キミの食べごろ

kimi no tabegoro

キミの食べごろ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神33
  • 萌×233
  • 萌15
  • 中立4
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
8
得点
346
評価数
90
平均
3.9 / 5
神率
36.7%
著者
依子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784758078566

あらすじ

平凡でおっとりした高校生の市川奏は、幼馴染みのイケメン・久瀬綾人に告白される。
突然のことに動揺した奏はきちんと返事ができずにいたが
小さな頃からずっと好きな気持ちを我慢していた綾人の執着や束縛は告白を機にどんどんエスカレートしていき…!?

表題作キミの食べごろ

久瀬綾人,高校2年生,老舗和菓子屋の1人息子で奏の幼馴染
市川奏,高校2年生,綾人の幼馴染

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき
  • 紬ちゃんの日常(カバー下漫画)

レビュー投稿数8

楽しく甘く可愛いところ

シュガードックライフが大大大好きだった依子先生のデビューコミックスです。
シュガドの方が好みでしたが、こちらもしっかり萌えました。可愛い。

◾︎綾人(和菓子屋の息子)×奏(かな,綾人に溺愛されてる) 高校生

幼馴染2人が抜き合いしてるとこから始まるこの作品。冒頭から分かるように、楽しく甘く可愛いところだけピックアップされて、変にモヤモヤしたり暗い気持ちにならずにポップに読める1冊になっています。
執着攻め、高校生もの、切ないより明るい…そんな作品が読みたいときにオススメ!

電子限定おまけ漫画1枚

萌〜萌2

0

まぶた重めの攻めの顔が良すぎる

依子先生のデビューコミックス。
「シュガードッグライフ」が大変可愛らしかったので、こちらも気になって購入。
何が好きって、まず絵が好き。
どちらかというとラフな線なのに、可愛かったりかっこよかったりして。
ころころと変わる表情が魅力的で良いんだなあ。
感情豊かな表情を描くのが本当にお上手だと思います。

「距離感がおかしいことに気が付いていない幼なじみもの」
という設定にピンと来た方におすすめの1冊です。
家柄良し顔良しの肉食攻め・綾人が、幼なじみの草食動物のような愛らしい受け・奏にぐいぐい迫る。
周囲の人々も暗黙の了解のように奏専門セコムを受け入れていますし、執着心と好意がダダ漏れなんです。
それに気が付いていないのは奏のみ…と、内容的には良くある幼なじみ同士のお話。
ただ、キャラクターがどちらも良くて。

なぜ綾人はこんなに自分に執着をするのか?と、相互オナニーまでしている仲だというのに、ようやく「?」を頭に浮かべる奏になかなかの天然っぷりを感じて、これは天然ほだされ受けになってしまうのか?と思いきや、ならないんですよ。
そこがすごく良かったんです。
たとえ強引に迫られても、「ちゃんと考えなきゃいけないことだから、軽いノリで決めちゃだめだよ」と返せる子なんですよね。
綾人からの想いを真剣に考えているからこそ安易に答えを出さずに熟考する。
奏という子は草食動物のような愛らしさのかたまりなのですけれど、良いところは良い、だめなところはだめ!と、はっきりと言える子です。
何も説明せずにこれはだめと言うのではなくて、なぜだめなのかまで本人にしっかりと言うところが誠実で好き。

お話的にはすごく可愛いんです。
サクサクっとは流れずに、コミカルで可愛らしいトーンだというのに、心理描写がとても丁寧でしっかりと描かれています。
どう見ても距離感がおかしい幼なじみ同士が、近すぎて意識して見ていなかった相手の姿を改めて見て、また新たな一面が見えてきたり、距離を置いたからこそ気付けた相手への気持ちがあったりして。
意識されて嬉しい反面、距離を取られるのは悲しいと言う綾人の表情がたまらなく切なくて…!
個人的には、綾人の感情が見え隠れするふとした瞬間の顔にやられました…く〜!どんな表情でも顔が良い。
奏の気持ちの変化も自然で、依子先生の表現の上手さにグッときてしまうな。

サブキャラクターも魅力的で、ナイスアシストをしてくれた高宮くんが特に好き。
奏のことも綾人のことも好きだと言う彼はすごくいいやつだと思う。
嫌がられていますけれど、「あやちゃん」呼びが好きでした。
今後もあたたかい目で2人のことを見守っていくんだろうなあ。

一途な溺愛執着攻めがお好きな方、振り回されているようで実は主導権は受けが持っている関係性がお好きな方におすすめの作品です。
とっても可愛いですよ!

