ジョウブレイカー

javbreaker

ジョウブレイカー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神14
  • 萌×210
  • 萌10
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
140
評価数
34
平均
4.1 / 5
神率
41.2%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックスmoment
発売日
価格
¥679(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784801963047

あらすじ

オレのこと友達と思ってなかったから、セックスしたんだろ――?

セックス三昧の学生生活を期待していたけれど、現実は厳しく、
童貞のまま休暇で帰省したローガン。
学業優秀だが変わり者の幼馴染・ダニエルから
「キスの実験台になってやろうか」と提案され一度は断るが、
脱童貞への足がかりのため、申し出を受け入れる。
しかし、その日から2人の関係は一変。
実はダニエルはゲイで、出会い系で知り合った男たちに節操なく抱かれていた。
おまけに、ダニエルが想いを寄せる相手は自分もよく知る人物で―――
ローガンは動揺しながらも、ダニエルを強烈に意識し始めてしまい…! ?

描き下ろしマンガ8ページ収録!

表題作ジョウブレイカー

ローガン,童貞大学生
ダニエル,拗らせビッチ

その他の収録作品

  • EXTRA FLAVOR

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数6

きっと遺伝子に恋してる系男子

とっても簡単に言うと

一度ときめいてしまった相手の事を、深入りする事なく自分の中だけで大切に大切に育てて生きている

お尻のゆるめな

受け君が、他方向(攻め君)からの愛の攻撃を上手くかわしていると思っているけど実は胸がかすり傷だらけで、いざときめきの対象に真正面から向き合って一歩前進してみるも、美しく妄想しすぎたせいであれなんか思ってたのと違うし

息子が起動しないだと…!?

となった所に突き刺さるのは攻め君の愛の金棒!
傷だらけのハートには相当なダメージを負い、最後には降参して自分からハートを攻め君に捧げて幸せになるお話だと思います(簡単とは)

これこそ私の誇大妄想ではありますが、受け君は遺伝子的に恋しちゃってるのではないかなあと思います。
いつか攻め君は、かつて最愛と思っていた人と姿形が似てきて、受け君はもっとメロメロになって、攻め君も大きな胸でしっかりとそれを受け止めて、お互い幸せになってゆくのだろうなあ…。


ただのお友達、なら崩壊していたかもしれない展開ですが、幼馴染と言うのはちょっと他と違うんですよね。
半分家族みたいな感じだし、男の子同士だから尚更、今まで友達と思ってなかった、なんて言われて今までの積み重ねが一瞬にして無くなることはないんですよね。男の子は女性に比べてお友達に情深い生き物と聞きますので(笑)


個人的にあぁええ台詞やなあ!と思ったのは攻め君の

お前も俺も絆される
それを知らなかったのか

です。
今まで攻め君が伝えてきた愛がここに詰まっているような気がしました。
この作品は上質な絆されものだと思います。

最後になりますが、わたしがこの本を購入したキッカケは

なんかエロそう

だったわけですが、本当にエロかったです☆
内容がエロエロというのではなく、作画的にです。
下半身の肉感がすっごく好みで、お尻とか太ももの筋とか、男らしさを残しつつ柔らかみもあって、美味しそうな身体なんですよ…!
白抜きされてはいますが、しっかりカリとかわかるんでペニス好きには大満足でした!

一冊丸ごと二人のお話なのでそれもよかったです。

表面ドライだけど中はしっかり熱い男の子同士の恋愛が読みたい方には気に入って頂けるのではないでしょうか

1

あっけらかんとした間柄

自分にとっては『スイートハートトリガー』よりもこちらのほうが断然好みだ。
個人的キャラクターの好みに左右されたってのもあるが、久々にこれは良いビッチ受け!!って満足できた。

片想いの男性の面影を追ってか、どうも赤毛フェチ気味になっているビッチ受け・ダニエルがなかなかいい性格してて、DT幼馴染み・ローガンに対して"踏み台"発言が飛び出しても後ろめたさや罪悪感ってのは一切なし。
対するローガンも、ウジウジ悩んだりダニエルに振り回される事がないさっぱりした性格で、案外と彼の片想いを達観した目で見ていたりと、コイツもなかなかのものだなと…
それにしても、ローガンってパッと見も決して悪くないだろうに、どうしてガールフレンドが出来なかったのかが不思議だ。

