no majestic days

工藤先生のマジェスティックデイズ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神27
  • 萌×226
  • 萌19
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
13
得点
297
評価数
74
平均
4 / 5
神率
36.5%
著者
藤峰式 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
ポーバックス BABY comics
発売日
電子発売日
ISBN
9784865894080

あらすじ

純情サドな不良生徒
×
快楽主義のドM先生

クレイジーな教師が初めて出会った一途ヤンキーに
身も心も虜にされるハイテンションラブストーリー


校内いたる所でエキサイティングセ●クス! !

真性マゾヒストの国語教師・工藤(くどう)。
ド変態な彼にとって荒くれ者が集う男子校はただの楽園(パラダイス)。
教室中に充満する男くさい体臭、飛び交う罵声、侮蔑の眼差しetc.…。
中でも一番のお気に入りはボス猿的存在の日南(ひなみ)くん。
欲望を抑えきれなくなった先生は、ついに日南くんの机でオナニーしてしまった!
なんとその現場を日南くんに目撃され、奴隷にされてしまい…!?
誰にも教えられないヒミツの課外授業がたっぷり詰まった大ハッスルな一冊。

表題作工藤先生のマジェスティックデイズ

日南庸介,高校生
工藤直樹,マゾで変態な国語教師

同時収録作品深層

陽斗,大学生
奏,大学生

その他の収録作品

  • 日南くんのファナティカルデイズ(描き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数13

もうこれしかないという組合せの二人

受けの工藤先生がとても突き抜けた変態で楽しいです。また、攻めの日南くんはヤンキーなのですが、男っぽい性格で先生の個性をしっかり受けとめていてカッコいいです。二人のバランスがもうこれしかないという組合せです。

二人以外ほとんど登場人物が出てこないのに、ずっと読んでいられる不思議な世界観です。

6

ブレない変態!

2作品収録ですが、精神的なMにご奉仕するSという感じのSM関係でしょうか。
どちらも性癖に刺さる内容でドハマりです!
しかも、表題作の面白さが突き抜けていて、藤峰先生のボケとツッコミが炸裂している><
言葉選びの上手さに、読んでいる間ずっとツッコミまくる自分…もう夢中です。
どエロいのに面白いってすごいなぁと、変態に感心させられる作品でした!

純情Sなヤンキー日南くんに蔑まれる為に学校に来ている、真性ドMの工藤先生。
日南くんとのやりとり全てが工藤先生にとってプレイなんですが、
放課後に日南くんの机でオナる工藤先生…本人登場で罵られ、脅され、怯える…なんてことはなく、
全てが工藤先生の性癖に刺さるプレイに直結する、反転の面白さ!
もちろん、日南くんは脅している設定です。

Sを発揮する日南くん、やられている工藤先生はどんどんオイシイ展開になり快感に悶えるんですが、
更に被害者風に自らお尻を差し出す…まんまと日南くんの奴隷になれた工藤先生…なかなかの策士です。
表の流れと、心の声のギャップにお腹を抱えて笑ってしまった…
しかも、エロエロになるほど工藤先生の変態に磨きがかかるんです><

イイ子の日南くんに毎回点数をつける工藤先生ですが、
どんどん成長するドSテク、校庭から見えそうな屋上プレイは1000点!
泣くほどの蔑みと快感に大好きと連呼する工藤先生はすごかった…日南くんの言葉責めスキルも最高。

トラウマで恋することをやめたんですが、モテる工藤先生には本気で迫るセフレもいます。
回数を重ねるごとに、優しさと嫉妬をみせるようになる日南くん。
日南くんの無意識な行動と感情のズレに、面白くかませてくる工藤先生の変態性…
ずっとモダモダさせられ、笑わされ、一気に正気に戻される。

日南くんが本当にかっこいい!どストライク!も~あの眼が堪りません。。。
トラウマを越えて、傷つくよりも離れている寂しさに耐えられないと踏み出す工藤先生に、
及第点をつける日南くん…さすがS…どちらにしても似たものカップルでした。

