加賀見さんちの花嫁くん

kagamisanchi no hanayomekun

加賀見さんちの花嫁くん
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
18
評価数
5
平均
3.6 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
笠倉出版社
レーベル
クロスノベルス
発売日
価格
¥889(税抜)  ¥961(税込)
ISBN
9784773088687

あらすじ

加賀見家のルール
うれしいのハグ
制定です!

「きみ、その子を捕まえてくれ!」奏汰は芸能人張りのイケメンから逃げ出した幼児を咄嗟に抱きとめた。聞けば二人は共に暮らし始めたばかりの叔父・加賀見皓一郎と甥の晴。すっかり晴に懐かれた奏汰は、子育てに苦戦する彼に頼まれ、住み込みでシッターをすることに。不器用な二人のため、温かい家庭作りに奮闘する奏汰。そんな愛情いっぱいの日々は、晴だけでなくやがて皓一郎の心も満たしていき―!?突然子持ちの御曹司×就活中のフリーター。三人家族、はじめます。

表題作加賀見さんちの花嫁くん

加賀見皓一郎, 外食企業副社長で有名シェフ,32歳
水島奏汰, 皓一郎の甥のシッター, 22歳

その他の収録作品

  • 加賀見さんちのハネムーン
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ちみっことハシビロコウにやられました!

子育て、ちみっこものは大好きなのでその部分はハシビロコウと共にお腹いっぱい堪能しました!
受の異母弟と攻の甥っ子の2人の5歳児が本当に可愛い!
そして、ちみっこと表紙のハシビロコウの何とも言えない表情にやられて購入したので、口絵にも挿絵にも大満足!
鈴倉温先生のイラスト、本当に抱きしめたい位可愛いです!

リアルに考えると恋愛関係になる必然性は弱いのですが、BLはファンタジーなので!と割切って
難しく深く考えずに楽しみたい時に読むのに最適です!

子育て&ちみっこ成分多めなので、それだけで満足!
で、ラブよりもそっちが主でもokな人や、そういうのが好きな人にはお薦め!

発売記念ペーパーは仲良し具合が可愛くて、コミコミペーパーはネタバレになるので詳しくは書きませんが、成長が見れてニヤニヤしながら読んじゃいました!

0

攻めの甥っ子と受けの弟がかわいい


家族のぬくもりを知らず、一生家族を持つつもりのなかった独身貴族の攻めが突然甥を引き取ることになり戸惑う中、2人の間に入った受けを軸に、二人の仲が少しずつ近づき本当の家族になっていく話。

不本意ながらフリーターをしている奏汰(受け)は弟の保育園に入園してきた晴に懐かれ住み込みシッターとして晴の叔父である加賀見のマンションに住みこむことになります。素直に甘えられない晴と晴とあまり仲良くならないようにと自省している加賀見の間に立ち、なんとか取り持とうとするのです。


奏汰は就職した会社が入社早々に倒産してしまい、バイトをしながら就活をしています。実母を早くに亡くし、その後再婚した義母とは表面上は仲良くしながらも微妙に居心地の悪さを感じています。弟の尚人のことはかわいがっていますが、実家に自分の居場所がないとも感じていて早く家を出たいと考えています。早く自立しようとしていた矢先の倒産で少し焦りを感じています。
そんな中、加賀見家にシッターとして雇われて二人をなんとか打ち解けさせようと奮闘するのです。

加賀見はレストランチェーン店を経営するグループ会社の御曹司で副社長で料理人でもあり会社の広告塔としてテレビで引っ張りだこの毎日を送っていました。そんな中、駆け落ちした姉が亡くなり、しばらくの間甥っ子の晴を預かることになるのです。子供を加賀見家の跡継ぎとしてしか見ない両親に愛情を与えられず育ったため、子供の扱いは悪いし、必要以上に親しくしようとしないため、なかなか打ち解けることができません。
が、実際は情が厚く、親しくなると別れが辛くなるからとそっけなくしているだけでした。


加賀見の甥の晴がとてもかわいいです。母親を亡くし、甘える相手をなくして不安で初めて会った加賀見に甘えたいけど甘えられなくて反抗している姿がかわいそうでした。自分から甘えられない晴に奏汰が甘える形で甘えさせて、すこしづつ奏汰を甘えていい人だと認識していくようになり、加賀見にも素直に甘えられるようになったときは本当に良かったと思いました。
加賀見家のルール「うれしいのハグ」。私も晴のぷにぷにほっぺにすりすりしたいです。

むかつく女子が一人出てきますが(加賀見の前でだけいい顔をし、晴を傷つけ、料理人の加賀見に出来合い商品を手作りだと言って渡す頭の悪い女でした)それ以外は邪魔する人もおらず、ほのぼのとした感じの話でした。

そして、奏汰の弟の尚人もとてもかわいいです。特にはじめのころは慣れない場所で気を張っている晴に、人懐こい尚人がいたことが強力な助けになりました。
将来加賀見以上にスパダリになる予定の尚人と晴のこともとても楽しみです。

子育てメインで、恋愛要素は少なく甘々な二人を読みたい人には物足りないかもしれません。
でも、二人の保育園児がとてもかわいいのでとても癒されました。
イラストでも、2人の可愛らしさが存分に表現されていたと思います。

そして、ssでの加賀見と晴のサプライズにはびっくりで、奏汰を含めみんなが幸せになって良かったと思える話でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