REDRUM

REDRUM
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×25
  • 萌2
  • 中立7
  • しゅみじゃない10

--

レビュー数
10
得点
68
評価数
31
平均
2.7 / 5
神率
22.6%
著者
みかみ黎 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
yoco 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
レーベル
プラチナ文庫
発売日
価格
¥689(税抜)  
ISBN
9784829626603

あらすじ

妻が殺され、息子の光希を心の支えにする雅人。けれどやがて、拘束され嬲られて達する忌まわしくも淫らな夢を見るようになる。目覚めると生々しい名残があり、それが現実だと思い知らされた。監視されているのか、見計らったように電話が鳴り屈辱的な指示を与えられる。光希を人質にとられたに等しい雅人は、拒めない。追い詰められ、ずっと傍にいてくれる友人の貴之に縋るが―。

表題作REDRUM

雅人を弄ぶ謎の男
峯岸雅人、淫夢に悩まされる専業主夫、38

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数10

これは力作

面白くて一気に読まされる作品でした。まああんまり清々しい内容ではないですが、メリバというか闇堕ちというか。途中からこの人が怪しいなあというのを匂わせてて予想通りになるのでそういう意味ではスッキリしますよ。

タイトルとyocoさんの神表紙が人目を引きますが内容も負けてない上質な官能サスペンスだと思います。プラチナ文庫最後の新人さんですね。こんな力作を書けるならぜひ他のレーベルでも書いてほしいしまた読んでみたいです。

タイトルの「REDRUM」はS.キングの「シャイニング」を知っている方ならニヤニヤしてしまうと思いますが、なぜこのタイトルにしたんだろう?鏡に映った殺人者ということで敵は身近にいるという象徴なのかな?(ヒント…スペルを逆さに読むと怖い単語になるよ)

まあネタバレ的感想を言うと犯人より一番ぶっ壊れてるのは受けの人です…というお話かな。変態一族のお話。

1

受けを好きになれるかどうかで左右されそう…

世界で一番大事な息子を人質にとられて嫌々ながらも屈辱的な行為を受け入れるという部分に惹かれて買いましたが、正直主人公雅人のことは好きになれませんでした。

息子のもしもの危険に恐怖し謎の男に怯えているとはいえもっとうまい立ち回り方はいくらでもあったと思ってしまいます。
そもそも眠らずに起きているという選択肢はなかったのかい…?
体も弱いという割にこんな不幸に見舞われていてもそこまで体調も崩してないし…ひと段落したところですぐに買い物の提案をしたりするのもなんだか…。
思考や行動の甘さへのモヤりや違和感がそこそこありちっとも萌えられませんでした。

ですが…!勘の鈍すぎる私は一体犯人が誰なんだろう?という気持ち一心であっという間に読み終えました。
そして予想も間違っていたという…(笑)
そういう部分では引き込まれ、読ませていただきました!

あと些細なことですが、誕生日会のシーンで美味しそうな御馳走の数々が挙がっていながらも食べている描写がなかったことにとても違和感を感じてしまった…!
あとこんな状況下でもいくら愛しい息子と一緒とはいえ夕飯の前に毎回おやつを食べれる余裕があるとは…

いや、ただ私との相性が悪かっただけかもしれません(笑)

謎の男とのやり取りはそれなりに楽しめました!

1

淫靡

yoco先生の肌色多めの表紙に惹かれました。
エブリスタ大賞でデビュー作です。
なので、ネットで小説は発表されてたようなのですが、初見でした。

表紙から感じられる、淫靡でほの暗い空気が全編で漂ってます。
雅人視点なので、ずるずると底なし沼に引きずりこまれていく感が堪能できます。
できれば、設定とかは見ずに予備知識無しで読まれるのがお薦めです。

以下はネタバレ。

ソフトSM描写ありです。
SMはそこまで積極的に読まないのですが、主人公・雅人の心の奥底で望んでいる欲望が露わになっていき、抗えない様がとても淫靡でした。

事件や犯人については、読んでいけば想像通りなのですが、そこに至る過程やそれまでの背景やその後の展開に醍醐味があるので、連綿と続く親子、共依存な関係が好きな方はお薦めです。


※気になるその後等が、続編にあたるSSとしてみかみ黎先生のぷらいべったーにあげられてるので、読了したらパスワードはわかるし、フォロワーでなくても読めるようにして下さってるので、ぜひ併せて読むのお薦めです!

https://privatter.net/p/4344183


1

思ったほど、MURDERなお話ではなかった

電子書籍版を購入。
「中立」よりの「萌」評価。
気分的には、「しゅみじゃない」だけど、挿し絵が美しいので加点。

なんでしょう?
期待が大きかったからかな?

