テンカウント(2)

ten count

10 count 2

テンカウント(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神473
  • 萌×2122
  • 萌44
  • 中立19
  • しゅみじゃない49

116

レビュー数
65
得点
3004
評価数
707
平均
4.3 / 5
神率
66.9%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
テンカウント
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784403664403

あらすじ

「今日ずっと、黒瀬くんに
触られることばっかり想像してました」

心を預けはじめていた黒瀬から、
突然カウンセリングの終了を告げられた城谷。
ショックで引き籠もる彼のもとに、
再び黒瀬から呼び出しのメールが届く――。

黒瀬の隠された胸の裡を知り、城谷は……?

無愛想なカウンセラーと潔癖症の社長秘書、
二人の関係が加速する、急展開の第2巻!!

表題作テンカウント(2)

黒瀬陸,無愛想なカウンセラー
城谷忠臣,潔癖症の社長秘書

その他の収録作品

  • 黒瀬くんと城谷さんと洋服(描き下ろし)
  • 黒瀬くんと城谷さんと敬称(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数65

ダメでした。。。

大人にはキツイ。
評価につられて2巻まで買って読んだけど、主人公2人とも、とても大人には見えない。絵柄も中身も。似た設定で学生とか未成年ならギリ許せるけどなあ。
社長秘書と心療内科の先生があんなに幼い訳がない。潔癖になった理由もなんとなく想像つくしなあ。
薄っぺらというか。。
10代、20代前半の女子には受けるのかなー。
この作品を大好きな人たちごめん。
でも、期待して読んだから残念感ハンパないー。

6

啼かぬなら、泣かせてみよう城谷さん…とはよく言ったもので。

2015年の「ちるちるアワード」で、「啼かぬなら、泣かせてみよう城谷さん」とキャッチ付けられてただけに、城谷さんはグズグズに泣かされてしまいます。
1巻では、黒瀬くんの態度は曖昧にも見えて、城谷さんを揺さぶったのですが、この巻ではハッキリ好きだと言うし、泣かすし、触りまくるし、
城谷さんは気持ち悪いやら、いいやらで、大変な事になってしまいます‼︎
個人的には、パニックになって、真っ赤になってコクコクコクと頷く城谷さんに激萌えです♡
クールを装って、ドS攻めの黒瀬くんもこの時ばかりは余裕の無いところが見えますし。やはり一番官能的なのは、この2巻だと思います♡

2

このために1巻の焦らしがあったのかと納得

5巻まで読んでいる者です。
テンカウントで一番展開が面白いのは、やはり2巻かなと思います。
1巻で完成したキャラの核が大いに生かされています。
個人的な解釈としては、黒瀬くんはロールキャベツ男子のそれなので、
城谷さんが雨の中で思わせぶりな発言をしてからの黒瀬くんは、
好きな子に積極的にボディタッチをするSに変化したと思われます。
宝井理人さんのいままでの作品とは一味違ったものなので、
エロに耐性がない方は気を付けてください。

2

無自覚城谷さんに苦労する黒瀬くんが見てみたい!

まだまだかわいい感じの萌えですが、一気に距離が近くなってそれで終わり、なんじゃなくて
徐々にいろんな気持ちが増えていくようなところが好きです。


黒瀬くんのちょっと大きいシャツを着てるから、見えてしまうシーンは印象的でした。
その後のお姫様抱っこ、めちゃくちゃ萌えました。城谷さんめっちゃかわいい!!
あ、黒瀬くんもかっこよかったです。さっとお姫様抱っこできる人って、かっこいいですよね。
すごくあこがれます。一度してみたいなぁ。


黒瀬君、思いのほかムッツリなんでしょうか。なんとなくそんな感じがしました。
ムッツリは好きでいいんだけど、黒瀬くんSですよね。Sよりヘタレのほうが好きなんですよね。残念。

城谷さんは、きっと無自覚で鈍感なんでしょうね。恋愛において。
私の勝手な想像では人の好意に鈍い人だと思います。でもかかわりにくい人だから人が集まらないのかなぁと。


これからは無自覚城谷さんに、Sっ気あふれる(私にはそう見えます。)黒瀬くんが苦労する見てみたいです。
たぶん苦労してるんだろうと思いますけど、なんかそれがあんまり伝わってない感じがするんですよね。

0

急展開?