あと、この話って始終カラッとした持ち味が魅力だな、ってのも感じた。
大抵セフレから入る関係となると何かしら拗れるとか誤解を招くとかってのがあるだろうに、この二人に関してはそんな心配?がなかった。
エロ度もそれなりに高めでモロtn〇、下半身マッパってシーンも多々あるのに、ここまで一冊通してあっけらかんとしているとかえって卑猥には感じないものだなぁ…と。

ま、一番最強だったのはローガンの父親だったけどね。
無自覚に大人の男の可愛さを振り撒いてダニエルを惑わした挙げ句に無事で済んだなんてスゲー(笑)

セフレから始まった関係が本気になっていく中で、主導権がダニエルからローガンに傾いていく絶妙さがあるし、ローガンなりの純情なこだわり(相手の顔を見てセックスしたい、とか)、いつの間にか片想いのわだかまりが消えていたダニエルとの変化にも注目だ。
それに性に奔放なビッチ受けだって、誰かしら一人に心を奪われるとたちまちに可愛くなるもので、ダニエルも例外ではないのだ。
もしかしたら将来ローガンが自分好みのいい男になるかも、ともじもじしている姿が可愛いぞ(笑)

2

顎を砕く飴(ニャンニャのアメは甘くない)

ニャンニャさんの独自の感性というか他の誰とも違う個性が面白い1冊。
1冊丸ごと一つのお話です。

例によって?外国(アメリカ)が舞台で、登場人物は外国人。
主人公は童貞である事に焦るフツーの男の子・ローガン。
そして幼馴染で頭はいいけど対人的にどうなの?なオタクのダニエル。
このダニエルがなんとも、一筋縄じゃいかない人物。
親友がひょんな事からキスしたり手コキしたりで、その後関係性が変化する…っていうのはBLではよくある展開ですが、本作もそういう流れ。
ローガンは普通人だからダニエルについていけず1人でアワアワするけど、ダニエルの方は実はローガンのお父さん・エドに子供の頃から惹かれてて、ゲイである事にも色々な男と寝る事にもなんの罪悪感もなく、ビッチ的な赤毛漁りをしている。それをローガンにも平気で話すし。
でもその内ローガンとダニエルの力関係?のようなものが変化してくるんですよね。その辺りの神経戦?のようなやり取りはスリリング!
すったもんだがあって、BLっぽい甘さも萌えもほとんどないけどローガンとダニエルは無事?恋人となります。
絵柄的にはあっさり目で、正直アメリカ人でも日本人でも同じように見えると思う。だけど、彼らの思考回路というか行動原理ははっきりと日本人とは違う。その辺の底に流れるリアリティは頭一つ出ていると感じました。

ネットで「jaw breaker」の画像を検索したら、野球ボールくらいのデカイのが結構あってびっくりした〜!

2

キャンディより甘い彼の

大学生のローガンはDTのまま。
幼馴染のダニエルにキスの練習ならさせてやると言われ
考えぬいた揚句ノッたはいいけどもうただの友達には思えなくなり…。

ニャンニャさん、3冊目楽しみにしておりました!
今作のタイトル『ジョウブレイカ―』とはキャンディの事だったんですね。
顎壊れるほど固いのかなww
噛み砕こうとすれば歯が折れそう。

ダニエルの思考回路がちょっと凄いです。
いくらローガンの父親を好きだったからって
ローガンの事“踏み台”だなんてズバズバ言いすぎ!!
歯に衣着せぬとはまさにこのこと…。リテーナーはしてるのにww
でもダニエルにしてみれば自分の気持ちに正直なだけで
賢い分、心もコントロール出来ていると思っていたんでしょうね。
だから性欲は他で発散させてローガンをガキ呼ばわりしちゃって利用して。
確かに勘違いしたり単純なところはそのとおりだったけど
よっぽどローガンの方が大人だったなぁ…。
父親に嫉妬するのはしょうがないし。

理詰めでもなんでもなく、カラダだけじゃなく心に寄り添ってくれるローガンだから
ダニエルは自分の本心に気づいてしまったのかもしれない。
投げやりともいえるようなビッチっぷりまで受け入れてくれるなんて
愛しかないですもん。
(ちゃんと恋人になったら「浮気は許さない」って言ってましたがそれは当然!)
ただもうホント今後ダニエルには無茶なことはしないで欲しいです。

私は普段、登場人物に共感出来ないと
なんでそうなるのか理解に苦しむ…となってしまって
作品自体あまり楽しめなくなる傾向にあるのですが
ニャンニャさんの作品は「その感覚は無かったわww」と逆に興味が湧いて面白いんです。
不思議とクセになるっていうか…。
今作は受けっぽい受けじゃないのがまた素敵でした!
(ダニエルはタチも出来るところも個人的に楽しかったです)

3

アメリカンティーンエイジャーの恋模様?

