もちももちさんのマイページ

レビューした作品

女性もちももちさん

レビュー数1

ポイント数18

今年度494位

通算--位

  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

沼にハマった皆様が沢山あらすじや感想を述べているので、多くは語りません。
しかし言えることは沼です。
しかもとても深い沼です。
ただのBLではありません。

そしてこの沼にハマった方は陳情令行きをお勧めします。

陳情令 Blu-ray BOX1 非BL DVD

沼にハマり過ぎて抜け出せない作品

新宿の地下の巨大広告を見て、少し気になっていたのですが、アニメが放送されるので先にアニメの1話を見ました。
その際は少し話が理解できなくて、でも続きが気になり、先にレンタル出来る実写ドラマを見ることにしました。
そうしたら沼にズブズブハマってしまい、全50話一気に見てしまいました。
見終わってから早2週間未だに余韻から抜け出せません。
内容はなんとなく色々なところで言われているので書きません。
私が言いたいのは、とりあえず意味が分からなくても3話まで見てください。
50話まで見たらもう一回1話を見てください。
理解できなかった1話がどれだけ大切な回なのか分かります。
2週目がまた違う感覚で見ることができる面白い作品です。
また、途中見ていられなくなるくらい主人公にとって辛い時期が続きます。
早送りしたいくらい辛いです。
でもそこを経ての後半戦が最高に萌えます。
(辛い時期の中でも面白いシーンは沢山ありますのでご安心ください)

そしてなんといっても全てにおいて美しい!
役者さん、アクションシーン、舞台(CGが多いのに違和感なく素晴らしい!)、まさに映像美です。
役者さんは同じ人間か!?というほど美しいです。個人的には主役の魏無羨が男前なのに綺麗で笑顔が可愛すぎて落ちました。
もう1人の主役藍忘機も美しすぎて見惚れてしまいます。
主役以外のキャラも魅力的でスピンオフ2作品あるので早く見たいです!
アクションシーンも中国ドラマ独特のアクションで袖を活かした、たとえゾンビ(笑)だとしても美しいアクションでした!

ブロマンスということで、BL好きが見るとBL的に萌える箇所が多々あるんですが、原作がBL小説と知らなかったらその辺り全く分からないくらいの友情物語(薄い表現ですみません。)と捉えられるかなと思います。

本当におすすめのドラマなので是非ご覧ください!

某おとぎ話に近いお話しだけど、、、

ずっと気になっていて、意を決して電子にて購入しました。
感想としましては、某おとぎ話に近いお話しなんですが、最後の最後にそういうこと!!?となり、意外性があり楽しめました。
にしても獣の王子が少し可哀想すぎでは?と思ってしまったが、主人公の2人が幸せならいっかとおとぎ話のようにさらっと読めます。

受けがどんどん可愛くみえてきます笑

1巻では仲のよく、面倒見のいいお友達(同僚)的存在だった富田(受)が主役です。
個人的に1巻のカップルよりこちらの2人の方が好みです!
話が進むにつれ、富田が可愛くて可愛くてキュンキュンしてしまいました。
可愛いのですが、普段は普通の働く男性でそこのギャップが最高です。
さすがスーツしか似合わない男(笑)→作者さん談
斉藤さん(攻)の包容力も素晴らしく、とても萌えます!

パートナーを大切にしたくなる作品

この作品を知ったのは15年前くらいの高校生の時で、その時は表紙の印象やあらすじを見て避けていました。長髪にAV俳優など学生には少し刺激が強かったし、なんかチャラチャラしたお話なのかなと思っていました(笑)
ただ、今年「このBLがやばい!2021」にて1位を取った作品ということで、三十路を超えて改めて気になり、電子の方でちょうど手軽に1巻が読めたので、とりあえずaliveの方を読んでみました。
高校時代の自分に馬鹿野郎と言いたいです。
なにがチャラチャラしてそうだ。だ!
こんなに愛について誠実で、パートナーへの思いやりが詰まって、人間味が溢れてる作品は無いと思いました。
ただ惚れたはれたのBLではなく、2人が出会ってからの人生が終わるまでの深いお話です。

前シーズンを読んでなくてもしっかり読め、そのまま一気にラストまで読むことが出来ました。
ラストは予備知識がないまま読んだため、相当な衝撃を受けました。
正直ショック過ぎました。
ですがあとがきを拝見し、これはハッピーエンドなんだなと納得してしまいました。
そうなると今度は2人の馴れ初めを読みたくなり、前シーズンも一気に読みました。
全て読み終わった後思ったことは自分もパートナーをもっと大切にしようということでした。
悲しくて切ないラストだけど、そんな温かい気持ちにさせてくれるハッピーエンドな作品です。

とても読み応えがあるので、購入に迷うかもしれませんが、私は最初からではなくaliveから購入して良かったと思います。
ラストまでの布石がゴロゴロあり、そのあたりを発見しながら読んでいくのも楽しかったです。


