恋愛病棟 シェーマの告白

renai byoutou scheme no kokuhaku

恋愛病棟 シェーマの告白
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神20
  • 萌×28
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない8

--

レビュー数
6
得点
154
評価数
44
平均
3.7 / 5
神率
45.5%
著者
谷崎トルク 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
高崎ぼすこ 
媒体
小説
出版社
大洋図書
レーベル
SHY文庫
発売日
ISBN
9784813041498

あらすじ

水窪春馬は柏洋大学医学部付属病院で父の遺志を継ぎ専修医となる道を選んだ。父の死の真相を探るため、そして第一外科主任教授・朱鷺田に近づくためだ。初カンファレンスの日、ヤクザのような男・玉川医師から一緒に朱鷺田と闘おうと誘われる。不思議な魅力を持つ玉川に春馬は魅了され、キスも愛撫もすべて許していく。しかし、最後の一線だけは決して越えようとしない玉川に苛立ちと不信感が募り……。
16年の時を越え、複雑に絡み合う愛憎の行方は!?

表題作恋愛病棟 シェーマの告白

玉川右晋,35歳,大学病院外科医
水窪春馬,26歳,大学病院外科専修医

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数6

男性四人の心の葛藤をリアルに描いた超名作です!

このBLがやばいにランクインしていたので電子で購入。失礼ながら全く知らずの作者さん。これが初書籍のようでしたが読んで正解でした。表紙はぼすこ先生。(※興奮したので以下長文)

読み始めて、あれ?これ一般文芸だっけ?とトップの画面を確認するほどリアルなオペシーンから始まります。男性作家のような理系脳を思わせる硬質な文章。一切の無駄がなく、尖らせたHの鉛筆で描かれたデッサンのような美しい文体でした。(けれど非常に読みやすく展開がスピーディーに進むので最後まで一気読みでした。読み終えた後、圧倒されてしばらくぼんやりしてしまいましたが・・・)これでデビューとか本当に凄すぎます。文章の上手さはもちろん、知識量と表現力、構成力の高さにも度肝を抜かれました。

お話は恋愛、家族愛、医療の問題、大学病院の権力争いなど、様々な側面を持ったシリアスなエピソードが続いていきます。本格的な医療もので、BLなしでも充分に読み応えがありました。伏線の張り方やその情報開示の仕方も上手く、ミステリーとしてのエンタメ度も高いです。本当に凄いなと思ったのは、主人公である受けの春馬とその父親の恋愛が世代を超えてオーバーラップしている所。(既出のレビューにもありましたが、あの手紙の独白シーンは私も号泣してしまいました。父親の声と呼吸が実際に耳元で聞こえているみたいだった・・・)
父親と息子の二つの人生が一つに重なった時、それぞれが選択した答えの違いが浮き彫りになっていきます。この違いが本当に切ない。

春馬の父親は自分の人生・・・外科医としての夢や希望や家族まで捨てて、愛する相手を守り、ある事をきっかけに亡くなってしまいます。その事件から春馬は復讐を誓うんですが・・・。彼が何を想って父のいた大学病院に向かったのか、それは実際に読んで感じてもらいたいなと思います。

攻めの玉川はゲイ。作中では、玉川の恋愛に対する価値観や、愛する春馬をゲイにしてしまう躊躇いと葛藤が巧妙に描写されていて、どこか胸を掻きむしられるような切なさを覚えました。また、受けの春馬のノンケであるがゆえの迷いや、自分では制御できない恋心もよく表現されています。BLとしても萌えました。(キスを受け入れるシーンとかよかったです。このキスシーンがまたエロくて凄くいい!)

様々な障害と葛藤がありながら、父親の悲しい最期を明るい未来に昇華させたラストシーンには涙が止まりませんでした。春馬は父親の報われない恋を、あの瞬間、美しい愛へ昇華させたのだと思います。見事な救済でした。これが彼の復讐のケリのつけ方だったのかと思うと言葉が出ません。

BL的なキラキラやほっこりドキドキみたいなものは少ないです。ただ、このお話には父親の視点・教授である朱鷺田の視点・虐待をしていた母親の視点・春馬や玉川の視点でお話を見た時、別の物語に見えるような深みと人物の奥行きがありました。悪人である中庭でさえ、きちんとその小狡さと男の悲哀が描かれていて驚きました。

本当に名作だと思います。読み進めるうちに作者の感性の鋭さに圧倒されるような感覚を覚えました。読了後のぼんやりする感覚を皆さんにも体験してもらいたいです。一本の上質な映画を観終えた後のような体験ができました。この作品に出会えてよかったです。

