まめぼん 2018年10月号

mamebon

まめぼん 2018年10月号
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2
平均
4 / 5
神率
50%
著者
小中大豆 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
小説
サークル
三棚<サークル>
ジャンル
オリジナル
発売日
価格
ISBN

あらすじ

商業6作品の番外短編集になります。
『皇子と偽りの花嫁~皇宮オメガバース~』より「萌し」
『夜啼鶯は愛を紡ぐ』より「日々安らかに」
『妖しい薬屋と見習い狸』より「薬屋日記」
『社長と元ヤンの幸せ子連れ生活』より「運動会」
『魔法使いが年下狼を育てたら』より「帰還」
『狼くんは社長の甘いごちそう。』より「冬の甘い日」

表題作まめぼん 2018年10月号

その他の収録作品

  • 萌し
  • 日々安らかに
  • 薬屋日記
  • 運動会
  • 帰還
  • 冬の甘い日
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

2018秋庭新刊

2018年秋庭で出してくださった同人誌。以下6編入っていました。
本編は以下の2,5が大好きで、今回の後日談たちも2は良かったのだけど、やや短くちょっと残念だったので萌にしました。

1.『皇子と偽りの花嫁~皇宮オメガバース~』より「萌し」16P
   本編未読なので、ざくっと。お勤めを早く終えた州舜。
   驚かせようとそっと怜藍のいるところに近づくと、第四皇子ときゃっきゃ「私は馬英が好きです」
   と楽しそうに話しているのが聞こえて・・・という可愛い嫉妬話でした。

2.『夜啼鶯は愛を紡ぐ』より「日々安らかに」8P
   本編からなんと20年後のエリアス視点のお話。年は取ったけれども凛への想いは変わらず、
   二人仲良く暮らしているお話でした!嬉しかった。凛はまだ1年に1回ぐらいはコンサートして
   プロデュースしたり作曲したりで音楽から離れていないようで、嬉しかったです!

3.『妖しい薬屋と見習い狸』より「薬屋日記」11P
   二人の家にテレビが来た時の事と、里久の蕎麦屋で夜メニュー始めた時のお話と、
   里が日記を始めたという、本編同様可愛いお話でした。

4.『社長と元ヤンの幸せ子連れ生活』より「運動会」4P
   麗王の保育園の運動会にみんなで見に行った時のお話。微笑ましい・・

5.『魔法使いが年下狼を育てたら』より「帰還」3P
   ヴァリの国から数年ぶりに帰ってきた時のお話。オジェ、うごうごしていて可愛かったけど
   お話が短かった・・

6.『狼くんは社長の甘いごちそう。』より「冬の甘い日」6P
   ヴァレンタイン当日、開店前から並ぶ客がいるのに気づいて、招き入れてみると
   環千で・・という可愛い嫉妬話でした。

1

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