君とはこれから

kimi towa kore kara

君とはこれから
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神21
  • 萌×225
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

184

レビュー数
8
得点
230
評価数
55
平均
4.2 / 5
神率
38.2%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
心交社
レーベル
Chocolat comics
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784778124038

あらすじ

モンスター客、無責任な上司、適当な後輩、むちゃを言う他部署…。食品会社のお客様相談室に勤務する戸倉は日々ストレスをつもらせていた。ある日、清掃業者の彗太にストレス発散に「俺はどうよ」と誘われる。ドMで欲求不満だという彼を抱くなんて考えられなかったが、挑発された怒りからめちゃくちゃに犯してしまう。男を征服する快感に酔いしれた戸倉は以来、彗太とHするためにストレスを求めるようになり…。

表題作君とはこれから

戸倉史生,食品会社お客様相談室
彗太,清掃員

同時収録作品ぴったりはまる

小谷,大学生,抱きしめフェチ
西 一道,大学生

その他の収録作品

  • それから【描き下ろし】
  • あとがき【描き下ろし】

評価・レビューする

レビュー投稿数8

シリアスとほのぼのが同居した1冊。

表題作『君とはこれから』は、食品会社のクレーマー担当と幼馴染に恋をした清掃員が、身体の関係を結び、互いを利用していくお話です。
結果として2人はお付き合いをするのですが……兎に角、SM要素が強いと感じました。
苦手な人は苦手、人を選ぶ作品だと思います。

もう1作『ぴったりはまる』は ほのぼの系のお話です。
攻めの子が自分にローターを挿れてみるシーンが好きです。
「攻めに玩具を使う作品は珍しいのでは……??」と、感じています。

1

珍しくシリアス色強め

 碗島子先生の作品はシュールなギャグ要素が詰まったものが多いかと思いますが、こちらは比較的シリアスだったように思います。幼馴染に恋をしてしまい、キスしようと試みたら拒絶されたために、そこから進むことができず行き詰まっていた彗太。そんな時に清掃の仕事先で、クレーム対応をしていてストレスが溜まっている戸倉に出会い、どうせ本命とどうこうできないのなら、この男にめちゃくちゃにしてもらおうと考えて彼を誘惑します。戸倉自身はSではないのですが、ストレス解消のために彗太を強引に責めるようになります。ただ、セックス自体は激しいものの本来の優しさというか穏やかな気質はところどころで垣間見られ、彗太が戸倉に惹かれていくのがとても自然な流れに思えました。お互いに求めている存在を埋め合うような、すごくお似合いのカップルだったと思います。

 同時収録作は表題作よりもいつものシュール感が強かったです。2人が付き合うようになるきっかけがかなり特殊で、ちょっとストーリーに入り込みにくい気がしました。なので表題作について、萌評価です。

0

見ようによっては珍しい展開かも!?

最近お気に入りの作家様。
シリアス、ギャグ、変態混じりのエロ。
あらゆるバランスがとても好き。

『君とはこれから』
サクサクトロピカル チョコ
「グリーンスムージーバー(カロリーおさえめ食べる畑)」
という、意識高い系企画部スタッフが開発しちゃった劇まずゲテモノ商品!(今時コンビニとかにフツーに売ってそう!)
そのために日々クレーム電話を対応し続け、ストレスを溜めている戸倉。
人気のないトイレで愚痴を叫ぶところを、清掃員の慧太に見られ「ストレス発散に俺のこと犯していいよ」と誘われます。

怒りやストレスをセックスで慧太にぶつける戸倉と、ぶつけられて悦ぶ慧太。
でも本来優しい性格の戸倉は、ストレスがなくなり仕事に前向きになるのに比例して、どんどん慧太のことが気になり始めます。
一方慧太にはずっと想いを寄せる幼馴染の存在があり、過去に拒否されるものの友達関係は続いたまま、終着点が見つけられずにいます。

よくある展開としては、戸倉の立ち位置が当て馬で、幼馴染が徐々に絆され、最終的にはハッピーエンドになる…というものが多いように思いますが、これはそのまま幼馴染は関係を崩さず、慧太は失恋するという流れ。
ある種のリアルでしょう。
最初はストレスをぶつける戸倉に嫌な印象がありましたが、途中から「優しくしたいけどMの慧太には物足りなくないか?」と逡巡しはじめる彼のことが可愛く思えて来ました。

最後にはしっかりとラブラブな戸倉×慧太が見られました。SとMのバランスが取れた2人、末永くお幸せに。

『ぴったりはまる』
高校卒業式のハグで、すっっっごく抱き心地のよい“かずみちくん”に出会ってしまった小谷くん。
それから頭の中はかずみちくんのことばかり。
ある日道で偶然出会ったかずみちくんの前に、笑顔でハグのポーズをし立ち塞がり、抱擁しながらいきなりの告白をぶちかまします。
いやー、小谷くん、アホな子なのです。
「抱きみち君」て笑
感覚だけで躊躇なく行動し、恥ずかしげもなく歯の浮くようなセリフや、エッチな言葉を口にしちゃう。
そんな小谷くんのことを高校時代から好きだったかずみちくんは、「軽いお試し気分なんだろうな」と思いつつも、付き合いを続け…

これはすご〜く可愛いお話だった〜。
突っ込みどころ満載のラブコメ好きにはたまらなかった…
アホな子受けは元々好きだったけど、アホな子攻めもなかなかに…
だって、ノリで自分にローター突っ込んだまま攻めちゃうんだもん!
リバ以外の設定で攻めがお尻に何か入れるってあまりない描写なので、ドキっ。
新たな扉を開いちゃったかも!?