それにしても、工藤先生のイタイ部屋、日南くんの特大ポスター達…
日南くんが咥えているのは焼きそばパンですよね?ホットドッグ?
壁からとびだす日南くんジュニアが、最後はさみしそうでしたね。
日南くんのスゴイところはプレイでなく、素でドSなところ…個人的にはそこにグッときます。
言葉責めって難しいんですが、サラッとSで返せるイイ子…大好きです。


「深層」
15ページ程の短編ですが深い。
自身の性癖を認識した後ってどうなるんだろうと、いろいろと事後が気になる作品。

藤峰先生の画は作品によってイメージが違うというか、この作品はすごく好みでした。
だからこその神評価…ストーリー、心理描写、エロ、画力、キャラ萌え…どストライク作品です!

6

ブレない工藤先生が最高。

すごく面白く、楽しく読んでしまいました。
最初から最後まで、工藤先生のブレなささが一貫してます。シリアスな展開になるのかと思いきや、工藤先生の変態ぶりがすべてをまとめてくれてます。エロさを楽しめつつ、日南くんとの恋愛もしっかり進行していて、最後はちゃんとラブラブに。このストーリー凄いですね。工藤先生が、過去の恋愛のトラウマから恋愛をしたくない、傷つきたくない、と考えていることが明かされるんですが、「始まる前から終わる心配しんてんじゃねーよ」という日南くんの言葉で二人はくっつくことに。ヤンキー日南くん、かっこいいです。
読後がスッキリ爽快なお話でした。


3

工藤先生という異端

面白すぎて、初めて読んだ日からこの数日間毎日2回は読み返してます。
工藤先生も「有給オメガ」も、ここまで振り切れていると人生生きやすそうだなー…と思います。
工藤先生のしおらしげな台詞とウキウキな内心の正反対さも笑えるし、不良日南の怖い目つきとそれに弱い工藤先生も最高です。ずっと二人のお話を読んでいたい。日南のSっぷりに感極まって涙が出る先生も、「泣くなよキモいな」と言う日南も。嫉妬されたと勘違いした先生を日南は“自分のオナホ”呼ばわりして、先生も「それだ!どうして気付かなかったんだ」みたいな衝撃の顔するのが面白すぎて大好きです。

この作品で真面目に考えたところは、「自分が嫌だと思う事は人にしない」は必ずしも当てはまらないのだということ。だからと言ってやっていいわけではないですが、相手が喜ぶことは自分の考えることと全然違うかも、受け取り方は人それぞれ全く違うのだという一例の末端に工藤先生が立っていると思いました(笑)
他の漫画ならか弱い先生が不良少年に性的嫌がらせをされて、嫌がるけど身体は気持ちヨくて…みたいな感じにきっとなるのでしょう。でもこの工藤先生は全部ノリノリ。しかも日南くんも特別やり過ぎてるとも思ってないし嫌がらせを楽しむ野郎って訳でもない。そのコンビネーションも最後まで主従関係がブレないところも良きでした!
焼きそばパン食べてる日南くんカッコいい。これは引き伸ばして家に貼るな(貼らんわ)

1

ドMな先生にとっては、すべてがご褒美

表題作シリーズも、同時収録の短編もどっちもSMがらみです。
プレイそのものではなく、Mの願望を満たしてあげるためのSみたいなところを描いていると思います。

【工藤先生のマジェスティックデイズ】
荒れた学校で教師をしている工藤先生のドM変態っぷりがブレなくて笑えます。

お気に入りの日南くんの机でオナニーしているのを目撃されて、それから身体の関係を強要されてるんだけど、オラオラ犯されちゃう放課後は先生にとって至福のひととき。

手荒く扱われば扱われるほど密かに喜ぶという清々しいほどのドMっぷりでありながら、もう恋愛はしたくないから日南くんのオナホ&奴隷でいいと思う先生の心の揺れも味わえて、なかなかいいです。

あんな変態な先生のいったいどこに惚れたのか?という攻め側の心の変化が読み取れないところがちょっと残念だけど、先生の思考回路が突き抜けてて好きな作品。

【深層】
攻めが受けを手荒く抱く理由は、受けの願望を満たしてあげてるだけなんだよ……というお話です。

1

いい変態さんです!

