春の蛇

haru no hebi

春の蛇
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
44
評価数
11
平均
4.1 / 5
神率
45.5%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
レーベル
フルールコミックス
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784040652191

あらすじ

26歳のサラリーマン・中村佳斗は、同級生・三谷宏太郎と“偶然”出会う。
高校卒業以来の再会に話は盛り上がり、宏太郎を自宅に招いた佳斗は、
昔、宏太郎と体の関係があった事を思い出していた。

「……ねえ、久しぶりにしようよ」

そう言って誘う宏太郎に抗えず、何も気付かないまま、肌を合わせるが――…。

不器用すぎる男同士の心震える贖罪エロティカ!
描きおろしで最終話から数年後のエピローグ「春の跡で」を収録。

表題作春の蛇

中村 佳斗・リーマン(高校生~31歳)
三谷 宏太朗・フリーター(高校生~31歳)

同時収録作品春の蛇

宏太朗の父親・職業年齢不明
三谷 宏太朗・幼少期~学生時代

その他の収録作品

  • 描きおろし「春の跡で」
  • カバー裏「或る夜の日」

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

はじまるのが怖い。終わるのが怖い。

人外流行りの昨今、今度は蛇人間?ほら、カバーイラストにも鱗あるし。
と思ったら、人外じゃありませんでした。

ま、知ってたけどね。
人外は登場しないけど、ある意味、尋常ではない人間のお話ではあった。
SEX依存症の三谷と、三谷の同級生の中村。
この二人、どちらがやばいかと言えば、SEX依存症の三谷より、帯の「好青年に擬態した」って言葉の不穏さが示すように、むしろ中村の方なんじゃないのかなって思う。
中村がずっといつまでも三谷を思い続けているのって尋常な事じゃないよね。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