思わせ振りなまま、最後まで引っ張った割には。。。予想通りで普通。
どんでん返しを期待していたのですが、そのまんまで終了。

んー。

もっと、ヒネリが欲しかったな。
それも、想像を絶する展開。
面白く出来そうなんだけどな。
キャラは、いろいろと出てきているんだけど、中途半端なまま途中退場。

そして、ラストはよくある感じ。
ホントに、ガッカリ。

もっと「MURDER」な、お話を期待しちゃったよ。。。

2

私が年寄りだから面白さが解らないのかも

ごめんなさい。
私はこの本、だめだったわ……
感想=ダメな理由はネタバレをしないと書けないものですから、ブランクを取りますね。























いや、何でこんなにダメなんだろうなぁ……
共依存も、無理矢理も、近親も、挙げ句の果てには『クズ』も全然平気な方だと思っているんですけど。
「むしろ、好きかも」とまで思っているのですけれども。

でも、今作で萌えられなかったのは、下記の2点が「?」と思うから。
1.主人公は自分の子どもに恋愛感情を持っていたなら解るんです、このラスト。
でも『因縁の特殊な肉体的快感を与えてくれる人』という理由だけでこうなるのは理解出来ない。
2.主人公の『親友』に対する態度に一貫性がない。
学生の頃、家から逃げ出すために取った手段が『主人公に想いを寄せていた彼のところへ行く』では、何故ダメだったのかが解らない。
めちゃめちゃ信頼していたかと思えば、ある出来事からその信頼があっという間に消えちゃうのもよく解らない。少しは逡巡するものなんじゃなかろうか?

なんてことを書いている間に思いついたのですが、多分、主人公が過去も未来も、自分を守ることだけに汲々としていて、実は誰のことも大切にしていない様に思えるのが一番だめなのかも知れないです。
愛が見当たらない。
かと言って『彼の前には荒涼とした孤独が広がっているのであった』というオチでもない。何と言うか『対価もなく全てを手にした』って感じがするんですね。

ここからは単なるつぶやきなんですけれど、私は昨年度の〇ブリスタ作品の多くにいまいち乗り切れなさを感じておりまして……
本作を読んで「これって歳の所為かもしれないなぁ」と思ったのですね。
もはや私は主流から大きく外れてしまっちゃったんだなぁ(涙)。

5

賛否両論有りますが、圧巻のデビュー作!

エブリスタの天下分け目のBL作戦の大賞作です。
エブリスタ受賞作で読むのはこちらで二作目ですが、受賞作のレベルの高さに唖然としました。
本当にデビュー作ですか?? 既に作品として完全に完成されていますし、独自の路線を貫いておられる…。
新人作家さんにありがちな荒削りの部分が無いんですよね…。末恐ろしい。

この作品は、表紙で既に読者をふるい分ける匂いがプンプンしますが、やはり内容について非常に賛否両論が分かれるようですね!納得できます。
サディスティックなエロスが全開…!の内容なので、苦手な人は苦手だろうなぁ。。と思います。
かくいう私も最初はそういう描写が辛かったんです。ところが、この作家さんの小説のテクニックが非常に高いので、自然と読ませられるのです。犯人は割と早い段階で解るのですが、サスペンス展開の盛り上げ方が上手いので、続きが気になり気になり、小休止もあまりせず一気に最後まで読みました。
最後のページまで読み、全て明かされた後の余韻がもう…。鳥肌が立ちました。決して常人に理解できる世界でないんですが、創作物としてはこういう刺激のあるものもアリかな…と思いました。

今後もこういう尖った路線で行かれるんでしょうか。何年か経っても確実に生き残れる作家さんの一人だと実感しました。次作を楽しみにしています!

3

うーん

好きな人は好きだと思います。私はあんまりでした。SMと共依存のお話ですね。なにがあんまりだったかというと、BLとは言えないかなと。愛は感じなかったかなぁ。主人公は結局、誰のことも愛してないと思いました。
その関係に溺れて気持ちよくなりたいだけかなと。巻き込まれた人たちが可哀想になってしまいました。最後、捕まった彼はどうなっちゃうんでしょう。
もうひとつ気になったのは主人公の息子の描写ですね。六歳の男の子かなと思える描写でした。それがずっと違和感ありました。リアリティがないというか。。。のっぺりした印象というか。

7

インパクト大きめデビュー作

BL合戦からのデビュー作。ええ・・これがデビュー作ですか、すげーと凄く思った、インパクト大きめな作品。萌えたかと言われると申し訳ないです、怖くて萌えられなかったので中立。ハマる人にはすごくハマる作品だろうとめっちゃ思います!いけそう!と思った方、ぜひぜひチェックを。まだ沼入りたてという方には「ご注意を」と申し上げたい本編300P弱+あとがき。

