毒にもならないプロポーズ

doku nimo naranai propose

毒にもならないプロポーズ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×225
  • 萌23
  • 中立2
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
10
得点
191
評価数
58
平均
3.4 / 5
神率
6.9%
著者
yoshi 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
ISBN
9784799740965

あらすじ

ウエディングプランナーの逢沢は
一夜限りの火遊びor気軽なセフレ関係が信条。
「好き好き」迫ってきた永遠を約束したがるような
面倒くさい重い男はお断り――なハズだったのに!?

クールな逢沢が年下ワンコに振り回されて!?
幸せ&エッチいっぱいvの4つの恋模様vvv描き下ろしも収録

表題作毒にもならないプロポーズ

一ノ瀬誠之 結婚を控えた男
逢沢圭 ウエディングプランナー

同時収録作品キミはずるいおひとよし

和泉邑晴 騙されやすい同級生
片桐大智 世話好きな同級生

同時収録作品襲われプロポーズ

智章,親戚の子
孝一,智章が幼い頃にプロポーズされた

同時収録作品えっちな水あそび

高校生
高校生

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき

レビュー投稿数10

ほとんど顔のレビューです

初読みの作家さんです。

4つのカップルの短編集でしたので、長編好きとしては評価は萌なのですが、作画だけで萌+です!

初読みではありますが同時に他の既刊も購入してまして、それらと比べると、元々上質な作画でしたが、今回の作品はどのお話もさらに絵柄が洗練されてきているというか
攻め受け共に顔が美しいんですよ…!!
作画が良ければ大抵楽しめるタイプなので、その点では大満足しています。


レビューがないようなのでちょっと詳しめに書いちゃいます

①表題作 毒にもならないプロポーズ

結婚式のプランナーの受けさんと
結婚詐欺に遭ってお先真っ暗な攻め君(六つ年下らしい)

受けさんの顔が美しい…
攻め君を押し倒して、『俺は男としかシない』とアオリで言い放つコマがあるのですが、もう最高に美しいし男らしいし最高でした(語彙力さえ失う程)
このコマは先生のインタビューでも見られるのですが、私はこの顔を見て本書を買おうと決めました。ページ数は全体の四分の一くらいで、さーっといい感じに始まって終わっている感じです。もっと読みたかった…という気持ちが非常に強いです。
特に受けさんの裸体が、肉感も太さもすごくヒットしただけに、もっと裸描いていいのよ状態です。


②キミはずるいおひとよし

高校(だけかは不明)の同級生同士、大学生で
お人好しの攻め君(メガネ)と
そんな彼をほっとけないお世話焼きの受け君

前作と替わって今度は攻め君がイケメンです!
にっこりする所なんかはワンコっぽくて可愛い…と思うんですが、受け君を見つめる真剣な雄顔にはこちらまで持ってかれそうになります。眼力をビンビン感じます。最高。
攻め君はただのワンコじゃないし、受け君は健気でえっちなんです。表題作と同じくらいのボリュームでしたが、内容の満足度はこちらの方が上かもしれません。

どこに満足したかって、乳首なんですよ、乳首!!!

二回えっちシーンがあるのですが、一回目で妙にいやらしい乳首描写だったので、いやらしいといっても、描き込みが多いとか艶がとかじゃなくて、ぽっち、って感じで盛り上がりとか乳頭が立ってるわけでもない、でもやけに主張の強い可愛らしい乳首に見えたのです。
やっぱ先生の描かれる男の裸体はジュルリもんだぜ~とか思っていたら二回目のえっちでそう来ました!
書きませんから、気になったら読んでください(笑)キュンとはしても損はしないはずです!


③襲われプロポーズ

小さな頃からプロポーズしまくっているオネエ言葉の攻め君と
ノンケだけどまんざらでもない受け君

今度はどちらもイケメン!!たまんねえ!!

おそらく遺伝でオネエ言葉になってしまっている攻め君ですが、言葉遣いを抜けば美しい黒髪美男子です。睫毛が長めで、でも眉も太めで、上手い具合に均等が取れています。
受け君はサラリーマンで男らしさの中に甘さが溶けていて、ミルクティー系イケメンです(?)
オネエ言葉は、正直気になって脳内変換しちゃったりしましたけれども、お話の内容はしっかりと完成されてあって、最後は幸せな気分になれました。
オネエの攻めに後ろから圧し掛かられて『孕んじゃうくらいシてあげる』っていうコマが好きでした。

本書の全体的な感想になるのですが、先生は言葉のチョイスが魅力的ですね、面白いなと感じるポイントがいくつかありました。
読んでも、見ても楽しめる作品ということですね~!大事ですよね台詞!

