ジェラシー(2)

jealousy

ジェラシー(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神35
  • 萌×215
  • 萌12
  • 中立7
  • しゅみじゃない8

--

レビュー数
10
得点
278
評価数
77
平均
3.8 / 5
神率
45.5%
著者
スカーレット・ベリ子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
ジェラシー
発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784403666438

あらすじ

自分の吐いた嘘のせいで半田は殺され、
明虎(あきとら)は深い傷を負った……
なのに反省の色をみせない櫓木(ろぎ)に
浅生田(あそだ)は憤る。

転がり込んだ組のマンションで
櫓木は傷だらけの明虎と激しく求め合うが、
そこにやってきたのは赤ん坊を背負った
明虎の妻・麻巳(あさみ)で……!?

愛されたい、愛したいーー
男たちの激しくも悲しい愛の物語。

表題作ジェラシー(2)

大和 明虎・大和会花村一家組長代行
櫓木 卯一・プータロー・21歳

レビュー投稿数10

お互いの執着心に萌える

待ちに待った『ジェラシー』の2巻。表紙がめっちゃカッコいいです。1巻は赤い背景に卯一のイラストでしたが、2巻はゴールドの背景に明虎さんのイラスト。

で、帯が素敵。
それぞれ二人を見事に表現してるな、という感じです。

という事でレビューを。すみません、ネタバレ含んでいます。ご注意ください。








1巻の終わりで半田さんに対する殺気を漲らせていた明虎さんですが、2巻はその続きから。

明虎さんが、半田さんを殺めてしまう。

卯一が放った銃声、そして半田さんの遺体。
大事になってしまったそれらを淡々と処理しながらも、明虎さんをそこまでさせてしまう卯一に対する複雑な思いを抱える浅生田。

明虎さんの卯一への執着心がすさまじいです。
どちらかというと極道の世界に浸りきれず理知的なイメージのある明虎さんですが、その彼があそこまで自分を見失ってしまう。

「好き」とか「愛」とか、そんな言葉では表現できない。
明虎さんと卯一の独特な関係にぐっと引き込まれます。


そして、今巻で明虎さんの奥さんの麻巳が登場します。けがをして追われている卯一を、明虎さんが匿うことにしたから。

妻がいて、極道の組長代理という立場にいる明虎さんが、身体の関係を持っている卯一を連れてきて、そしてその卯一の世話を妻の麻巳にさせる。

と書くと、健気で薄幸な妻、をイメージしてしまうかもしれませんが、

彼女が、とにかくカッコいい…!

夫の愛人(=卯一)に対して非常に冷静だし、対応が大人なんです。
その理由が、これまた泣ける…。

BL作品における女性の立ち位置ってちょい微妙なものもありますが、彼女は文句なくカッコいいです。明虎さんを深く愛してるんだな、というのがしみじみ伝わってくる。さすが辰之の母ちゃんだけあります。

初めは明虎さんの奥さんという事で敵対心を燃やし、やたらと反抗する卯一ですが、少しずつ懐柔されていくさまがなんとも微笑ましい。

が、その平穏さはあくまで麻巳が一歩引いているから、明虎さんの意思を尊重しているから、なのですが、でもこの三人もこのまま平穏にはいかないよね。どこかでこの関係は破綻すると思うのですが。

そして相変わらずの卯一。

彼は自分が傷つくことに何のためらいもない。
彼の望みはただ一つ。

明虎のために働き、そして彼と平等の立ち位置に立ちたい。

だから無理もするし、潔い。

それゆえに、2巻でもいつでもピンチに襲われています。

モブレあり、人を殺めるシーンあり。
痛い描写が苦手な方にはややきつい展開が多いです。

が、そこから見えてくる明虎さんと卯一の、お互いへの執着心にクッソ萌えます。

浅生田と卯一の過去にも何かあった感じだし。
卯一の娘の麗華ちゃんの小話もあったり。
明虎さんと彼の父親との確執も少し見えていたり。

明虎さんと卯一の関係だけではなく、こういったエピソードが所々で盛り込まていて続きが非常に気になります。

あ、そうそう。
卯一が(というか櫓木さんが)『四代目・大和辰之』で辰之を凌辱する時に着ていた着物。
あれって、明虎さんの寝間着、なのかな。

ずっと大切にしてたんだろうか。
気になります。

6

浅生田!

