BODY TALK

body talk

爱的肢体语言

BODY TALK
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×26
  • 萌11
  • 中立5
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
17
得点
82
評価数
28
平均
3.2 / 5
神率
14.3%
著者
井ノ本リカ子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

作画
井ノ本リカ子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
松文館
レーベル
ダイヤモンドコミックス
発売日
ISBN
9784790112570

あらすじ

「好き。嫌い。大好き」
あくまでも柔らかく繊細な筆致。どこまでも瑞々しく艶っぽい空間。
(出版社より)

表題作BODY TALK

複数
複数

その他の収録作品

  • Liar!Liar!
  • ありえない
  • くしゃみ
  • 甘病。
  • 目を開けてはいけない
  • いちゃいちゃ
  • DOGS

レビュー投稿数17

けして楽しいわけじゃないんだけど

短編集。
明るいネタっていうのもなく、シュールな雰囲気の続く一冊です。
ちょっと痛いという表現も含まれますが、全体的に丁寧に作られてるという印象を受けます。
何よりも、私の好きな、挿入部分。抜き取り部分が。
丁寧に書かれてるのが良いンフフフフッ(ノω`*)ノ
受が堪えてる顔もまた凄くそそります。
下と上との表現の置き方が凄く好みです。
絵も可愛い。


ただ、後半、スカトロシーンが含まれますので、苦手な方は見ないほうが無難かも。
もったいないけど。

4

不思議な一冊

どうしてでしょう・・・
この作品を読むといつも「切なさ」を覚える・・・。
すべての作品に、という訳ではないのですが、
全体的にそんなイメージが浮かぶ一冊。

表紙からして、爽やかというか切ないイメージを感じさせられます。
そんな思いで表紙買いしました(笑)
そしたら意外とマニアックなプレイがあって吃驚。
ですが私は平気でした^^
案の定無理矢理でないスカトロプレイなどもありましたが・・・^^;


ストーリーは少し意味を考えさせられるような、「この後どうなるのだろう・・・?」
と、疑問に思わされるようなお話が多かったと思います。
不思議な雰囲気につつまれているものが多かったです。
そしてなんだかリアリティを感じました・・・私だけ?少し変でしょうか・・・;
この本にはどんな魔法がかかっているんだ!!(笑)

表紙買いしてよかったです^^
この作品に出会えてよかったと思います。

3

えげつないエロ表現なんだけど

やっぱり好きだな井ノ本リカ子さん。
エロばっかでどエグいのに、オチにひねりが効いているせいかなんか小気味良い。
エグくても平気な方には、個人的には「SWEET」よりもこちらと「BABY BITCH!」をオススメします。
ただしエロ表現は既刊の単行本の中で本作が最もえげつないです。
ご注意を…

「Liar! Liar!」
これが一番好き。
雨の日に拾った記憶喪失の青年と暮らす男の話。
セックス中の会話とその後の男の夢の話から二人の切なすぎる関係性が分かります。

「ありえない」
ショタ攻め含む3Pです。
ドM受け。
何がどうしてそうなるんだよって思わずツッこみたくなるストーリー展開はまさに“ありえない”です。

「くしゃみ」
これも好き。
教え子×教師。
卒業式に「最後の思い出に」と一度だけエッチした先生と偶然再会してもう一度エッチする話。
これもまた最中の会話から大人な先生の切ない胸の内が汲み取れきゅんとします。

「甘病。」
ラブラブカップルの甘イチャ。
病気の時にこんなことしてちゃいかんよw

「目を開けてはいけない」
一緒に住んでる男友達が夜な夜な仕掛けてくる夜這いを寝たふりで受け入れ続けている男の話。
これは特にひねりなく、そのまんまの分かりやすい話ですかね。

「いちゃいちゃ」
これもラブラブカップルのイチャエロ。
声を必死に押さえるツンデレ受けがかわいいです。
井ノ本さんの見た目クールビューティなツンデレ受けがドロドロにされてるの好き。

「DOGS」
生徒×教師の4P。
色んな意味で一番えげつない。
誰が誰の“犬”なのかって話です。
電車内での行為+スカトロ(大)を含みます。
オチが分かった時、これがラストという構成にもある意味小気味良さを感じます。

言ってもエロ本なので萌えるかと言われるとちょっと違うんですけど、好きなので「萌×2」で。

1

苦手ジャンルだったハズ・・・

井ノ本リカ子さん初読みでした。あまりのエロ度の高さに度肝を抜かれました。
でも、不思議と「エロいだけ」じゃなくて、ちょっと切なかったり、オチにびっくりしたりと、ひとつのお話が短いながらも印象的でした。
・・・が、やっぱりエロ描写の印象が1番強かったりします。

個人的にはショタとスカトロ表現がダメ・・・だったハズなのに、あっさり読めてしまったことが、大層ショックでした・・・。
ショタとスカとエロが苦手でなければ、1度冒険されてみるのもありかも?