溺愛超えてます

ずっと気になっていたけど、ついに手を出してしまったシリーズ。
やはり良かった、、、
何が良かったって、まず攻めからの受けへの溺愛を超えた溺愛(笑)
受けの葛藤、灰色狼の忠誠具合、、、
最高か!!
個人的に受けが普通の人より背が高い、見た目普通(内面は色々複雑な生い立ちの方、自分自身それを知らずにずっと一人で生きてきた)の30代後半の男というところが好みでした。
世界観がしっかりしていて、一気に引き込まれました。
そしてこういうファンタジー系の話って、第三者視点がとても楽しいと思うのは私だけでしょうか。
それをいい具合に刺激して満たしてくれるのが灰色狼達。
会議の論点がずれ過ぎてる時もあるけど、彼らはたった2人の王族(攻めと受け)のために必死なのです。
私も灰色狼に混じって主役2人を見守りたい、、、
多少長いかなと思いますが、第三者視点が好きな方は大好物のストーリーだと思います!
1冊目から2冊目は内容がとても重たい話になるけどたまに力が抜けるシーンもあり、丁度いい感じになります。
これはずっと読み続けたい小説でした。
叶えばまた長編のお話を、、、
結婚後にも何が事件は起こるでしょう!と信じてます。
2021年初春にまた新刊が出るそうなので、楽しみに待ちます!

男前受けの理想

続きが読みたい&男前受け好きな方達に、是非読んで欲しくてレビューしました。
内容は簡単に説明すると、戦闘能力が半端なく高い30代のおじさん(お兄さん)が異世界へ行って王様のお嫁さんになり国民からは女神と呼ばれるお話です。
主要なキャラが3人いますが、それ以外のキャラもみんな個性があり本当に深いお話になっています。
なによりも、、、
この本挿し絵が無いのに、ものすごくイメージさせるのが上手いんです。
個人的に小説はまず挿し絵により購入するかしないかの判断をしていたので、挿し絵なしでここまでイメージがわき、しかも面白いBL本ってあまり無いのかなと思いました。
話の内容はもちろん、エロも素晴らしいです!
主役の戦闘能力が高い為からか、多少エグい部分はありますが、命かけて戦ってるからしょうがない!苦手な方はその部分はさらっと読んで
行きましょう。
まだ現時点では受けは心に闇が多すぎるし、攻め①はお子ちゃま、攻め②も心に闇があり、その他のキャラ(断然ゴート推し)も闇にどっぷり浸かってきます。
今後どのように進んでいくのか、気になって気になってしょうがないです。
BL・ファンタジー・少年マンガ要素が絡み合っているので、少しでも気になっている場合は是非読んでみてください!
男前受けが好きな方は絶対にハマります笑

衝撃のラスト

BL本でここまで最後に衝撃を受けたのは初めてです笑
まさかのまさかすぎて、何回も最初から見返してしまいました。

もともとこちらはスピンオフですが、本編を読んでなくても全然問題ありません。
私も最初こちらから読んで、その後に【アクスウ】を読みました。
内容は、大学デビューのオタクゲイ男子(受)が隠れてオタ活していて、ザッ⭐︎オタクというモサメンに突然告白されてから物語が進んでいきます。
受け君が大学デビューした理由が、イケメンオシャレな彼氏が欲しいからという事だったので、突然の告白に戸惑いつつ、一緒にいて楽しい攻め君とお友達になって友情を深めていきます。

ここからネタバレ、、、、


攻めの正体がまさかの大学友達グループにいるオシャレ男子!
個人的にめちゃくちゃ好みな攻め君でした。
ラストに攻め君視点に代わり、最後の最後に受け君に攻め君が正体をバラしますが、受け君の気持ちを考えると恥ずかしくて恥ずかしくて、、、笑
そんな恥ずかしがっている受け君も攻め君からしたら可愛いんだろうな。

もっと正体が判明してからの2人のイチャイチャを見たい!
出来れば大学でオタク話しながらイチャイチャしてる2人が見たい!
もっと欲をいえば、アクスウと絡んで欲しい!
ぜひ続きを宜しくお願い致します!

これこそが【萌】!

レビューを読んで購入しましたが、他の方も書き込んでいたようにエロは少なめ、、、
というより、そういうシーンがサクッとカットされている感じです。なので読み終わり物足りないかもなと思って読み進めましたが、逆にそこがいい!!
という感想です。
内容などは他の方のレビューなどにあるので割愛しますが、1巻はだんだん攻めがオカンの如く受けの世話を焼いていく姿にキュンキュンします。
2巻はもう少し進展するのですが、攻めの登場が少し少ないかな(笑)
出向がメインだからしょうがない。
しかし、後半から怒涛のように攻めが色々と発揮していきます。
年下攻めかわいいな、こら!!
そして最後の最後にに受けの自覚してからのデレ、、、
これで終わりなんですか?
ぜひこの受けのデレをもっと見たい!