青の疑惑

ao no giwaku

青の疑惑
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×29
  • 萌13
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
14
得点
118
評価数
35
平均
3.5 / 5
神率
22.9%
著者
水原とほる 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784199004636

あらすじ

捜査に手段を選ばない一匹オオカミの刑事・九鬼と、笑顔の下に酷薄さを隠し持つヤクザの跡取り・陽介ー。
正反対だが共に危険な匂いを纏う二人に好かれてしまった整体師の恭。
危ないと知りつつ拒絶できずにいた恭だったが、ある朝医院の前で不審な死体を発見!!事件に巻き込まれた恭は組織に狙われてしまい・・・!?アウトサイダーな男たちが火花を散らすトライアングルLOVE!
(出版社より)

表題作青の疑惑

ヤクザの跡取り藤森陽介 / 一匹狼の刑事九鬼
整体師の恭

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数14

ここまでくると清々しいスポーツのようなSM

普通SMというと、淫靡なエロエロを想像しますが、この作品はMもSも真正の半端じゃない人達なので、スポーツでいうと世界最高峰登山のような、F1の様な、死と隣あわせながら極めた時の達成感さえ感じるプレイです。
なんちゃってSMは、変に恥じらったり嫌がったりするからエロくなっちゃうんですよね。
そういう意味でこれは清々しいSMです。

医師を目指しながらも片目を傷つけたことで断念し、現在は叔父の整体院で働いている恭。
彼を気に入ってちょっかいをかける刑事の九鬼と、ヤクザの跡継ぎながらバーを経営している陽介。
巷で問題になっている麻薬を恭が拾った事から、ヤクザに狙われてそれを九鬼と陽介が助ける話です。

この話の見どころ(?)は恭が真正のMであること。
死の一歩手前までするとは半端でないですよ、そして片目の怪我はそのせいだったのですから。
そして陽介も半端ないSです。
あれやこれや、本格的お道具が出てきて、恭も感じているけれど相性よさそうなんですよね。
九鬼もSでした。(やっぱり)
恭が囚われてAV撮らされる時に、男優として潜り込んできた九鬼とプレイをするんですが、彼はムチが達人のようで、あと陽介とはまた違うタイプのいたぶるタイプのSなんですね。
恭もこんな二人に囲まれて、それぞれに特徴があるからMが満たされて幸せですよね。
3Pあったら・・とか願望だったのですが、どうもこの二人に責められたら恭は多分また生死の境をさまよっちゃいそうなので、許しましょう。

SMスキーの為、何だかSMについて熱く語ってしまいましたが、それについて真摯に取り組まれた作品ということで、しかも中途半端でなくて、淡々とつづっているところが、ストーリーの結末の甘さは置いておいて、すごく評価されます。
この3人のキャラクターも、ものすごく好みです。

彩さんのイラストもすっごく雰囲気があって、実はこの作品ですごく好きになった絵師さんです。

9

SMの良さが分かった。

SM物ってさほど好きではないのですが、好み抜きにしてもとても面白かったです。
痛々しいけど、深い愛情が見てとれたので嫌な気持ちになりません。
受けの恭がエロ方向でチートに見えてなんだか頼もしかった。(笑)
背徳感とエロをきっちりと堪能できました。

敏腕刑事とヤクザの跡目から言い寄られる美人受けという三角関係です。
結論的なネタばれはしないようにしますが、こういうBLの形もあるんだなと凄く新鮮でした。
ただ、読む人によってはモヤモヤするかも?

そして登場人物が魅力的です。
恭は叔父から整体院を受け継ぎ、誠実にお客と向きあう素晴らしい子です。
そしてどうやら過去の恋愛でとても深い傷を負っている様子…
読み始めは、健気に頑張る良い子なんだなーと思っていました。
ところがどっこい、それだけでの子ではありませんでした。素晴らしい!