息子の16歳の誕生日の夜、雅人の妻である亜矢はまだ帰宅しません。先にお誕生日ディナー始めようかとしたところに友人の貴之が来てくれて共に祝って寂しさを紛らわせた次の日、亜矢は凍死体で発見され、その犯人はなかなか捕まらず・・・と続きます。

受け以外の登場人物は
嫁の父母弟、受けの友人(貴之、イケメン)、受けの息子(天使の容貌)、受けの友人(町田君)、刑事さんぐらいかな。
事件ものなので関係者は割合いるし、誰が誰がとドキドキめーっちゃスリリングで読むのを止められなかったです。

**個人的感想

物理的にイタイのは苦手なんです。縛られるのもお道具も愛を感じられなかったので苦手だったな。鞭までは無かったと思いますので、これをイタイというのは違うという方もおられるかもですが・・・(淫夢シーンでは、受けさんやられたい放題)

お話としては、「もしかして」という思いの答えを早く読みたくてしょうがなくて、めっちゃ引き込まれました。そういう点では大成功、★4ぐらいな勢いなのですが、癒しや和みやあまんあまん大好き人間なので、萌えたかというと否。そのため中立です。幸せってどこにあるのーという読後感。

こういう本って評価難しいです。すごく面白いんだけど、読む人を選ぶだろうなあととても思います。先生、どうやらこういう作風みたいなので(PROFILE欄で自ら告っておられた)、次回作、楽しみなんだけど果たして読めるだろうか。ドキドキです。

4

究極の共依存

先のレビューを読んで、中立なのにめちゃめちゃ面白い? どういうことかと気になって早速読んでみました。

なるほど、これは神か趣味じゃないか極端に評価が分かれそうな作品ですね。ちなみに私はヤンデレスキーなので、とても面白かったです。
普段はあまりレビューを書かないのですが、ヤンデレスキーとしてはどうしてもお薦めしたい。でも、うーん、この作品、ネタバレにならないようにレビューするのは難しいです。
できればレビューを読まず先入観なしで読んで欲しいです。


最初は丸木文華さんの『mother』や宮緒葵さんの『掌の檻』の二番煎じか、と思っていました。ミステリーも最初のレビューにあるようにすぐに犯人がわかってお粗末だし。
でも、それがですね、受けが気づかない犯人の正体を読み手が知ったうえで読むと、この延々と続くSMエロ調教は他の男といちゃつく受けへの嫉妬としか思えなくて、そこがとても萌えるんです。
SMエロ調教といっても暴力的ではなくて、苛められながらも受けはちゃんと快感を得ているので、そう痛い感じはありません。
で、このままエロ特化の快楽堕ちかと思っていたら、まさかのラストでした。

本当にラストが秀逸です。それもただ驚くだけではなくて、ビジュアル的に圧巻というか凄い。
意外な真実でしたが、後出しじゃんけんとか唐突な感じはなくて最初から読み返せばあちこちにヒントというか伏線があってなるほどと納得します。

マトモそうで歪な受けの描写も先のレビュー通り、説得力があります。
ここまでちゃんと計算しているのだから、この攻めの気持ち悪さも狙ってやっているのじゃないかと思います。
この気持ち悪さに拒絶反応を起こすか、いいぞもっとやれと思えるかで評価が分かれるかも。

それと当て馬をかわいそうとは思わないんですね。むしろこんな歪な受けとの関わりが切れてよかったんじゃないでしょうか。
なんというか、住む世界が違うというか。

本当にこの作品、ハマる方はハマると思うので低評価だからと読まないのはヤンデレスキーにとって勿体ないと思います。

8

二人の関係を恋愛と見るかどうかで、評価が大きく変わる気がする・・・

こちら、エブリスタ「BL合戦」プラチナ文庫賞大賞受賞作になります。
正体不明の相手に毎夜犯される主人公と、ダーク寄りなサスペンスものになります。

で、こう、設定としてはめちゃくちゃ好みなんですけど。

が、何だろう・・・。
作品としてすごく秀逸な部分もあれば、ちょっと稚拙だと感じる部分もと、両者が混在してると言うか。

あのですね、序盤と終盤なんかは(好みかどうかと言うのは除いて)めちゃくちゃ面白い展開なのです。
が、中盤はもう同じ事の繰り返しと言うんですかね。
ひたすら主人公が犯されてるだけじゃ、いくらエロ好きでも飽きちゃうんですよね。

