狼は闇夜に潜む

ookami wa yamiyo ni hisomu

狼は闇夜に潜む
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×28
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
66
評価数
18
平均
3.7 / 5
神率
16.7%
著者
渡海奈穂 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
マミタ 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784199009402

あらすじ

人に擬態し、闇に紛れて人間を喰らう人狼が街に潜んでいる!? 衝撃の事実を広瀬(ひろせ)に告げたのは、季節外れの転校生・九住(くずみ)。人狼狩りを生業とする九住が、瀕死の重傷を負い広瀬に助けを求めてきたのだ。驚く広瀬が傷口に触れたとたん、瞬時に傷が塞がっていく――。「こんなに早く怪我が治るなんて、俺達はきっと相性がいい」。高揚する九住は、俺の相棒になってくれと契約を持ち掛けてきて!?

表題作狼は闇夜に潜む

九住龍介、怪物と化した人狼を狩る一族の長の息子
広瀬佳、九住と同級生だった私立高校国語科教師27

その他の収録作品

  • 誘惑の香りは甘く
  • あとがき

レビュー投稿数5

彼等の未来が、なるべく優しいものであって欲しいと願って止みません

作家買いです。
渡海先生の現代ものも好きなんですけど、ホラー要素ありの作品と言うのもまたお上手なんですよね。
今回も人狼狩りとダークな設定なのですが、実はベースとなるのが切ない初恋なのです。
離ればなれになりながらも、ひたすら想い続ける10年愛なのです。
結構、ビビらせてくれるホラー部分もあったりするのですが、ベースが10年愛なので、どこか切なくしっとりと読ませてくれる印象なんですよね。
読み終えた今は、二人がどこかで幸せに暮らす未来を願わずには止みません。



内容ですが、人狼狩りの能力者・久住×高校教師で契約者の広瀬による10年愛ものです。

母校で高校教師として働く広瀬。
彼には10年前の、初恋相手である季節外れの転校生・久住との特別な記憶があります。
重症を負い、助けを求めて来た久住との濃密な触れ合いー。
そして、その後の久住の驚異的な回復。
実は人狼狩りの一族である久住と、そんな彼等を癒す事が出来る特殊な能力を持つ広瀬。
互いに惹かれ合う二人は、特別な絆を結ぶ契約を交わした。
しかし、人狼狩りに行く久住を送り出したあと、待ち続ける広瀬の元に彼は戻って来る事が無くー・・・と言うものです。

で、ここから10年後、久住の為に母校で教師をしと待ち続ける広瀬が、暗い帰り道で久住に似た後ろ姿を発見し、と言った流れです。

まずこちら、設定が結構おどろおどろしいです。
人に擬態し、闇に紛れて人間を喰う人狼。
そして、そんな人狼を狩る能力を持つ一族。
まれに存在する、一族を癒す能力を持つ特別な人間ー。

広瀬ですが、この癒しの能力を持つ特別な人間になります。
また、人狼や能力者を惹き付ける甘い香りをはなってもいたりするんですよね。
高校生の頃の二人ですが運命的に惹かれ合い、傷を癒し深い絆を結ぶ事が出来る「契約」を交わしたー。

これ、初恋で純愛なのです。
人狼を倒して戻ってくると約束をした久住を、10年も待ち続けている広瀬ー。
この時点でかなり切ないんですよ。
契約の証として嵌められた中指の指輪に、想いをはせる広瀬が哀しい・・・。

で、再会する二人。
ずっと待ち続けた広瀬に対して、会うつもりは無かった久住。
彼はこの街で現在起こっている人狼絡みの事件を追っていてと言った感じになるのですが。

再会した二人が幸せいっぱいかと言うと、また辛い展開だったりします。
久住は人狼と戦う度に、酷い怪我を負います。
広瀬ですが、そんな彼をひたすら心配しながら待つ事しか出来ないんですよね。
久住の傷を癒す方法ですが、深く繋がる事ー。
なので、二人の絡みシーンと言うのは、どこか切なくて痛々しい。