そして攻めの2人、九鬼(警察官)と陽介(ヤクザ)は有能な上に一筋縄ではいかない人達です。
普段は飄々としているけど思いやりがあって優しい。でも実はドSってちょっと怖すぎです(笑)
でも九鬼って真正のドSなのかな?
彼の本質的な部分が、S要素ではなく情に厚くて優しそうに見えたので、真正なのかそうでないのか最後までよく分かりませんでした。
恭も、九鬼はアブノーマルなセックスから遠い存在と思ってたみたいだし。
いざとなったら簡単にドSになれてしまいそうな人に見えるから、余計疑わしく思いました。
個人的に九鬼のほうがギャップと鬼畜度が高く感じて大変萌えます。

物語的には凄くハラハラしました。
受けがピンチになる展開って、先が読めすぎるので逆に緊張感がなくなってしまうのですが今回は「大丈夫なの?!」と焦りました。
三角関係の着地点もどうなるか分からないし、この作者さんは読ませるお方だなと思います。

でも3人の関係がどうこうよりも、主人公の恭が過去と決別して力強く一歩を踏み出せたことが一番良かったと思います。
BL抜きにして、人との出会いって素晴らしいなと思いました。
そして人との出会いを繰り返していく以上「この人とじゃなきゃ絶対に駄目」ということはないのだと思いました。

3

複数攻×受が読みたくて

この3人の関係 恭ちゃんを中心にした「やじろべい」みたい 子供っぽい単語を使ってしまいましたがそんな印象でした
この陽介と九鬼はどっちも本命 対等です バランス取れてます
恭ちゃん BLのお約束で美形ではありますが ただ守られているお姫さまじゃない 流されないところがポイント高いです

「水原作品は痛い」との評判でしたので凄惨なストーリーかと身構えていたのですが それほどでも・・・?
事件解決まではスリルとサスペンスとSM満載でした
最後の陽介と恭が九鬼のお見舞いに行くシーンで その緊張をといてくれたような そんな印象です

2

本格SM大歓迎!

※SMが好きな方が読むことを前提にレビューも書いてます。興味ない方は楽しめません。

本格的なSM作品って、実はほとんどないんですが、この作品はSM度75%くらいでそこそこ楽しめました(`・ω・´)
また、逆に本格的なSM作品ほどエロス重視でストーリーがおざなりになりがちなのですが、その点、キャラ文庫なだけあって、まずはストーリーありきな骨組みで構成されていたので、読み応えもばっちりです!

しっかりしたシチュ設定やキャラのバックボーンなどがあって初めて、SMというスパイスが活きるわけです!ヽ(・ω・○)

また、キャラクターもMっぽくないM一人に、SっぽくないS二人、という斬新さで、
作家さんの攻め攻めな姿勢が非常に好感持てました!

新しい角度から本格SM書いてやるぜ~!
みたいな意気込みが伺えます!

さて、前置きはこのへんにして、中身について!

舞台は神奈川県のようです。
元カレに開発されたM体質を隠しながら働く整体医と、彼にホレた男二人のトライアングルラヴです。
ちなみに、恋の火花を散らすのは、
現役刑事 vs ヤクザの跡取り
という職業的にも犬猿の仲のコンビ。

美男子で合気道の有段者でもある整体医は、言い寄る男のあしらいにも長けており、なかなかのクールビューティーっぷりです。
決して、ひ弱な守られるべき存在ではありません。

一方、肉体派の刑事は、そこそこスケベだが包容力と忍耐力のある頼りになる男だし、一見紳士なヤクザの跡取りは、部下の信頼も厚いやり手のイケメンで、自立した大人のイイ男が盛りだくさんって感じですヽ(・´∀`・)ノワホイ

しかも、三人とも弁が立つので、漫才のような会話の応酬も楽しいです!
ああ言えばこう言う、みたいなテンポのいい会話をたくさん楽しめるのが小説の醍醐味ですからね~☆

途中までは、男同士ということを除けばSもMも感じさせない、いたってノーマルなストーリー展開で進みます。
しかし、ある事件がきっかけで整体医に危険が迫った際に、二人の男がそれぞれの立場から彼に手を貸すこととなり、距離がグッと縮まっていく…という流れです。

SMプレイについて。

予めいっておきますが、残念ながら3Pはありません。(チョット期待シテタノニ…笑)
ボールギャグ、コックハーネス、ローター、目隠しバンド、足枷、手錠、バラ鞭、一本鞭、肛門鏡、縄、催淫剤、アナルパール、…使用アイテムはこんな感じです。
濡れ場シーンも、キャラ文庫にしてはがんばったな、と思う程度には具体的な描写になってるかと思います。
スカや蝋燭はナシ。一般的に汚い印象のプレイはないので、その点では読みやすいかと。