まず表紙でやられましたw黒瀬くんの腹筋wwなぜか色っぽく感じました。本屋さんで買うのが恥ずかしかったです(いつもはもっと肌色多めの表紙のBL漫画を買っているはずなのに・・)
内容に1巻と比べて急にスピードアップしましたね。ずっと1巻のペースのままだと思っていたので驚きました。でも満足です。黒瀬もっとヤレ!!というかんじですね。本当に城谷さんかわいいです。
あと、描き下ろしが本当に最高です!普段はクールなイメージの黒瀬くんが意外とかわいく見えました。

0

攻めに関して、色々引っかかる

友人に勧められて1・2巻と読みましたが、結論から言うと、
攻めがカウンセラーである必要はなかった(事故をきっかけとして出会った一般人の方がよかった)のでは、と思いました。

普通の青年が事故をきっかけに潔癖症の人と出会い、苦しむ姿に同情して潔癖症を治すのを手伝う(専門書を読むなどの努力をして)……という展開でも十分に成り立つお話で、そしてその方が、カウンセラーなのにとか、リアリティがないとか言われる要因をなくせたのかな、と。
そしてその方が、攻めが受けに傾ける感情ももう少し明快になったのではないかと思いました。

また、受けに対する攻めの心情として、
・潔癖症で苦しむ受け→S心が刺激される
・潔癖症なので触れない→触りたい
の2点が挙げられていますが、これもどちらかにした方がよかったのはないかと。または、同時進行を避けるか。
大事にしたいのかしたくないのか、助けたいのかそうでないのかが曖昧になってしまっているように思えました。

基本的に私は、医者と患者の禁断の関係好きだし、ドSはもっと好き、そして触りたいのに触れないという切なさは大好物……のはずなのですが。
萌え要素は全部入っているのに、なんだか萌えが突き刺さってくれませんでした。

6

恐るべし、カウンセラー黒瀬

 1巻で黒瀬がとっても意地悪だったので、2巻の出だしにはざまあみろーって思っちゃいました( ´艸`)クフ 城谷ったら三上と8番(飲み物の回し飲み)をクリアしたって嘘じゃないですかー!!黒瀬はまんまと真に受けていたのですね。
 城谷は融通の利かない真面目ちゃんだと思っていたけれど、そうでもないような気がしてきました。中々の小悪魔かと…。
 黒瀬の方のこの打って変わったような態度はどういうことなの?「好き」とか「嫉妬」とかなぜに急に素直に!?これがカウンセラーの手口なのでしょうか!?1巻の意地悪な黒瀬を見ているだけに私には素直な黒瀬がにわかには信用できない。城谷は気持ちが顔に出やすいから、黒瀬の手腕にかかってはイチコロなのではないの?と心配していたら…。
 乳首を舐めてあんなことまでーΣ(゚д゚;)。黒瀬の手にかかると重度の潔癖症も性欲には負けるのか。性欲は三大欲求のうちの一つだから仕方がないのかな。
 城谷が黒瀬のスイッチを押しまくりなのは確かだけど、黒瀬はさすがカウンセラー、上手いこと乗っかっちゃってるなぁと思いました。城谷を手に入れるのが目的で、すでに潔癖症を治す気なんてないように思います。潔癖症が治った頃には黒瀬依存症という別の病を患ってしまうのではないでしょうか。
 エロがとってもエロエロしいのがすごかった。これは人気出るよねって思いました。城谷の「ここ」「ここ、痛いっ」に萌えまくりです (*´д`*)ハァハァ。ここってもちろん男の子の大事なところですよ!こんなことまで言わせるなんて、恐るべし、闇(病み)カウンセラー黒瀬。
 1巻で幼稚園ぐらいの可愛い城谷が数コマ描かれていて、2巻ではもう少し大きくなった姿を見せます。その間に潔癖症になった原因がありそうな伏線になっています。小さな城谷がとても可愛いから、あんまりひどいことじゃないといいけど、ちょっとやそっとじゃこんな重度の潔癖症にはならないですよね。楽しみだけど続きを読むのが怖いです。

2

ある意味理に叶ってる展開

1、2巻続けて読んでみて2巻の加速度にびっくりしました。
以前から宝井先生の作品の優しくて繊細な雰囲気を知っていたので、1巻を読んだ後「この調子でゆっくり治療しながら進むんだろうな~」と思っていたので尚更です。
2巻を読み終わり、「宝井先生……とても挑戦なさっている……」と思いました。
個人的には既刊にもあるような繊細で切なくてゆっくり進む、ほんわか~な作品のほうが好みなので最初は う~ん……と思っていたのですが、何度か読み返していくうちに「これも悪くない!!」と思うようになっていました(笑) なんだかんだ受けの子の繊細さ、息をするような描写などに引き込まれているので、この続きも買って読んでみようと思います。


