名前も知らず恋に落ちた話

namae mo shirazuni ochita

名前も知らず恋に落ちた話
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×29
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

17

レビュー数
9
得点
131
評価数
32
平均
4.2 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784199009143

あらすじ

週末になったら、名前しか知らないあの男にまた会える――若き建築デザイナーの宮脇克実(みやわきかつみ)の趣味は、誰ともつるまず独りバイクで山を走ること。ある日、同じスクランブラーに乗る男・マサムネと出会い意気投合! 一緒に山を疾走できれば、本名も仕事も知らなくていい――逢瀬にも似た週末のツーリングに、克実は夢中になっていく。ところが、克実が手掛ける建設現場で偶然再会してしまい!? ※口絵・イラスト収録あり

表題作名前も知らず恋に落ちた話

渋谷昌宗・建築現場監理技術者・34歳
宮脇克実・建築設計事務所チーフアシスタント・31歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

大人の恋


建築設計事務所に勤める克美(受け)は週末に一人でお気に入りの山へバイクを転がしに行くのが習慣になっています。そんな時、最近常連となったカフェで同じく一人できている昌宗(攻め)と出会います。克美は昌宗が自分が愛車を買うときに最後まで悩んだもう一つのバイクに乗っていたこと、自分にない凛々しい容姿に目を引かれます。名前とバイク乗りということしか知らないという関係で何となく誘われて一緒に走るようになり、毎週のようにカフェで落ち合って走りに行く関係になるのです。

克美は設計事務所のデザイン部でチーフアシスタントを勤めています。見目が良いので合コンにもよく誘われるのですが、今はバイクを走らせるほうが楽しい31歳です。恋人は結婚を焦る彼女に「バイクと私とどっちが大事?」と聞かれ選べなかったことで一年以上前に振られてしまったきり。
大学時代からバイクを教えてくれた尊敬する先輩が事故で亡くなってからは誰かとつるむことなく一人でバイクに乗るのが習慣になっており、今は週末のバイクに乗るのがリフレッシュとなっています。今の大きな案件が終わればドイツへの研修も決まっており順風満帆といったところです。

昌宗と出会い何となく気が合い一緒に走るのが習慣になったころ、キャンプに誘われそこから克美は昌宗を意識するようになります。
そんな時意外なところで昌宗と会い、二人はお互いの正体を知るのです。


バイクは全くと言っていいほど知らないので、読んでいて初めて知ったことばかりでした。バイク乗りが一週間働いた後リフレッシュしに山で気の合うもの同士で楽しむという感じが楽しそうで、あまり恋愛が絡むように見えなくてどうやって恋愛に持っていくのかなと思っていたら、キャンプでお酒も入り夜空を眺めていていい雰囲気になるという展開で、今まで昌宗がそう言った雰囲気を一切出
さなかったのでちょっと意外でした。(これは克美視点だからかもしれません)そのあともゆっくり進むという感じで、克美がしてしまったミスのせいで克美が追い込まれ周りが見えなくなったところではちょっと痛い心も身体も思いをしてしまいますが、それがきっかけで二人はより近づくことになるのです。
昌宗は苦労してきたこともあってか懐の深い人物で、失敗しとことん落ち込む克美のことを心配し、直接的なアドバイスをするのではなく考え方を示す形で応援します。
二人ともが仕事とプライベートをちゃんと切り離して話ができるのがとても好感が持てました。
二人が恋人同士になったときもちゃんと話し合いこれからどうするか決めていることもよかったです。
話の当初からドイツ研修が決まっていた克美が恋愛脳になって研修行かないとか言い出すんじゃないかとちょっと心配しましたが、ちゃんと将来を見据えたうえで自分に必要なものを諦めることなく二人で一緒にいる道を話し合うところがとても良かったです。


ただ、最後がちょっと駆け足になったような気がしたのが残念でした。
尺の関係があるのはわかりますが、旅行の工程予定についてはとても詳しく書かれていたのに、実際の旅行の話は一日目と二日目の夜の話と寺社のちょっとした感想くらいしかなくてワープしたみたいに時間がたって、いきなり「楽しかった」で終わったのであれって感じだったのがちょっと残念だったな。

二人が恋人になっては、すぐに二人がかかわっていた大きなプロジェクトが終了するまでとんで、そのあとすぐにドイツに旅立ったと思ったら、いきなり一年経って、あれよあれよという間に終わりで拍子抜けしてしまいました。もうちょっと余韻を楽しみたかったです。
できれば、ドイツに行っている間の二人とか、帰ってきて同棲するようになった二人とか。せめて、帰国した喜びで自宅に帰った後のエッチとか・・・読みたかった。