個人的な印象としては、ヤクザ相手の方がSM度が高かったかな…
刑事相手のときは、ストーリー上、強制的なAV撮影という状況下での絡みとなっており、催淫剤を使用しての乳首責めなどで、SMというよりはちょっとばかしハードなプレイって感じでした。

全体を通して、難点を1つ上げるとするなら、刑事とヤクザが整体師に惚れ込んでいる理由が伺えるエピソードがもう少し具体的にほしかったって感じですかね…(o’ω’o)
結局、一目惚れみたいなノリで整体師を口説いているので、もう少し、彼自身にこだわる理由とかあれば、深みが増すとおもいました。

でも、Mらしくない高飛車なMがみれてよかったです。Mキャラ自身に今まであんま興味なかったけど、このMは好きでした(*・∀・*)
あと、大好きな彩さんの挿絵がほんと美しいので、そこも見所です!

《個人的 好感度》
★★★★・ :ストーリー
★★★★・ :エロス
★★★★・ :キャラ
★★★・・ :設定/シチュ
★★★・・ :構成

5

こんな受けは珍しい

注意
SMなプレイが出てきます。
主人公の相手は一人ではありません。
でも輪姦や3Pはなし。

主人公は、横浜の野毛で整体院をやっている恭。
そこに患者として通っている県警の刑事・九鬼と、
近所のバーのオーナー、実は地元ヤクザ組織の跡取り・陽介。
恭は、この二人から口説かれながらも、その誘いをかわしつつ、かといって、突き放しもせずに、もう恋愛は二度どしないと思い定めながらも、微妙な関係に安らいでいる。
それには、過去の恋愛が深く関わっているようで・・・。

大人の男の三角関係と、薬物絡みの事件とが上手く絡まっているので、恭と陽介、恭と九鬼、それぞれのハードなSMプレイが、説得力を持っているので、エロ描写が結構な長さで続いても全然退屈しない。

とにかく恭!
こんな受け、珍しい!
かっこいい!

この3人で3Pは、きっとなさそう。
それぞれ別々に、「あっちはどんなことしたんだ?」とか言いながら、それを上手くプレイに取り入れたりしそうだよね。

4

雀影

セルフツッコミ
役立ちボタンが押されると、どんなことかいてたのがお役にたったのかと自分のレビューを覗きに来るんだけど、本の内容を思い出せることもあれば、思い出せないこともある。
これは、割と思い出せた方。
って言うか、この作品の続編があったら読みたいなぁって思ってたのを思い出した。
れなさんとか、ゆうり先生なら、こんな美味しい設定みすみす終了にしないで、ガンガン続き書いてくれそうなのにね。
ほんとに続きって、ないのかなぁ。

ただれてますが、何か?

ツワモノM受けの登場!
SMに人並み以上に耐性を持つ・・・というより、ぶっちゃけSMじゃないとイケないお方です。
元恋人の裏切りと、その恋人のせいで失った夢、そして彼に刻み込まれた、ディープなSMの快感――もう普通の恋なんかできない。
そんな心と体の傷をひきずりながら、新しい恋に目を向けようともせず、整体師として枯れた生活を送る青山恭(きょう 29歳)と、恭を狙うライバル、刑事の九鬼尚道(36)・ヤクザの藤森陽介(32)の2人。
3人の、ハードでエロくて、それでいてドライで明るい、三角関係の物語。
サスペンス仕立てです。

陽介×恭では、合意の上でSMプレイ、九鬼×恭の濡れ場は、とある事件に巻き込まれ、監禁状態の中での人前SMプレイ(そして恭の回想シーンでは元カレとのこれまたSMプレイ)、と、濡れ場はSM尽くしの内容。
恭は快感を満喫してるし、SもMもノリノリでドライにプレイを楽しんでいます。
いろんなSM技が登場するのもお楽しみ。

3人の不思議なバランスの三角関係もまた、この作品ならではですね。
九鬼も陽介も、恭に執着はしてるんですが、どこか余裕を持った大人の距離感を保っていて、この三角関係を楽しんでいるように見えます。
恭の側も、当初は2人を少し疎ましく思っていたものの、最終的には2人ともを愛し、信頼するように。
恭をめぐるバトルが、憎しみ合いではなくむしろ3人の関係のいいスパイスとして生かされているような、刺激的で、クールなトライアングルです。