城谷さんの潔癖症は……?というのをよく見ますが、実際潔癖症(強迫性障害)の患者さんの前に、黒瀬くんのように“自分だけを見てくれている人”、“理解して優しく接してくれている人”が現れたら“依存”してしまうのは理に叶っているのではないかな、とわたしは思いました。強迫行為もある意味依存と似ているので、そんな心理状態のときに安心できる人ができて迫られたら、特に城谷さんのようにあまり他人と接点を持たずな方は……なんて深くまで考えてみたり。。
黒瀬くんもカウンセラーだから最初からそれをわかっていて、気づいたからこその医療じゃなくて“友達としての助言”だったのかな?そして「依存してくれてますか?」……ずるい、ずるいよ黒瀬くん……(笑)
でも城谷さんの放つオーラ?繊細さ?はSが働くのはわからなくもない ですね……

この先も加速するのか立ち止まるのか……城谷さんの病気の経過や過去、あまり描かれていない黒瀬くんサイドも気になるので3巻買ってきます。

2

急展開で評価が割れる2巻

黒瀬は城谷を好きになっていると気づき、
距離を置きますがあれやこれやで急展開な2巻です。

2巻はエロシーンがありますが1巻でエロが一切無く
ピュアな感じが強かっただけにその差に少し驚きました。
既刊4巻を全体的に見ればエロシーンはやや少なめですが
急に加速するので、ゆっくり段階を踏んで・・・といった
純愛系が好きな方は苦手だと感じるかもしれません。

もう少し展開早くても良いと思っていたので嬉しい反面、
城谷さんの「潔癖症」という設定があるので
どうしても急すぎる感は否定出来ません。
BLで潔癖症という題材は非常に難しいと思いますが
その辺りは今後に大きく期待。


テンカウントは緩急があり
「え、急にこんな展開!?」となる所もあれば
もどかしいと感じる所もあり、
宝井先生上手いな~と思います。
作者が作中でのずるい城谷さん、読者がお預けくらっている
黒瀬くんの様です。いや~宝井先生本当に凄い。

1

sukiheres

WOW~~this book cover is 黑濑,so handsome(smile~)
I have this one in my room,prprprpr~~
Usually I won't have any like or dislike for seme,but kirose is too hot and his words always makes me moved and shocked:how can he say such amazing words without any expression on his face???!!!

0

もう大好きです

友達に勧められて読んだのですが、最初見たときとても絵が綺麗でビックリしました。表紙の色遣いやトーンなど、すごくマッチしていていいなと思いました。
また、黒瀬くんのさりげないドSさがとても好きです。心にグリッときました。1巻ではあまり展開が変わらなかったのですが、2巻に入って急に内容がグレードアップしたところがこの作品の一つの魅力ですよね…。次が楽しみすぎます。

自分が思うに、やはり受けが潔癖症なところもあってやりすぎないエロさがなくていいなと思いました。言葉攻め、いいですね。もう大好き
です。( *´艸`)

0

まるで別作品

1巻とつづけて読んだのですが
温度差がすごかったです!まるで別作品みたいでした。

黒瀬(攻)のキャラのかわりようがすごく、少し
「 えっ(´・ω・`;)」と思ったんですが萌えました(^q^)
1巻がキスもしてなかったので、まてをされた犬のよう、そのぶんおいしかったですw

でも城谷(受)の潔癖症という設定があまり生かされてないような、1巻ではあんなにひどかったのにすごいマイルドになってたので少し違和感を感じました。
でも、
この温度差がたまんないです!(*゚∀゚*)

2

1巻までは好きだったお話。

この作者さんの漫画はどのお話も好きで、本もすべて持っています。
描かれる画も綺麗で、ファンのかたもとっても多いですよね。それに画だけじゃなく描かれるお話も丁寧でキャラクターも雰囲気もとても魅力があります。
このテンカウントも、斬新なキャラクター設定に1巻はとてもドキドキワクワクしながら読みました。2巻もとても楽しみでした。

