ネオン街の蜘蛛と蝶

neongai no kumo to chou

ネオン街の蜘蛛と蝶
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×29
  • 萌9
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
147
評価数
39
平均
3.9 / 5
神率
41%
著者
滝端 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
価格
¥676(税抜)  
ISBN
9784758078627

あらすじ

キャバクラ「ButterflyRoom」の店長を務める伊泉は、
悪い客から店を守るため、ヤクザの榛沢組に交渉を持ちかける。
しかし組長の榛沢にはぐらかされ、どうしても店を守って欲しいならみかじめ料の代わりに身体を差し出すよう示唆されてしまう。
真面目な伊泉は、榛沢の提案を受け入れたのだが、なぜかいつも行為は途中で終わってしまい…。

表題作ネオン街の蜘蛛と蝶

榛沢(ヤクザ組長)
伊泉(キャバクラ店長)

その他の収録作品

  • Bonus Track
  • あとがき

レビュー投稿数4

退屈しのぎの遊びと、自己犠牲、捕らえられたのはどっちだ?

こんなにゾクゾクさせられる良作品にレビューがないなんてもったいない!

友達から勧められるまま、J庭で番外編を買ったら、絵もストーリーも大人の雰囲気があって興奮しました!
本編その後の番外編だったので、すぐにコミックス(本作が2冊目)とデビューコミックスも購入しました。
絵の雰囲気もストーリーもすっごく良いですよー。


一冊まるごと、ヤクザ組長・榛沢と、キャバクラの店長・伊泉のお話です。
伊泉は会社でも浮きそうなくらい真面目なタイプで、オーナーから真面目さを買われてボーイから店長になった。
寡黙で新人キャストから怖がられることもあっても、キャストを大切にしている伊泉のことを周りは慕っている。

そんな時、クラブで起こった問題を、ヤクザ組長の榛沢が解決してくれ、伊泉は金を払って榛沢の組に面倒を見てもらおうとしたけれど、榛沢が要求してきたのは伊泉のカラダで…


たぶん榛沢は退屈が嫌いで、おもしろいことを探しているタイプ。
だから、伊泉みたいな真面目なタイプがキャバクラにいることに興味を持ったんだと思う。
週一ペースで伊泉は榛沢にカラダを差し出し、榛沢は愛でるように攻めても最後まで抱こうとはしない。
それは優しさからじゃない、伊泉が欲望に負けて自分から欲しがるのを待っている、榛沢にとって伊泉は落としがいのあるオモチャ。


伊泉はゲイじゃないし、男に抱かれる(愛でられる)なんて屈辱なんだけど、自分さえ耐えればキャストのためになるって耐えている。
そして伊泉がヤクザに抱かれて店を守っているって噂が広まると、伊泉を慕っている周りの人間にとっては自分達のために伊泉が犠牲になっていることが辛い。
でも、それに気付いた頃には、伊泉のカラダは愛されることに慣れてしまって…

犠牲だから感じたくなんかない、それでも愛でられて感じてしまう。
その屈辱感+恍惚感が入り混じった伊泉の表情がとってもイイ!

あと伊泉にとって自分をさらけだせる相手は榛沢だけなんですよ。

そして噂を払拭するような榛沢の言動がかっこいい!
二人がココロもカラダも繋がるシーンも美しくてイイ!

その展開になった事情をもっと詳しく、その後の榛沢はどうなるの?って気になる部分は同人誌『見えない糸』に描かれてます。
そして二人の関係も『見えない糸』で完成するので、ぜひぜひセットで読んでください!


まだ2冊しかコミックスが出てないとは思えない力と魅力がある作家さんです!
また追いかけたいと思える作家さんに出会えてうれしいっ♪

6

すぐに靡かない受が素敵

何度も何度も読み返している作品です。
伊泉の頑固ともとれる性格をしているのにキャストを思って自己犠牲を厭わない行動にキュンとくるし、それを絡めとるなんだか掴めないヤクザの榛沢という関係性が好きです。

そして、伊泉を絡めとるつもりがいつのまにか自分こそ捕らわれる側に回っていたんじゃないか、と親父さんに話すシーンは、蝶を指に止める榛沢の後ろ姿が男らしく綺麗で綺麗で……。

巻末まで、抱かれるシーン以外は伊泉と榛沢がバチバチ睨み合う場面が多く、最後は恋人にはならずに終わります。それがとってもいい。
敵同士で始まってもエッチしたりすると案外すぐ攻になびいてしまう受があまり得意じゃない自分にも刺さる作品でした。
甘さが足りないと思う方は、先生が出されている同人誌でその後の2人が読めます。びっくりするほどエロいし意外な2人の姿が読めます。

3

うっとりします

滝端先生の絵が好きです
このお話は、ヤクザとキャバクラ店長のお話
夜の世界が、きらびやかにそして薄暗く描かれていると思います
すごく世界観に合った絵です

お話は、試し読みでとにかく惹かれました
無自覚美人な受けが、何を考えているかよめないヤクザな攻めとどうなるのか、確実な関係になれないのに惹かれあっていく様がとても丁寧に描かれています

どちらの視点にもなれる表情豊かな作品です
おススメです

一冊まるごと表題作ですが、続きもあってそちらもつい読んでしまいます

1

優しすぎる蜘蛛と、生真面目な蝶

キャバクラ店店長がみかじめ料代わりにヤクザ組長に自分の身を明け渡す、という設定。
…はなかなか良いのだけれど。
夜、ネオン、性産業、ヤクザ…といった暗がりのきらびやかさ、という狙いは良く分かるけれど、なんだろう?突き刺さりが甘い。
それは多分、主人公の2人が設定に対して緊迫感が薄いような…そういう部分なのかな。
店長の伊泉からしたら、自分が男なのに男に抱かれるという選択をするのはどんな心境なのか。なのにそこから緊迫感が迫ってこない。
一方ヤクザ組長の榛沢のクズ度も弱く、「ヤクザ者なのに」優しい、「ヤクザ者なのに」裏が無い。
取引としての関係の始まり、そこからお互い知らず知らずに離れがたくなる…というふうに読ませようとしているはずだけど、初めからどこか緩んでるように読める。
出世よりも伊泉、という選択に至る榛沢の気持ちも唐突に感じました。
エロシーンは、大人の男同士、というのがよく伝わってくる画です。
素直じゃない伊泉がトロトロになるので、そういうのが好きな方におすすめ。
私はもっと毒があるほうが好き。中立寄りの「萌」。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う