恋する暴君

koisuru boukun

恋爱暴君

恋する暴君
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神84
  • 萌×213
  • 萌28
  • 中立14
  • しゅみじゃない11

--

レビュー数
41
得点
570
評価数
150
平均
4 / 5
神率
56%
著者
高永ひなこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
シリーズ
恋する暴君
発売日
ISBN
9784877243982

あらすじ

ホモを嫌悪する先輩・巽宗一をうっかり好きになってしまった森永。ところがある日、森永に大チャンスが!?

表題作恋する暴君

森永哲博,ヘタレでワンコな後輩
巽宗一,ツンデレで凶暴な先輩

その他の収録作品

  • 愛のカタチ
  • フリートーク

レビュー投稿数41

読んでみたら、うーん

友達とアニメイトに行き新刊コーナー見てたら13巻が出てて話題になったので、読んでみました。
タイトルは知ってたけど、読んだ事なかった作品。
前情報全く無しに読み出しました。

受け攻め逆に思ってました。
あー、確かにギャーギャーうるさい方が受けで
人の良さそうな気弱そうな後輩が攻めって王道だった。

同意無しにレイプしといて、好きなんだから抱きたいと思うのはしゃーないだろ理論でキレてくるの
ウーンでした。
1巻の時点で、受けは全く絆されてもないし
しゃー無しにSEXしてる感じ。

全然感情移入できないし、
うーん?面白いかな?と思ってしまいました。

0

高永ひなこ先生代表作

もはや説明不要と言ってもいい、大河作品。まだまだ連載続いてますからね!スピンオフですが、この作品だけで十分楽しめます。「暴君シリーズ」しか読んだことないという方も多そう。連載開始から絵もキラキラしててとっても綺麗です。

巽(受け 先輩 長髪)のホモフォビアっぷりに、現在はもう1巻からの出版は無理なのではないかと思いました。10年ひと昔、時代は変わっている。BL初心者だった当時はあまり気になりませんでしたが、今は少しもやっとしてしまう。

森永(攻め 後輩)も巽もあまりにも漫画的な行動をするのですが、それを差し置いても巽のツンデレのデレがきたときの萌が凄まじくて、前半のもやっとが吹き飛びました。先輩かわいい…!でも先輩が好きな森永の気持ちはさっぱり理解出来ない笑

0

大好きな作品

ヘタレ年下攻め×強気年上受けの王道BLです。
この作品でBLにどっぷり浸かりました。

大体のあらすじ:
原作同様、ヘタレ大学院生の森永哲博が5年間の片思いをこじらせて、片思いの相手で同じ研究室の暴君な先輩・巽宗一を襲ってしまい、二人の間の信頼関係に亀裂が生じるところからはじまります。森永は事後、先輩に「傷つけるつもりはなかった、それだけは分かって欲しい」と弁解をしますが、先輩は森永を拒絶してしまい、森永は堪えられず学校をやめようとし、先輩の前から姿を消します。森永が研究室に何日経ってもなかなか姿を見せない事に不安になった先輩は森永の下宿先を訪ねますが、郵便箱にたまった郵便物を見て、森永がしばらく帰っていないことに気が付きます。森永の実家にも電話しますが、実家も知らぬ存ぜぬ。毎日のように森永の下宿先に通いますが、一向に彼は帰ってきません。余計不安になった先輩は最悪の場合を想像し警察に連絡したほうがいいのかと思い詰めます。森永がいない事に喪失感を感じ心がかき乱されている事実に困惑しながらも、ある晩いつものように下宿先に行くと、森永の部屋から電気の光が漏れている事に気づき部屋で森永と再開。口論の末、なぜ黙って消えるのか、自分が何とも思わないと思ったのかと涙を流しながら訴える先輩。先輩の涙を見て、先輩をこんなに不安な気持ちにさせていたことに罪悪感を感じた森永は先輩を抱きしめてもうこんな思いはさせないと伝えます。先輩も森永を軽く抱きしめ返し、「もう黙っていなくなるのはナシだ」と素直に伝えます。

という感じです。
見る人によっては森永にイライラするかも。私的には、顔も受けっぽければ性格も女々しい攻めが、お前攻めだろって思うような顔立ちでなお男らしく強気な攻め、という第一印象から180度違うキャラ設定にハマりました。ギャップ萌えが好きな人にはおすすめです。