0

爽やかな恋物語(オートバイマニア話ではない)

電子書籍で読了。挿絵とあとがきもあります。

水原さんと言えば『痛い』が代名詞(最近はそうでもないけど)。
このお話は全然痛くありません。むしろさわやか(怪我する所はあるけど、そこもあまり痛くない)。

ここ最近、あらすじのさわりをご紹介するスタイルで書いていたのですが、この作品はレビューがたいへん多いので、今回は割愛します。

「受けが主人公がドカに乗っている。攻めはトライアンフだ」と小耳に挟んでいたので、期待を膨らませ過ぎたのかもしれません。もっと男男しい、それも、オートバイマニアのお話かと思っていたんです。
たいへん読みやすくスルスル読んで「あれ?終わっちゃった……?」。
直前にレビューを書かれた、コモさすけ様(勝手にお名前出してすみません)と似た様な感想を私も抱きました。

水原さんの、さらっとしたというか、感情のうねりをしつこく書かない文章は嫌いではありません。
ただ、今作については「もう少しねちっこく書いていただきたかったなぁ」と。
全くもって個人的な好みなんですけれど、主人公の二人が自分のオートバイについてどれだけ愛しているか語るシーンがあったら、とんでもなく好きなお話になっていたと思うのです(この二人はあまりお喋りではありませんが、でも、話し始めたらとんでもなく『語る』はずだと思うのですよ。そういう時間を過ごした様な描写はあるのですが、その内容については触れられていなくて)。

もう一つは、オートバイで走る爽快感についても「もうちょっとページを費やして欲しい」と。
やっぱりこちらも、さらっとしているのですよね。
あの、グッと重力が体にかかっているのに風を切っている不思議な快感や、とんでもないスピードで移りゆく景色、空模様の変化で天候に不安を覚える気持ちの変化とか「もっともっと『オートバイ愛』に溢れてても良いんじゃないか、もったいない」って、読み終わってから思っちゃったんです。

あ、すみません。
オートバイ小説じゃなくてBLでした。
お話が悪い訳ではないと思います。
ドカと聞いて勝手に萌え滾って、自爆した私が悪いのです。
失礼いたしました。

2

fandesu

コメント、ありがとうございます(優しい!)。

「おんなじ頃におんなじ本を読んで、似た様なことを思っている方がいるんだなぁ」と思って、思わず書いちゃいました。
「読む本の傾向が似ているのかも」とも思っております。只今、ご贔屓作家の未読本が減ってきて開拓中のため、レビューをよろしくお願いいたします(笑)

コモさすけ

お気になさらず!〉名前出し

複数作品で偶然にも前後レビューしてますよね(笑)またお目もじの際にはよろしくお願いします。

文体に特徴あり

文章語尾にちょっと特徴があって、「~だからだ。」とか「~した。」等としても良いところが全て「~だから。」「~したから。」になっていて、少女漫画や女性誌コラムっぽいな、と感じました。

それが良い悪いではなくて。好き嫌いはあるかもしれないです。
自分は好きでも嫌いでもないんですが、折に触れ「少女漫画っぽいなあ~」という意識になって、男臭いバイクの世界とちょっとアンバランスだなーとは思いました。でもyocoさんのイラストとは合っている感じかな。

後は描写の仕方が、例えばボウリングをやったとして(実際に小説内にボウリングのシーンは出てきません)、ガターやスペア、ストライク、点数、靴だのボールの重さだの指が穴から抜ける感じだのモニターの表示だの隣のレーンだの受付カウンターだの書こうと思えばいくらでも書けると思うんですけども、「3ゲーム楽しんだ」だけで次に進んでいく、みたいな流れが割とあって。

なんか随分あっさりだなー、でも全体の流れからしたら支流だし些末だし、ここにそんなに文字数裂くわけにもいかないだろうし、実際詳しく描写されてもくどいし、こんぐらいがいいんだよなー?でもなんか突き放されたような感じを受けるんだよなあ、なんでかなー?と軽くモヤモヤしながら読みました。

あくまで自分の感覚なので、共感を得られるとも思えないし、このモヤモヤに対する分析も上手く表現出来ず、そんな自分にもモヤモヤしました。超個人的主観ですみません。

3

心地よく読み終えた、大人の男同士の恋。

この本、表紙の黄色の使われ方がyocoさんの絵に映えて印象的なのだけれど
読み始めて「なるほど!」DUCATIのscramblerのカラーなんですね。
ここ数年各社が競って発表しているスクランブラーモデル、
DUCATIって言えば一般的なイメージはイタリアンレッドだけれど、
スクランブラーに関してはイメージカラーも黄色なんですよね。
https://scramblerducati.com/jp

