恋するサノバビッチ

koisuru son of a bitch

恋するサノバビッチ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×219
  • 萌12
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
5
得点
153
評価数
43
平均
3.7 / 5
神率
18.6%
著者
ためこう 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
プランタン出版
レーベル
Cannaコミックス
発売日
価格
¥750(税抜)  ¥810(税込)
ISBN
9784829686072

あらすじ

ドラマCDがコミックスと同日発売
&主演キャストによるWEBラジオ配信をする
Canna×フィフスアベニューの特別ビッグプロジェクト☆

大学生の小岩井晴海は、裕福な家庭で真面目に育ったが、
順風満帆なはずの自分の人生に違和感を持ちはじめていた。
そんなある日、道に倒れていた男・白田みのるを助けようとしたところ、
「セックスしていいから家に泊めてくれ」とせがまれて…!?
ドラマCD収録レポ2p+描き下ろし11pを収録した大ボリュームでお届けします♪

表題作恋するサノバビッチ

小岩井晴海、大学生、20歳
白田みのる、家なしのビッチ

同時収録作品恋するサノバビッチ

鏑木、ヤクザ
白田みのる、ビッチ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

うーん。

ストーリーもキャラクターのビジュアルも確かにためこうさんなんだけど、キャラ設定だけなんだか違う?という印象。
ドラマCDありきで、あとがきにちらっと書いてあるように「CDに寄せて〜」とあったので、それのせいなのかなと。
小岩井くんもうちょっと深掘りしてもらわないと人となりが全く分からない…。優しくて人が良いのは分かるけど、それだけでラストまで辿り着けるものなのか…ちょっと腑に落ちない。

0

ストーリーはお見事

 ストーリー構成はさすがためこう先生といったところ。次から次へと、そうくるのかと驚く展開を見せてくれます。行き倒れの見知らぬ人物を拾うところから始まるBL作品は多々あると思いますが、今まで読んだどの作品とも異なる先の読めないストーリーとなっていました。ただ、ストーリー自体には唸らされたものの、どうもキャラの組合せに感じる萌えが少なかったかなぁという印象です。個人的な好みの問題かもしれませんが…。今更ビッチに抵抗感もまったくないですし、受けの白田の強かさや馬鹿っぽく振舞っていても意外と頭がキレるところはむしろ好みでした。どちらかというと攻めの小岩井の方ですかね。お人好しな性格だからと一言で終わらせてしまえばそれまでなのですが、序盤からあまりにも白田の都合の良いように動き過ぎて、白田を本当に好きになった時の感動が薄いというか。童貞攻めにも特に抵抗感はないのですが、あまり魅力を感じることができませんでした。白田を手懐けていたらしい鏑木との過去の方が気になりましたね。ただ、これは完全に個人的な好みの問題なので、ためこう先生らしいストーリーを求めている方は十分満足できる作品だと思います。

1

うーむ………

ためこうさんのポップ系作品「なつめくんはなんでもしってる」「僕のセックススター」が好きなので、間違いなくそっち系と思われるこの作品もめちゃくちゃ楽しみにしてました。

作品発表と同時にCD販売も決まっていて鳴り物入り!って感じだったので、どんな作品なのかとすっごく楽しみにしていたんだけど、正直なところなんか微妙…としかいいようがなかったです、本当に本当にごめんなさい。

童貞おぼっちゃま攻めとドビッチ受けという組み合わせで、ビッチパワーに巻き込まれていく童貞、そして
まっすぐに生きてきた真面目お坊っちゃまの童貞パワーから逃れられないビッチという関係は良かったのですが、ところどころでダーク系ためこうさん思考が見え隠れするところが私には合わなかったです。

例えば連続殺人鬼の外科医が登場しちゃうとか、バニーボーイのお店を経営してるキモいオヤジの登場とか、攻めの目の前であえて受けを犯しちゃうヤクザが登場するとか…etc.

