眠り王子にキスを

nemurihime ni kiss wo

眠り王子にキスを
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神127
  • 萌×273
  • 萌17
  • 中立9
  • しゅみじゃない11

107

レビュー数
34
得点
987
評価数
237
平均
4.2 / 5
神率
53.6%
著者
月村奎 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
木下けい子 
媒体
BL小説
出版社
大洋図書
レーベル
SHYノベルス
発売日
価格
¥890(税抜)  
ISBN
9784813012818

あらすじ

デリのオーナー兼シェフの堀篤史には、気になるお客がいた。
人懐こい笑顔にスーツがよく似合うサラリーマンと思しき男だ。
週に二回ほどやってくる彼とかわす会話が、最近の密かな楽しみだった。
彼の人懐こい笑みを思い浮かべると胸の奥に小さな火が灯るのだ。
でも、傷ついた過去の経験から、篤史はもう一生恋愛をしないと決めていた。
それなのに、彼──宮村に料理を教えることになって!?
番外編コミックス『赤ずきんちゃんの誘惑』も特別収録!

表題作眠り王子にキスを

宮村周平、デリの常連で教室生徒の会社員29歳
堀篤史、デリのオーナーで料理教室講師32歳

その他の収録作品

  • 木下けい子「赤ずきんちゃんの誘惑」
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数34

恋心を罪悪感が押しつぶす

先に発売になっているコミックス「いつも王子様が」のスピンオフコラボ作品。
コミックスはコミカルなイメージの作品で面白かったのですが、
スピンオフは切なくシリアスな中に暖かさや優しさを感じさせるハートフルな恋を
感じさせて、とても引き込まれる心にしみる作品になっていました。

受け役の篤史は家族愛に恵まれなくて思春期以降はかなり精神的に手酷い立場で
思わず同情を禁じえないくらいでした。
中学時代の担任教師のプライベート暴露に至ってはリアル世界でこんなことがあれば
名誉毀損で訴えられ当たり前記述にはかなり引きましたね。

ゲイにまるっきり理解の無い母親に心無い言葉の数々と行動で傷つけられ、
母親や家族に対して怒りよりも罪悪感を募らせてしまう篤史は切なすぎです。
自分の性癖が家族を苦しめていることで自身も深く傷つき、
一生恋はしないと思いつめてしまうくらい罪悪感に苛まれる姿に篤史の家族が
最悪に感じられてしまう。

ゲイだということで他人との距離を自ら取って離れていくような性格な篤史が
自分の店に通ってくる常連客のリーマン宮村に淡い好意を持っている様子はいじらしい。
仕事ではテキパキとなんでもこなすように見える篤史のプライベートでは
不器用で天然が入っている儚げな感じのギャップも萌えます。

長年の家族からの心無い態度で自分が全て悪いと思いがちな思考が
芽生えた恋心まで閉ざそうとする流れ、でもそれを強引にこじ開けながらも
包み込もうとする宮村の男前ぶりと誠実さが素敵でした。
人との距離感も付き合い方もまるでわからない篤史を友人から始まり少しづつ
距離を縮めている宮村、篤史の弟の登場で芽生えた恋心が跡形もなく壊れそうに
なる前に宮村がとった行動と宮村の母親の言葉にウルッとしてしまう。
篤史には是非今までの辛かった分以上の幸せを与えて上げて欲しいと思う作品でした。

13

素敵な王子様

「いつも王子様が」(既読)のスピンオフ。
「いつも王子様が」の主人公ヒナが住むマンションの1階で
デリのオーナー兼シェフとして登場していた篤史。
優しそうでイケメンで、その上料理が上手い。
そんな完璧に見える篤史はゲイであることをヒナに打ち明けていました。
何かちょっと訳アリな感じはしていましたが・・・
そう、宮村さんもちょっとだけ登場していましたね。

