ふきげんなディア

fukigen na dear

ふきげんなディア
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神44
  • 萌×243
  • 萌24
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
14
得点
467
評価数
115
平均
4.1 / 5
神率
38.3%
著者
秋雨るい 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日
価格
¥712(税抜)  
ISBN
9784813031727

あらすじ

先生は、どうしてそんなに意地悪なんですか?
ツンデレな人気イラストレーターx新人編集の激甘ラブストーリー

「今やめたらつらいだけだろう?」
絵本が好きで入った出版社で如月奏汰は児童編集部から文芸編集部に異動になったと思ったら、
いきなり気難しいと噂の桜庭 斎の担当になってしまう!
そのうえ、仕事場を片づけていた時、資料に欲情した奏汰は桜庭の手でイカされて、キスまでされてしまい!?
だけど、次に会った時は相変わらずふきげんで意地悪で……
先生は何を考えているんですか?
溺愛系・意地悪攻×無自覚系・純真受、意地悪だけど激甘な恋の始まり!

最初は苦手だったのにーー
気がつけば、大好きでたまらない
気がつくと、可愛くてしかたがない

表題作ふきげんなディア

桜庭斎、人気イラストレーター
如月奏汰、新人編集者、25

同時収録作品ふきげんなディア

百武勇虎、超絶売れっ子作家
上条忍、勇虎のマネージャー

その他の収録作品

  • おまけ(描き下ろし)
  • カバー下:おまけ漫画

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数14

自分的に大ヒット。

雑誌で知って、最初から読みたくなって電子版で購入しました。
まず作者様の絵柄が好き、登場人物もみんなどこか愛嬌があって好きです。内容も読みやすいし、漫画としてストレス無く読めます。(上から目線で言っているわけではないんです、ただ、そういう漫画ってなかなか出会えないので…)とにかく私に大ヒットです。

それはさておき、桜庭先生と奏汰くん、お似合いのカップルですね。序盤、編集者として頑張る奏汰くんの姿が丁寧に描かれ、奏汰くんを通して桜庭先生の人となりを知っていくのですが、だんだん桜庭先生自身の気持ちも分かってきて、いよいよ盛り上がった所でくっつくので、ワクワクドキドキ、興奮してしまいました。この二人、どちらも甲乙つけ難くわたし好みのキャラです。

百武先生と忍さんの関係も(実はこの二人の出会いが描かれた作品から読みました)、こんなにしっぽりしていると思わなかったので、なかなかいい感じな二人なんですね。
おまけにも出てくる、百武先生宅で忍さんと奏汰くんとお酒飲んで(奏汰くんが呑まされて?)、酔っ払った奏汰くんを桜庭先生が迎えに来るっていうの、微笑ましいなあ。桜庭先生は奏汰くんが天然っぽいだけに心配でしょうね。

5

ふきげんなスパダリ様♥

秋雨るい先生のデビュー作。
冒頭の絵は粗さを感じますが、ストーリーの完成度はデビュー作とは思えません。
2冊目のスピンオフ『ふきげんなディア』では、絵もストーリーもさらにクォリティがアップしてます♪

私の中では新人枠じゃないので、ちるちるBLアワード 次に来る部門にノミネートされているのを見た時は「え?とっくに来てただろ?」と驚いてしまった^^


神イラストレーターの桜庭先生と、新人編集・奏汰のお話。
桜庭先生ったら、表紙ではとっても不機嫌なお顔をされてますけど、愛した奏汰にはとことん弱いスパダリさんだと思うんですよね~。

奏汰は異動してきたばかりのペーペーなのに、気難しい桜庭の担当にさせられてしまった。
さらに桜庭が大嫌いな小説家・百武の挿絵仕事を引き受けてもらうミッションまで言いつけられる。

難攻不落な桜庭に、奏汰は疲弊して、大好きな絵本を読んで気持ちを落ちつかせている。

そんな時、エッチな資料で変な気分になってしまったのが桜庭にバレて、抜かれるお手伝いを…
桜庭は仕事のためと嫌味を言うけれど「あなたの絵が見たいだけです」と言われて、思わず奏汰にキスをしてしまう!
逃げようとする奏汰を引き戻す大人のキス♥

アーティストの桜庭先生は作品を褒められる言葉に弱くて、その後もスキがあると奏汰にキスをするし、奏汰にお願いされて、シリーズ化が決まった百武小説の挿絵まで引き受けちゃってる~。
ほんと惚れた奴に弱いですね、桜庭先生^^