カバー裏や電子限定ページもとても楽しく、大満足の一冊でございました♪

3

すごく好き

表紙に凄くひかれて買いました。
今年の表紙ランキングに入ってくると思う。
紙本だと帯がないとエロいおもちゃが見える仕掛けもおもしろい。
碗先生の垂れ眉の悩ましげなキャラデザが好きなのですが、今回の表題作の受はえっちのときと普段の態度のギャップにも萌えました。
珍しく何回も読み直してしまった作品でした。
もう一作の方は、そのうちリバがあると思う。攻めの行動が凄く好みでした。
両方とも、もっといろいろな話が読みたいです。

2

引きずり出される”S”な本性もイイけど、甘いほうがイイ!

半目隠し&緊縛で、碗先生にしてはエロ度高めなのかなって期待♪
2つのストーリーが収録されています。

●「君とはこれから」
営業とは名ばかりのクレーム電話対応をさせられている戸倉は、まずい商品しか開発しない企画部、頼りにならない上司、勝手な部下に振り回されてストレスMAX!
トイレで「ブチ犯してぇぇぇ」と叫ぶだけ叫ぶけど、実際はそんなことできない小心者。
でも、清掃係バイトの彗太(表紙の彼です!)に「俺ドMだから犯していいよ」と誘われ、戸惑いつつも誘いにのってみると、ノリノリな責めっぷりで…
こいつ絶対に”S”の才能ある!

こうゆう引きずり出されちゃう”S”気質好きです♪

ただ彗太は戸倉を利用していたワケがある。
彗太は片思いしていた友達・大野に告白。大野は彗太に触られるのも怯えるくらい男は対象外なのに、彗太には昔のままの友情を求めていて…
ゲイとノンケの求めてるものがすれ違いすぎてるのに、未練が残ったままなのが切ない。

ストレス解消責めエッチは何度も続くけど、戸倉は根っから”S”じゃないから、何度も抱けば彗太に情がわいてきて…

戸倉の活躍(というか暴走)は、こんなこと出来ちゃう人間だったんだ!ってビックリしました。

道具もいろいろ出てきて碗作品のなかではエロ度やっぱり高いです!
でも戸倉には善良が似合うから、”S"の勢いにのって責めてるときより、巻末の描きおろし「それから」で彗太を優しく抱いてるときのほうがシックリきます。


●「ぴったりはまる」
卒業式のハグ大会で、小谷はあまり話したこともない一道(かずみち)からハグを求められ抱きしめたら抱き心地が良すぎて忘れられない。
そして道端で再会して、思わず手を広げて抱きしめると、やっぱり気持ち良くて、”俺の抱きみち君”に付き合おうと告白!

小谷は「こんな広い世界で一道くんをつかまえたんだ」ってロマンティックなことを言っちゃうかと思えば、友達に「彼氏がー」とか口走っちゃう、良く言えば素直だけど、NO葛藤、NO気づかいな雑な奴!

でも一道は小谷の優しさ(本人は無自覚)に惹かれて、高校の時は片思いしていたから、小谷の雑な面が見えてきても、側に居られて、抱きしめられるのがやっぱり嬉しそう。

ほっこりほんわりするかわいい話でした。
(でも攻めが自分もオモチャを挿れて、そのまま受けを抱くっていうのは、初めて見るパターンな気がして、ドキドキしました…)

2編とも読後感に”カワイイ”が残る一冊です。

3

それぞれ違う味わい

二つの作品が収録されてましたが、テイストが異なりどちらも楽しめました。

「君とはこれから」
お客様相談室勤務でストレスを溜めまくりの戸倉が、会社清掃員の男にストレス解消に自分を犯して良いと誘われる事から話がはじまります。
この男=彗太が何故自分を痛めつけるようなプレイをするよう言うのか、性癖だけが理由ではないんです。
その理由が切なく痛々しかった…。

戸倉は彗太と激しいプレイでストレス解消できるけど、戸倉は本来優しい人。
彗太の事情を知った後に、戸倉が彗太にやった事は激しくて「えぇ…」となり他にやりようが無かったのかな?とは思ったけど、生ぬるいやり方だと返ってふっきれなかったかもしれないですね。