何だろう・・・。
二人の気持ちと言うのは、絶対的で揺るぎ無いのです。
だからこそ、過酷な運命にある二人が痛々しくて仕方ないと言いますか。
こう、ひたすら物悲しい気持ちになっちゃうんですよ。

とは言え、お話としてのメリハリなんかもしっかりあり、意外な人狼の正体なんかにはかなり驚かせてもらえます。
意外な人物が犯人なのは古今東西お約束なのですが、完全に想定外の犯人に「ええっ!?」て感じで。
また、広瀬は人狼を惹き付ける魅力的な匂いを発しています。
この犯人により危険な目に遭うのですが、この時のホラー感がハンパ無いんですよ。
ビビりな私は読みながら震え上がっちゃったりして。
ベテラン作家さんだけあり、こういう描写もお上手なのです。

実はここまでが雑誌掲載作で、この後に書き下ろしの後日譚があります。
共に生きる事を決意した二人が、異国から来た人狼狩りのハンターとひと悶着を起こしてと言った感じなんですけど。
広瀬の特別な能力に目をつけた、そのハンターがですね、広瀬を奪おうとと言った所で。
う~ん・・・。
ちょっとここで引っ掛かるのが、そのハンターがあまりにテンプレな悪役である事。
失礼ながら、なんか薄っぺらい。
この件により、二人の絆が更に深まる事がメインではあると思うんですけど。
これだけがちょっと残念でした。

ラストですが、ハッピーエンドなのです。
でも、わたしにとってはちょっと物悲しい感じ。
これは完全に個人的な感傷なんですけど、「祖国を遠く離れて」系に寂しさを感じてしまう。
二人で共にいられるだけで幸せなんだろうとは思うのですが、彼等の未来がなるべく優しいものであって欲しいと願います。

8

日常に潜む闇の存在

今回は化した人狼を狩る一族の長候補と
私立高校国語科教師のお話です。

受様の住む地で起きた猟奇殺人を軸に
受様と攻様が共に生きる道を掴み取るまでと
攻様一族とは異なる人狼狩りに
受様が目を付けられる続編を収録。

受様は私立高校の国語教師です。

小柄な細身で
物腰の柔らかい雰囲気な受様は
生徒達に身近な存在として慕われますが

この学校の卒業生でもある受様は
生活指導を長く担当する女性教諭には
まだまだ頼りないらしく生徒のように
注意を受ける事も有りした。

学生時代を知る人と同じ職場で
同じ教師として働いている状況は
少々面映ゆい心地もありましたが
受様にはこの街に留まり続けたいという
強い気持ちがあったのです。

それは10年前に交わした
1人の同級生との約束に端を発します。

その同級生こそが今回の攻様です♪

攻様は高校1年2学期に転校してきた
惹く容姿の男子生徒でしたが

話しかければ受け答えはするけれど
面白味のない答えしか返さずで
周りと積極的に馴染まない生徒でした。

ある日の放課後、
吹奏楽部の個人練習をしていた受様の前に
大怪我を負った攻様が血塗れで現れ
受様は医者を渋る攻様を自宅に連れ帰り
攻様の秘密を知る事となります。

実は攻様は人間を襲う怪物
「人狼」を狩る一族にの1人で
攻様がこの街に転校してきたのは
生徒を喰った人狼を狩る為だったのです。

最初、攻様は受様に「協力者」として
居場所の確保を請いますが

受様は一族以外では稀有な他人の傷を
治す事が出来る「治癒者」だったことから
攻様と「対」の関係を結んで欲しい
と言われます。

その証として1対の指輪を2人ではめますが
翌日から攻様は学校来なくなります。

それから10年、
受様にとって攻様は初恋の人であり
未練がましいとは思いつつも
待つことを止められないのです。

ところが受様は同級会に出席した際に
攻様がこの街に戻ってきている事を知ります。

あの時、攻様はどうしていなくなったのか!?
そして今になって戻ってきたのは何故!?