2巻購入後レビューをどうするか迷い、あまりの高評価の多さに気後れしていました。が、読んでからかなり時間が経っていますのでそろそろいいかと思い感想を書きます。

好きなかたには本当に申し訳ないのですが、
1巻とは違って2巻は「早く続きが読みたい」とか「この先どうなるんだろう~!」な思いは感じられませんでした。

というのも作者さんの描かれる繊細で綺麗な画や丁寧な描写が、2巻ではあっとゆーまに沸点に来てしまった感があって「え?!ええ??」と思ってしまいました。

別に作者さんの描かれる綺麗な画やプラトニックだけを求めているのではなく、綺麗な画を描かれるからこそエロも際立つし、とても魅力的だと思っています。それは今までの作品もそうでした。

でもこの潔癖がテーマな作品の中で、2巻は急展開感が拭えず、エロス描写が私の中で着火不良で終わってしまった感があります。

もちろんまだお話は途中段階ですし(3巻はまだ購入していませんが)、作者さんの作品は好きなので今後に期待して読んでいきたいなと思います。

12

魚の小骨のように

この作品をお好きな方、ごめんなさい。低評価レビューです。

1・2巻を続けて読んでの感想になります。

すごくすごく高評価な作品「テンカウント」
私は萌えられませんでした。
読んだのは結構前なのです。しかし、あまりにも世間の評価と、自分の評価に乖離がありすぎるのが非常に不思議でした。そして、「私の感覚っておかしいのかしら?」と自分に罪悪感を抱きました。
そこで、「何故、私は『テンカウント』に萌えられないのか?」を考察してみました。すごく時間がかかりました。

表紙と装丁は実に素晴らしいです。
特に、イラストと、タイトルのフォントの配置の見事さ。そして、特色インクで印刷された巻数と液体の飛沫。
目を奪われます。特筆すべき装丁だと思います。
そして、1話目の見開きの表紙のデザインも、「1~10」の数字を意味深に配置し、色彩を抑えたカラーで、実に素敵です。

で、表紙買いと、世間の評価で期待して、1・2巻まとめて買っちゃいました。
1巻を読みまして、まず、
「ええっ? これ医療行為だよね? 医療行為をこんな個人情報がダダ漏れのカフェのど真ん中で? あり得ないだろう!!」
との思いが、魚の小骨のように引っかかって、気になって仕方がありません。
1巻を読んだ終えたところで、頭の中は「? ? ? いや特に萌えないけど…?」
さて2巻を読み進み、最後の作者さんのあとがきを読んで、疑問が氷解。
そうだったのか! 
黒瀬はS。
医療行為のカウンセリングのように見えるけど、実はこれは巧みな調教。
城谷は無自覚のMで、徐々に黒瀬に被虐の味を覚えさせられて…。
2巻の後半から自覚的に黒瀬が一気に加速。
――――「俺に依存してくれてますか?」

…………。
いや! いけないだろう!!
どうしても「こんなカウンセラーさんがいたら、すごく困る」との思いがぬぐえません。
すみません、私には「職業倫理としていかんだろう!」という拒絶感が先に来ちゃって……
私は、ふだん「BLはファンタジー」と思っているのですが、ファンタジーとは思えないストッパーがかかってしまうのですわ。
カウンセラーさんが、SM・調教の趣味を持ってはいけないとは、私は思いません。
黒瀬も最初から「友達として」と言っているので、暗に「これは医療としてのカウンセリングではありませんよ」との意味だったのかもしれません。
しかし、城谷はやっぱり「医療としてのカウンセリング」を受けていると誤解しているんじゃないでしょうかねえ。
黒瀬がカウンセラーではなかったらよかったのか? いやいや、そうしたら物語世界が崩壊してしまいます。

結論:私には、「『テンカウント』は相性が悪かった」というところで締めたいと思います。

27

ピピン

Trinnさま コメントをありがとうございました。とても嬉しいです。

Trinn

身近に心理職の方と日々接触しているので、私も医療行為としてのカウンセリングで考えたら、気分が悪くなるくらい拒絶感がありました。ピピン様のレビューにすごく共感しました。

買ってよかった!!