第1巻の櫓木と対になっている明虎のカバーイラストが渋い金でかっこよすぎ。
なに、この極限まで目立たなくさせたタイトル文字!
この絵ありきの、この潔さ!
お話は、まだまだ序盤で、この二人の関係、これからがもっと面白そう。
そして、辰之そっくりな麻巳姐さんのカッコいいことよ!
ヤクザの女房らしい肝の座り具合と、それでも時折みせる弱音とか。
明虎にしても、櫓木にしても、麻巳にしても、こんな風に濃厚な生き物たちのそばに居たら、浅生田がこの先も一生ここから離れられない気持ちもよくわかるよね。

4

雀影

セルフツッコミ
多分、ここから先の感想は、ネタバレ地雷で爆発炎上されちゃうことはないだろうけど、一応レビュー本体から離して書くね。
このタイトルといい、このシリーズって櫓木のお話と見せかけて、実は浅生田の話なんじゃないかなって、この巻を読んでいて強く思った。
明虎の妻の麻巳も、明虎と櫓木の関係に嫉妬しているけど、辰之の存在があるから、二人のことはまあそれはそれで勝手にやっててもらえば、みたいな割り切ったところがあるじゃん。
でも、浅生田は?
BL的な恋愛面から浅生田が絡むことはないだろうけど、だからこそいろんな事に嫉妬せずにいられない、そんな浅生田の気持ちがこれからどんな風に描かれていくのかしらね。
これからの、浅生田に注目だ!!

ベリ子先生のこのシリーズは最強です!

みんなまだまだ若いのに肝がすわっててかっこいい!姐さんが特に。

0

ひっさしぶりの続刊。
掘り起こしまして、1巻と四代目。合わせて読ませていただきました。
読み返してみると、こんなところでキャラクターがリンクしてるんだなと
少々感動いたしました。
赤ん坊の辰之。こんな人たちに囲まれて、存外まともに育ったなと
思わず泣いてしまったわ(´;ω;`)ウッ…

おいといて本編。
改めてみてもロギちゃんはイカレておられますねw
正直リアルではお近づきになりたくはないが、
見ている分には不可思議な気持ちでつい気になってしまう。
身体をとうとうつなげてしまった二人。
そこに愛があるのかといえば、雰囲気的に甘い部分は見えづらい。
奥さんも現れたり、かとおもえば一緒にご飯食べてたり。
少し後の世界でロギさんが一緒にいる少女の正体とか。
結局のところまだまだ何もわからないまま次回へという展開。

キャラクターも世界感もすごく面白い。
どう展開するのか、首を長くして待ちます。

2

トラブルに次ぐトラブル

ジェラシーは主人公の櫓木の印象で好き嫌いが大きく分かれる話だろうなと思うのですが、いつも自らトラブルに飛び込んでいくようなところは理解し難いのですが、とりあえず前作で明虎と出会って、側にいたいという一心でいろいろやらかして、とうとう明虎が半田さんを殴り殺すという戻るに戻れない状況で、逃げていたところを明虎に拾われて、明虎所有のマンションに匿われます。

そこに浅生田から明虎の居場所を聞きつけた明虎の嫁の麻巳さんも駆けつけて、浮気相手対本嫁の対決でちょっとしたバトルがあるものの麻巳の方が上手で、櫓木をうまくあしらう肝っ玉の太さが正に明虎の嫁という感じでたくましいです。
ちょっとした一家団欒みたいになったものの、今度は株の資金を作るために当たり屋でお金を作ろうとする櫓木が当たった車が弥生組の組長の車っていうまたまたトラブルに自ら巻き込まれる櫓木。

本当に、次から次へとやらかす櫓木なんですが、すべて明虎のそばにいたいが為の行動が裏目裏目にでていると思えばかわいくさえ思えてくるんです。浅生田と櫓木は一緒の小学校で昔何やらあったぽいですが、今回は二人の関係もちょっと近づいたような。
何かひとの心をつかむ不思議な魅力が櫓木にはあるみたいで。

明虎の父親も出所してきてまだまだ何かありそうなところで、終わるので次巻も楽しみです。

2

超少数派だとは思いますが…

1巻では、櫓木の方は常軌を逸したキレっぷりや、明虎に対しての激しい執着心が明らかになったのに対し、明虎の方は櫓木について気になる存在ではあるものの、どう考えているのか今一つ掴みきれませんでした。

それが2巻では予想以上ののめりっ込みにびっくり。二人の現在の関係が『四代目 大和辰之』でわかっているだけに、こんなにも独占欲をギラギラ滾らせる程欲しい存在だった時期があったのかと思うと、一体この先何があってこんなにも一方通行の想いになってしまっているのか、すごく今後を期待させる展開でした。