④えっちな水あそび

高校生の同級生と思われる

ほんの数ページでしたが、あとがきによると前作で出ていたそうで、確認したら数コマだけモブってました。
正直かなり魅力的な二人でした…。二人のいろいろがすごく読みたい。
攻め君がむっつりで、受け君もなかなかえっちな子でした。うーんもっとくれーー!!

⑤表題作の後日

一発ヤってます。作画が…いいよぉ…っ!!!


先生のツイッターによると、漫画からは少しだけ離れるそうだとか…
次回作も楽しみにしていますし、できれば長編を描いていただきたいところです。

作画至上主義の方は間違いなく満たされるはずです!

9

クセがなく、読みやすい短編集

『毒にもならないプロポーズ』
一ノ瀬くんがねちっこくてストーカーじみているところに、愛しさを覚えました。
大型犬みたいで、可愛いです(*´꒳`*)

『キミはずるいおひとよし』
メガネキャラが苦手なのですが……
邑晴くん(攻)が、大智くん(受)の気を引く為にわざと、どうしようもない自分を演じている……という設定にグッときました。
大変良かったです◎

『襲われプロポーズ』
こちらは年下オネエ攻めのお話。
オネエと聞くとイメージしがちな(言い方が悪いかもしれませんが)長髪&アクセサリーのゴテゴテ……ではなく、短髪でスマートなオネエさんで、抵抗なく読むことが出来ました。

『えっちな水あそび』
前作『先生、あなたに近づきたい』の2人なのだそうですが、未読の自分には「誰……??」状態で……
他のお話と比較してもかなり印象が薄い為、このお話は、このコミックスに収録せずとも良かった気が致します。


どのお話にもクセがなく、読みやすい印象でした。
大変素敵なイラストではあるのですが、自分にはどのキャラクターたちも同じように見えてしまい……
その点だけが、残念です。

3

全部面白かった!

表題作だけ読んだことありました^^;
でも、一冊丸ごと全部面白かったです。
短編集で全部気にいることってあまりないのですが、
こちらは全部面白かった。

まず、どの作品の主人公もみんな男前^^
女の子っぽい受けより、イケメン同士のHの方が断然好きです。
男らしい図体の大きい二人の絡みがとても良き♡

結婚BLが大好きなのですが、プロポーズものが2作品収録されていたのにもテンション上がりました!
どれももっと読みたいと思わせる作品ばかりですが、
これはこれで満足です‼︎

2

いろいろ楽しい短編集です!

yoshi先生は、本当に作画が綺麗で丁寧な作家さんですよね。
読んでいても安心の作画が、とても好きです。服の着こなしとか、変な感想ですけど、
「ああ~服の下にちゃんと肉体が有るんだよね、ね~」と思います。
抱き合う場面もセックスも、肉体が触れているわ…と思って読める。
この作画の安心安定感は、実はとても大切です。身体つきとか、気になると話に入れませんから。

さて、短編集です。
メインの【毒にもならないプロポーズ】
タイトルCPは、ノンケのワンコ攻め。ゲイ美人受けでした。
結婚詐欺に遇った元顧客と、コーディネーターの恋。
この2人の好きなところは、優しいけどツンだった受けの逢沢がワンコな一ノ瀬に絆されてしまうところ。可愛げをみせる恋人になった逢沢と相思相愛になって何より。ハピエンは大好きです。

他の話では、友人の息子から溺愛されちゃう年上受けの【襲われプロポーズ】が良かった。年下、大変よろしいんじゃないでしょうか。

【えっちな水あそび】
きらきらした水辺で、濡れた彼氏にムラムラしちゃう話。濡れたシャツは、ムラムラスイッチだなぁ~!

【キミはずるいおひとよし】
幼馴染みのやっと実った恋の話もほんわり。でもえっちはしっかり。互いが特別です。


どれも、物足りなく有りません。
どのCPから読んでも楽しいと思いました。

0

イケメン揃い!

表題作+3作品収録のお得な一冊でした。

表題作は結婚詐欺に遭った一ノ瀬とウェディングプランナーの逢沢のお話。
特定の恋人を作らない、一夜限りの相手しか無理!という逢沢。
彼がなぜそうなってしまったのか、その過去はちょっと切なかったけど
一ノ瀬のおかげでそれを乗り越えられたのは良かったなと思いました。
ノンケ相手に罪悪感を感じても結局、好きな人との未来は考えたいし一緒に居たいと思ってしまう。
それを一ノ瀬がちゃんと理解して肯定してくれる人で本当に良かった!
表情が柔らかくなっていく逢沢も可愛かったです。
そしてどの作品もイケメン揃いで眼福でした!