これはいい変態さんだ。
国語教師のドMの工藤。学校は荒くれ生徒達のパラダイス!不良生徒の態度にゾクゾクしてます。

中でもお気に入りの生徒日南は部屋中に盗撮写真を拡大して貼り付け、お道具も日南ジュニアと名付けて。

途中までは工藤の変態さにこちらも楽しみながらも、このまま続かないだろうなあといつ展開が変わるのかハラハラしてました。

日南と迎えたボーナスステージ!!
奴隷で日南専用のオナホ扱い。もう先生感じちゃってウズウズだよー。

そんな工藤にも過去があって。本気で好きになって痛い目をみて諦めてるんですね。
始まれば終わりが来る、体だけの関係で楽しめればいいと。
相沢くんと一緒にこちらも心配でした。

日南の態度も変わっていき、自分を好きになったならもう日南とは続けられなくなって彼を遠ざけ。ネットの掲示板で男を漁る日々。

危ない所を日南に助けられ、とうとう恋人エッチ!好きな人に好かれてするエッチはこんなに気持ちいいんだね、良かったね!

日南視点も読みたいなと思ってたら巻末に短編が。工藤のド変態を承知しつつもやっぱり工藤を好きな日南。高校卒業したんだね。
添い寝で可愛いなあと工藤を眺める日南。ここで萌から萌×2にしました。
どうか穏やかな恋が続くといいね。

工藤の最初の相手が強烈過ぎてこんなにドMになっちゃって不憫ですが、性癖を活かして最大限に仕事を楽しんで振り切れてるのが良かったです。

1

工藤先生が想像の5倍変態!w

騙されました! あらすじら読まず、表紙の扇情的な表情してる工藤先生に惹かれて読んだのですが.......工藤先生変態すぎる!笑

荒れに荒れ、授業は誰も聞いていないようなクラスを受け持つ工藤先生は真性のドM!なので、話を聞いてない生徒がいても悦びを感じちゃいます。なかでも問題児の日南くんがお気に入りだった工藤先生は、日南くんの机で角オナしてるところをうっかり本人に見られてしまいます。その日から、工藤先生は日南くんの奴隷になることに.......というとんでもない話の始まり方をする本作。
普通だったらハラハラしたり痛々しく感じてしまう様なことも、工藤先生は全て悦びとして享受しちゃうんです。どんなに酷いことをされても、辱めを受けても、それが過激であればあるほどテンションが上がる先生.......笑っちゃうくらいにドMを貫いています。ただ、それだけではなくて、先生の過去や日南くんと心を通わせる過程をきちんと丁寧に描かれていたので、物語としても満足の1冊でした。
エッチなシーンがたくさんありますし、わりと頭空っぽで楽しめる作品です!笑
そういう作品が好きな方はぜひ読んでみてください!

1

このくらい軽いノリでいい

めちゃくちゃ面白い!
さすがだなぁー

ドMの変態教師・工藤と不良生徒・日南の、バイオレンスでロマンチックなぶっ飛びラブストーリー♡
どんなに酷くされても何を言われても、心の中では喜びに溢れてるドMな工藤。
工藤が懲りなさすぎて、途中から日南が不憫になった^^;

日南くんは工藤先生のどこを好きになったのかな?
日南がSだから丁度いいってことかな?
この、日南の気持ちが恋心に変わる所は、伝わりにくかったと思います。

ただ、最後に工藤が泣きながら日南を選んだ場面はホロっとしました。
そして、最後までブレない工藤、アッパレ‼︎

0

爽快なド変態

ドドドMでド変態の工藤先生。
日南にどれだけ虐げられようと無茶なプレイを
強いられようと工藤先生にとっては全てがご褒美で
神様へ感謝するレベルという、見ていてなんとも
清々しさすら感じてしまう爽快なド変態です。