しかも無表情なくせに好きだって気持ちには素直!
百武の挿絵、緊縛されたヒロインの顔が奏汰にソックリ~。

それに気付いた百武に、奏汰が酔い潰されて緊縛のイタズラをされると、桜庭は鬼の形相で連れ戻しにやってくるw

そうして、酔った奏汰をシャワーで目覚めさせ、反省会の後は甘い時間です♥
桜庭も奏汰も男は初めてです。
でも、気持ちを確かめあって、慣らす桜庭に焦れて、早くつながりたいと急かす奏汰…
愛しい者を抱きたい、愛しい人に抱かれたいって気持ちが溢れている、カラダだけじゃなくて心まで繋がるシーンです!
翌朝も、絵本を見てる奏汰から「癒される必要ないだろ」と、また始めちゃってぇ。
二人の愛のシーンは大満足です♥


その後、照れてなかなか来れなかった奏汰に、「時間は俺がお前に合わせる。その代わり俺の仕事場は自宅だからお前が来い」と、俺様的発言にみせて、自分が譲歩できるところを織り交ぜた二人のこれからを考えている大人の言葉!

桜庭の言葉の端々から奏汰への愛が漏れていて、”ふきげん” なんて吹き飛んで ”スパダリ” にしか見えないよー。


でもふきげんな桜庭先生がここまで奏汰にハマったのには訳がある!
奏汰は素直なうえに、感じたことを言葉にして伝えられるスキルを持っている。
桜庭の前担当者は、そんな奏汰だから、桜庭のことも、百武との仕事も託したんですね。
私の大好きな作家さん達の周りにも、奏汰のように素敵なものを素敵と伝えて励ましてくれる編集さんがサポートしてくれてたらいいなって思います。


テンポが良いコミカルさも、恋のキュンさも、エロさも、BLとして楽しめる要素がギュッと詰まっている萌え良作品です♪


スピンオフ『おくびょうなディア』は、俺様ポジティブ小説家・百武と美人マネージャー・忍の出会いの話が描かれています。
本作の忍はクールに百武を尻に敷いてる感がありますが、スピンオフではキャラ変しまして、控えめな未亡人的美人でありながら、百武のために百武の好みに仕上がるという大変淫靡な魅力を放っております♥
桜庭先生もご出演なさっているので、一緒に楽しむといいと思います。

『Twitter iHertZ band.』で連載中の続編も楽しみにしてます♪

1

激甘キュン系ラブストーリー(///∇///)

表紙のこの不機嫌そうな男が、実は激甘なんですね~。
新年に相応しい、甘くて可愛いお話でした。

内容です。
絵本が好きな新人編集者・奏汰。児童編集部から、文芸編集部に異動になり、その上いきなり気難しいと噂の、人気イラストレーター・桜庭斎の担当になります。いつも不機嫌で我の強い桜庭に振り回されますが-・・・。


人気作家・百武のイラストを担当する事を、異様に嫌がる桜庭。なんとかイラストをつけてもらいたい奏汰。その為、イラストの仕事を承諾して貰えるよう、桜庭の仕事場に通いつめます。そんな彼を、ワガママで振り回す桜庭ー。
そんなおり桜庭の仕事場で、官能的な資料を見て催してしまった奏汰に、「手伝ってやる」と桜庭が触れて来てー・・・という流れです。

微妙に引っ掛かる部分もあって、特にゲイというワケでも無さそうな桜庭が、いきなり男の編集者に手を出すか?とか、奏汰が桜庭への気持ちを自覚するのがちょっと唐突とか。

しかし、そんなのはささいな事!
二人の甘々ぶりに、もう萌える萌える!!

個人的に、やたら偉そうなのに、受けに対してはベタベタに甘くて過保護な攻めだったり、真面目で純真、ちょい天然で、尊敬している攻めをキラキラした目で見ているような受けと言うのが大好きなのです!