1巻で「(´・-・`)」てなった私ですが、
皆様のレビューに押され、今日2,3巻を購入。
んもぉね、きゅんっきゅん。でした//
やべぇぞ城谷。いけめん黒瀬。
興奮しちゃいましたよ私は(笑)それっくらい今回の2巻は、
私に衝撃を与えてくれました。
1巻ではほぼ進展らしき進展、交流らしき交流(?)はなかった
お2人ですが、この2巻では2人の関係はぎゅっとぐっと縮まります。
買ってよかった。ありがとう、ちるちる。そして、
1巻のレビューをされた皆様。
宝井先生、大好きです。可愛い城谷をどうもありがとうございます。
この作品、まさに神です。神以外の何物でもない!!
購入を迷われている方もしいらっしゃいましたら、
今すぐ書店へ行ってレジへ持って行ってくださいね(笑)

5

黒瀬くん、素敵です。

まもなく3巻発売!ということで再読。

1巻で物足りなく感じた隙間を埋めるどころか溢れさせてしまったこの巻。

ストイックかと思いきやガツガツ行く黒瀬くんがたまらん(*´▽`*)
重度の潔癖症である城谷。
『触れる・触れられる』ことはタブー。
だからこそ、衣服の上から、が。指ペロペロ、が。
………エロいーーー!

気持ち悪い。でも、黒瀬になら汚されてもいい。
そんな葛藤を感じた気がして萌え萌え。

まだ謎は散らばっていてそれも気になりますが、二人の展開も気になる。

1巻もだけど、書き下ろしの黒瀬くん、なかなかの変態(変人?)だよね!
玄関での城谷の身体想像したり(顔に出てないけど)
城谷からの呼び名に萌えたり(顔に出てないけど。しかも具体的w)
かなり笑わせてもらいました。


4

綺麗

確かにほかの方が言っているように強引さがすごく増したかな、、?と思いました。
ですが、その強引さが今回の鍵かな?と思います
この二巻で一気に進むストーリーですが一巻になかったエロさがやっと入ってきたな、、という感じです。
手を舐めるところは少し萌えましたね(笑)
これから二人がどうなっていくのかすごく楽しみです。

今回も宝井先生ワールドに引き込まれました。
1巻、2巻ぜひ読んでいただきたいとてもおすすめの作品です。

5

加速が素晴らしい

これはなんとも時間の掛かりそうな二人だよねえと思ってた1巻から、なんだこの急速な進み方!ものすごく強引でドキドキしました。「気持ち悪かったですか?」いやーこれは治療する側としてはいかんでしょという思いは、ミジンコみたいになってしまった。立派なSMですね。だいぶ自分に懐いたと思って、つい頭なでたらシャーッと威嚇されるのは私もなんっども経験ありますとも猫で。それがまた喜び・・・。そうか私もSなんだな。

2

あれってこんなにエロいことだったのですね!

あれってこんなにエロいことだったのですね!!!
という感想が読後いちばんにきました。

キスもない。触れあうことも極端に少ない。
これからどうなるのか本当に気になる作品です。

タイトルにも書いた『あれ』は手ベロりです笑
ただ手を舐めただけなのに あんなにぞわぞわと興奮を誘うなんて思ってもいませんでした!
重度の潔癖のヒトにこんなことして大丈夫なのかなぁ?と思ってしまいましたが、カウンセラーさんだから これは大丈夫。ここからはアウト。みたいのがわかるのでしょうか??
一か八かだったらかなり大胆で無鉄砲ですね( ^ ^;)
嫌われてしまうかもなのに・・・

早くつづきが読みたい作品ナンバーワンです!!

5

黒瀬くん

1巻で何となく感じていた城谷さんの自己肯定感の著しい低さが2巻で顕著に出てきました。
改めて読み返すと、黒瀬くんは最初から感づいていたんだなぁという会話の仕方を常にしていますね。
二人の会話の流れに違和感を感じることが多かったわけもこれでやっとすっきりしました。
原因はまちがいなく幼少期のお父さんとの何かでしょうが、まだここは2巻でも分からないままです。

それはさておき、
自分のスタンスをハッキリさせた黒瀬くんの攻めっぷりがとにかくすごいです!!
一歩間違えると大変なことになりそうで、もうハラハラしっぱなしでした。
カウンセラーだからここまでは大丈夫だというラインが判るんだろうか?それとも一か八かなんだろうか?
とりあえず今のところは大丈夫そうですが…
あと、何かをしたあとに必ず黒瀬くんが「今のは気持ち悪かったか?」という聞き方をすることについての意味も、まだ私はしっかり掴めていなくて気になっています。

城谷さんが素手で触れるようになったのは黒瀬くんだけですし、潔癖症の症状自体はあまり改善してそうには思えないので、黒瀬くんがこの先どうしていこうと考えているのか非常に気になるところです。
“自分の好きな人が素手で触れるのは自分だけ”という今の状況は黒瀬くんからしたら堪らないものがありそうですけどね。

それにしても、手舐めのシーンは想像以上にエロかった…………!

