とろとろの快楽で飼い殺される…? キレイでえっちなおにいさん×どピュアな就活生の軟禁ラブ

飼い犬は手を噛まない

kaiinu wa te wo kamanai

飼い犬は手を噛まない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
2
得点
29
評価数
11
平均
3.1 / 5
神率
27.3%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
オーバーラップ
レーベル
リキューレコミックス
発売日
価格
¥670(税抜)  ¥724(税込)
ISBN
9784865543995

あらすじ

「“気持ちいい"で頭いっぱいにしちゃおう」
美形でミステリアスな社会人・湯屋(ゆや)は毎朝通勤中に出会う大学生・小鹿(おじか)を遠目に眺めることを一日の活力としていた。
しかしある日の帰り道、湯屋はスーツ姿の小鹿が泥酔し、道端に横たわっている姿を見かけてしまう。
精悍な顔立ちでありながら、どこか危うさのある小鹿をお持ち帰りした湯屋。
彼の心の隙間に入り込むように、セックス を仕掛け快楽に溺れさせていき……。
「絶対に部屋から出ちゃあ、ダメだよ♡」
一風変わった同居人たちが住む家に、軟禁された小鹿の運命は――!?
湯屋のルームメイト・米原(よねはら)×宇井(うい)編も収録!

表題作飼い犬は手を噛まない

湯屋陽二 サラリーマン
小鹿春雄 大学生

同時収録作品首輪はずっとはなさない

米原竜太郎 売れない漫画家
宇井晋一 サラリーマン

その他の収録作品

  • ふたり一緒に(描き下ろし)
  • カバー下:あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

小鹿くんの性格にイライラ……

「軟禁ラブ」ということで、サイコパス系かと思い購入したのですが……違いましたね……

小鹿くんの自己肯定感の低さは、現代の若者を見ている感じがして痛かったです……
元々、自分の芯が通っているキャラクターが好きな質で……
小鹿くんの 軸足ブレブレで、なよなよとした性格には、正直イライラしてしまいました……

米原くんは、結構好きです。
ふわふわのどうしょうもない系は、何故か憎みきれません笑

①小鹿くんの性格が苦手なこと
②ストーリーの流れがあまり良くないこと
③先生が主題として描きたかったことが伝わり辛い
以上の理由で、こちらの評価に致しました。

しょうこ先生の絵柄に惹かれ 今作が初めての購入でしたが、あまり好みの作品ではありませんでした……
他の方のレビューを参考に、まずは他の作品に触れてみようと思います。

0

人を愛玩動物扱いしかしない男と、それに甘んじるダメ男。

前作『昨日をもう一度』の哲学的なストーリーに惹かれたので、新作も楽しみにしてましたが、、、
コミカルなストーリーなのは良いとしても、二人が出会ってだから何なの?ってツッコミを入れたくなるようなオチの無さ…
というか、ダメ男が情けなさすぎて、ぶっとばしたくなりました。

シェアハウス内での2カップルの話が収録されています。


●「飼い犬は手を噛まない」
湯屋は通勤途中で見かけるかわいい大学生を眺めるのを日々の癒しにしていた。
その大学生がスーツ姿で酔っぱらっているのを発見!
大学生が自分のことを「綺麗な人だ」って思っていたのを知ると、湯屋は介抱するフリしてお持ち帰り。

大学生の名前は小鹿(おじか)、コミュ障で「生まれたての小鹿のように何もできない」ってバカにされ、就活も失敗続きで、酒(駅の売店で買った1本だけ…)で酔いつぶれていた。

そんな小鹿を「こじかちゃん」と呼び、優しくなだめるようにしつつ、湯屋はエロいことをしちゃいます。
表紙左の黒髪が小鹿、右の中性的な方が湯屋で、最初は小鹿が攻めなのかなって思いましたが、体格も小さい湯屋が攻めです。

で、住むところもない小鹿を、湯屋はシェアハウスの自分の部屋に住まわせるんですが、「外は危険だからずっとここにいるんだよ」ってソフトな監禁。

湯屋がぶっとんだ性格なのはコミカルでおもしろいと思います。
小鹿もダメダメなりに、飼育されてるのがバレた後、シェアハウスの住人に就職斡旋されて頑張ろうとしてましたよ。
でもそれがブラック企業だったからって、湯屋のお願い「俺の傍にいて。小鹿ちゃんの意思で」って、働かずにただ湯屋に愛玩されるのを受入れろってことでしょ?
小鹿を人間として扱ってなくない?

そして小鹿がそれを受入れる理由っていうのも、老人と愛犬がイイ関係で「この子がいるから頑張れた」っていうのを聞いて、自分にもできることがあるって、それただの愛玩!
「大学まで出してくれた親に申し訳ない」とか言ってたのに、愛玩されることが自分にできることって、人として情けなさすぎだろ?

湯屋の小鹿を愛玩動物としか見てないところも、それに甘んじちゃう小鹿の情けないところも、少しも受け入れられない!
コミカルなぶっとびストーリーだとしても、全然笑えないし、イラつきしか感じません!

さらにダメ押しが、スーツ着たリーマンじゃない湯屋がなんかの事業を起こして、そこで何もできない小鹿を使ってあげるってご都合主義的なオチ…


●「首輪はずっとはなさない」
売れない漫画家の米原と、リーマンの宇井。
表題作の湯屋と二人は同郷で、同じシェアハウスで暮らしてます。
(小鹿にブラック企業と知らずに斡旋したのが宇井です)

米原は安定してない職業なのに能天気、宇井はクールで現実的、二人はぜんっぜんタイプは違うのに、一緒にいるのが自然で、ひそかに想い合っています。

でも湯屋が小鹿ちゃんを連れてシェアハウスを出て行くと、二人も住む場所を変えないといけない。
宇井はぶっきらぼうながら米原に一緒に住もうと提案するけれど、さすがの米原もプライドがあるし、宇井とは離れなきゃと思っていて…

宇井が米原の存在を感じたくて、そのままベッドで寝てしまう。その宇井の寝顔を米原は撮影する。
両片思いの二人の秘かな行動がかわいいです。

でもやっぱりオチは表題作同様にご都合主義で…


宇井のクーデレさは良かったけど、あとの三人のキャラにただイラつかせられた一冊でした。
とくに表題作がひどすぎる… ”恋愛” じゃなくて ”愛玩” だからね!
この作品をこのまま世に出した出版社のレベルまで疑いたくなります。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