11

大人の物語

専門用語が多くてもしやこれはいちいち意味を調べながら読まなければならないのか?と不安になったけど読み進めていくと調べなくても大丈夫。わからなくても大丈夫でした。
とにかく一気に読み進められました。

なんだか読み終えて自分が賢くなったような気がする。(それは気のせいですけど。)

キャラが非常に魅力的で引き込まれました。

好みもあるとは思いますが、私は読んで良かったです。
ネタバレなしで読んだ方が楽しめるかと思います。

6

BL医療サスペンス とても面白い

賞暦多いだけあって、惹き込み方が上手いです。
トルクさんは、面白い作家で、コンテストゲリラ。BLジャンルのナロウ系サイトから応募して、小規模受賞歴を多数持つ実力派。一匹狼的なユニークな作家です。

この作品は、HONTOの推奨をみて電子版を購入し、ウエブサイトの続篇も読みました。この作品は続篇があって、著者のブログに投稿場所が記載されています。

この作品は、主人公の父の死の真因を追求するBL医療系サスペンス。
「シェーマ」:
(ドイツ)Schema 医者がカルテを記すときに利用する、身体部位の絵図のこと。
Schmerzen:「痛み」

★不審死した春馬の父が山の写真の裏に手紙を隠していた。心臓部分へ矢印して「痛み」書いた父の手紙から謎が解けていく。
★謎解きヒントの一つ、主人公の恋人になる一見やくざな玉川医師。ドラマ「ドクターX」のデーモン女医に似たキャラで、手術失敗ゼロの凄腕医師で、行動が面白い。

主人公の勤務先は、「ファーストコール ~恋するヤクザの処方箋~」と同じ現場の設定です。「ファーストコール」は、医療ラブコメ。併せて読むと面白いです。
---
私のこの作品で一番好きな部分は、あとがき。
著者の医療現場の描写が細かい。現場を知る人の監修を受けて執筆しているの?と、思ったら、あとがきに「父は医者でした」とありました。むむ?。医術的な監修を父上がしているのなら、父上はBL愛読者?
・・まあ・・ファン1号であっても、おかしくないけど。外科医は呼び出しが多い、家に居れない忙しいお仕事なんですね。
---
★ダヴィンチ君のようなロボット技術を使用して、衛星経由で名人医師が遠地の手術用ロボットを操作して執刀する実験は実際に行われて成功したと聞いています。著者もその報道を読んだのかも。

★なろう系サイトは、著者とチャットして感想や要望を直に伝えることが出来る点が醍醐味なんですね。良い体験をしました。

0

親子二代にわたる壮大なドラマ

ぼすこ先生のイラスト目当て。SHY文庫の新人さんみたいなので期待していなかったのですが、買って正解でした。冒頭から医療ドラマのようなオペシーン、淡々とした文章なのですが読ませます。ぐいぐい引き込まれました。受けの春馬は外科医だったお父さんの自殺の真相を確かめるため大学病院に来ます。そこで攻めである天才外科医の玉川と出会い徐々に近づいていくのですが、後にあっと驚く展開が待ち受けています。

ネタバレですが、中盤のお父さんの手紙のシーンは号泣してしまいました。これ、ほんとにすごいです。鳥肌が立ちました。ここでタイトルの意味が分かるのですがそれがまたすごくて。長い年月を越えて親子の恋愛がリンクしているのです。

受けの春馬は真面目で芯のあるキャラ、それに対して玉川は俺様のようでピュアな所もある絶妙なキャラでした。言動がかわいかったりしてクスッと笑えます。二人の恋愛は大人なのにとても純粋で感動しました。キスだけで結構長~くじらされるのですが最後のえっちシーンは心理描写がちゃんとあってエロも濃くてすごくよかったです。ラストのお花の青のエピソードもウルっときて、内容はシリアスでしたが読後感はよかった。

途中、医療事故や大学病院の派閥争い、事件っぽい危機もあってお話がスピーディーに進むので小説としても面白かったのですが、欲を言えば後日談のようなSSが欲しかったです。その後の二人の甘い所をもっと見たかった。イチャラブがもっとほしい。

次の作品も期待させるような実力のある作家さんだと思います。ちょっとリアル寄りかな?骨太の医療系BLを読みたい方におすすめします。

16

とにかくめちゃくちゃもったいない

冒頭の非常に思わせぶりな導入といい、緊迫する外科病棟の様子といい、実に引き込まれる描写です。
主人公の『父の死の謎を解く』という目的とマッチしているかの様な硬質な文章も雰囲気を盛り上げますし、専門用語が飛びかう内容なのに読みづらい訳でもありません。ガンガン読めます。
「うおーっ、これは!」と思いましたよ。

