Fuck Buddy―ファックバディ―

Fuck Buddy―ファックバディ―
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神108
  • 萌×240
  • 萌23
  • 中立8
  • しゅみじゃない9

11

レビュー数
17
得点
777
評価数
188
平均
4.2 / 5
神率
57.4%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
ポーバックス BABY comics
発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784865894905

あらすじ

ヤリチン友達にアナルを開発されてしまう!?

節操なしのプレイボーイ×セックス中毒のガテン系男子
性欲狂いの男達が、恋に目覚める。

〈あらすじ〉
人並み以上の性欲を持て余し、手当たり次第ヤレる女を抱いていた諒(りょう)。
彼の唯一の友人兼同居人・赤西とは一晩限りの女性と3Pをする穴兄弟でもある。

ある夜、プレイ中にチ●コを噛まれてしまった諒。
そんな諒に、男性器を使わずに性欲を発散する為だと言って、赤西が前立腺の開発を提案。
半ば強制的に新たな快感を覚えこまされてしまった諒は、もう普通のセックスでは
満足できなくなってしまった。
疼く体と男のプライド、そして認めたくない想いが渦巻くイビツな恋模様。

表題作Fuck Buddy―ファックバディ―

赤西 雄司(大学生,諒と女を共有して遊ぶ派手な男)
柄本 諒(ガテン系,人付き合いが苦手,性欲が強い)

同時収録作品Fuck Buddy―ファックバディ―

絡んできた男たち
柄本 諒(ガテン系)

その他の収録作品

  • F♥ck Bae(描き下ろし)
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数17

大人な話

これは、すごいお話ですね。
暗いわ、重いわ、捻くれてるわ、拗らせてるわ…いたしてるわ…で。

ひなこ先生の作品はひと通り購読させていただいておりますが、好きな作品はめちゃくちゃ好きなのですが全く好きになれない作品もあります。
私的には同作家さんでここまで作品によって好みが分かれるのはなかなかないです…。
すごく絵が上手なのに、どうしてこんなビュジュアルのキャラ描くんだよ~。もっとイケメン描けるじゃん!!!とか、めちゃめちゃイケメンなのになんでこんなおかしなキャラなんだよ~!!!っと、残念過ぎて涙する事も……(T_T)

取りあえず…こちらの主人公CPは許容範囲内でしたので購入。
で、レビューを読ませていただいていて評価が賛否両論だったのでドキドキしながら読みましたよ~\(゜ロ\)(/ロ゜)/

いや~真っ暗っす。
でも、こんな色々と幼少期に辛い思いをして闇を抱えてしまった2人が不器用ながらも本当の愛を見つけていく…めちゃくちゃいいお話ではありませんか!
私的には好きな方のひなこ先生作品になりました。

生きていると本当いろんなことがあってトラウマになる事も沢山あります。
実際 私もBL好きになったのはもう男女の恋愛なんて信じられないわ…って思うほど心の傷を負ったから…。
もう一度 人を信じられると思うまでにはかなり時間はかかるし、相手の気持ちが怖くて怖くて…臆病にもなるし、そんな経験をしていると、この2人の拗らせぶり両想いになるまでのじれったいやりとりもとてもリアルに感じられました。
そんなわけで、酸いも甘いも噛み分けてこられた方なら共感できるお話かと思われます。
でも、一般的にめちゃくちゃ好きってお話ではないことは確かです。

1

地雷と萌えが半々で

これは評価するのをかなり迷いました。
女性を交えての3Pとか、そもそも二人が知り合うきっかけになったのが高校のときのセフレが被っていたとか、導入部分からチャラいんですよね。でも、そう言う考え方にしてしまった子供の頃のエピソードを読むと彼らの周りにいた大人たちの酷いこと!だからと言うわけではないけれど、女性に対するクズっぷりとか、下半身の緩さを少し許してしまうんです。

途中から、攻めの赤西が諒に対して友情以上のものを感じていて回りくどいことをしているんだなと分かってからはなんか言うことなすこと全てが歯痒くて、素直じゃないんだからっ!とイライラしました。

最終的にはツンツンしていた諒が素直になってきたのでハッピーエンドで好評価ですが、所々の地雷も同じくらい入っていたので真ん中の評価とさせていただきます。

1

意外と純愛

そこまでしてやりたいか!と言いたくなるほどどうしようもないヤリチン同士ですが、3Pしながら実は攻めが受けのことしか見てなかったというのは、それはそれで萌えだなーと感じました。
私は女性との絡みは地雷ではないので大丈夫ですが、作中終始女性の扱いが酷いです。
攻めは意外と一途で、受けがなかなか気持ちを受け入れられなくて拗れちゃった感じです。
でも気持ちを受け入れて、また裏切られるのが怖いという受けの気持ちもよく分かって、後半はすれ違いがとても切なかったです。
最後の「好きって言いながらセックスするのってすげー純愛だな」って攻めの発言が凄く好きで、全て報われたような気持ちになりました。
問題作で好みは分かれると思いますが、これも愛の形なのかもと思いました。

