みーこピーターさんのマイページ

レビューした作品

女性みーこピーターさん

レビュー数0

ポイント数11

今年度638位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

二人とも一途で可愛い!

電子書籍で読みました! タイトルは「ひねくれ…」となっておりますが、ひねくれというより不器用で可愛らしい感じがしました。

実は二人は子供の時に出会っていて、雪平は気がついているけど桜はその事に気がついていないんですよね。
桜は高校時代に雪平の事を見て一目惚れをして、猛勉強して同じ大学に入ることができたけれど話しかける事ができなくて…話しかけるシミュレーションをしつつ雪平の周りをうろちょろしてるんですが雪平からはバレバレだったようで…!

雪平は子供時代から桜の事が好きなのに、その桜が自分の事を好きなのがわかってなんで自分から行動しなかったのかなとちょっとだけ疑問に思いました。 自分の事で一生懸命な桜を見てたい気持ちがわからないでもないけど、桜が行動に移さなかったら、雪平から動いたのかな??

それにしても二人とも童貞のはずなのに、昼間から外の人通りのありそうな場所でエッチな事を始めたのにはビックリしました。 誰にも見られなかったのかなぁと心配になりました。

初めての二人の最後までのシーンはとても良かったてます! 慣れてそうなのに、初めてで余裕のない雪平が可愛かった! 桜に初めてだと知られたくないようですが、自分の事が好きだから彼女を作った事がないと言われたら嬉しいと思うので、言えばいいのになぁ!

書き下ろしで卒業後のラブラブな二人を見られて、大満足です!

甘々だけど切ない

無慈悲シリーズ1作目を読まずに、こちらから読みました! 思わずハマってしまい他の2作品も購入して一気に読んでしまいました。

健気な受けと独占欲が強い攻め、大好きなカップリングです。
七王は美形で魔性の男なのですが、久遠の事が大好きで一途で、なのに自分に対して自信がないんですよね。 久遠に対して後ろめたく感じている、ノンケなのに自分のせいで男と付き合っているって申し訳なく思っているんですよね。
久遠がそんな七王の気持ちを察して、直球にぶつかってくれるので、良かったです!
そうじゃなかったら、七王が遠慮してすれ違ってしまいそう。


1作目と比べて、久遠の溺愛執着ぶりが際立ち切ないながらもラブラブでとても大好きな作品です!
七王も久遠も二人とも大好きなキャラクターなので、もっと二人のお話が読みたいです!

久遠がカッコよすぎました

無慈悲なアナタを先に読んでしまい、他の2作品が気になってしまい電子書籍で一気に読みました!
もう久遠がカッコいいの一言に尽きます。 顔がカッコいいのはもちろんですが大学生とは思えない包容力にため息が出ちゃいます。

ここまで愛されて七王さんは幸せ者ですね。
途中、七王さんが酔っ払ってしまい記憶がない中で先生と関係を持ってしまったのかというシーンはとても切なかったです。
思わせぶりな事を言われて、身体を守れなかった自分を責めて久遠に別れを告げる七王さん。
どんな事があってもブレない、久遠がカッコよすぎました。

お仕置き編も、久遠の嫉妬がスゴくてよかった!
過去の修学旅行の時のエピソードを聞いた時の嫉妬爆発な久遠がカッコいい!
もう七王が不安を感じる隙がないほど、甘やかして愛しまくってほしいものです。

ぜひ、続きが見たい作品です。 ラブラブな同棲生活を覗いてみたい!

すれ違いを乗り越えて

何度も読み返している作品です。
お仕事BLとして楽しく読ませて頂きました!

同じ建設会社で働く二人は同期なのですが、周りから犬猿の仲と知られている位仲が悪いんです。

そんな中自分を落とすという賭けの話をしているのを耳にしてしまい、ショックを受けていたところ実際に告白されてきてそこまで嫌われていたのかと正巳は大変ショックだったでしょうね。

お友達から始まる二人ですが、段々とお互いの誤解が解けて二人の仲が深まっていくのが自然な感じでした。

正巳目線で考えると、友人としての好意からいつ恋愛になったのかなとも思いますがキスされた時点で受け入れてるし入社式の時から気になっていたみたいだし、無意識にお互い好きだったのかなとも思いました!

途中は正巳が「俺の事好きになった?」と成田に聞かれて賭けの言葉の催促だと思い切なくなる展開もありましたが、成田が正巳にメロメロなのは丸わかりなので安心して読めました!