2

この頃からくらべたら・・・

先輩の理不尽さと森永の健気さがこの作品の好きなところですが、最初は森永が結構無茶してますね・・・よく先輩心開きましたね!この頃は絶対上手くいくわけないと思っていましたが、現在のラブラブ度?をみていると森永おめでとう!!って思ってしまいます。先輩はあんまり恋愛体質ではないので、森永のことを理解できなくて苦しんでいるようでした。そんな葛藤も描かれていて本当にいい作品だと思います。ときどき見返したくなるので電子書籍で買い直そうか検討中です。

1

エンゼル君

エンゼル君の由来はどこからきてエンゼル君と呼ばれてるのだろう。
そこが気になる。
(コメント貰っての追記 本を完全に見開いて読むことがないから…こんなにところに由来が書いてあるとは気付かず…。しかも、私の嫌いなマシュマロ入りのパイだったとは…森永を好きになる様相がますます無くなってきたぞと)

恋する暴君はアニメで知りました。
アニメで続きが気になったので原作に手を伸ばしてみました。

野獣化した森永がちょっと怖かったけど。
媚薬飲んであんな姿見せられたら我慢できないかーと思うけど、半分はレイプだよなと…。
信用してたって怒る先輩と一方的に俺が悪いのか見くびっていただけだと怒る森永。

先輩が怒るのはごもっともだけど、森永のは逆ギレな感じが…、怒らずにもっと優しくしてあげて欲しかったような。

こんなに大人げない人物だとは思ってなかったな。

まあ、こういう作品には勢いが大切か。

前後がある分、アニメとはまた違った印象になった。
森永のイメージが違いすぎました。

1

宮原きの子

こぐーまんさま、はじめまして。
コメントありがとうございます。

エンゼル君の由来に納得致しました。

そうですよね…。この二人はこの先、大丈夫なんだろうかと思ってしまいます…。

宮原きの子

yukiさま、はじめまして。

コメントありがとうございます。
1巻確認してみました。
こんなところに……まったく気付きませんでした…。
教えていただきありがとうございます。

確かに森永ですね。

こぐーまん

すみません、先に答えてくださった方がいらしたのに気付かず!
失礼しました(*_*)

こぐーまん

きの子さん、はじめまして。
いつもレビューお世話になっております。
攻めと同名の某菓子メーカーのロゴマークと、看板商品のエン○ルパイから来ていると思われます^ ^

しかし、本当に森永も先輩も大概ですよね。
私は4巻まで読んでまだキャラに肩入れできておりません汗

yuki

こんにちは。初めまして。
エンゼル君の由来ですが、某菓子メーカー=エンゼルマークから来てます。

冒頭でエンゼル君→森永だから
と書いてあった気がします。参考までに。

素直でない兄の心を読み取ろう(笑)

1巻を読んで「へぇ〜」ってなくらい興味が薄かったです。
2巻読んで「ほぉ〜」っと、少し関心度が上がり
3巻読んで「・・・ッグハ」っと何か突き刺さるように興味を持って
元漫画のチャレンジャーズを買い読み、兄が何故にこんなにもホモ嫌いかを知り
森永くんと兄の始まりを読み、健気な森永くんとそんなにもホモが嫌いなのに森永くんを手放せない兄にグラっと来てからの
4巻読んで関係が深まっていった感じが出ていて、兄の感情がここまで文字で表さずに感じとらせるように描いてらっしゃるのにも萌え。
それからはどハマりで、脇を固める妹のかなちゃんに良いスパイスな磯貝さんなどなど
これは1巻だけ読んでポイっとしないで頂きたい作品であります。
現在9巻まであり、雑誌でも連載中ですが、ホモとして哀しい過去のメンタル弱い攻めが、ホモ嫌いの兄(暴力的だがそれは母親がいず、父親が不在で弟と妹を守るために強くあろうとした結果と私は思う)に惹かれながら心の弱さと闘う話、、、だと、私は思います。
エロっちぃシーンは話が進むにつれ萌え度がかなり上がります(←ここも大事 笑)

1

だいぶ前に読んだのですが

こちらはワンコ攻めとツンデレ受けの王道ですね
ワンコ受け実は私はそんなに好きじゃないのです
ですが兄さん(受け)のカッコよさでカバー♪
エロかっこいい受け大好きです

8巻までの総評となりますが、ホモの世界を否定しつつ森永を失いたくない為に森永を受け入れる兄さん
魅せ所はホモ嫌い兄さんが森永を恋人と受け入れるまでの葛藤ですかね
絵もきれいで安定していて大満足です。
エチシーンになると2人の立場が逆転するの見物かも♪
自分は初読みで1巻と2巻の2冊手元にあったのですが1巻は自分の苦手な薬物エロ・・・1巻しかもっていなかったら続巻は読まなかったかもしれません。こうしたエロが苦手な方でも2巻まで読んでみることをお勧めします。
王道物が好きな方はぜひお試しください♪