と、それはさておき、このバイクというアイテムを
魅力的に使った一作。

バイクという趣味を通じて、走りに行った先で名前も知らずに出会い惹かれ、
仕事を通じて再会し、真面目に恋愛をしていく様が描かれている。
お仕事の描写も適度な案配で、それなりの困難も乗り越えていく
地に足がついてた大人の恋愛模様。
どちらも男らしく自立した職業人としてもかっこいいところが、とてもいい。

トライアンフとドゥカティというイメージは、主人公2人のイメージにも被る。
ツーリングシーンも2人の関係がよく分かるし、とても気持ち良く読了。

今まで読んだ水原作品とはちょっとテイストが違うかな、と思うが
個人的にはこのまとまりの良さ、サラッとした気持ち良さに軍配です。

2

もっと二人の物語を読みたい。水原先生お願いします。

読みながら何度も何度も悶えました。ただ、惜しいのはドイツに研修に行ってからが駆け足だったような気がします。まあ、行く前に良く話し合った大人な二人だから心配なかったんでしょうけれども。出来るなら帰国してからの2人の甘々な生活が読みたかった。続編望むのは野暮かもしれないけど、ぜひぜひまた読みたいです。また、読みながらニヤニヤしたい。yaco先生のイラストも素敵でした。けして厚い本じゃないのに、何度も同じ場面を読み直して楽しみました。

5

今年度初の神評価作品★

作家さん&タイトル買い。
水原とほるワールドにどっぷりハマってしまい今作もワクワクと読み始め。
あとがきにもありましたが、今年のテイストは少し違うようで
人間じゃないものは出てこず、仕事の話を深く掘り下げてあったりと
そういうのが全くなく。
大人の。男性同士の。純粋な恋物語でした。
本当に小さな映画館で上映される映画を観た気分です。

下調べを入念にされるのか、作品の主体となるものを凄く詳しく書かれるので
今作のバイクに関するお話もしっかりと描写されていて
本当にリアルな2人の関係を盗み見してるような気分でした笑。
受けさんの克実の仕事に対する誠実さ・バイクにかける情熱・男としてのプライド
どれもこれも好感が持てるキャラで。
対する攻めさんの昌宗のキャラも、硬派で真っ直ぐで男らしい野性味溢れるかっこよさで。
だからこそ、克実のような一見スパダリにもなれそうなキャラを
それはもう、すんごい包容力で包むことが出来るんですよね~。
そして最後の最後、めっちゃ幸せそうな2人にやられ…。

強いて言えば、もう少し昌宗側の心理描写が欲しかったな…と。
片方視点のみだと、どうしても相手側の気持ちが分からないので
少しモヤモヤですが…
それでも心からオススメしたい満足出来る1冊でした★

8

男同士ならではの素敵な恋

イラスト買いしてしまった作品です。
カバー絵も口絵も透明感のある美しさで飾っておきたいようなイラストでした。

大人の男二人の恋愛がとても素敵に思いました。

趣味が同じというだけで名前も背景も知らない人とだんだん親しくなり
恋愛感情を持つようになる二人の男たちの仕事や日常が描かれています。

気の合う仲間から友情そして恋愛に変化していく二人の感情の変化が丁寧に描かれていてどんどん引き込まれていきました。

仕事で失敗して落ち込むことがあっても頑張って立ち上がり、趣味で憂さを晴らし、好きな人ができて悩んだり迷ったりしながら、たまにおいしいものを食べてほっとする。
そんなところは男も女も変わらないなと思いました。
そして、同性愛者ではないのにいつしか同性に想いを抱き、男が好きなんじゃなくてたまたま好きになったのが男だったという気持ちが伝わってくるお話でした。

バイクには興味がありませんでしたがツーリングにちょっと憧れました。

3

一周回って超王道

読み終えた後、とても幸せな気持ちになりました。
思いを寄せる相手に同じ思いを返してもらえる幸せを、二人からおすそ分けしてもらったみたいな感じ。

これは仕事に打ち込み余暇も楽しむ大人の男たちのお話です。
30代同士、かたやガテン系、共にバイカー。男臭い要素しかないにもかかわらず、二人の関係は単なる友情と表現するには不似合いなほどとてもピュアで綺麗。 透明感のあるyocoさんのイラストがぴったりでした。

