ヒューフレディさんのマイページ

レビューした作品

女性ヒューフレディさん

レビュー数2

ポイント数12

今年度656位

通算--位

  • 神2
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

ピュアな恋愛を楽しめそう!2巻楽しみ!

攻め様も受け様もお互いピュアです。
その雰囲気が、漫画の絵ととても合っています。
難聴の障害を抱えた受け様なので、両者の会話もゆっくりで、読み手も絵とストーリーをゆっくり読んで楽しめると思います。

応援したくなるいい大人の恋愛

おじさん受けとか本来苦手でぜったいに手を出さないのですが、
受けさんの描写は綺麗で可愛いいので、さいごまで嫌な気持ちせずに読み進めました!
むしろ綺麗な作品で、好ましく感じながら読んでいました。
体型とかポージングが2人ともかっこいいので一コマ一コマが目福!!
また、攻めの表情がどれもすてきです!
ちょっと昔のジ○リを思わせます!スキ!
ストーリーも、絵も、セリフも、キャラクター達もとてもストライクの作品に出会えて幸せです。

Kindle版を購入しました

先にDVのかんちゃんを読んでたので、「これの受けストーリー…んー(~_~;)」って買うの迷ってました。でもおげれつたなかさんの作品どれもステキなので、思い切ってポチりました!みごとに大正解☆
最初のお話も好きですが、やはりかんちゃんのが最強!
淫乱!天邪鬼!こじらせ男子!でも、時には男前☆かんちゃんを好きになりました〜♪DV野郎からの成長萌えです。
そして後日談のカメラのハメドリのお戯れは大変美味しゅうございました☆

今回、Kindleで購入しましたが、局部は真白でちょっと残念です。製本版はいかがだったのでしょうか?機会があれば手にして確認したいです。

頭悪い子=エロい子

設定が教師というのは必要かなと疑問が残りました。セツは高校教師なのに知的キャラじゃないという。ただのエロい子w
そういう受け様なのでドSのトワとのバランスいいカップルだと思いました。

素直に乱れる淫乱な受け様を楽しめます。

口調が…

Kindleでは小椋ムクさんのイラストもしっかり載ってました☆
ワンコと美人。お話としては個人的に好きなジャンルで萌えを押しました。
でも、セリフというか、キャラの口調みたいなものに最後まで違和感を拭えなません。時代を感じさせる設定や背景の描写は読みながら飲み込めるのに、ユーグやルネのセリフはわりと軽い。仲がいいことの現れなのか、大人になっても「にいさん、○○なの。○○だよ」とか甘えたような口調。
時代劇のような硬さがもう少しあっても雰囲気があってよかったのになと。
物語の重さとキャラの甘さがかみ合わない。

純愛!

はじめは幸せそうな巳裕と則雅を引き離すサイの略奪色がつよいけど二人の過去と純愛がしっかりと根底にあるので、サイによってどんどん幸せに導かれていく巳裕が読んでいて嬉しかったです。
もちろん、物語の山場に元マスターや外野からの邪魔が入り一騒動あるんですが私的にはスッキリ片付き、その後の二人のハッピーエンドです!!

期待を外しました。

関連コミックを先に読み、そのときの堀さんが美人で大人な雰囲気ですてきだなぁと思ってました。
収録されていたショート小説の宮村氏と堀さんも素敵なカップルで、「ふたりの馴れ初め」なら是非読みたい!と、意気込んで買って読んでみたら……。

まず、イラストがコミックの堀さんよりも「大人な美人」感が低下してました。(木下さんのイラストは好きです。)コミックの堀さんが美しかった…。
ストーリーに関しては、このようなゲイの受けが報われるノンケ好青年×ゲイ美人ネタは大好物なはずなのに何故かグッとくる要素がありません。…ちょっと物足りないかな。
求めるとしたら、堀さんにもう少し年上感だして堂々としてほしかったです。宮村氏を惑わしてほしかった。

主人公カプより…

主人公たちにはあまり萌えポイントが無かったのが正直なところ。
救いだったのは、加瀬×店長。
ふたりの馴れ初めのほうが絶対的にドラマティックで興味深いです。
ふたりの存在がなかったら「中立」以下の評価でした。

今回もやはり一巻に戻りたくなり。

涙して読みました。素晴らしいです!

一巻より二巻、二巻より三巻というふうに話はどんどん加速をつけて面白くなります。
この物語は主要人物が三人だと思っていたら4人だったんですが、その誰もが主人公になれるほど皆過去や感情を深く描いてあります。
そのため、台詞の一つ一つ、相手に掛ける言葉一つ一つが感情的で読み手にもずっしりと伝わります。
だから彼らに涙させられてしまいます。
慧介は出生の秘密のせいや司への思いから警察官である意味を自ら問い、母へも“産んで後悔しなかったか”などしたくない質問をしてしまう。
司は慧介との新しい生活に憧れながらもサキとの絆を決して切ろうとはせずサキを救うことに危険すらかえりみない。
流に“蛇は自分だ”と告げサキを絶対に責めない。この二人が絡んだのはこれくらいだったがそのシーンの存在感はとても大きいです。
流もサキを追いながら益々自分の無力さに苦しむ。サキをもっと早く救いたかった、早くやめさせたかったと。
サキの最期を流が見届けたけど、これがせめてもの責任のようで、やはり全ては遅かったという結果のようでもありました。
サキは慧介には酷い言われかただったけど司を利用している自覚がありながらも司を守りたいし繋げ止めたい、本当は独占欲だけだったんだと思います。彼のことを救ったのは子ども時代も最期も司だけだったし、サキにとってはそれで十分だったはず。ちゃんと自分の気持ちは司に届き、司のサキへの執着心も目にしたのだからサキにとってあれ以上の最期はなかったと思います。

本当に素晴らしい物語でした。
これから慧介に甘やかしてもらいながら早く司が心から元気になって欲しいです。夜が来ても辛くならないくらい元気な心になって欲しい。
慧介に“もう大丈夫”だって思ってもらえるくらい。
サキも望んでいるはずなので…

俳優さんが好演!

石川さんの外川が素晴らしくて好みでした。
オヤジなセリフも優しいセリフも自然な口調でありながら、石川さんの特長的な雰囲気がぴったり合っていたと思います。
エレベーターで甘えるとこや、電車で嶋の元彼撃退するとこが甘くて本当に素敵でした。
野島さんご兄弟と森川さんはこれまでも親しんできた声優さんなのですが、石川さんは初めてで、石川さんのお声に出会えてよかったなぁて思えた作品でした☆
この声優さんたちじゃなかったらここまで評価できなかったと思います。