雑誌掲載作のタイトル作に
書き下ろし続編を書き下ろして文庫化です。

恋愛面で見ると
1人で戦い続けてきた異能を持つ攻様と
攻様とともにいたいと願い続けた受様の
10年にも渡る純愛ストーリーですが

2人の出会いの背景と攻様の生業を考えると
サイキックホラーなサスペンスモノ
になるかと思います。

攻様は一族外の受様を勝手に「対」にした事で
長老達の怒りを買ってこの街から連れ戻され、
彼らに許されるまで悪辣な人狼が潜む地で
最前線の戦いを強いられていたと言います。

攻様はこの10年の働きと
この街に再び現れた人狼を狩れれば
受様に会ってもいいという許可がとれたので
再びここ後にやってきていたのです。

今回の人狼はかなり狡猾で力も強く
受様は深手を負いながら戦う攻様が
心配でたまりませんでした。

そんな中、攻様は腕を千切れてしまい
受様は攻様の治癒力をあげる為
熱に浮かされた攻様と一線を越えるのです。

益々激化していく人狼と攻様の戦いの中で
攻様に心酔する者が受様を罠にかけ
受様が敵の標的に!!

攻様が人狼の首魁を倒して
受様の手を取るまで予想外な展開続きで
ハラハラ&ドキドキし通しでした。

今回の人狼の首魁の正体がかなり意外でしたが
人に擬態していた時の受様との関りが
全ては受様を餌として美味しく頂く為というのが
すごーくコワかったです (>_<)

攻様の生きる世界は過酷なので
受様の存在に癒されて惹かれるのはわかりますが
受様が攻様じゃないといけなかった理由が
ちょっと気薄だった気がしましたが

長く一途に思い合った2人が
お互いの手を取り合っての終幕で
読了巻は良かったです♪

書き下ろしは
受様を狙う人物が現れ
受様は彼に振り回されてグルグルしますが

攻様が揺ぎ無さ過ぎるために
当て馬さんが凄腕な狩人設定なのに
その凄さがあまり伝わってこない上に
あっさり引いちゃう展開は
ちょっと物足りなかったかな (^-^A

今回は渡海さんの既刊から
『僕の中の声を殺して』をおススメ作とします。
世界観が独特で面白く読めたお話です。

2

拗らせ…てないよ!

あとがきで「初恋を拗らせた人たちのお話」と書いてあるのですが、こじらせてます…かね?私的にはひたすら純情・一途な二人で、ひきずってはいるかもしれないけど、こじらせてはいなんじゃないかな~?
それなら渡海さんの「こじらせてない」二人だとどんだけ甘々になっちゃうのかと期待してみたりw

お話は人外+戦闘系として多少王道と言ってよく、安心して読める部類だと思います。(戦闘シーンでハラハラするのは別)お互いへの信頼感が強く、そこを突かれても1ミリもブレない所が清々しいほどです。

二人の繋がり、絆を感じたい時にお薦め出来る本です。
繋がるまでは切な辛い部分もありますけど。

実は受けが、受けを欲しがる当て馬に対して、「攻めに対してほど力を与えてあげられない、この力は攻めだから発揮出来る」的な事を言うのですが、あれーこのシチュエーション、どっかで読んだな、何だったかな~、と記憶を巡ったらひかわきょうこさんの「彼方から」でした!うぎゃー大好きな奴~!!!
もともと私の好きな設定だったかもしれない!

1

血生臭い生業の攻めには受けの力は最強!

