ためこう初期作品集

tamekou shoki sakuhinshu

ためこう初期作品集
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
18
評価数
5
平均
3.6 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
シュークリームPOP
レーベル
moment
発売日
価格
ISBN

あらすじ

発売直後に大増刷となった超話題の兄弟BL『泥中の蓮』。連載のプロトタイプとなった読み切りをはじめ、巨弾新鋭・ためこうが同人誌で描いてきた商業未発表作品を一挙収録!

わがままヒモ男×世話焼き男子の同棲ラブ『たまごかけごはん』
ブラコン少年の心の機微を描いた『お兄ちゃんの学ラン』
グルメ吸血鬼に体を貪られる病弱美少年『血を食らわば毒まで』
『泥中の蓮』同人誌Ver.
雨宿りから始まる一つの恋の物語『雨が降れば傘屋が儲かる』

そして魔窟・九龍城で繰り広げられるヤンデレ召使い×主人の退廃的下克上ラブ『九龍城』

──計6編に加え、電子特典ペーパー(描き下ろし)も収録。ためこうの真髄に迫ったファン垂涎の作品集!

表題作ためこう初期作品集

同時収録作品お兄ちゃんの学ラン

同時収録作品血を食らわば毒まで

吸血鬼
牧野 療養のため一人暮らししている青年

同時収録作品泥中の蓮

同時収録作品雨が降れば傘屋が儲かる

会社員
日本傘屋で働く青年

同時収録作品九龍城

ユィセン 召使い
リオン 主人

その他の収録作品

  • 電子特典ペーパー(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ところどころに挟まれたカラー絵が美しい

三つの同人誌が収録されています。

★2013年10月20日発行の同人誌『少』
【たまごかけごはん】好き嫌いがやたら多いクズ男とお付き合いしているカプのお話
【お兄ちゃんの学ラン】ほのぼのとした兄弟ものでBL未満のお話。

★2014年5月18日発行の同人誌『36℃』
【血を食らわば毒まで】グルメな吸血鬼で鶏の血は不味いとあれこれ嫌がるのに、病気持ち(恐らく肺を病んでる)の青年の血は何故か好むというお話で、7ページの超短編ですが上手だなと思います。
【泥中の蓮】同人誌バージョンで8ページです。ガチ兄弟が地雷につき残念ながら本作は未読なのでこの8ページからどう膨らませていったのか…はわかりません。
【雨が降れば傘屋が儲かる】日本傘屋の店主?店員?と雨が降るたびに店先で雨宿りする会社員とのお話。

★2015年5月5日発行の同人誌『桃』
【九龍城】ヤンデレ召使い×主人。会社の後継で婚約者との結婚も決まっていた元上流階級の受けが、身に覚えのない婚約者殺しの容疑者となってしまったため九龍城に身を潜めて、召使(攻め)に身も心も縋る日々。
仄暗い雰囲気に満ちた作品で魔窟・九龍城が舞台でして、召使の腹黒さが光ります。これをまるっと長編で読んでみたい。

ほのぼの風味もあり、薄暗いダークな作品もあり、そしてところどころに挟まれた美しいカラー絵がうっとりするほど素敵で、ためこうさんファンなら買って損しない内容だと思います。

1

ためこう作品が好きな方にはオススメ

同人誌にて発表された作品の電子書籍版です。
一番古い作品で2013年のものだそうです。

電子特典ペーパーは、作品の書き下ろしというよりあとがきです。

収録されている『お兄ちゃんの学ラン』は、onBlueのためこう先生のインタビュー記事に原稿がちらっと載っていて、一度読んでみたかった作品でした。
BLというよりブラコンショートストーリーといった感じでかわいいお話でした。

『血を食らわば毒まで』
基本はコメディ調ですが、ラストがちょっと切ない。

『九龍城』
受は上流階級出身ですが無実の罪で追われており、九龍城に隠れて日々を過ごしています。
攻は受の召使で、定期的に受けの世話をしにやってきます。
受の身の潔白が証明出来るまで匿うと言っていますが、受を嵌めたのは攻です。
受はそのことに気づいてないので、攻はかなり腹黒い性格ですね。

上記2つは続きが読みたいと思わせる作品でした。
3年前の作品でも絵柄は現在と遜色がないため、ためこう先生の絵柄が好きな方は買いだと思います。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