0

クズ男同士の…

この作家さんは初買いになります。
表紙に女の人いるし、帯の煽りでヤリチン友達と文字があり、ああ。これはクズ同士のお話かな? と思って読んでみたら案の定。
患部(下半身)を咬まれた諒の気持ちいい場所を増やすという目的の為、赤西が触れてきたのはーー。

そんな関係からの始まり。

攻めもクズだけども受けの方がクズ度カンストしてて、途中から赤西くんの方に同情しまくりました。
だけども、諒くんの萌えポイントはつなぎを着ている所があるので、そこも是非チェックして下さい。

2

これこそ純愛!かも

個人的に好きな設定でした。

攻めは、「女好きなだらしないやつ」に見えて、好きになった相手には粘着するほど愛が深い、一途なタイプ。
そのため、相手からことごとく怖がられ、そのトラウマにより、本気の付き合いをしなくなる。

受けは、幼いころ母親が男好きで父親に捨てられる。
それでも男に依存する母親からの逃げ場所を探し、
冬の寒い公園にいたところ、一人の女子大生に声を掛けられる。
暖かさとやさしさを与えてくれる彼女に、依存していき、一線を越えてしまう。
しかしながら、彼女は哀れみから受けを受け入れていただけだということがわかってしまい、自身も母親と同じなのだと思い知る。

あとは、ほかの方のレビューにあるような流れで攻めとの関係を持つようになるのだが、過去のような思いをしたくない受けは自分の気持ちを素直に受け入れられず、
攻めも過去の経験から深く突っ込んでいくことができず、受けに誤解させてしまう。

お互いが受け入れあった後、特に、巻末描きおろしはラブ度が上がっていてキュンキュンしました。
女性との描写が出てくるのが苦手でない方や、ヤリチ〇同士の本当の意味での純愛に萌える方には、クリーンヒットだと思います。

5

クズっぷりが同レベルなバランスの良いカップル

私にはちょっと理解できないのですが、即ヤリOKお手軽女性とか、
そんなにゴロゴロ転がっているのでしょうか?
ま、それはどうでも良いことってことで。

赤西は自分に惚れさせて逃がさないように慎重に囲いたかったんですよね。
諒は気持ちよければそれでいい。ってことは、満たされる方法を
性的快楽にしか見いだせなくなってたのかしら。
赤西は諒を満たす事で自分に惚れさせようとしてたってことね。
二人ともかなりお馬鹿さんです。

だけど お互いに不器用ながらも好き合ってるみたいなんで良かった良かった。
何ていうか攻めも受けも同レベルなお馬鹿さんなのが救いです。
バランス的には良いカップルです。
この二人のこの後の甘々生活をもう少し見てみたい気がしたのでこの評価です。

0

キャラが好きになれない。

ひなこさんの作品は、BLを抜きで考えると本当にクズというか「性格悪いなコイツ!」みたいなキャラ出てきますよね…。
受の性格、悪いでしょこれ…。
BLとしては可愛い受かもしれませんが、結構嫌な奴だよコイツ?

あと攻・受共にお互い以外とヤッちゃうシーンが多く、その描写も嫌いなので…。

1

前半は地雷です笑

表紙に女性が見える時点でアウトだと思っていたけど展開が予想外でした。攻めがクズ男かと思いきやまさかの……あと強情な受けの時折見せる火照った顔が最高でした。

2

クズ野郎です。

BL作品なので、女性の描き方が雑になるのは仕方ないことだとしても、あまりにも人間性を無視した酷い扱いに、即『しゅみじゃない』をつけたのですが、それ以外の部分が気になって、手離す前にもう一度読み返してみました。

う〰️ん、何度読み返しても不愉快、とは感じるのですが…自分の気持ちに素直になれなかったり、ゲスやクズといった不器用に生きてるタイプが大好物の私としては、読めば読むほど二人のすんなりいかない関係に萌えが滾ってしまい、どう評価していいのか迷ってしまいました。

執着心の人一倍強い攻めと、過去に囚われて本気の恋愛に踏み出せない受けが女性の体を共有することから、依存し合うのような濃い関係になるなんて…う〰️っ、おいしすぎる。たまらん展開なんだよなぁ〰️。

嫌悪感はぬぐえないものの、二人のクズがあんまりにも不器用なところが可愛すぎて、不本意なからもやっぱり萌えが滾って楽しく読んでしまったので『萌』で。

2

女性がいっぱい出てきます。

かなりのヤリチ〇同士のお話です。
表紙からして女性の影丸出しだし
途中でも女性だけとの描写や3人でいたしてるところもガンガン出てくるので
ちょっと苦手な要素かぁ~って思っていたのですが
読み終わってみるととてもいい読後感でした。
かなり2人して拗らせてるし、素直じゃないし
好きって言ったら途中のしんどいシーンもなくて良かったんじゃと思うと
赤西め~と思うけど
妬いて焦ってくれる諒を見たいし好きって言ってもらいたいという赤西の気持ちも分かるので
何だから複雑だなぁって思いました。
最終的には仲良くラブラブそうなので一安心だけど
途中はちょっと辛かったです。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