4

何回でも読み返したい隅々まで萌える

テンカウントが気になってDear+を買っているのですがコミックスになって一気に読むとまた違いますね。
表紙の黒瀬くんの筋肉が美しく早く本編でも見てみたいっ!
宝井先生の作品はどのコマも美しく何度読んでもドキドキして飽きないです。城谷さんと黒瀬くんはまだキスもしてないのに2巻になると急に黒瀬くんがグイグイ(笑)きて。3巻ではもっともっとやって欲しいとワクワクしています。
書き下ろしの黒瀬っちに萌えました(笑)

4

えらい急展開!?

カウンセラー:黒瀬陸×社長秘書で重度の潔癖症:城谷忠臣です。

前回では、黒瀬と城谷が最後の握手をして城谷が泣いて終わったのですが・・・
城谷が無断欠勤しました・・・。
ていうか、社長秘書が無断欠勤とかまずクビだと思うのですが・・・。
本当に寛大な社長でよかったですよね。潔癖症だということも知っていて秘書として雇っているし・・・。

あと、三上も良い人ですよね!あれだけ周りに恵まれているんだから、
早く潔癖症が治ればいいなと思いました。
でもカウンセラーである黒瀬があんなことしてるとか!!
潔癖症の人間にあんなことしたらマジで壊れてもおかしくないと思うのですが。。。最悪、人間不信にも陥るんじゃないの?って思いましたね。

まぁ、ぶっちゃけ今回もエロいのはないかなぁ~と思っていたのでちょっと展開早くね?とは思いましたね。

とりあえず、今回も続きが気になる感じでしたので早く読みたいですね!
あと、ドラマCDにもなっているみたいなので是非とも聴いてみたいですね!

8

エロw

城谷のイキ顔がたまらなくてそこのシーンだけ無駄にリピート
年明け前からイヤホー(*´∀`*)ノ。+゚ *。
もこデス。
涙から引き続きの第二巻。
巻き返し展開がすごくおいしい1冊になりましたね。
嫌でたまらないはずなのに
精神的には嫌で嫌で脳みそ打ち震えているのに。
黒瀬にふれられて気持ちがホッコリして、嬉しくなって。暖かくなって。そしてドキドキが止まらなくなって。
めまぐるしく変化する様子がすごくカワイイのです。
潔癖故になネタが多く、エッチなネタももう少し先なのかな。
するとしても有る意味強姦的に?なんて思っていたんですが
うまい具合にぬるっときましたねww
アカギレで痛そうな手のひらを舐るように舐めたり
ちょっと強引にベッドに引きずりこんで
嫌だいやだといいながら、興奮の象徴は~な城谷も可愛くて
再読の現在も思わずホッコリしてしまいました。

城谷の周囲もまたあったかくていいよね。
何気に三上くんが好きですw
完全克服はもう少し先になりそうですが
今後がまた楽しみになりましたね。
黒瀬くんには、継続してがんばっていただきたいものです。

1

潔癖性は、、、?

いや〜!一巻の終わりの気になりようが半端なくて、すぐ二巻を読みました!!

正直、一巻のスピード展開だと、二巻もエロはないよなぁ〜
と思っていましたが、ありましたね〜
がっつり!笑
きれーな、絵柄なので素晴らしかったです!!

二巻はだいぶスピードアップしたような気がします。
城谷さんは潔癖性はどうした?!
とつっこみそうになるくらいベタベタしてます笑
彼は潔癖性はだいぶ良くなったのかな?
続きが楽しみです。

3

城谷包囲網は完成した、…のか?