そんな3人が繰り広げるS&S×Mな関係(ただし3Pはありません)、そしてプレイの描写もすごく面白いんですが、自分の好みの方向性とは違うのかな、というのが正直な感想。
精神的に強いMは、私も好きなんです。
ただ、やっぱりSMものは、SのMに対する独占欲と、MのSに対する捧げる愛がじっとりまとわりついてる感じのほうが好き。いわゆる仄暗いヤツ。
この作品の中でのSとMの関係は、SがMに奉仕するという、SMの本質そのものなんですが、表面的には逆であってほしいんだな・・・
SMものはドライじゃなくて、ウェットであってほしい。
私の場合、本格派SMよりも、なんちゃってSMな束縛関係が、好きなのかもしれません。

まあ、個人的こだわりはおいといて。
水原さん初読みでしたが、文章・構成に安定感があって、テンポ良く読めました。
彩さんが描く九鬼と陽介は、男の色気たっぷり。透明感のある美人に描かれた恭も、本文の彼のイメージにマッチしていて、文句なしです。

タイトルの「青の疑惑」は、作中に登場する青い錠剤?と思ったのですが、そこはあまり深追いしない感じでしたね。恭の名前が「青山」ということで、一見地味な整体師のドM疑惑?
疑惑の真相は、なかなかにハードでありました。

3

えすえむの世界

本格的なSMのあるBL本を初めて読みました。
こんな世界があるんですね。笑
恭は全然Mっ気あるように見えなかったんですが、一度自分がMだと認めてからの最中の変貌ぶりは初めてのSMというのも相まってどっきどきでした。
どこか優しさも見える九鬼と、容赦のない陽介に揺れる恭の心はまさかの定まらないまま終わるの!と思いましたけど、どちらもじわじわと余韻を残す良さがあるので時間がたってみるとあの終わり方でよかったのかなあと。多分、どちらかを選んでしまったらそれはそれでもやもやしていたように思います。笑笑
ストーリーもあまり読んだことのない展開で面白かったです。
九鬼のうっかり具合には警察なのにそれでいいの?と少々がっかりでしたけど銃の奪い合いのシーンはハラハラしましたし、恭の涙は美しくて素敵でした。
彩さんの絵もとても綺麗でした^^

1

SMです、支配してるのはMの側

「俺は半端なことじゃイケませんよ。容赦なく泣かせる自信があるんですか?」

いやー、ゾクゾクしましたw
『イヤ、ダメ、ヤメテ…』で支配されていくマゾじゃなく、凌辱され泣かされながらも場の支配権はマゾの側が握っているというSMプレイに。
好みの分かれるところだと思いますが、私はこーゆうの好きです。
カッコイイんですよ、このマゾ男が。強くて弱い。優しさも誇りも持ち、さらに過去のトラウマまで持ってるというオマケつきです。ついでに合気道の有段者です。
大物ヤクザとやさぐれ刑事、ツワモノ二人相手を手玉に取ってます。
誘拐されても強い。
他のかたも書いてますが、これは確かに3Pが読みたかった!二人がかりでイジメて欲しかったですw

4

ドM受ってどうよ

ヤクザと刑事二人に口説かれ続ける整体師の話です。

事件に巻き込まれて、AVビデオとられたり、言葉攻、SM。
そこだけとってみれば、かなりハードコアなネタが詰まっているような感じもしますが、受が超がつくほどのドMなので、妙にその痛さを感じません( ̄∀ ̄)
むしろ、引くくらい攻めたてられないと感じない身体に調教されてしまっているようす。
凄いな(苦笑

ただ、求められるSMというのも新鮮でいいかなと思います。
無理矢理やられて感じまくるよりかはいい。
もっと攻めて来い。もっと攻めて来い。
そんな進んで受身形っていうのも斬新。

どちらかと言えば、刑事さんのほうが好みです。
AVは良かったww
もう1ついえば、3Pが見たかったかな。

3

愛ある安心SM

愛あるSMの世界ですね。この作品に登場する受け様はかなりのくせ者。よくぞこのくせ者の受け様を愛してくれる人が2人も見つかったなぁと奇跡としか言いようがない展開にニヤニヤしちゃいます。やっぱりBL的ストーリーはこうでなくちゃいけません。どんな愛の形でも拾って温めてくれる攻め様がいるのかBL世界の懐の広いところですよ。ちょっと可哀想な展開も水原ワールドなので用意されていますがそんなことはどうでもいいくらいに愛してくれる攻め様がカッコいいです。大人です。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