そんな二人は当然、もちろんいいのですが…ベリ子さんの描くオジサマって色気があって、めちゃくちゃ好み。櫓木も若い頃より40代になった姿の方が断然魅力的に見えるくらいオジサマに萌えを滾らせてしまう私としては、むしろ当て馬のオジサマの方が気になってしまいました。

確かに明虎は頭も顔もいいし、やることは男前だし、がっしりとした厚めのボディは筋肉萌えの私にはたまらなく魅力的。すごいいい男だなぁ~とは思うものの、年甲斐もなく若い恋人に夢中なっちゃって一生懸命に尽くしちゃうような半田のオジサマについ肩入れしまって…可愛いオジサマがぼこぼこにされたあげく、なくなってしまって…とっても残念でした。

そんなところに、弥生組組長というさらに好みのオジサマ出現。一気にテンションあがりました(笑)

半田のオジサマが不器用だけど情熱的なタイプだったのに対して、こちらは飄々としながも冷静に物事を進めていきそうなクールなタイプ。世の中の表も裏も知り尽くして、狡猾ささえも柔和な見た目で隠し持つようなオジサマ。こんなSっ気たっぷりのオジサマに、櫓木がこの先どんな風に嵌められ翻弄させるのかと考えるとゾクゾクします。明虎が敵対視している父親とも部下というだけでなく、なんだか親密な雰囲気も醸し出していたし…。

あぁ、オジサマの手の上でコロコロ転がされ、キリキリしている櫓木が見たい〰️。

1

うーん、何だろうかな。どうやって帰結させるのか、だけが物凄く気になる。

『四代目・大和辰之』を軽く追い越し、何巻まで行くのか?という勢いだが。櫓木さんが人気で始まったストーリーでもって、彼の魅力を懸命に描こうとしているのだろうという事は分かる。けれども明虎さんだけで無く、出て来る人、出て来る人が皆んな皆んな櫓木さんに惹かれて行くのは納得が行かない気もする。簡単に言うと、気に入らないのだ。
『四代目〜』で辰之を陥れ、監禁したのも全て恋しい明虎さんに会う為という執着が有ったのに関わらず、そこに明虎さんは来なかったのだ。それが総てなんじゃないのかと私は思うし。そこでは櫓木さんの積年の片想いでいいじゃないか、と思っていたんだけど。本編ではそもそも最初から明虎さんの方からも相当執着しているし。それが何がどうなって『四代目〜』に繋がって行くのかが予想し難いのだ。明虎さんとの決別はどうあるべきなのか。
ところで、嫁で姐さんの麻巳がとても気性のいい女で、(妻の矜持!)辰之が瓜二つなのがまた。(『四代目〜』で櫓木さんが「目が似ていて気に入らない」と言っていたが。)耳や鼻は明虎さん似で、目が麻巳似なんだと凄く分かります‼︎
本編は20年以上前(1989年らしい。辰之はまだベビー。)に遡っているが、物語の発端、当たり屋のハチを拾った現在のストーリーはあまり進んでおらず、多分溺愛中の娘、麗華ちゃんと暮らす様になった経緯など、まだまだ謎が多いのでこの物語は長くなりそうな予感。
浅生田さんの総会屋もどきのメガネ萌え、と麻巳のいい女っぷりに『萌え』評価です。

9

運命”響同体”のふたり

スカベリ先生の作品の中で唯一ハマったので(^^;、追いかけたいなと思い2巻も購入しました。1巻もそうでしたが、なんといっても表紙のデザインが超クールだなと。表紙買いの感もある本作ですが、まだまだ全貌が見えてこないなぁという印象でした(私の理解力が足りなくて掴めない…)。
櫓木卯一の無軌道な生きざまと明虎さんのビジュアルに惹かれます。
登場人物も結構多くて個性的で流動的だし、この二人の出会いがどこに向かうのか?回想の物語にも関わらず見えないんですが、そこがスリリングな魅力になっているのかなと思います。行為の生々しさではなく、人間の欲望の生々しさが見えるというところに物語の力強さを感じています。明虎さんのヨメ(麻巳)がいい女すぎて、逆にこっちのリアリティはないような気がしました(←妬みです!)。麻巳が、明虎と卯一の関係性を「やっと(明虎が)一緒に自転車で走ってくれる子見つけたって事」と表現するのですが(1巻の133頁からつながります)、確かにこの二人がどこまで並走していくのか、とてもとても気になるのです。
全体的な満足感はちょっと足りなかったものの、次巻以降の展開への期待が高まるターンでした。