そして私はためこうさんの絵がとっても好きでとりあえず絵が見たくて作家さん買いしてるようなところもあるのですが、攻めの父親の顔がまったく中年には見えないのにはガクーっときました。
キラキラ顔に皺だけ足しているので、まったく中年に見えず、かと言って美中年にも見えず…。

辛口ですみません。

1

健気攻めが可愛い

ゲスいビッチ受けが読みたい!という人には合わないかもしれません。
私はそれを期待して手にしたのですが、いい意味で裏切られました(^-^)
白田はただただセックスが大好きで大好きでというようにも思えました。騎乗位がとても良かったです。そして性格がイケメンです。小岩井が惚れるのも無理はない。
小岩井は一見ただの面倒くさいやつですが、まっすぐで一生懸命です。健気攻めって言葉がぴったりです。
もっと童貞臭い方が私は好みですが。
絵もとても綺麗ですし、おすすめできます。

0

ビッチ受けが愛を知るお話

作家買い。
ポップな表紙ですが、よくよく見るとおパンツ履いてないやんけ…!というちょっとエロ度の高い絵柄です。ためこうさんと言えば、ダークでドシリアス、なイメージがありますし、実際この作品もややダークな展開はありますが、それでもこの可愛らしい表紙に見合った、コミカルで可愛らしいお話でした。

ネタバレ含んでいます。ご注意を。






主人公は大学生の晴海。

良いところのお坊ちゃんで、順風満帆に生きてきた。けれど、親の敷いたレールに乗っかり、このままでいいのか…?と悩み始めた矢先に、一人の行き倒れの男を見つけます。
病院…?警察…?と悩む晴海に、その男・白田が告げたセリフは、

タダでやらせてあげるから一晩泊めて

というもの。

今まで彼が歩んできた人生で、白田のような自由奔放な青年にあったことがなかった晴海は、驚きつつも自分とは正反対な白田に徐々に惹かれていき―。

というお話。

日のあたる場所で生きてきた晴海ですが、「ビッチな行動ゆえにヤクザに追われている」という白田と出会ったことで「裏の世界」で生きる男たちとも遭遇することになります。

一癖も二癖もある男たちから白田を守り、その過程で白田に惹かれていく、という展開なので内容としてはややダークでシリアスなのですが、基本的にはコミカルにストーリーは展開していきます。

何しろ白田という青年が、自由奔放なのだ。

読み始めたとき、真面目に生きてきて、でもそんな自分の人生に疑問を持った男の子が、自由奔放に生きるビッチくんと出会ったことで、自分の生きる道を見つける。

そういうお話なんだろうと思って読み進めましたが、いやいや、なかなかどうして奥行きのある深いお話でした。

白田を追うヤクザ。
白田が晴海と出会った本当の理由。

二転三転するストーリーで非常に面白かった。

晴海が白田への想いを自覚した後は、彼の愛情がすんごい重いです。
愛ゆえに、白田に何をされても、どんなことを言われても、それでもまっすぐに彼に向ける愛情が、重すぎて、そして笑えます。

ビッチだった白田が、晴海に愛され、そして変わっていく姿もとてもよかった。
「ビッチ」という根本は変わらないし、おそらく白田本人も変える気はないのでしょう。でも軽口をたたきながらも、それでも晴海の愛情にこたえようとする白田も、深く晴海を愛しているのだろうと。

コミックスと同時発売でドラマCDも発売になった今作品ですが、終盤に収録レポが収録されています。同時発売になる苦労だとか、声優さんや監督さんの様子が垣間見れて面白かったです。

白田という男の子はビッチさんなので、他の男性との濡れ場もあります。
ビッチゆえに、エロ度はやや高め。
が、二人の想いが結ばれるのは終盤なので、前半の濡れ場はエロ度は高いけれど甘さはやや控えめ。
身体の快楽だけを描いた濡れ場が多いので、そういう描写が苦手な方は注意が必要かもです。

あ、そうそう。
修正がかなり甘いです。
カンナコミックスってあまりエロいイメージがなかったのでちょっとびっくりしました。

というプチ情報でした☆

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