印象としては『黒瀬くんの張った罠にじわじわと城谷さんが絡め捕られていく…』です。
※以下、穿った見方のレビューです。

俯瞰で全体を見渡しているような1巻だったのに対し、2巻はぐいっと2人にクローズアップしていて、よりいっそうどきどきします。
1巻の時から、黒瀬くんは城谷さんに答えがYesの質問ばかりしていて、これって、心理的な誘導よねぇ~。と思っていましたが、2巻もまさに心理的な仕掛けをしているように感じました。

城谷さんが『黒瀬くんがしばらく会わないって言ったのは、潔癖がなかなか良くならない俺のせいでしょう?』と言っていますが、違うと思いますw
ずっと定期的に逢っていたいたのをいったん止めて、飢餓状態を作り出そうと思ってのことだと。つまり黒瀬くんの作戦だと思っています。(…だから、1巻で黒瀬くんも会いたい素振りを見せてたのに、黒瀬くんからは連絡しなかった。しかも、心理的誘導して飢餓状態にあると思っていた城谷さんが同僚との関係を親密にしていると思い、作戦失敗を悟ってあの握手のくだりになったのだと思います)
話を戻しますが、城谷さんが『黒瀬くんがしばらく会わないって…』と言う前に黒瀬くんに手をとられても振りほどかれないのも、流れで抱きしめられてもじっとしていたのは、今まで黒瀬くんに対して積み重ねてきたYES(NOの選択回避)と会わないということで作り出した黒瀬くん飢餓状態のなせる業ではないかなと。
『俺… 俺が城谷さんを突き放したのは-』(最初の方)で↑上記の懺悔か!?と思いましたが、城谷さんが可愛いことを言うものだから、懺悔じゃなく付け込んでいく方向にしたのかなぁ~。と、また穿った見方をして楽しんでますww

もうね。パスケースを交換する事に成功⇒からの壁ドン。なんて分かりやすく『城谷さんが許可したから近づきます』スタンスだし。
YES(ポジティブ)を重ねる心理操作から、さらに一段高度な心理操作してるように思うところは⇒『気持ち悪いですか?』の質問後の『気持ち悪かったですか?』だと思う。
たとえ城谷さんが言葉で気持ち悪かったと答えてたとしても、脳裏では『気持ち悪かったですか?』に対して『NO』と思っちゃってる。NO=気持ち良かったな訳で。とっさにポジティブな回答を返してしまうなんて、もうだめじゃん。黒瀬くんの手中じゃ~ん!!そりゃあ抵抗できませんて!されるがままですわ!!もうすぐ城谷さん妖精さんから人間になっちゃうの!?(※城谷さんはオーバーサーティーのDTらしいです)
と、わきわきしてましたが、さすが城谷さん。黒瀬くんの『俺に依存してくれますか?』にOKした後のあの頭くしゃに対する『バシン!!』ですよ。
もうね『10番目これじゃん!!』ってのと、黒瀬くんが初めての強烈な否定(ネガティブ)喰らってる!!ってのとで、にやにやした。
今までせっかくYESを重ねて距離を詰めてたのに、このままお家に返したら城谷さんが『返事はNOで返してもいいんだ』って事に気づいちゃうかもしれない。だからでしょうか、買い物誘ってますね。

断然面白くなって次巻へ続きます。
以上、穿った見方の長文レビューでした

2

絵が繊細!


とにかく絵が綺麗でした。
物語の進み方も丁寧で、とても読みやすかったです(#^.^#)  

一巻でまるっきりなかった性的描写が、二巻になったらでてきていてびっくりしました。 
でも、物語がしっかりしていて読みごたえがありました。

一巻ではなかった黒瀬君の黒い部分が見えていて、三巻ではどんな風になるのか楽しみです!

三巻では本番があるのかも気になります!

宝井先生の描く絵はとても綺麗で繊細で、大好きな漫画家さんです。

4

いきなりですね!?

 1巻は全体的に透明感にあふれた静かな話という印象でしたが、2巻では話が大きく動き出して、透明だったものに色がついたような印象を受けました。黒瀬くん、やる時はやってくれますね!?
 この作品では、城谷くんの潔癖性克服の過程と恋愛が絡めて描かれていますが、1巻では黒瀬くんとの出会いが切っ掛けで城谷くんが潔癖症を治したいと思い、2巻では色事方面でいきなりの進展を見せてくれました。3巻では話がどう展開するのか?続きが楽しみでなりません。
 2巻の急展開に賛否両論あるようですが、私の経験上からすると問題なし!でした。この病気を治療しようと決意するためには、ほんの些細な切っ掛けでも十分ですし(一般的には些細だと思われることでも心の病気を患っている者にとっては些細ではなかったりするものですから)、色事に関しては潔癖性であっても(個人差はありますが)TPOによっては予想外に?意外に?大丈夫だったりもします。これには人間の本能的なものが関係してくることと、許しがたいことが一気に押し寄せてきてしまうから全てに対応しきれなくなって・・・ということもあるように思います。
 ところで、今後の内容で一番注目している点は、城谷くんが潔癖性になった原因です。心の病気には必ず原因が存在しますから、完治させるためにはその原因と向き合わねばなりません。果たして城谷くんのそれは、どういったものであるのか。彼と黒瀬くんは、それに対してどのようにアプローチしていくのか。恋愛面以外でも読ませてくれる内容なので続きが楽しみ&興味津々です。

それにしても、この2巻の表紙イラストは素敵ですよね。黒瀬くんの腹筋が美し過ぎて・・・。

2

絵が綺麗ですっ!