絵がとても美しいので、口絵のみだったのが残念でした。 電子でイラストありで購入したため、とても楽しみにしてましたので。

何度も読み返している位好きな作品です。

男前な受け

こちらの作品をきっかけに春田さんが大好きになりました。

一冊まるまる表題作で読み応えがあります。
ギャグとラブ両方楽しめる内容でした!
攻めの野島くんは、最初何を考えてるかわからないキャラでしたが読んでいくうちに可愛いと思えるキャラでした。
対する受けの先輩は男前で可愛かったです。

しかし、きっかけとなったノーパンですがそんなに弱味になる事なのかな? 事情があったわけだし、ちゃんと説明すればみんなわかってくれるような気もします。しかし、多感な時期だし何がなんでも知られたくない気持ちもわかりますが…。

受けに聞こえないように告白するシーンが好きです。 受けはヘッドホンをしていて聞こえていないんですが今までわかりづらかった後輩が一気に可愛く見えてしまいました。

また、先輩からキスをされてビックリして顔を真っ赤にしている様子も可愛かったです。

思いが通じあってからの、二人がもっと見たかったです。
脅しも何もない初めてのエッチで動画を撮っていた野島くんには驚きました。
真っ赤になったり可愛い所もあるんですが、基本がSっ気があったり余裕たっぷりな感じです。

最後、もっと甘々な二人が見てみたかったです。

三上くんの続きが読めて嬉しい!

三上くんのおもちゃの続編がたくさん読めたので大満足です!

二人とも相変わらずで安定の可愛さでした。
元のお話を知らなくてもキャラクターの設定など入り込みやすいかと思いますが、元のお話を知っていた方がより楽しめるかと思います。

相変わらず玉緒にイジワルな三上くんですが、実は振り回されているのは三上くんっていう構図がたまらないです。 その辺を玉緒は自覚はしていないかもしれないけど、天才でT大医学部も合格できるくらいのレベルで周囲に興味がなくイケメンの三上が自分にだけ執着していて自分の一声で進路を決めてしまうなんて優越感を抱いちゃいますよね。

きっかけが白衣プレイだったのが二人の可愛いところですが、それだけであんなに嫌がっていた医学部に進路を決めちゃうなんて本当に玉緒の事が大好きなんですね。

大学生や社会人になった二人もぜひ見てみたいです。 カシオさんの作品の中で一番大好きなカップルです!

続いて表題作ですが、こちらも続きが気になる作品でした。
天才の10才の少年が主人公です。
日本が飛び級を認めているという設定で、大学生として研究をしている江崎少年。
自分の体で実験をしているのですが、ある日成功して体が大きくなり…というお話でした。

そういうシーンは体が大きくなってからしかないため、ショタが苦手な方でもそんなに気にならないかなとも思いますが中身は10才なんだと思うと少し複雑な気もします。

しかし、その後は江崎くんが大人になるまで(キスは16 エッチは18)ダメだと二郎が宣言した事により8年間おあずけをくらう二人の純愛ぶりが良かったです。
晴れてちゃんと恋人になれたと思ったのも束の間、二郎が事件に巻きこまれてしまい体が若返ってしまいます。 この辺りが流れが早く、もう少し丁寧に読んでみたかった気もします。

若返ったときは前の記憶がないそうなので、最終的にどこまで記憶があるんだろう?とちょっと考えてしまいました。
オチも気になるオチで、二人の関係をもう少し見守りたかったです。


表題作も良かったですが、やっぱり何と言っても三上くんの二人が大好きです!

高校生の恋

高校生らしい可愛いお話でした。
攻めの霖の普段のワンコの様な感じと 弓道をしている時、向井寺に対してぐいぐいせまってくる感じとのギャップが素敵でした。

王道のお話で絵も綺麗です。
年下攻めはやっぱりいいなと実感しました。
霖が部活の先輩に嫉妬をしている様子が可愛かったです
二人ともおそらくノンケの割にはあっさりとくっついた様な気もしますが、、あまり気にならない位楽しく読めました。
エッチだけではなく、ちゃんと外でデートをして関係を深めている二人が高校生らしく可愛くていいなぁと思いました。

深水が男前です!

一話だけ試し読みしてずっと気になっていた作品です。 電子書籍でキャンペーンをしていて、この機会にとやっと読めました!