0

No Title

隠れた名作だと思います、一年以上前の作品ですが。

よくある幼馴染の執着攻めと言えばそれまでなのですが、絵のクオリティにしろストーリーの運び方にしろ初単行本とは思えないです。
絵に関しては好みがあると思うので試し読みをおすすめします。

ちなみに初めから相互オナニーみたいな事してますが全体的なエロ度はそこまで高くありません、
コントロールフリークな攻めに追いかけられてクルクル表情の変わる受けという組み合わせが好きなら鉄板だと思います。

1

ツリ目な攻め×タレ目な受け

〖DMM電子書籍〗
修正:一部ぼかし?輪郭あり
カバー折り返し:あり
カバー下:あり
帯:なし
裏表紙:あり(背表紙もあり)
備考:修正甘めな気がする。陰部がゴリゴリしてないから?

〖紙媒体〗
未読

1

少々ネタバレ注意です

平凡おっとり幼なじみの受け……
そんなの(個人的に)大好物!!!ふわふわ表紙に惹かれ当時新刊コーナーにて購入させて頂きました。

想像通り!奏くん(受け)の可愛さ!小動物さ!表情豊かに綾人くん(攻め)に翻弄される…幼き頃から一緒にいる、心を許しているからこそ無理強いされて拒むも拒みきれない…それでもすぐ絆されることなく、下心を隠さなくなった綾人くん(攻め)に待てをかけ、自分とも向き合って答えを出す、男の子を見せる終盤…愛おしい。

そして綾人くん(攻め)は爽やかな顔して粘着執着束縛下心むき出し猛獣系!!口元ホクロエロいです。危ないくらいに受けを愛しちゃう美形の美しきこと美しきこと…奏くん(受け)の一言一句に破顔したりしょんぼりしたり愛が深い好きの凝縮……っっっっ

依子先生は表情の表現力が素晴らしく、始終引き込まれました。エッチなシーンもむふふ初々しい!余裕のない2人がもう堪りません!

私は購入大正解でした。お気に入り本棚行きです。
これからも何度も読み返して萌を補給させて頂きたいと思います!あわよくばこの2人のドラマCDも聴いてみたいです

3

絵もストーリーも可愛い

発売時から気になっていて、電子でお得になっていたので購入しました。
電子特典・カバー下も付いていて大満足なんですが…紙媒体でも欲しくなりました。

表紙イメージを裏切らない可愛いお話でした。
攻めの綾人がイケメンかつ一途・執着と大好きなタイプでした。
しかしそれを上回ってツボなのが受けの奏の可愛さ&愛されっぷり!
妹ちゃんも、友達の高宮くんも野口さんも奏が好きなんだな~と微笑ましかったです。
奏の表情にキュンキュン&ゾクゾクしてる綾人、展開は比較的ベタですがときめきポイントは満載です。
エッチなシーンも結構ありますが優しいタッチなので、ハードな感じはしませんでした。
受けが裸で攻めが制服のまま腕まくりでHするシーンが好きです。
小さい頃の二人の姿も可愛いです。

光の腐女子の方におすすめ。依子先生の次の作品も楽しみに待ちたいと思います。

4

少々ネタバレあります。

受けの見た目が好みで数年ぶりにBLコミックスを購入しました。表紙の構図、色合いがとても可愛らしいです。

結果から言うと、買って正解でした。個人的にあまあま、ハッピーエンドなお話が大好きなので、安心して最後まで読めました。

こちらの作家さんは初コミックスらしいのですが、起承転結をしっかりと作られている印象を受けました。
距離を置きたいと言われて寂しそうに分かったと答える攻めの表情が切ない。自分から距離を置きたいと言った受けの心情なども描写されているので、ここはどういうことなの?と疑問を持たずに読み進めることが出来ます。何度も読み返したい作品です。

攻めのあやちゃんが激イケメンです(バイト時のデコ出しの破壊力がすごい。)
受けのかなは小動物のような見た目でとても可愛いですが、少し男らしい印象も受けます。
二人とも表情豊かで、笑った顔、怒った顔、寂しそうな顔すべてにグッときますし、依子先生は表情を描かれるのが本当に上手だな〜!と思いました。

そして、なんとカバー裏には漫画が載っています。限定の特典も付いてきて大満足の一冊です。

個人的にはとても番外編が読みたいです。
欲を言えばドラマCD化して欲しいな〜と思っています!

5

溺愛っぷりが好きです。

初コミックス&デビューおめでとうございます。
絵柄がほわほわと優しい感じで好きです。お話の雰囲気にも合っています。
レーベルがガトーさんなので初心者向きです。
最後にHがちょっとありますが、そんなに激しくないのにドキドキしました。受けの奏くんの表情がとても色っぽくて素敵でした。
奏くんを溺愛・執着している綾人くんですが、嫉妬のあまり暴走しかけて奏くんにビシッと言われて、もしかしたら嫌いになったと言われるのでは?とソワソワしている、そんな可愛いところもあって面白かったです。
奏くんが綾人くんから告白されて、大事な事だからちゃんとどうするのか考えている真面目なところも好感が持てました。
読み返すたびに好きになる作品です。
執着、束縛と書いてありますが、病んでるとまではいかないので心配するほどではなかったです。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う