1

偉大なるマンネリズム

ひと段落した暴君シリーズの9巻を最近ようやく読み終えて思うこと。

私がツンデレに目覚めたきっかけは巽先輩でした。
予感はあったけれどはっきりと自覚したのは彼が最初。
昔、初めてこの作品を手にしたとき、私は半信半疑でした。
だってすごい暴力的な受だっていうから。
口は悪いし乱暴だし、攻の森永くんが報われなくて哀れな気持ちになる(笑)って。
けれどそんな風に言われれば言われるほどこわいもの見たさに拍車がかかって手にした1巻…。

そりゃあもうツンツンツンの9割ツン!
ふたりのからだの関係も合意のうえではなく、ハプニングによる森永くんの寄り切り。
それなのにまぁ不可抗力で乱れる巽先輩のエロいことエロいこと!!
このときはっきりと私の中の何かが目覚めてしまいましたよ!!!
しかも高永先生はHシーンでブツを絶対に描かないんです。そう決めていらっしゃるようで、シリーズ通して描かれていません。
なのにそのエロさときたらもう神懸かっているんです!!!

それには森永くんの言葉責めとか、年下なのに時折出る巽先輩へのタメ口「あんた」呼びなどがスパイスとして一役買っているのは間違いなく。
この森永くんの年下攻っぷりも、今後の私のBL読書傾向に大いなる影響を与えていたのだな…と今になって思うと感慨深いです。

暴君は巽先輩がその無自覚のデレを1割から1.5、1.8…とじわじわと自覚していくのを楽しむシリーズだと個人的には思っています。
喧嘩して離れて大切さに気がついてを繰り返しながら深まる絆をマンネリで済ますにはもったいない。
1巻を楽しめたという方は読み続けて損はない良作です。

5

続きに期待

有名人気シリーズということで、とっても気になっていた作品。
現代モノで男性の長髪というのが苦手なので…ちょっと二の足踏んでました←

…想像以上にバイオレンスな受け様で吃驚しましたよ|壁|lll´Д`)))ブルブルブル
ってかこれスピンオフだったのか!
森永の片想い~カミングアウト話は前作の『チャレンジャーズ2・3』に載っているらしいですね。
でもまー前作未読でも大丈夫ではありました。

一番最初の無理矢理は…ちょっと森永暴走しすぎだろと。
アレは先輩怒っても仕方ないと思うのです。
翌日の対応があんなノリで良かったと思うべき。
下手したらトラウマになってしまうよ。
会話してくれただけマシだよ。
でも先輩も油断しすぎ~ヽ(@`⌒´)ノ

個人的に、森永が電話で「傷つけるつもりはなかった…」って謝罪するシーンが好きでした(´・ω・`)

ただ私基本的に暴力的なキャラって好きじゃないのです。
攻めが受けに対して無闇に暴力をふるうのは以ての外。
今回は受けから攻めに…でしたが、やっぱりその辺りが少し抵抗がありまして余り好きじゃないなーと感じてしまいました。
巻数重ねる内に「先輩のツンデレぶりが可愛いー(*´Д`*)」と思えるようになるのかしら?

続きはとても気になるのです。
先輩のデレが見たい。
どんな風に気持ちを自覚していくのか見届けたいのです。

2

良さがサッパリ…

宗一(受)が好きか嫌いかで評価が分かれる、と書いてらっしゃるレビュアーさんがいらっしゃいましたが、きっとそういうことなんだと思います…

宗一のキャラが全くもって駄目でした。。。
身勝手でなんでもかんでも人のせいにして怒鳴ってばっかりで、最初から最後までとにかくギャースカうるさいので読んだ後ドッと疲れてしまいました。
これは「暴君」というより単なる「傍若無人」では?

一応2回読んでみたのですが、印象は変わらず。。
うーん、森永は宗一のいったいどういうところが好きなんだろう?
それが分かれば森永の目線でちょっとは宗一の良さを解れたのかもしれませんが、1巻を読んだ限りではサッパリでした。
続巻もちゃんと読めば解っていくのかもしれませんが、この内容で2巻以降を買う気にはなれなかったので謎です。

評価良いようですが、良さを解かれなくてザンネン。。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う