受けの宮森は今まで好きな人と付き合う事を諦め、それなりに好きな人としか付き合った事がない…そのせいか誰とも続かない、ちゃんとしたお付き合いをした事がない、今の同棲相手からは暴力までふるわれているんです。 傷跡があるからわかるのですが、直接的な暴力シーンはありませんでした。

ずっと攻めに片思いをしつつ、報われるわけはないからと他の男性と付き合ってしまう。 ゲイだから自分を受け入れられるだけでもいいんだと妥協して付き合う事ばかりみたいですが、ちょっとわかる気もします。 でも今まで宮森に対して本気だった人はいないのかな?とちょっと考えてしまいました。

攻めの深水が男前で世話焼きお兄ちゃんタイプで、イケメンだし本当にイイ男です!
DV彼氏から宮森を守るシーンは特にカッコよかったです。 これはますます好きになっちゃいますよね。

友情から恋愛へと変わっていく過程がとても丁寧に描かれていました。 そのせいか最後の最後までエッチはなしでした。
しかし描き下ろしの二人がとても良かったです。
お礼を言っちゃう宮森が可哀想で可愛い!
これからもっと愛されて、幸せになってほしいものです。

ノンケとお付き合いをする事で今後ツライ事も出てくるだろうけど、二人で乗り越えていってほしいなと思いました。

黒髪美人はいいですね

「真夜中ラブアライアンス」を見てみちのくアタミさんが大好きになり、他の本を読んでいるところです。

こちらの作品も面白かった!
表題作は兄の親友恵が美人でエロくて可愛すぎます!
きっかけは当時小学生だった惣次郎から首筋にキスマークを付けられた所から始まります。
この時眠ってたはずの恵は起きていて、これをきっかけに直接触られると感じてしまう体質になります。
触られと感じてしまうというのが、惣次郎限定ではなく学校でもそうなってしまうので本当に大変そうです。
お話の終わりの方でも体質は改善していないので、そんな所ばかり気になってしまいました。

しかし小学生にして無自覚にも独占欲からキスマークをつけちゃうなんて、惣次郎もすごいですよね。
恋愛感情だと気がつくのが、とっても遅かったですがそこからが素直でワンコっぽいのもよかったです。
お付き合いするようになり、恵の体質は悪化してしまいます。 惣次郎の匂いや汗だけで身体が反応してしまい学校でも思い出してますます敏感に!
惣次郎の汗や匂いだけで反応しちゃう恵は可愛かったのですが、どうせなら惣次郎にしか反応しなくなってそれが悪化した方が良かったです。
誰にでも反応してしまうから、気持ちよければ誰でもよいわけではないのはわかるのですがやっぱり好きな相手にしか反応しない方が好みなんだなと改めて思いました。

しかし二人とも終始甘々で、とても可愛い二人でした! やっぱりみちのくアタミさんの作品は面白いですね。

続いて、表題作で惣次郎のお兄ちゃん清一郎が主役のお話。
友情から恋になるまでのお話です。
まだ友情の時点で身体を繋げちゃうわけですが、この時点ではまだ好きだと自覚していないんです。
カズの片思い状態がちょっと切ないのですが、その後カズを好きな女の子が現れた事により二人の関係は進展します。
この女の子可哀想ですが、BL漫画なので思いが実らないのは仕方ないですね。

二人が友達、恋人とくくれない程大切な存在で他の誰も入る余地がない感じが良かったです!

ビターなお話

完全に血の繋がっている二人です。
兄×弟なのですが、立野先生は兄×弟設定がお好きなようです。

最後まで読んでみた感想は、「ツライ、弟が可哀想だしお兄ちゃんが何を考えているのかよくわからないな」でした。

高級娼館が舞台で、オーナーである兄もスタッフの弟も共に客をとっています。
二人とも女性だけだと思っていたのに、兄は男性も相手にしていると知りショックを受ける湊。
そんな中でいなくなったスタッフのお詫びをするために、湊は男性客に指名をされてしまい、兄がその準備をする事になります。

うーん。兄はよほど自制がきくタイプなのだろうが、本当は愛してる弟の準備をしているのに全く身体が反応しないのが謎でした。
全く欲情しない樹に落ち込む湊が可哀想でした。
それにあっさりと、一週間後にお客に引き渡すし兄が何を考えているのかわかりませんでした。

兄の太客との3Pも、キスをしているのを目の当たりにして本当に可哀想でした。
それをきっかけに湊は家を出るのですが、湊がいなくなった途端今度は兄がおかしくなってしまう。

湊への狂っている程の執着の深さがわかり、それでもなんだか物足りないんです。
最後はもっと甘々で締めてほしかったです。
間違ってても、他の人を傷つけてもお互いだけ許し合える… 閉じた世界だけの甘さが見たかった。

お互い、きちんと兄弟である事の葛藤があったのはよかったのですが、BLなので甘さがもっとほしかったです。
こちらを読んだ後は甘い作品が読みたくなりました。