(百武にチョッカイをかけられ)酔って危なっかしい奏汰を、イラつきながら慌てて迎えに駆けつける桜庭。なんと言うか、傲慢なのに過保護な所に萌えるんですね~。
傲慢な男が悪態をついたりしながらも、受けに振り回されてたりするのにキュンキュンくると申しましょうか・・・。
また天然な受けが、そのあたりに全然無自覚と言うのにも萌える・・・!
桜庭をこれだけ慌てさせ、振り回しておきながら、全然気が付いてないのだから、実は彼が最強なんじゃないでしょうか。

あとエロですが、イラストがキレイなせいか、濃厚なのにすっきりとした美しいエロシーンです。
涼しい顔をしながらも、意外とエロい桜庭。奏汰の負担を考え、ものすごく大切に抱くという極甘ぶり。そんな彼が奏汰に煽られ、抑えがきかなくなってる瞬間というのにも萌えました。

そんな感じの、常に不機嫌な顔で受けを溺愛して甘やかす男と、これまた攻めが大好きな無自覚純真受けとの、極甘で可愛いラブストーリー。
ラストがちょい駆け足なのが残念でしたが、甘々気分に浸って楽しく読めました。

6

オリジナル初コミックスおめでとうございます!!

いつにも増して超個人的なレビューなのですが、秋雨るいさん、直×高の同人書かれていた頃に大大大好きな作家様で、あれから20年近く経って、オリジナルの商業作品を読めるなんて。。と別の意味で感無量でした。
それだけで神評価をつけたい位です。
作品の端々から秋雨さんらしさを感じました。
恐らくノンケ同士の割に、ほぼ葛藤がなくくっつくので、少し物足りなさも感じますが、スッキリと美しい絵柄や、後半にかけての攻め様のヤキモチや溺愛っぷりが最高で、色々相殺されました!
腐れ縁の作家さんカップルのお話が続くようですが、見た目がもー少しキレイ目だったら更に萌えたかなーと勝手に思っています。
これからも素敵な作品を楽しみにしています!!

3

不機嫌溺愛ちょっと強引攻めに身悶え

不機嫌なのに溺愛。たまりませんね、新たな境地を拓いた感じです。

イラストレーターとしての桜庭の葛藤は作り手としてはありそうなお話ですね。
そんなところに現れた天使のような無自覚純真可愛い奏汰。グイグイ桜庭の心を開いて行きます。

奏汰が催したからって桜庭がいきなり?急展開でびっくり。しかもキスまで。もう奏汰を好きになってたのかな?

奏汰の真っ直ぐな言葉で桜庭の心境にも変化が。
いいコンビになりそうですね。
エッチは奏汰が流されてるような気もしますが強引溺愛攻めがたまりません、キャっ。

奏汰がお守りにしてる大好きな絵本の作者がまさか桜庭で。色々あって需要がないと絵本を書くことを止めていましたが、また書こうとしましたね。奏汰すごいですね。奏汰の秘めた底力に桜庭もいい仕事ができそうです。

奏汰が緊縛されたり酔わされた所に颯爽と助けに駆けつける桜庭。
用事がなかったから訪れなかった奏汰を不機嫌に抱き締める桜庭、恋人だろって。
愛を感じますね!

3

ふきげんとピュア

気難しい売れっ子イラストレーター、桜庭先生(攻め)の
担当編集者の奏汰(受け)は桜庭先生のふきげんな態度や
塩対応に戸惑いながらも、先生の作品に惚れ込んでいる
ため飾らない素直な気持ちをぶつけて…

とにかく奏汰が純真過ぎました!
桜庭先生のイラストに対して
『あどけなさの中にある色気がなんとも言えない』と
奏汰が熱く語るところがあるのですが、
いやいや、そのまんまキミのことですよ(笑)!

桜庭先生は若くして出版界に足を踏み入れ、
元々の性格もあるのかもですが、
編集者との確執などから他人を簡単にパーソナルスペースに
入れないようなお人柄。

そんな桜庭先生、一度自分の空間に奏汰を入れて
しまうと…ポーカーフェイスはあまり崩しませんが、
愛で方がとってもえろい!!
桜庭先生のご自宅で奏汰を二度抱き、
シャワー後のおかわりえっちの時の
『聞かないと言ってる』は痺れました〜…
しかもふたりともバスローブ着用でえっちをしたりと、
ああもう、萌え疲れたー!!