本当の奴隷はどっちかなー♡なんて笑う工藤先生が
藤峰式先生っぽいシニカルなかんじで好きです。

さらに日南が天然に容赦なく繰り出してくる
理想的すぎるいたぶり方に感動すらしちゃって…
悲壮感なんてゼロなのに、嫌がる演技をしながら最高の
快楽を感じているかなりぶっ飛んでいる工藤先生と
期待以上のドSっぷりを発揮する日南とのなんとも
奇妙でWin-Winな関係。
そこに身体だけの関係で満足していた工藤先生が
避けていた『気持ち』が加わっていって…

天然ドSの日南と自覚ありのドMの工藤先生。
甘さはあまりないですがなんだかんだと上手く
やっていけそうなふたりだなと思いました。

2

マジェスティック VS ファナティカル ‼︎ 勝敗の行方やいかに ⁈

自分は「痛い」のが結構苦手で、藤峰式先生は大好きなんだけど、そういう理由で本作はちょっと避けてました。最新作がとっても面白かったので、やっと読んでみようと…。

まぁ、「痛い」と言っても。
「このインラン教師‼︎」などと罵られながら、激しく抱かれる! という程度の事で、それほど酷い扱いでも無かったので、ホッとしました。せいぜい軽くスパンキングがある程度。
あと、慣らしもせずに、いきなり突っ込むとか。
誰に見られるかわからないところで、下着剥かれるとか。
それもこれも、工藤先生がドMというので、何もかもが喜び。
喜んで咥え込み、何を言われても、何をされても嬉しい。
そして日南くんは、いうてもたかだかイキがってる高校生。
セックスの気持ち良さから来る勘違いだとも思うのですが、先生を愛おしくなっちゃうので。
大して酷いことは出来ないんですよね。独占欲もある。
先生には、まぁまぁフツーのセックスをしてくれるセフレがいて。
彼もイケメンで、それなりに先生を独占したくて口説いて来るんですが、先生は靡かない。
お話が進むにつれて、先生がゲイだと自覚して恋愛をしていた高校生の頃、
恋人だと思っていた人に手酷い捨てられ方をしていたことが分かります。
それからずっと。先生は恋をするのが怖い。だから身体だけの関係にこだわっていたのです…。
という、寂しい理由が明かされる。恋はいつか終わりを告げる。
「始まる前から終わる心配してんじゃねえよ。バーカ。」という、日南くんの男前な一途さに先生も観念するという、ありがちなハッピーエンド。
日南くんは高校生ながら大変なものを抱えてしまうわけですが、彼はいい男なので。
何とかなるでしょう。っていう。
まぁ、冒頭から先生のドMっぷりで笑わせてくれて、後半はホロリ。という、藤峰式先生らしさが
出ていると思います。でもやっぱ最新作には敵わないかな。

同時収録は、やはりドMテーマの「深層」
タイトルがもぅ、ネタバレ。何処でも激しめに抱く陽斗に嫌になって別れを告げる奏だったが。
新しい恋人にベッドで優しく抱かれる事では、自分が我慢ならないと気付く。
深層心理では、激しく抱かれる事を望んでいたのだというお話。
こちらはショートながら、目隠し、手首拘束程度のソフトなSM表現があります。
SMは愛あってこそ。とはよく聞くお話だよね。

描き下ろしでは、日南くんは高校を卒業して、先生と暮らしているみたい。
という甘あま後日談。先生も恋人とするセックスの気持ち良さに溺れています♡
相変わらず激しめに犯される事をお望みですが、そんなどうしようもない先生を可愛いと思える日南くんは、10代にして既にスパダリだと思います♡

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う