今回はその篤史と宮村が主人公です。
学生時代、自分の性癖で悩み家族や学校などで受けた偏見から
「一生恋愛はしない」と心に決め、一人で生きていく覚悟をしていた篤史。
恋はしない、誰も好きにならない、二度と誰にも迷惑をかけない・・・
そう心に誓っていたのに・・宮村に出会うまでは。
好きだと言う気持ちを封印しなければいけないと思い込む自分。
好きになればなるほど、相手の将来の幸せを思えばこそ
深入りしないように、そしてこれ以上好きにならないようにと
自分の気持ちに必死に蓋をして、気持ちがこぼれないように
健気にそして無理に自分を取り繕う篤史に胸が締め付けられ
何とも言えない、苦しさを感じました。
何十年もの間、我慢に我慢を重ね、自分の正直な気持ちなど
最初からないものとして生きる。
そんな風にしかできなかった、せざるを得なかったことを
すべて自分のせいにして、家族を恨むことも友人や先生を攻めることもせず
ただ静かに一人で生きる選択をした篤史にかける言葉も見つかりませんでした。
同性愛者とは、そんなに排除されんばかりの仕打ちを受けるものなのか。
最愛の家族にまで、こんなに追い詰められなければならないことなのか。
当事者でなければわからないことなのかもしれませんが
疑問ばかりが湧いてきて、途中悲しさでため息が出ました。

宮村から好きだと言われてもなお、宮村の想いに素直になれず
宮村の未来の幸せに、自分を置くことができずにいる自信のなさと
宮村の大切な家族の幸せを考えると、自分の想いより優先させることは何か
常に心の中に自分以外の人の幸せを思う自分がいる篤史。
そんな辛い気持ちを知ってか知らずか、優しい祝福の言葉をくれた
宮村の母と、ちょっと強引ではあったけど
家族に自分の気持ちを隠さずに打ち明けた宮村自身に頭が下がる思いでした。
二人のことを認め男同士であることも素直に受け止めてくれた宮村の母と
篤史のシーンは、篤史と一緒にぼろぼろと涙がこぼれました。
最後の最後に、やっと二人は結ばれますが
そのせいか、初Hはかなりしつこく濃厚ですごかったです。
「いつも王子様が」に出てきた篤史はとても落ち着いた大人な感じの
イケメンシェフでしたが、本当はこんなに繊細で自分の心に点いた灯も
すぐに消火しようとする臆病な人だとわかるお話です。

9

タイトルからして素晴らしい

木下さんの魅力がいかんなく発揮されている表紙に釣られ購入してみました。実はBLはコミックばかり読んでいて小説ってあまり読んだことが無かったのですが、この小説があまりに素晴らしすぎてそれから小説も読むようになりました。私にとってはそういう意味でも「神」作品となった記念の作品です。

内容はすでに書いてくださっているので感想を。

実にリアリティにあふれている作品だなと思いました。
これだけ個人の自由が叫ばれている現代においても差別や偏見をもつ人たちがたくさんいて、ゲイがすんなり受け入れられている風潮ではない。そんな中、家族との軋轢や学生時代に周りからの偏見を受けたことでひっそりと生きていこうと決意している受けの篤史さん。一歩間違えるとネガティブすぎて嫌な奴になりかねないのですが、篤史さんはただひたすら健気な人に思えました。彼が「一人で生きていこう」と腹をくくり、そのための努力も惜しまない男性だからなんだな、と。
でも「ゲイである」というだけで家族からも疎まれ、家族の迷惑をかけないようにと頑張る彼が可哀想で涙が出そうでした。
篤史さんのお母さんが酷いなと初めは思いました。でも確かに「息子がゲイだ」と聞いてすんなり受け入れられる母親ばかりでもないのかも、とも思います。どうか篤史さんが家族に受け入れられる日がきますように、と願ってやみません。

対して攻めの宮村さん。彼も大きな懐を持ったナイスガイです。篤史さんへの恋心を自覚した彼は篤史さんの気を引こうと一生懸命で。ただ篤史さんに惹かれていった過程が分かりづらかったのが少し残念でした。

ゲイであることで自分の殻に閉じこもっていた篤史さんが、宮村さんの愛情(キス)でその殻から出てこれて本当に良かった。内容とリンクしたタイトルからして素晴らしい作品だと思いました。

9

素敵な王子様が現れてよかった・・・

とにかく恋に臆病な堀さんのその根底にあるものが、許せなく切なく辛い気持ちで読み進めました。
実際にありがちなパターンだからこそ、私はそういう人間ではありたくないわ!!
と憤りながら、ただただ堀さんの恋をそっと見守るオバサンと化してました。
それに引き替え、宮村さんの優しさ!!
宮村さんの周りの人間の優しさ!!
どんなに堀さんの心が救われたかと思うと、泣かずにはいられませんでした。

