鳴けないトヒコ

nakenai tohiko

鳴けないトヒコ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神126
  • 萌×263
  • 萌23
  • 中立9
  • しゅみじゃない9

--

レビュー数
30
得点
960
評価数
230
平均
4.3 / 5
神率
54.8%
著者
碗島子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
電子発売日
ISBN
9784801971462

あらすじ

生きる気なく、行く当てなく、夜の街を彷徨ううちに人の良さそうな男・コウに拾われた青年トヒコ。
お礼にとえっちなご奉仕をするも、鳴けない(喘げない)事をコウに気付かれる。
鳴けるように様々手を尽くしてくれるコウに心が解けていくトヒコだが……?
“鳴く”ためのトレーニングは天井知をらず!?

生きるのが下手くそな元・エリートサラリーマン×消えたいと願う訳アリ青年
互いの抱える寂しさを埋めるように求めあう―――――
上手に〝鳴く〟ためのラブレッスン開始!!!!

表題作鳴けないトヒコ

コウ,リーマン
トヒコ,19歳,喘げない訳あり青年

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下漫画・あとがき

レビュー投稿数30

お互いが必要だった

ギャグっぽい作品がこのところ多かった印象ですが、これは共依存に近いような、ちょっとダークだけどハッピーエンドという作品で、結構ささりました。

タイトルにある通り、トラウマゆえにあのときに声が出せないトヒコ。
トヒコは都会に出てきて、でも誰ともつながりなく寂しさを感じている。
そんなとき、雑踏でぶつかった会社員、コウと偶然に再会し、縁が出来る。ここがシンデレラ設定ではあります。
とにかく自分を大事にして、受け入れてくれたコウに、どんどん惹かれてしまう。
しかしここからがお話の真骨頂。コウには実は秘密があって。。

お互いに、お互いなくしては生きていけなかったかもしれない、と思わせられます。
自分の存在を肯定してくれる誰かを絶対に必要としているときに、偶然に出会った2人。
読み応えある作品でした。
そしてトヒコがかわいいです。

0

トヒコもコウさんも最後になく、読者も泣く

碗先生一度読んでしまったらもう後には戻れない・・面白い!!!受けのトヒコの鳴けない理由も攻めのコウさんが泣けない理由も辛い。だからこそ二人が癒されていく感じがすごく良くて感動する。ただ単なる感動話に落ち着かないのが碗先生のすごいところで笑える、めちゃ笑える。そしてコウさんがこわい、ガチこわい・・コンビニで会ったら絶対目を合わせられない人・・。トヒコはだんだん目に光が灯っていくのがいい、かわいい、コウさんに色々されまくりなのもかわいい。もちろん、とってもえっち、やっぱりエッチ、めっちゃエッチ。好きな要素が盛りだくさんすぎて大好きです。碗先生のこの洗練されたシュールさには毎回下を巻いております。

0

特別な人

切なそうと思っていてなかなか読まなかったのですが、めっちゃいい話だった〜!

両視点あり、後半のコウ視点を読んだら、神でした(泣)

おなじみのシュールさもありながら、こちらが苦しくないギリギリのキャラ達の辛さ、可哀想さ加減。

死んでも構わないくらいなトヒコが出会ったのは、ちょっと不思議なとても優しいサラリーマンで。
見ず知らずの未成年を家に連れ込み淫らな行為をする、よく考えたらヤバいお話のような気もしますが。そんなの気が付かないくらい夢中になりました。

お互いちゃんと自分のことを見えて、考えてくれて。二人の過去が辛いですが、やっと鳴けた!愛しさがわかった!
トヒコのコウの好きツボが面白いですね。

毎回スーツとシーツが汚れるの大丈夫?と気になりました。
これから幸せな予感しかしない!

2

これでもかってくらいどエロい作品でした~笑

碗島子先生のシリアスさの中にも界見えるシュールなギャグが大好きです。
ぷくぷくというギャグ多目の作品が大好きだったのですが、こちらの作品もまぁエロかったです。
辛い過去を持った死んだような目をしたわけあり少年トヒコを拾ったコウ人が良さそうに見えて、最初から目が怖かったです。ひょとっとしてトヒコはとんでもない人に拾われたのではと思ったりして…
無邪気で純粋そうなのに目がサイコそして玩具使いがスゴイエロい優しいけどどS!
それを優しさだと勘違いするトヒコ可愛い
またコウの過去がキョ-レツサイコみ溢れてました
コウはトヒコに出会えてやっと人間らしい感情を取り戻せたって感じでした。
けっこう強烈でしたが、面白かったです。全然飽きなくてでもさらっとした感じはなくて中身は濃かった!