1

卯一が魅力的に見えてきた

本当のヤクザの世界は知りませんがこれはかなりがっつりヤクザもののお話だと思います。
よくある形だけのなんちゃってものじゃないので、暴力シーンや制裁が苦手な方にはお勧めしません。

私もそう言うのはどちらかと言うと苦手なのですがこれはそういうマイナス面をも上回る色気とワクワクに溢れていて、怖いけど続きが気になるんですよね。卯一なんて四代目の話の時から、タイプじゃないし気味の悪いキャラとしか思ってなかったのに、三代目との中学生の男の子同士みたいなやり取りから垣間見える無邪気さとヘビみたいな顔と体で男を虜にする独特の色気のギャップは読み進むほどにひかれていきますね。

今回は明虎の嫁さんもかなり重要な登場人物です。BLのなかでの女性キャラは嫌われるものだけど、この人はカッコよくて、好かれる女性キャラじゃないかなと思います。

年を取ってから卯一が一緒に暮らしている女の子は一体誰の子なのか?浅生田が卯一にたいして抱く恐怖とは何なのか?とかまだまだ疑問が残ります。3巻が待ち遠しいですね。

0

卯一に感情移入できず

 前置きとして、私は麗華と暮らしている今の卯一の雰囲気はとても好きですし、このストーリーの恐らく終着点であろう明虎と卯一の別れにどう辿り着くのかも気になっています。ただ、どうしても若い頃の卯一の魅力を理解しきることができず…。周りのことを意に介さず飄々と突き進む性格のキャラは大好きなはずなんですが、卯一の自分本位にもほどがある図太さには2巻でもハマることができなかったです。ベリ子先生の絵のタッチはすごく好みなのでハマりたいのは山々ですし、この世界観自体は気に入っているんですが、若い卯一の性格だけが!どうしても!好きになれない!

 受けとライバル関係にある女性に肩入れしたくなったBLは初めてでした。明虎の妻である麻巳の器の大きさには盛大な拍手を送りたいほどです。別にライバルに対して無理に感謝を口にしろとは言いませんが、卯一は少なくともそのでかい態度をちょっと控えたっていいんじゃないかと思ってしまいましたね。明虎が麻巳に一切愛情を持ち合わせておらず嫌々一緒にいるというのなら邪魔したい気持ちも分かりますが、普通に愛ある家庭を築いているわけで、そんな正妻を前に卯一の出る幕なんか本来ないはず。浮気するなら正妻の知らないところで、がせめてものルールでしょう。それを破って、正妻の寛大な赦しを得ても尚、ふてぶてしい卯一の態度は何なのか。卯一が明虎の理解者であるとは言え、組員とは一線を引いた男妾に甘んじたいわけではなく、組に入ることを目標にしているのならそれくらいの分別は弁えるべきでは? それこそただ囲われてる愛人がとるような態度じゃない? なんて思いました。

 卯一に魅力を感じないまま読み進めていったので、明虎との濡れ場にもまったく萌えられませんでした。あくまで単に私には合わなかったというだけですけどね。もちろん彼の未熟さと無鉄砲さと高慢さが入り混じったキャラが好き、という方もたくさんいらっしゃることは承知しております。とりあえず今の卯一に繋がる経緯は知りたいので、中立評価にはしましたが続巻も読む予定です。

6

Sakura0904

こんにちは。コメントありがとうございます^^
私もそもそも明虎が櫓木に執着する理由をあまり掴めなかったんですよね。一緒に自転車でどこまでも行けそうな仲間、という表現も分からなくはないんですが、なんせ自分が櫓木の魅力にハマれないので明虎に共感もできず…。この幼稚なところがいいんでしょうかね?
麻巳は本当にいいキャラでした。こんな女性ならBLでも大歓迎ですね。続きが楽しみです。

chikakumaco

こんにちは。
とっても共感するので、思わずコメントさせて頂きました‼︎
そうなんですよね。私も、「四代目〜」での魯木さんの、明虎さんへの片想い、でいいじゃないかと思っていたので、もの凄くびっくりしましたし、腑に落ちない感もすごいあります。出てくる人、出て来る人、何で皆んなそんなに魯木さんを好きになるんだよ⁈っていうのが‼︎ 全く‼︎
同志がいて嬉しいです。私も麻巳のいい女っぷりのが好き。とっても好き。お互い続巻を楽しみに待ちましょう。

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う