優しいようで結構腹黒な宮村さん。
臆病な堀さんにはピッタリの王子様ですよね♪

作家さんもイラストの作家さんも大好きなので即買いしました。
リンクしているコミックスも愛読しているので、そのコラボ具合も程よくてとても良かったです!
コミックスを読んでいた時のイメージとは全然違った堀さんが見られたのが、もうキュンキュンどころでしたよ♪

ほっこりした気持ちになりたい時、何度も読みたくなるお話です。

7

巻末マンガはキャスティング逆!と突っ込みたかった(笑)

コラボ企画ということで、先に「いつも王子様が」を読みました。
そちらのコミックスで、他のお客さんに気遣いながら、
店内で優しく目配せを交わすデリのオーナーと客の男性がとても素敵で、
こちらの小説を読むのを楽しみにしていました。

心優しく、恋に臆病で傷つくことを恐れる堀(受け)と
そんな堀を、心の傷ごと好きになってしまう宮村(攻め)。
本当に姫と騎士のようで、うっとりする程お似合いです。

宮村の、堀への少しずつの距離の縮め方が好感度大でした。
仕事の帰りに毎日のようにデリに通ったり、
料理の少人数個人レッスンを開催してもらったり、
出張へ行けばお土産を選んで来るなど、
その積極的で人懐こいアプローチに心が暖かくなりました。

特に、デリの仕事で手が荒れている堀に、
宮村がお土産のハンドクリームを直接塗ってあげるシーンは、
優しさ+ほんのりエロティックでドキドキ!名場面だと思います。

一方、デリのオーナーである堀はゲイ。
儚げな印象でありながら、一人で店を切り盛りする芯のある王子です。
そんな堀は、宮村に想いを寄せながらも、過去のトラウマから
「もう恋はしない」と心に決めているのです。

料理上手のイケメンで、性格も優しく、そして宮村のことが好きなのに
二度と恋愛しないなんて、そんな不憫なことはないですよ(ノω・、) ウゥ・・

だけど、走り出したら止まらないのが恋というものですよね☆

自分は一生一人で生きて行くのだと心に決めていた堀ですが、
宮村の優しさに、氷が氷解するように心を開いて行くのです。
宮村の、泣いている堀のあやし方がとても優しくて、
堀に向ける宮村の言葉のひとつひとつが胸にしみました。

気持ちが通じ合った夜は、
抱きしめるように、守ろうとするように、
話しかけ方も触れ方も、その全てにお互いの想いがあふれていました。

宮村が家族に、堀を「大切な人」だと紹介する場面は感動的でした。
揺るがない気持ちで堂々と紹介をする宮村と、
事前に知らされていなかった堀のパニック泣きに、
それぞれの想いの深さを感じ、涙が止まりませんでした。

宮村の家族の暖かさ(お母様がとても素敵でした!)や、デリの生徒、
元カノの気風の良さなど、脇役も個性があり、それぞれが光っていました。
特にデリの生徒は、堀がゼロから築き上げた人間関係ですから
大変立派です。彼はもっと自信を持っていいと思います。

堀の弟がゲイに理解のない人物で口も悪く、
しかも親に期待されているとか新婚だとかいいことづくめで
ラストまでに何とかぎゃふん(死語)と言わせたい!と思ったのですが、
特に何もなく、その点だけが残念かなぁ。

でも、この優しい物語にそういう展開は似合わないんですね。
大切な人が、ひとりだけ理解してくれていたらそれだけで十分。

巻末に「赤ずきんちゃんの誘惑」という木下さんの作品が収録されています。
狼役が堀で、赤ずきんちゃん役が宮村という、
逆だろう!と誰もが突っ込みたくなるキャスティングなのですが、
噴き出してしまうような可愛さがあって、とっても面白かったです。

また、表紙の紙の質感や絵の雰囲気、巻末マンガや、
コラボ先のコミックスなどにもきちんとコンセプトが感じられ、
双方の作品をキャラが行き来するのはとっても楽しかったです。
新しい試みへの冒険と、全体の雰囲気を含め神と評価します。

7

恋に落ちる、それだけなのに!