狼が絡む設定が大好きなので
率直な感想として面白かったには面白かったです。

うーん。ここからが上手く説明できないのですが
私の場合、
"ここのこういうシーンが好き!"
"キャラクターのここがめっちゃ好き!"
というスタンスで肩入れしながら読むことが多いのですが。

今作は設定としては楽しめたけど、
そういった意味では感情はさほど動かなかった…という感じです(ФωФ;)

でもストーリーは面白いのですよ!
狼の血を引き、危険な生業で生傷(というか瀕死レベル)が絶えない攻め。
普通の人間で有りながら『治癒者』の力を無自覚に持っていた受け。
受けは"守られる立場"でありながらも、
精神的にだけではなく物理的にも絶大に支える力を持っているのが良きなのです。

攻めの生業は厳しい世界で、普通の人間には踏み込めない。
ゆえに攻めは受けとの関係を引き裂かれるけれど"俺にはおまえしかいない"と持ち続ける想い。
また、そうとは知らず、突然消えた攻めを受けはひたすら待つ。

守り・守られて一途に慈しみ合う姿が描かれ、
これ以上強固な絆はないと思わせてくれます。

攻めは武骨ながらも意外と甘さがあって、受けに対しては柔らかくなるのも良き。
受けは自分の常識外のことが次々に舞い込む状況でもいざとなれば肝が据わってるとこが◎
フルオープンで攻めを包む懐深さも中々良かったです。

面白かったのにイマイチ湧き上がるものを感じない理由を考えてみたのですが、
多分最初に躓いたのだと思います。

出会いの部分は非常に淡々としていて、
秘密を共有しあうようになっても"協力者"って感じに見えたのですね。
その中に受け視点なので受けのほのかな恋愛感情が読み取れました。

で、攻めなんですが。
本能的に匂いを感じ取って惹かれ、魂が共鳴しあったーーというのかな…?
その後の"治癒者"となる展開からしても、きっとソウルメイト的な惹かれ方だと思うのですよ。

でもそれは最後まで読んでやっと解釈出来たことであって、
読んでいる最中は「え?なんでこの2人、急に惹かれあってるの???」とシックリこなくて;
その感情に引きずられたまま読み終えてしまったという感じかなーと。(;´Д`)

個人的にはあとがきにあるその後の風景が一番萌えたかも。
描き下ろしはその内容で見たかった…(;ω;)
設定・ストーリーの面白さは確かに感じられたので評価は萌えです。

0

人狼を狩る人

狼関係と思って購入していたのをようやく読めました。キャラがめっちゃ好きという感じではなく、ちょっとおっかない部分があったのですいません、中立にしました。ひたすら待つ受けが好きな方にはきっとたまんないだろうと思うお話、雑誌掲載分180Pほど+その続き120Pほど+あとがき。

自分が通っていた高校で国語の教師をしている桂。高校時代の仲間と飲んでいる時に、求めていた人物の消息を得ます。「九住をこの間見かけた」。久住は高校時代の転校生で親しくしていたのですが、桂の左手に指輪を残したまま、ある日再び転校してしまい連絡が取れなくなっていて・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
攻めのバディ候補みたいな人、人狼、後半で、他の人狼狩りする人。
ちょっとスプラッタ部分があります・・・それが私は苦手でした。少な目かもしれませんが、痛々しいので苦手な方はご注意ください。

***以下 ないように触れる感想

高校時代に思いを交わした九住を思って、その家に一人とどまり住み続ける受けが切なかったです。人狼狩りをする攻めがどうなったのか分からないまま、「また明日」と言われたまま、待ち続けるなんて、なんて健気な!

まだ周りとの関係をうまく調整できず、受けを待たせ続けることになったのも納得ですし、それをすまなかったと謝る再会シーンも良かったし、受けを守ろうとするところも良かったんですけど。

いかんせん戦闘シーンがイタイ。腕ちぎれるのはやめてくれ・・・血だらだらは苦手なんです。どシリアスで、血だらだら戦われ甘い部分も負傷後のお体大変な時であったりしたので、うーん、今一つ脳内ピンク色に染め上げることもできず。

「狼もの=モフ」というわけではなく、私にとっては少し怖いお話でした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う