3

暗めの話かと思いましたが

高校の時に好きになった人に裏切られ、寂しさから生きる気力もなくなって東京に出てきたトヒコ。
そんなトヒコが街で出会ったコウは、ものすごく親切で、親切過ぎて。
そのお返しに身体でとトヒコから誘うが、トヒコは気持ちよくなっても鳴けない身体で。。。

コウが優しすぎて尽くしすぎて怖くなるくらいで、でもトヒコを鳴かせる(喘がせる)為には、何だかSな面が見られていたのですが、トヒコはそれらを全て優しさと受け取っており、すっかり私騙されました!!
そうきたか!!!
はっきりいってテンション下がりました。トヒコ逃げて!!とまで思ったくらい。

でも、本当に描き方がお上手!!
一気に持ってかれましたよ心を!
二人が出会えて良かったです。無いものを埋め会える存在ができて。

書き下ろしでの、トヒコの準備が萌えました。

3

主役2人ともキャラ描写が深い

リーマン×トラウマ持ちの家出少年。
歩いててぶつかっただけの男同士2人が、なぜか一緒に暮らし始めるというかなり突飛な設定。

読み始めは受け視点だったのですが、攻めの溺愛が素敵すぎてキュンキュンしつつも、なんで初めて会った少年にこんなにメロメロなんだろう?と不思議でした。

後半の攻め視点で、その自分自身でも気づいていない悩みや葛藤シーンがすごく良くて気づいたら泣いてました。

碗島子先生の作品、今までは自分には合わないと思い込んでいたのですが、この作品が良すぎて考えをあらためました。

4

碗先生流セラピー

よかったです。
碗先生流の再生の物語(再生モノ好きなので)。

エロいことがセラピーのようになっていて、日常の気持ちのやりとりと共に、2人とも新しく命が吹き込まれていくかのようなお話。

前半、トヒコが家にいてくれることをコウが心から喜んでいることはわかったけど、時々見せる無表情に得体の知れぬ不気味さを感じ、コウの本性というか目的がわかるまではドキドキしました。
その見せ方、展開がいい。

再生モノが好きなんですが、その前提は人生に絶望していることで。
碗先生に限らず、だいたい陵辱されるか、家庭で虐待されるか…のパターンで、他のケースも見てみたいなと思うところではあるんですが。

本作の場合、そこのところを重く暗くなりすぎず、いいところでギャグが効いているのが読みやすいし好きです。

特に、トヒコが「好き」と思った時の(変な飲み物)×5回w

と、トヒコにダサくて可愛いと言われて、飲み込めずトヒコを抱きしめながら眠る時に(…………ダサい?)となっているコウww
しかもこれが本編ラスト?と笑ってしまいました。

碗先生がお好きな性癖オンパレードで、正直私はどぎついプレイは苦手なのですが、本作はコウがやさしかったし、トヒコも嫌がっていなかったし、私も慣れてきたのか割と大丈夫でしたw

3

音声化を強く強く希望!!

こういう作品が一番「音」として聴きたい作品なのですがいかがでしょうか…?!

鳴けないトヒコが鳴けるようになっていく過程、
コウさんの閉ざされていた過去と温かい現在、
本当に本当にじわじわと胸が熱くなる最高の作品でした!

ただどう考えても音声化との相性が良すぎる。
難しいとは思いますが、きっとトヒコとコウさんを演じられる男性声優がいらっしゃると!信じております!!

もしこのレビューを誰か偉い方が見てくださっていたら……ぜひ、ぜひ音声化してください……!

5

さすが椀作品

さすが碗さんでした。
シュールな感じ。今回は少しダークなお話でした。
トヒコの鳴けない理由。
そしてコウさんの過去。
お互いに足りないものを与え合っている。
今は2人だけで完結した幸せだけど、これからは彼らの世界も徐々に広がって、これからは意味のある人生になるんじゃないかな。

3

碗先生ワールド!!!

碗先生の頭の中はどうなってるんだろう。
作品毎に新しい扉を開かされる!!!

ズレズレなとこがおかしくて可愛い。
現実だったら、ちょっと!しっかり考えよ!と
言いたくなるとこですが、
流されて変なことにあってるけど、おかしくて
甘ま~いけど怖い、怖い。でもそこも可愛い!!のが魅力。
自分のペースでグイグイグイグイ攻めるのも
パンツ越しにもカリが分かるの最高でした!!!!
パンツ使いが巧み~~~

攻めの当初の目論見を知った時は嫌な汗かいたけど、
そんな気持ちも超えて通じあえて良かったね!です。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う