0

典型的年下ワンコにウザ攻撃される訳あり美人。

ちるちるのツイートで、”闇”ってキーワードと一緒にTLに流れてきて、え?こんなお幸せそーな表紙なのに ”闇” なの?読まなきゃ!と手に取りました。

(実際は「闇の腐女子が選ぶ このブライダル業界BLを読んでおけ!!」で作品は ”闇” とは関係ないのですが…紛らわしい紹介やめて!)

表題作のほか、3つの短編が収録されています。


●「毒にもならないプロポーズ」
結婚詐欺に遭ったクライアントの一ノ瀬と、ブライダルプランナーの圭。
一ノ瀬の婚約者が他の男に金をせびっているのを見かけた圭は、それとなく一ノ瀬に注意すると、即、彼女に電話して「結婚詐欺してないよね?」って…
素直通り越してバカすぎるだろ!

とーぜん彼女とは連絡が途絶え、一ノ瀬は圭に「重いっていつも振られる」とグチりまくる。
圭はウザいと思っているのだけど、自分が振られた傷を思い出して、一晩限定でカラダで慰めてやると、、、
「責任取ります!」と、一ノ瀬のウザ攻撃の矛先が圭に向かってきた!

ノンケだった圭は、大学の時に告白されて男と付き合ったことでゲイになった。
圭はその男とずっと一緒に居るつもりだったのに、男は圭をゲイに引きずり込んでしまったことを後悔していて、苦しさから圭から離れていった。
それ以来、圭は特定の相手は作ってこなかった。

そんな時に出会ってしまったのが、一ノ瀬って事故物件ですよ!
いや、ヒネた圭には一ノ瀬くらいしつこくて、典型的なワンコが似合っていて、ある意味、優良物件なのかもしれないけれど、、、

黒髪美人の圭が誘い受けしちゃうのは本当に素敵でウットリなのだけど、私には一ノ瀬のバカすぎるウザさがダメでした。
ラブストーリーは二人両方に魅力がないと、萌えにつながらないのですよ。

あっ、はじめての時は自分から上に乗っかってたくせに、描き下ろしで付き合ってから、騎乗位に恥じらってる圭は素敵でした♥


●「キミはずるいおひとよし」
お人よしな邑晴が面倒を押し付けられるのを、熱血注意するのが大智。
二人は高校の同級生で、大地は心配してるうちに邑晴のことを好きになって、告白したのに振られてしまう…
でも友達関係は仲が良いまま、大学でも一緒にいます。
そして大地は、邑晴のおひとよしにつけこんでやろうとするのだけど…

邑晴のほうが上手というか、大智を引き止めておくための腹黒さが良かったです!
最初はしっかり者に見えた大智が邑晴にグズグズにされちゃうのもかわいい♥
醜態を晒して邑晴に嫌われるのが怖くて、エッチで素直に感じられない大智もかわいい!解消のキッカケが乳首攻めっていうのもイイです♥

攻めキャラにひねりがあるこの短編好きです!


●「襲われプロポーズ」
「お兄ちゃんと結婚するー」って言ってた小さいかわいい女の子が、実は男で、大人になった今も「結婚しよ」と迫ってくる。
ノンケ男がが、年下攻めにほだされちゃう、ほのぼのっとした短編です。

年下攻めはイケメンなのに、口調がオネエでソフトな感じが素敵です!
ソフトな口調で「孕んじゃうくらいシてあげる」って攻めるのもイイ♥
yoshi先生の描く男は美形ぞろいで目の保養です♪


●「えっちな水あそび」
田舎にやってきたカップル、受けが水に落ちたら乳首が透けて、攻めにスイッチが入り水辺で…
って、8ページのショートショート。
あとがきによると『先生、あなたに近づきたい』に出てきたそうですが、一冊まるごと元生徒×教師の話にこんな二人出てきた?と思いましたが、限りなくモブ扱いな生徒に出てました^^


とりあえず ”闇” とは程遠い一冊です。
yoshi先生の美しい絵のキャラを愛でれるのがうれしいです♪

4

イケメン揃い!