3

スカだー・・・

相変わらず汁だったわけですが、井ノ本先生の作品はオチが好きですね~
しかし今回の作品の中で『DOGS』という話ではなんとスカが。
スカというか排泄プレイ…?
先生が電車で生徒数人に痴漢されて、そのままエチそして降りて違う場所でもエチ。極め付けに排泄と。
苦手な人は注意です。私もちょっと「うわあ」ってなってしまいましたw
しかし最後の1ページでびっくりwそうだったのか先生!
やはり井ノ本先生の作品はオチが好きです(笑)

他に印象に残った作品は…
『Liar!Liar!』は記憶喪失な攻めと受け。攻めの正体にびっくりです。
『ありえない』はほんとうにありえない!って展開でしたwちなみに3Pりです。
『いちゃいちゃ』は甘々というかほのぼのなストーリーで良かったです。

2

えろいー!

さっぱりした線で、美人さん(クールビューティ)なキャラが多い。
全体的にあっさりしてるのに、えろはガツン!!とあります。
モノ自体もリアルだし、結合部も描かれているので、修正ありありです(笑)

このストーリーの短さで、ここまでえろをガッツリ入れてまとめるって言うのはすごいと思う!
ショタ攻、スカトロとかもありで、人によってはエグイと感じるかも。
万人受けではないかな?と思うので萌止まりで。

2

※注:スカトロ目当てで買いました

 巻末の「DOGS」メインのレビューとさせて頂きます。決して怖い物見たさとかでは無く、二次元限定萌えですが、男性向けのスカトロ漫画も何冊か買った事があるような人のレビューですので、苦手な方やお食事前中後の方は一応ご注意下さい。おもらしなんて可愛い物じゃなく、最後にがっつり「大」の描写があり圧巻です!

 電車に乗っている先生が生徒たち3人に囲まれ、浣腸と痴漢プレイをされて最後は屋外で…というストーリー。この、浣腸→H→排泄という順序が私的に好ましいのですよ。おもらし系も含めありがちなのが、排泄シーンが最初にあって、それをきっかけに発展する普通のHの方がメインになってしまっているもの。
 
 もちろんそういう展開に萌える人もいるでしょう、でも私の場合、見たいのはそこじゃない。どんなに変態とディスられようともこの場を借りて主張する。いつもは普通のHシーンに萌えるけれど、おもらし目当てで手に取る作品はあくまで「おもらし」の部分を重点的に見たいのであり、フィニッシュが絶頂では無く排泄であって欲しいのです。

 「DOGS」は上記の部分がきちんとクリア出来ていました(絶頂も同時にしているけど)。浣腸描写やセリフ、擬音の使い方も含め、普通のエロも交えつつ、メインがきちんとスカになっている所が大変良かったです。最後には生徒たちによるとどめのシャワーもあり。
 ここまでだとただのアブノーマルな陵辱モノに見えますが実は…な展開で後味も悪くない、さて「DOGS」とは誰を指しているでしょう?

 もし同じような嗜好性の方がいらっしゃれば、この一作の為だけにでも読む価値があると思います。
 他の短編はスカではありませんが、少しクセがある設定のビターな作品が多め。解りやすいバッドエンドでは無いんだけれども、ハッピーエンドとも言い切れない。登場人物に悲壮感があまり無いので、後味が悪い感じは無く読みやすかったです。「DOGS」以外はまぁ普通かな、という感じでしたので評価は中間の「萌」で。

 …そう言えば「ありえない」に登場するお札にも、とぐろを巻いた立派な黄金が鎮座していらっしゃいますね。

2

巧妙に仕込まれた【嘘】とスカトロ

「Liar!Liar!」っていうタイトルの作品からはじまる短編集。
井ノ本さんの作品なんでとにかくち●こ描写がすごいんだけども
エロいだけじゃなく巧妙に仕込まれた【嘘】が小気味良かったです。

ショタ攻めとスカトロが入っているので
自分的には、かなりギリ!でした。
暴力的な行為もラストの【嘘】に救われます。

汁だくな描写ばかりですがシナリオ的にはかなりドライなんです!

1

名は体を表す。ズバリ!そうでしょう(丸尾くん風)

この短編集の表題「BODY TALK」
今まで井ノ本さんの作品に感じていたモノが一挙に明らかになった気がしました!
そうなんです、体で、SEXで会話してるんです。
登場人物達の心の葛藤とか想いとか、セリフやモノローグでたくさん綴られている作風ではないので、初めて見た時、発情してるだけって思ったのですが、この題名で目からウロコでしたよ♪

作品には、ショタ攻めがあったり、本来モザイクかかってもいいようなモノが見事に描いてあったり、ちょっとびっくりしちゃいました。
スカトロですよ、しかも車内とか、痴漢プレイ(または衆人環視プレイ)とか、、、
しかし、これは無理矢理でなくて、本人の嗜好と要望で行われているプレイでしたので。
全体にブラックをまとった作品。
やっぱり、思った。
好きだー!井ノ本リカ子!!

1

エロ以上!!!!

井ノ本リカ子さんの本なので、まあ描写的には覚悟して呼んでたつもりだったが、キターーーーーーーーッ! リアルスカトロ画に魂抜かれたった感じです。 さすがに、エロエロ好きの私でも この画は・・・・言葉を失った。SWEETより前にこんなハードをお描きになっていたとは脱帽ですvvv

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う