おまけにかなりエロティックなんです。
明らかに玉川は春馬を恋愛対象として好きなのだと思うのに、しないのですよ。
キスだけ(後々、エスカレートして行きますが)。
なのに……とてもエロい。
こういうのを読むといつも思うのですが、実はやらない方がエロいんじゃなかろうか?(え?違う?)
再び「うおーっ、これは!神降臨!」と思いましたよ。

メッチャクチャ残念なことに8割弱読み進めた部分で「ああ~、もったいない」と思ってしまったのです。
いや、誤解されると困るのですけれど、悪かないよ。面白いよ。
でもねぇ、この物語、中盤でとても心を揺さぶる部分があるのですよ。
春馬の父の死の謎が解き明かされる部分なんですけれども。
「これを中盤に持ってくるということは、後半はどれだけのものが待っているのかっ!」と期待に打ち震え、鼻息を荒くして読み進めたのです。
嫌な感じの悪役も出て来て「来るぞ、来るぞ」と思っていたら……あっさり終わっちゃいまして。

全くもって個人的見解ですが、もったいない!もったいないのです!
あの中盤の盛り上がりをもっと後ろに持ってくれば、尻上がりでもっと盛り上がったんじゃないかと思うんですよ。単なる私の好みの問題なんですけれども。

色々書いちゃいましたが、このお話がとても面白くて、凝った構成になっていることは間違いありません。
35年前のエピソードに挟まれた『現在』、そして全てが解決し、外科医として歩んでいく春馬の未来を暗示するエピローグも美しい余韻を残します。
だからこそ、だからこそ思ってしまうんです。
「ああ、とんでもなくもったいない様な気がする」って。

4

がち医療もの

E★エブ〇スタ2016に掲載されていたものを改題、大幅加筆修正されたもの
とのこと。初めましての先生です。
エブ〇スタにある先生の他作をちら読みしたら、面白そうだったのと
ぼすこ先生の挿絵を楽しみに手に取ってみました。

冒頭は16年前のオペシーン。他にも少しオペシーンあるので
血の描写があまり得意ではない方は、ご注意ください。
あまり医療ものは読まないのですが、とても本格的に感じました。
スプラッタじゃないのですが、まじなオペなので、余計に怖かったです。

受けさんは優秀な外科医であったお父さんを自殺で亡くしていて
母親から朱鷺田のせいだ と聞かされています。
真相を明らかにするために朱鷺田のいる大学病院に入り
怒涛の1週間がたったある日からお話本編は始まります。

知り合った後、色々と攻めからちょっかい出され続けていたのですが、
ある日手術を上手くできずに超凹んでいたところ、キスをされ・・
とお話は続きます。

話は、どシリアスで笑うところはあんまりないです。
色っぽいお話が、すんごくじれじれ。
最後の方でやっと、最後までイタすのですが、
そこがなんとキスから終わるまで32P。
あまり真剣に頁数えたことないですが、私の読んだ本の中では最長クラス。

その最後より前の別の機会にも、色々なさっているのですが、
そこも、すごくねったり。
駆け引きとか会話とかしぐさとかに萌える方なのですが、このねったり度合は
とても印象的でした。(ある部分(≠性器)を舐めまくってます)

ぼすこ先生の挿絵は色っぽいシーンがよかったですが
カラー口絵が私としてはちょっと残念。
攻めさんの表情しか見えず、とろんとろんになってる受けさんの表情も
見たかったなあ・・

*******以下は個人的好みを含む 内容に触れるもの


自分の好みが、へたれワンコ とか傲慢なんだけど憎めない、可愛い とかで
当作品の攻めはそういうタイプではなかったためシンクロできず、萌が激減。
色っぽいシーンは「舐める系」が好きな方にはたまんないんじゃないだろうか
と思うのですが、私はそんなに萌えられず無念でした。

攻めさんは作中表現でいうと「純粋」とのこと。
受けさんは、フェネックに似ているとか、着ぐるみで全身白兎になったら
似合ってるとか なので容貌は可愛い系、性格は真面目、健気という印象です。

私の読解力が足りず、腑に落ちない点も少々あるのですが
医療ものがお好きな方や、ねっとりなめなめがお好きな方は
チェックいただいてもよいのでは と思いました。

8

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う