作家と編集者として、そして恋人として。
お似合いの素敵なふたりでした。

1

やっと読めました

掲載誌で続編の方を先に読んでしまっていましたが、やっと読めました。
続編あり…って感じの終わり方ですね。

イケメンイラストレーターの桜庭が仕事を盾に、純真無垢な編集者・如月を手篭めにする話…と、百武先生が言っていましたね。
ざっくり言うと、そんな感じのお話です(笑)
本当は、もっと深くてキュンとするストーリーでした。

とにかく、素直に思いを言葉で伝えられる如月がキーになっています。
偏屈なイケメンイラストレーター・桜庭の心を動かしたのも、素直な彼のおかげでしょう。
桜庭先生の絵本「ふわふわ」は、自分探しの絵本でしょうか?
レオ=レオニの『じぶんだけの いろ」を思い浮かべてしまいました。

スピンオフとして、百武×上条の『おくびょうなディア』も楽しみです。
脇キャラとしては目立ち過ぎていたので(笑)

0

絵柄の美しい作品です

初コミックスおめでとうございます。
某所で試し読みをさせてもらってから発売を楽しみにしておりました。

作者様の絵がとても好みです。
細いラインながらもタッチはしっかりしてて見応えがあります。攻様の無表情な不機嫌な雰囲気と絵柄がとてもマッチしています。そして可愛らしい健気な受様にもぴったり。

なんやかんやで溺愛系のお話ですので、読んでいて幸せな気持ちになれます。
スピンオフも含め、まだまだ話が膨らみそうな設定ですので、今後も楽しみに待ちたいと思います。

5

この表紙に一目惚れ

なんとも言えないふきげんな表情と、その表情を邪魔することなく中央に収まった「ふきげんなディア」の
タイトル。なかなかのインパクトで、私の好みです。
こちらへ差し出した手が持つのは企画書かな?それとも原稿?
なんとなくこの人は笑顔をすんなりとは見せてくれない気がしました。

イラストレーターの桜庭の編集担当になった如月は、前担当から一度引き受けたはずの仕事を桜庭に断られて
困ります。
仕事の依頼に通う中、桜庭の仕事場で資料整理をしていると、如月の鞄から覗く絵本を桜庭に見つけられます。
絵本は如月の心の友として大事にしているものです。
桜庭は、如月が以前の児童文学編集の仕事のほうがいいのだろうと言います。
新人の如月は仕事がうまく進まない事で、自分が否定されたような気分になり落ち込みます。
ある時、桜庭の仕事場で資料に欲情した如月は、桜庭に手でしてやると言われキスもされてしまいます。
その場を羞恥で飛び出して帰った如月でしたが後日気まずいまま桜庭の元を訪れると、桜庭はその事を詫び
何故か仕事は受けると言うのでした。
仕事は順調になりますが、如月は桜庭のことを意識してしまいます。
資料の棚の前で傍に立った桜庭にキスされて、して欲しそうな顔をしていたからと言われる如月。
でも、桜庭は相変わらずふきげんで…。

職人的な仕事柄なのか、クールなのか気難しげな桜庭。
イラストに魅了されて桜庭のことも好きになる如月は、自分が桜庭に好かれるとか思っていない普通くん。
そんな如月が愛されるストーリーにはキャラの濃い脇役のアシストがあって面白い。
素直な如月のことがだんだん可愛くなってきてるんだなと思うけど、桜庭はなかなかデレないですね。
お酒に弱い如月をせっせと世話する桜庭を見ていると、心配だし大変だろうなと思いつつ和みます。

ところで、担当編集者の引き継ぎは前任者と一緒に挨拶に行かないんでしょうか。
あと、資料の整理を如月に頼んでいますが、書棚はどんな法則(本当に50音?)で並べられているのだろうか。
そのあたりが疑問というか気になった箇所でした。

5

初コミック?上手い美味い。

BLではよくある「作家さんx編集者」のカップリング。
攻めは人気イラストレーターで美形でカラダも良くて、というスパダリ感に加えて、気難しくていつも不機嫌そう、仕事の依頼も受けてくれない桜庭。
受けの編集さんは、ほんわかした真面目くんタイプの如月。
桜庭の自宅でエロ挿絵の資料を見ていてボ○キしてしまい、それを桜庭にヌかれ。それってセクハラですけど、そこから如月は桜庭に惹かれていくのです。
桜庭がなぜこのほんわか君を好きになるのかは、終盤明かされる如月の愛読絵本の秘密に関わると思うのですが、いつも厳しい顔の桜庭の如月への愛し方はかな〜り甘々です。
溺愛系意地悪攻めの看板に偽りなし!
桜庭に挿絵を指名する友人の官能作家・百武(もとぶ)とその秘書・忍も恋仲っぽいのでこちらも注目です。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