碗先生らしく汁だく濃厚なプレイにシリアスな内容、そして所々あるブラックなギャグ。
一般受けする内容ではないかもだけど、こんな碗先生の作品が私は好きです(*´ω`*)

「ぴったりはまる」
卒業式の後、友人とハグしあってた小谷は、友人じゃない男とハグ。
すると彼は自分にぴったりフィットするような抱き心地だった。
彼とはそこでお別れだったが、大学でその彼・西と再会し…。

抱き心地で付き合おうという小谷が真っ直ぐでアホ可愛い(笑)
実は西は高校時代小谷を好きだったんですが、好きなるエピソードが微笑ましいです(´∀`*)

この二人の初Hが、攻めの小谷が自分の尻にローターを入れるんです。
「え!西の尻いじってたけど、小谷が受け!?」となりましたが、ローター入れたまま攻めます。
斬新すぎる…(笑)

書き下ろしは「君とはこれから」のその後。
あのえげつないプレイをしていた二人が、付き合ったらすっごく可愛かった!
お互いを知っていきもっと好きになっていきそうな二人にニヤニヤしました(*´Д`*)

カバー下は二つとも「ぴったりはまる」。
小谷のバカ可愛さ健在でした(笑)

3

こういう攻めが世の中に溢れたらいいのに

「ぴったりはまる」の攻めの小谷君の初挿入時に自分もアナルにローターいれちゃうプレーがとてもよかった。

0

重いのと甘いの、どちらも良いッ!

評価は神寄りです。

表紙から想像出来なかった展開でした。
SM要素があってひたすらエロく、エロで癒やされるだけのお話かと思っていたら…!
片思いの切なさがキューっと痛くて切ない気持ちになるとは…(;ω;)
息苦しさや重さもありつつエロも濃厚でとても良かったです。

同時収録は表題作と打って変わって明るく甘々(^///^)
バランスが良くて読後感も◎で面白かったです♪


◆君とはこれから

お客様相談室で客からのクレームにストレスを溜めている戸倉(攻め)。
目の下には隈。どんよりしたオーラ。
心身ともに疲れ切り、トイレで愚痴を叫んだところをビル清掃員・彗太(受け)に聞かれます。
”ストレスを溜めてるなら発散相手にどう?”と誘われーーと始まります。

戸倉のストレスがハンパないです。
読んでる方もドッと疲れました。
クレーム処理は大変だ…。

彗太から持ちかけた話とは言え、彗太の体にぶつけるようにストレスを散らすセックス。
腰を振って突き上げながら客や上司や同僚へ言えない文句を吐き出す。
おもちゃを使って手酷く彗太を弄り愛のあるセックスではありません(;ω;)

痛々しい描写ではありますが
彗太自身がMっ気があるのに加え、戸倉の本質は優しい人なので痛いだけではないというか。
エッチの最中とそれ以外のギャップが大きくてONOFFの差に萌えました。
終わった後に彗太の頭をなでなでしてる戸倉にキュンキュンする~!(^///^)

で。彗太がなぜ手酷く扱われたがるのか…。
その理由が悲しかったです。

強めのネタバレになってしまいますが、
2人以外に彗太が片思いしてる相手が加わり三角関係のような展開なんです。
全員の気持ちが噛み合わなくて息苦しさを感じます。

『答え』は出てるのにどこへも進めない3人。

彗太に惹かれ始めてる戸倉は、彗太の叶わぬ片思いを知り。
彗太は叶わぬ恋とわかっていても尚、関わることを捨てられず。
彗太の片思い相手の幼なじみは、ゲイだと知る前の『親友だった彗太』を求めていて。

答えは出てるんですよ。
幼なじみは、親友以上にはなれないけれど彗太は大切で。
彗太は、親友以上になれないなら全てを終わらせてほしくて。
そんな2人の関係を知った戸倉はーーー。

もぉぉ彗太の心の痛みがツライです(;ω;)
息苦しい切なさがズンときました。

また、濃厚セックスはプレイが多々…!
尿道攻め・目隠し・おもちゃ・縛るはもちろん、とんだ荒療治まで(´⊙ω⊙`)
その中で格別に美味だったのは描き下ろしの恋人セックスでした♡♡♡
彗太がめっちゃ可愛い~!!!

◆ぴったりはまる

こちらは抱き心地から始まるお話です。
卒業式で皆とハグしていたら、その中でピッタリ最高の抱き心地の同級生がいて。
その気持ちよさが忘れられずに大学生活を送っていた最中に偶然再会。
思わずバッと手を広げたら、相手も腕の中にポスっと収まってくれます。
もう離れたくない!的な甘くて可愛いお話でした。

最初はキュッと抱きしめてるだけが、それでは済まなくなってくんですけどね( ´艸`) ♪
エッチするときに、攻めが自分の尻にローターを入れたのが新鮮でした。
その発想はなかったのでちょっと笑ったww
てっきりリバフラグかと思ったけどそうではなかったです。

【紙本は全サペーパー企画あり。2018年5月7日応募締切】

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