デリと料理教室を切り盛りする篤史は、度々店に来るサラリーマン・宮村にほのかな好意を抱いています。
しかし、ゲイであることに強い罪悪感を持っている篤史は、一生恋愛をしないと決めており、宮村への想いも秘めたままでいるつもりでした。
けれど、宮村が料理教室へやってくるようになり、客と店員、生徒と先生、そして友人へと関係が親しくなるにつれて、元々人付き合いが得意ではなかった篤史は、宮村との距離感が分からなくっていき・・・というストーリーです。

泣きました。
篤史の想いというかネガティブ思考に共感してしまって、もう何度も目頭が熱くなりました。
漸く読んだのですが、こういう心温まる日常系の小説と最近縁遠くなっていたせいもあってか、すごく心に響きました。
迷うことなく神評価です。

大きな事件等は起こらず、日常が丁寧に綴られている作品です。
でも、読んでいて、はっと気付きました。
人を好きになる、そしてその人と好き合う、それってすっごい大事件なんです!
恋に落ちる、ただそれだけのことが、世界を変えるほどの出来事になる奇跡!!
丁寧な描写を積み重ねたからこそ、キャラクターも魅力的だし、『恋をする』、ただそれだけのことでこんなに感動が生まれたのだと思います。
初読み作家さんだったのですが、この作品はすごく好みでした。

ゲイに対しての反応も、いろいろ両極端描かれていて、それもこの作品に深みを与えていると思います。
宮村の母が温かく受け止めてくれたことは、篤史にとって本当に救いになったと思います。
偏見を無くすことは難しいだろうし、篤史のネガティブもすぐには改善しないだろうけど、それでも宮村やその家族、伯母さんたちに受け入れられて、以前よりは少し広い世界で彼らが幸せになると疑いなく信じられます。
宮村の言った「零細工場の~」は、二つと無い特別な、唯一無二の相手ってことですよね。
惚気られてるなぁ・・・篤史よりも宮村から漂う幸せオーラが濃いのがいい!そこがまた安心できますよね!

読み終えてもずっと心が温かいです。幸せな気持ちが続いています。
すごくすごくオススメです。是非、機会があるなら読んでいただきたいです!!

7

あったかいお話

恋に臆病になっている年上受けと、イケメン年下攻めのお話でした!
表紙買いしたので受けが年上なことにびっくりしましたけど面白かったです☆
ゆっくりと進む恋がじんわりしました(´///`)
出てくるお料理もどれも美味しそうでお腹すきました~
受けの家族はひどかったけど、その分攻めの家族があったかくてよかったです
最後の方は泣きそうになっちゃいました(´;ω;`)

王子って書いてひめって読むんですねw
ここのレビュー読むまで全然知りませんでしたwww

6

優しい雰囲気

作家さんと、イラストの作家さんの作品が好きなため購入しました。

攻めはイケメンな年下会社員・宮村、受けは過去にトラウマのある年上デリのオーナーシェフ・篤史。
全体的に本当に優しい雰囲気で読んでいるとあったかい気持ちになりました。
読み始めると、一気に読んでしまいました。
ゆっくりと進んでいくストーリーで、内容もいい意味でふわっと読むことができてつい何度も読んでしまいます。

宮村の無邪気で嫌味のない感じと
篤史の不器用でトラウマがあるけれど、人をとことん愛するゆえにとってしまう行動が
とてもバランスが良くて、本当に良かったです。

イラストも、雰囲気にとてもあっていて凄くいいです。
お二人での作品が改めて好きになった一冊です。

総じてとてもよかったので、おすすめしたい作品です。

6

すごい泣いちゃった

一言でごめんなさい。
素敵な人に愛されて良かったねって、心から思えました。
家族との関係の部分で、号泣して鼻水垂れました。
辛い過去のくだりを読むと胸が締め付けられちゃうけど、未来を見て生きていこうって、思えるようになるといいなあ。
読んで良かったです。

5

すごく良かったです

リーマンxお惣菜屋さんという、キャラ設定も普通で内容も派手さはないのですが、読者のツボを押さえた細やかな心情描写にぐいぐいと引っ張られるように読み進みました。
篤史(受け)のコンプレックスや負い目などに深く共感でき、宮村(攻め)の母に紹介のシーンで泣けました。
沢山のコンプレックスを抱えた人間が突然カミングアウトの状況に立たされた時に出てくる言葉は「申し訳ありません」しかないだろうな、と思う。額を畳に擦りつけながら涙を流して繰り返す、という場面に涙が止まりませんでした。
ハッピーエンドで読後感も良く、何度も読み返したいと思える作品でした。
すごく良かったです。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