共通の趣味のバイクで顔見知りになったマサムネとカツミ。
出会うまで一人で走ることをポリシーとしてきた二人は、流れで一緒に走ってみると存外相性が良いことがわかって、週末ごとに山麓にあるカフェで落ち合うようになります。お互い下の名前しか知らず、相手の仕事も家族のことすらも知らない間柄であっても、充実した時間が共有できればいい。ある週末、マサムネの誘いでキャンプに出たカツミは、その日を境にマサムネを本格的に意識し始めるようになっていきます。

30年ちょっと生きてきて、初めて同性に恋に似た感情を抱き、それを素直に受け入れていくカツミが純真すぎて、可愛かったです。風貌はワイルドなのに紳士的で包容力のあるマサムネの言動にもキュンキュンさせられて、二人が意識して恋情を抑制しているのが明らかになってくるほど、当事者以上にトキメキが炸裂…。

マサムネとカツミが信頼を少しずつ与え合っていく一つ一つのシーンが印象的でした。
カフェ「レッド・フォックス」で朝食を摂るシーン、
キャンプでの夕食のシーン、
バイクショップで買い物をしたあとのトルコ料理と夜景、
マサムネがつくるキノコのパスタや高野山の宿坊での精進料理、
その夜の一コマなどなど。
食べるシーンばかりですね笑
エッチじゃないのにドキドキした入浴シーンもあったり、他にもたくさん好きなシーンがありました。

もちろん、彼らの仕事に対する姿勢、将来のヴィジョンを見据えていくところも、恋愛とはまた別の軸として描かれています。恋と仕事、ほぼ均等に配分された描写のバランスに大人を感じました。

過去に恋愛で辛い思いをしてきた二人が自然に惹かれ合った相手がたまたま同性だっただけ。人を好きになるのに性別は関係ないなんて、散々語り尽くされてきたのに、このお話の二人からはそんな今さらなメッセージがストレートに届きました。これまでたくさんのBL作品を描いてこられた作家さんだからこそ説得力があるのだと思います。

穏やかで希望を感じさせてくれる素敵なストーリーなので、落ち着いた大人の恋を愛でたい時にぜひおすすめしたいです。

12

男同士だからこその関係

表紙買い。3P目にドゥカティ(イタリアのバイクメーカー)という文字列を見つけて、一気に期待度上昇し、一気に読みました。今まで読んだ水原先生のお話の中で一番好きです!バイクのツーリング話が好きな方にはオススメしたいです。しっかり仕事話あり、バイク話あり(山の中走る系)で、男前二人でぴったり出来あがった関係にとても幸せな気持ちになれた1冊でした。本編のみ230Pほど+先生のあとがき です。

お話は金曜夕方、仕事をさっさと片づけて帰った克実が、翌日相棒ドゥカティと隣県の山へ向かうところから始まります。行きつけの喫茶店で朝ごはんを食べようとした時に店に入ってきたのは凛々しい顔のライダー。店の前には克実の相棒同様の、オンロード、オフロード両用のバイクが止まっていて、「いつか話せるといいな」と克実は思い・・・と話は続きます。

攻め受け以外の登場人物は
昔気質の職人さん、喫茶店のマスター ぐらい。あと家族が少し出てきますが、ほぼほぼ二人でお話は進みます。

麗しいyoco先生の挿絵話。カラー口絵の2枚目が、うーんと唸る素敵さ。満点の星の下、焚火の前でキスする二人の図で、構図がやっぱりyoco先生っぽいーととても思いました。好きだわー。

******以下はより内容に触れる感想

途中、克実が仕事でヘタレるのですが、ちゃんと立ち直ります。ただそこに心情がシンクロしてしまって、こっちまで辛かったw そうなんだよー失敗したら超辛いんだよーと思い出してしまって。そこ以外は、本当に大人な二人で、きちんと前向きにひたむきに生きているように感じられて、すんごく良かったです。この二人の関係には女性は割り込めないだろうな と思います。男前二人だから出来上がる関係というものを感じました。最後、ネタとして仕込まれていたことをどうするんだ とハラハラしていたのですが、どんどん頁数無くなってきたと思ったら、あっさり二人で乗り越えて、さっくり10歩ぐらい前に進んじゃって、あらまあお見事!と拍手な気分でした。

ああ楽しかった。食べてるお料理の記載も美味しそうだったし、山道走る時の記載も懐かしかったし、新緑の美しくなる今、あーめっちゃ山に行きたくなったお話でした!

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