毒にもならないプロポーズ

doku nimo naranai propose

毒にもならないプロポーズ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×25
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
39
評価数
11
平均
3.6 / 5
神率
18.2%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
価格
¥659(税抜)  ¥712(税込)
ISBN
9784799740965

あらすじ

ウエディングプランナーの逢沢は
一夜限りの火遊びor気軽なセフレ関係が信条。
「好き好き」迫ってきた永遠を約束したがるような
面倒くさい重い男はお断り――なハズだったのに!?

クールな逢沢が年下ワンコに振り回されて!?
幸せ&エッチいっぱいvの4つの恋模様vvv描き下ろしも収録

表題作毒にもならないプロポーズ

一ノ瀬 誠之
逢沢 圭

同時収録作品キミはずるいおひとよし

和泉邑晴
片桐大智

同時収録作品襲われプロポーズ

智章(オネエ)
孝一

同時収録作品えっちな水あそび

高校生
高校生

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

イケメン揃い!

顔面偏差値バリ高のコミックスです。間違いなく眼福!
しかし表題作は数年前発行の某小説と設定も展開も概ね似てた……。
とはいえ、一之瀬は頼りない感じが極端だし
逢沢の素は結構キツめなので別物と思えば気にならない…かも??
ともかくHがねちっこい攻めというのは好きです。愛を感じる。

『キミはずるいおひとよし』
冒頭がまた変な女に騙されそうになってる…っていう…。
こちらは天然ではなかったようですが
掲載順序は後にした方が良かったような…って余計なお世話ですみません。
ずっと大ちゃんを好きだったのなら、
なぜ高校の頃の告白から断り続けていたのかな。
逆に気にしてもらえるからという理由なら
好きな人を悲しませるようなことするのはどうなんだろう。
大ちゃんはメゲていませんでしたから結果オーライかもですが。
でも策士な攻めは嫌いじゃないです←

『襲われプロポーズ』
女の子だと思っていた親戚の子が超絶美青年に育って求婚して来る、
これも多少既視感は否めませんが
オネエ言葉の攻めってなんか好きなんですよ…。
苦手な方もいらっしゃるでしょうけども。
こうちゃんの泣きぼくろと腹の括り方がまたいいです。
収録作で一番好きかもしれません。

『えっちな水あそび』
水遊びする大学生なんてそれだけでも可愛いのに
びしょぬれでもっと濡れることしてしまうとはけしからん。

描き下ろしの逢沢のツンデレ、
おかげさまでほわーっとした読後感でした。

1

ほとんど顔のレビューです

初読みの作家さんです。

4つのカップルの短編集でしたので、長編好きとしては評価は萌なのですが、作画だけで萌+です!

初読みではありますが同時に他の既刊も購入してまして、それらと比べると、元々上質な作画でしたが、今回の作品はどのお話もさらに絵柄が洗練されてきているというか
攻め受け共に顔が美しいんですよ…!!
作画が良ければ大抵楽しめるタイプなので、その点では大満足しています。


レビューがないようなのでちょっと詳しめに書いちゃいます

①表題作 毒にもならないプロポーズ

結婚式のプランナーの受けさんと
結婚詐欺に遭ってお先真っ暗な攻め君(六つ年下らしい)

受けさんの顔が美しい…
攻め君を押し倒して、『俺は男としかシない』とアオリで言い放つコマがあるのですが、もう最高に美しいし男らしいし最高でした(語彙力さえ失う程)
このコマは先生のインタビューでも見られるのですが、私はこの顔を見て本書を買おうと決めました。ページ数は全体の四分の一くらいで、さーっといい感じに始まって終わっている感じです。もっと読みたかった…という気持ちが非常に強いです。
特に受けさんの裸体が、肉感も太さもすごくヒットしただけに、もっと裸描いていいのよ状態です。


②キミはずるいおひとよし

高校(だけかは不明)の同級生同士、大学生で
お人好しの攻め君(メガネ)と
そんな彼をほっとけないお世話焼きの受け君

前作と替わって今度は攻め君がイケメンです!
にっこりする所なんかはワンコっぽくて可愛い…と思うんですが、受け君を見つめる真剣な雄顔にはこちらまで持ってかれそうになります。眼力をビンビン感じます。最高。
攻め君はただのワンコじゃないし、受け君は健気でえっちなんです。表題作と同じくらいのボリュームでしたが、内容の満足度はこちらの方が上かもしれません。

どこに満足したかって、乳首なんですよ、乳首!!!

二回えっちシーンがあるのですが、一回目で妙にいやらしい乳首描写だったので、いやらしいといっても、描き込みが多いとか艶がとかじゃなくて、ぽっち、って感じで盛り上がりとか乳頭が立ってるわけでもない、でもやけに主張の強い可愛らしい乳首に見えたのです。
やっぱ先生の描かれる男の裸体はジュルリもんだぜ~とか思っていたら二回目のえっちでそう来ました!
書きませんから、気になったら読んでください(笑)キュンとはしても損はしないはずです!


③襲われプロポーズ

小さな頃からプロポーズしまくっているオネエ言葉の攻め君と
ノンケだけどまんざらでもない受け君

今度はどちらもイケメン!!たまんねえ!!

おそらく遺伝でオネエ言葉になってしまっている攻め君ですが、言葉遣いを抜けば美しい黒髪美男子です。睫毛が長めで、でも眉も太めで、上手い具合に均等が取れています。
受け君はサラリーマンで男らしさの中に甘さが溶けていて、ミルクティー系イケメンです(?)
オネエ言葉は、正直気になって脳内変換しちゃったりしましたけれども、お話の内容はしっかりと完成されてあって、最後は幸せな気分になれました。
オネエの攻めに後ろから圧し掛かられて『孕んじゃうくらいシてあげる』っていうコマが好きでした。

本書の全体的な感想になるのですが、先生は言葉のチョイスが魅力的ですね、面白いなと感じるポイントがいくつかありました。
読んでも、見ても楽しめる作品ということですね~!大事ですよね台詞!

④えっちな水あそび

高校生の同級生と思われる

ほんの数ページでしたが、あとがきによると前作で出ていたそうで、確認したら数コマだけモブってました。
正直かなり魅力的な二人でした…。二人のいろいろがすごく読みたい。
攻め君がむっつりで、受け君もなかなかえっちな子でした。うーんもっとくれーー!!

⑤表題作の後日

一発ヤってます。作画が…いいよぉ…っ!!!


先生のツイッターによると、漫画からは少しだけ離れるそうだとか…
次回作も楽しみにしていますし、できれば長編を描いていただきたいところです。

作画至上主義の方は間違いなく満たされるはずです!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