瀬戸内海さんのマイページ

レビューした作品

女性瀬戸内海さん

レビュー数0

ポイント数2

今年度2338位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

方言萌えですね!

この作品は、サイトさんで連載しているときから知っていたので、コミックスが出てるっ

名作っ!

言わずもがなの名作ですね!

水城先生の漫画は、どの作品も人の本質をつく素晴らしい作品ばかりですが
この作品もBLといいつつ、人の恋愛観までグサリと深く切り込んでいて、尚且つストーリーもとても惹かれるものがあって、どこをどう突っ込んでも素敵としか言いようがありません…

絵がエロ可愛いです

あらすじ、キャラ設定はすべて省かせていただきます。


ギャグっぽくて、とっても取っ付きやすいお話です。
絵も綺麗ですし、エロもこれでもか!!!という感じで入っていたので、BL特有の切なさは0です。
作家さんにストーリーよりも、絵の雰囲気やコマ割りなどを求めるタイプの人にはオススメです。
途中、攻めくんの家族のことなどがでてくるのですが、若干、いらなかったかな…⁇といった印象です。
無理に新しいキャラクターを増やさずに、まずてもとのカードからしっかりら固めていって欲しかったかな……。
でも、本当に絵は綺麗なので、飽きないですし
また読み直したくなる作品です

ジュ……ジュリアさん…。

あらすじなどは省かせていただきます。
支離滅裂ですので、読まれる場合は気をつけてください(;_;)

たまりませんっ

あらすじなどは省かせていただきます!
それから、既刊のものは総て読ませていただいた上での感想ですので、一巻だけでの感想ではありません…っ

Jの総て(1) 非BL コミック

中村明日美子 

素敵です!

ツボです…。

性同一性障害……と言ってよいのでしょうか…。
マリリンに憧れた少年は、心が未完成のまま世の中を旅する……

と、かっこよくまとめてみましたが…笑

今でこそ、男性が女装をしたり、女性になったり、男性がすきな男性や、女性が女性を愛したり、女性も男性も愛せる……など、性別を越えた愛の形が世の中で認められてきていますが、
この作品の世界では、まだまだそれが認められずに白い目で見られている(今の世の中でもそこまで認められているわけではありませんが…)という、厳しい世界で、その自分の性についてどう向き合っていくのか…というのをJという少年を通して考えさせる作品です。

なかなか題材は難しいですよね。
BLはファンタジーと、よく聞きますが
この作品はそのファンタジーさを抑えて、少しだけ現実を見せてくれます。
なので、他のBLを読んだときのドキドキ

素敵なお話です。

不思議な感じです。

糸井のぞ先生の世界観が好きなので、この作品も読ませていただいたのですが…

なんとも言えない世界観です。

お話全体は、なんとなく優雅な感じです。
どんなに辛いことも、優しさで暖かく包み込んでくれます。
どこまででも包み込んでくれるので、そこが魅力でもあるのですが、この作品では、巻数も一巻で終わりなので、早いっ

絵が綺麗ですっ!

ストーリーについてはもうすでに書かれている方がたくさんいるので省かせていただきます。

全体の印象として、とっても宝井先生らしい世界観でスッと世界がクリアで綺麗だなぁ〜っといった感じです。

言葉では表しにくいですが、絵の繊細さ、綺麗さがストーリーよりも先行してその物語をつくっているように感じます。

なので、同性愛として生きることについての細かな心情などよりも、恋愛……というのか、人を愛すること…のキラキラした感情が伝わってきます。
とても、女性らしい世界観で、1対1での心情を大切に見られるのでスッキリとした読みやすい作品です。

同性愛としての生きづらさや、よりリアルな世界を見たい人には物足りないものがあるかもしれません。

一番残酷で一番綺麗。

この作品は、15歳という多感な時期の少年が、父親(血は繋がっていない)からうける性的暴力によって心とカラダがバラバラになって……

というような始まりです。

薄い硝子窓の向こう側を見ているような、クリアでありながら霧の中を彷徨う世界観は、萩尾望都さんの独特なものであり、どんどんと引き込まれてしまいます。

SEXという行為は、一見愛情からくるもののように思われますが、実はその中に含まれる暴力性がどれだけのものかというのを、少年という立場を通して感じさせられます。

名作BLといえばこれ!
でも、BL好きな人万人にオススメできる作品でも無いのかな⁇と思います。

それでも、誰かに読んで欲しいと思うのは
この作品に含まれるテーマがそれだけ重くも希望を与えてくれるからだと思います。


P.S.キャラ萌えだけでも3時間は語れる作品でもあります

かわゆい!

とにかく、愛らしい