顔面偏差値バリ高のコミックスです。間違いなく眼福!
しかし表題作は数年前発行の某小説と設定も展開も概ね似てた……。
とはいえ、一之瀬は頼りない感じが極端だし
逢沢の素は結構キツめなので別物と思えば気にならない…かも??
ともかくHがねちっこい攻めというのは好きです。愛を感じる。

『キミはずるいおひとよし』
冒頭がまた変な女に騙されそうになってる…っていう…。
こちらは天然ではなかったようですが
掲載順序は後にした方が良かったような…って余計なお世話ですみません。
ずっと大ちゃんを好きだったのなら、
なぜ高校の頃の告白から断り続けていたのかな。
逆に気にしてもらえるからという理由なら
好きな人を悲しませるようなことするのはどうなんだろう。
大ちゃんはメゲていませんでしたから結果オーライかもですが。
でも策士な攻めは嫌いじゃないです←

『襲われプロポーズ』
女の子だと思っていた親戚の子が超絶美青年に育って求婚して来る、
これも多少既視感は否めませんが
オネエ言葉の攻めってなんか好きなんですよ…。
苦手な方もいらっしゃるでしょうけども。
こうちゃんの泣きぼくろと腹の括り方がまたいいです。
収録作で一番好きかもしれません。

『えっちな水あそび』
水遊びする大学生なんてそれだけでも可愛いのに
びしょぬれでもっと濡れることしてしまうとはけしからん。

描き下ろしの逢沢のツンデレ、
おかげさまでほわーっとした読後感でした。

2

4カップル?!

裏表紙のあらすじに「4つの恋模様」だとあったのですが、「えっちな水遊び」は「襲われプロポーズ」の話かと思ってあれ?と迷った記憶があります。前作の登場人物でしたが、私は前作読んでなかったし、黒髪攻め×トーン頭受けだし、お互いの名前を呼ばなかったし…と自分に言い訳をしたけれど失礼な話ですよね。ただ、どのページも絵が丁寧でイケメンだからか、単に私が読み慣れてないからか、最初読んだときはどのキャラも同じように見えてしまいました。あとがきを見たら、それぞれ別人なんですけれどね。髪型も違いますし。なんでだろう…。そんな感じで惑いましたが、ストーリーは楽しかったです。また騙されて…?!と悩む一ノ瀬が可愛かったです。ポンコツ具合も愛しかったです。

2

セリフバレが有ります

◾︎表題
◾︎ 一ノ瀬(結婚詐欺にあった新郎)×逢沢(挙式プランナー)
「俺がお前のこと、好きだったら嬉しいの?」ってセリフがじわじわきました。これを笑顔で言ってるところが、小さいコマなんですけど好き。描き下ろしの2人が可愛い。

◾︎ キミはずるいおひとよし
◾︎和泉(ふわふわ髪メガネ)×片桐(世話焼き) 高校からの付き合い
"そこそこの年齢で簡単に騙されちゃう人"が苦手なので、連続できて少々怯んでしまった。そこはちょっと捻りがあるのですが、それにしても和泉はずるくないか…?と思う。魅せ方によってはもっと好きになれた設定かも…でも片桐が可愛くて可愛そう。

「おしりの才能がない」ってセリフがお気に入りです。yoshi先生の綺麗な絵柄でちょっとエッチなセリフ、萌が増幅される。片桐は、この可愛さで攻めようと思ってたの?この後の和泉の「俺より〜」ってセリフ、片桐に愛がない気がしてちょっと悲しくなっちゃった。和泉はずるいぞ!
乳首攻めシーンは非常にエッチです。乳首を攻めながらチラッと和泉が下を見るとこ、エモ…

◾︎襲われプロポーズ
◾︎智章×孝一
万人受けを狙ってない意欲的な作品て大好きです。オネェ言葉で一人称私の美人年下攻め…
下半身丸出しプロポーズ萌という狭いツボを持ってるので結構嬉しかったり。

萌2寄りの萌

1

表題作よりこっちですw

久しぶりに読み返して思うのは

表題作見たさに買ったのに違ったんだよね


表題作【毒にもならないプロポーズ】
ぶっちゃけ絵面に惚れこみ即買い 読んでいて「あぁダメわんこの話なのね」と当時そんなのばっか読んでいたせいか短編のせいか深くハマれずさらっと流し

次の【キミはずるいおひとよし】
お人よし過ぎる友人を守るため人知れず(?)彼を見張る受け

いやこれね 後編の「だいちゃんのおしりにはガッカリだよ」のセリフがみたくて何度も読んじゃうんですよ

早い話 攻めに抱かれるようになっても一向に気持ちよくなくて それでも棄てられたくなくて苦悩する受けの妄想なんだけど「おしりにガッカリ」って かわいすぎんだろッ!おいッ!

えぇ ネットで調べたあれそれで自分の尻の才能をなんとかしようと
まんず そのあたりの可愛さに癒されたいわけですよ

このあと表題作に登場するおかまバーのままの息子の【襲われプロポース】に流れるんですが

「だいちゃんのガッカリオシリ」が脳裏に焼き付きすぎて


あたしの嗜好って男の尻だったのか?本気で悩むわ

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う