あと、ごめんなさい。
キャラに共感出来なくて。
正直な感想を言わせて貰うと、主人公ただのアホでしょ。
いや、アホでも、この状況では真犯人にちゃんと気付くと思うんですよ。
う~ん・・・。
相手を信じる事と、端から思考を放棄してるのは、全く別物なんじゃ無いでしょうかね。
当て馬に大いに感情移入しちゃったので、この親子がイラついて仕方ないんですよね。

内容ですが、毎夜現れる謎の男×妻を殺され一人で息子を育てる父親・雅人による、ダークなサスペンスBLになります。病んでます。

留守勝ちな妻に代わり、一人息子で高校生の光希を愛情深く育てる雅人。
大学時代からの友人・貴之と家族ぐるみの付き合いをしていますが、とある事情から彼を心の拠り所にしています。
そんなある日、妻が殺害され、強いショックを受ける雅人。
更に、毎夜何者かに犯されると言う異常な事態に、心身をすり減らして行きー・・・と言うものです。

で、こちら、妻は何故殺害されたのかー。
更に、雅人を毎夜犯す犯人の正体ー。
と、ここの読み解きが作品としての見所になると思うんですけど。

ところがですね、このキモとなる真犯人ですが、もう早々に想像が付きます。
いやむしろ、これだけ状況が揃ってて気付かない雅人の方が、不思議で仕方ない感じで。
多分、大方の姐さんが犯人にアッサリ気付き、更にその予想通りのオチになるんじゃないでしょうかね。

あと、主人公である雅人と共に、重要な位置付けで出てくるのが息子の光希になるんですね。
それと、親友の貴之。

で、これは完全に個人的な好みの問題ですが、この親子がなんだか気持ち悪い・・・。
儚げでちょっと浮世離れしてて、高校生の息子を溺愛する父親。
そして、とても素直で愛らしい息子。

えーと、息子は何だろう・・・。
とても素直で可愛くて父親思いの優しい子・・・と言う体なんです。
が、透けて見えてくる本性がですね、超執着系。
出生にも秘密があったりして。
ある意味、彼は被害者だと思うんですよ。
でも、人としてどうなのよ・・・。
あと、単純に言動が気持ち悪いと言うか。
「もう16才なんだから!」と、頬を膨らませる高校生・・・。
アリかナシかで言えば、個人的には完全にナシなんだなぁ。

で、一見、マトモに思える雅人。
彼は毎夜、気付くと拘束されてたり目隠しされてる状況で、見知らぬ男に乱暴されている。しかもSM調教系。
それに嫌悪しつつも、身体は悦んで・・・みたいな。
これ、どう考えたって犯人の正体はバレバレだと思うんですよね。
そして、本当に嫌なら、逃げる方法はいくらでもあるはず。
なのに「抵抗したら光希に危険が・・・」とか言って、毎夜毎夜犯されてる。
ちょっと、いくらなんでもアホ過ぎる気がするよ。
こういうサービスエロは、個人的にはいらないんですよ。

で、気の毒なのが親友の貴之。
彼は大学時代から雅人を思い続け、未だに何かあれば飛んできてと、とても健気です。
いい男なのです。
なのに、雅人はアッサリ切り捨てるんですよね。
貴之、可哀想過ぎる・・・。
この件でも、雅人にはイラついて仕方ない。

あとですね、個人的に一番引っ掛かったのが、BがLしてないんですよ。
攻めがひたすら受けに執着してるだけなんですよね。
いや、逆なのかな?
とにかく、(私にとっては)二人の間に恋愛が存在しない。
だから萌えようが無い。

う~ん・・・。
しつこいですが、好みの問題なのです。
こういう、ひたすら病んだダークな執着ものがお好きな方も多いと思う。
雅人はどこか歪なんですけど、彼の特殊な育ちなんかがしっかり語られる為、その「歪さ」に説得力があるんですよね。
また、ラストが秀逸で。
完全なメリバでゾッとするオチなのですが、意外な真実に驚くと言うか。
えーと、二段オチと言うんですかね?
いや、闇が深い・・・。

でも個人的には、どんな形であれ、二人の間に必ず恋愛が欲しいのです。
これは、私には恋愛と言えない。


ただ、救いの無いダークな作品に滾る方にはオススメ。
あと、背筋がゾッとする感じの執着ものがお好きな方も、面白いと思います。
う~ん・・・。
この二人の関係を、「恋愛」と見るか見ないかで評価は分かれる気がします。
本当、引っ掛かかる部分を除けば、作品としてめちゃくちゃ面白いと思うので。
しかもこの引っ掛かる部分は、個人的な好みが大きいですしね。
ハマる方はめちゃくちゃハマると思います。

※既に店頭に並んでる事と思いますが、公式発売日が8日です。

19

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