デビュー作が神がかり的に好みだったニャンニャさんの新刊。
今作も相変わらずアメリカンなティーンエイジャー達の世界観を楽しめます。
ゲイに対する感覚も日本のBLとは少し違うような感覚ですね。
ただ、今作は残念ながらあまり萌えませんでした。
幼馴染同士のケンカップルのような関係性も良いのですが、身も蓋もないというか、ラブ要素が薄いというか。
相手に対して容赦ない発言も多いので、恋愛物を楽しむような感覚ではなかったですね。
友情の先?に肉体関係があった的な。
絵柄も大好きなのですが、個人的には攻めと受けの見た目が逆な方が好みでした。

0

幼馴染関係の終わりと始まり

幼馴染の友情と勘違いと一夏の経験と変化。
感情が複雑なようで、解けてみれば簡単なようで、でも簡単にはいかなくて。
15年の友情の終わりと次への始まりを感じました。

個人的萌え嗜好で、ダニエル(黒髪眼鏡)が攻めだと思ってたら逆だったので(´・ω・`)ショボーンとなりましたが、その部分を差し引いても面白かったです!


攻めのローガンは大学の夏休みで帰省中。
お隣の幼馴染・ダニエル(受け)を天才だけど変わり者という風に見ています。

未だに童貞であることをバカにされ、
売り言葉に買い言葉で幼馴染とキスをすると決めたローガン。
ダニエルを練習台にして自分がマウントを取るキスをするつもりが、
逆にダニエルからエロい口技を受ける形になり動揺します。

一方、ダニエルにはずっと片思いしている人がいました。
絶対に叶わない相手で最初から諦めていて、代わりに片思い相手に似た男を適当に漁る日々。

キスして以来 ダニエルが気になって仕方ないローガンは、ダニエルをこっそり観察。
そしてダニエルが漁る相手の共通点が自分にあると気付きます。
ダニエルに好かれてると勘違いし「付きやってやる」と告げたのですが…。
ダニエルから帰ってきた返事は、
勘違いどころか15年の友情すら壊すような思いがけない言葉でーーーと展開します。



大きめのネタバレになりますが、
ダニエルの片思い相手は、ローガンの父親でした。
ダニエルにとってローガンは好きな相手と接触出来る手段。
幼馴染の間にあったのは友情ではなく踏み台。。。

あああ…。
こんなん言われたら凹むどころの話じゃないで…(-言-;)
ダニエルが言い淀むことなくアッサリ言い切るのが何とも言えぬ。

でもローガンも負けてません。
踏み台と言われた仕返しに父親の存在を片手に取ってセフレ関係を迫ります。
15年の友人関係が終わり、2人の間にあるものは形を変え…。

そして体を重ねるてるうちにローガンは気付きます。
1つはダニエルへの恋心。
もう一つは募るモヤモヤと違和感の正体。

ダニエルのことばかり考える中でローガンはグッと男っぽくなったなと感じました。
(最初は童貞臭するほどの頼りなさと慣れてない感が強かったのにw)
成長を見せるローガンと、頑なに同じ位置から動かないダニエル。
初めてキスした時とはガラッと立場が逆転するのがめっちゃ萌えました!!!

ダニエルはなまじ賢く変に経験ばかりあるせいで、
「エドが好き」と思い込みのような恋をずっと頑なに続けてたのが何とも言えない…;;
結局"エド"から"ローガン"に変わっただけな気もしたけど、
ローガンからは愛情が返ってくるので捻くれた性格が少々素直になるといいな。

描き下ろしの「その後」。
ローガンのダニエルの扱い方が上手くなっててめっちゃ萌えた(∩´///`∩)
ダニエルがプイってしても「ハイハイ」って流すかんじや、
ダニエルに微妙な顔されても「いってきますのチュー」をねだるとことか、
強く(図太く)なってる…!!!+゚。*(*´∀`*)*。゚+
顔つきまで頼もしくなっちゃってまぁまぁ( ´艸`) ウフフ

ニャンニャさんのタイトルの使い方が好きです。
ジョウブレイカーはアメリカでいう大きく固いキャンディーだそう。
ローガンをエドの身代わりにしてたり、思い込みで続けてたシコリのような恋心。
喉につっかえてたジョウブレイカーはキスで溶けてなくなってるといいな。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