ストーリーについてはもうすでに書かれている方がたくさんいるので省かせていただきます。

全体の印象として、とっても宝井先生らしい世界観でスッと世界がクリアで綺麗だなぁ〜っといった感じです。

言葉では表しにくいですが、絵の繊細さ、綺麗さがストーリーよりも先行してその物語をつくっているように感じます。

なので、同性愛として生きることについての細かな心情などよりも、恋愛……というのか、人を愛すること…のキラキラした感情が伝わってきます。
とても、女性らしい世界観で、1対1での心情を大切に見られるのでスッキリとした読みやすい作品です。

同性愛としての生きづらさや、よりリアルな世界を見たい人には物足りないものがあるかもしれません。

3

大好きです


今一番好きな作品かもしれないです。

一巻の時点では、ゆったりしすぎと言われていた作品ですが私は宝井さんのこういう作風が好きです。
雑誌掲載の都合上、展開が急速だったり濡れ場がやたら多かったり……まぁそういうのも好きなんですが(笑)、宝井さんの作品はコマ割とか背景、小物など、ひとつの映画を見ているような感じです。


のほほんと進展していく一巻とは違い、2巻ではソフトSMな雰囲気が押し寄せてきます。私は攻めの黒瀬くんが好きなんですが、黒瀬くんが受けの城谷さんが好きっていうのがすごく良く伝わってくる。無愛想なSなのに(笑)城谷さんもまた美しくかつ可愛いく、キャラクターが魅力的なのも人気の理由だと思います。

0

ストーリーが好きすぎる

宝井先生の作品は買ったのは正直初めてです。 ただ今までの作品は宝井先生ファンの友人に借りて読みました。 前から思っていたのですが宝井先生の話はストーリーが素晴らしいです。 きっと初めは絵を見て綺麗だなと思って買ったりしますが(私がそうです) 読むと絵だけでなく読むと切なくなるストーリーにはまります。 今回のテンカウント2も二人の思いがひしひしと伝わってきて一冊読むのにかなり時間がかかりました。 エロい場面もありながらあそこまで惹きつけられる漫画はあまり出会った事がなかったので本当に買ってよかったです。 本当は神を付けても良いと思いますがきっとこの二人はまだまだ進展があると思うので次の巻の期待を込めて一つ下の評価にいたしました。

2

一気に加速。

初レビューです、緊張してます(笑)
一巻ではほとんど触れ合う機会がなかった二人。触れ合っても、お姫様抱っこやキスの手前止まりでした。
まして、黒瀬君が城谷さんと音信不通になる終わり方だったので、二巻はどんな波乱が待ち受けているかと思いきや…!
二人の関係が、一気に加速しましたね…!
特に10話(count.10)は、ディアプラスさんの公式ツイートのチラ見せですごく気になり、単行本派だった私でさえも本誌に手を出してしまったほどの破壊力でした…。
だんだん加速していく黒瀬君のSっ気と、城谷さんのMっ気をこれからも楽しみにしています(笑)
三巻が待ち遠しいです…。

宝井先生の作品が気になるという方、ぜひご一読を!
とても綺麗な画風で、幅広く受け入れられやすい絵柄をなさっていると思います。

2

素敵な作品です!!

一巻とは違ってエロい。それに、恋も進展しちゃったりとか///
絵も相変わらず透明感があって!
私大好きな絵柄です!!

城谷さんも潔癖症少しは良くなったのかな?

描き下ろしは一巻に引き続き城谷さん可愛い(≧∇≦)
そして黒瀬さんはいい感じに変態ですよね!!
本編では見られない二人が見られるので、描き下ろし大好きです!

私的一番のポイントは、

城谷さんがほとんど前髪を下ろしている!!

ということです!
可愛い!本当かわいい!!
私的受けキャラドストライクでしたよ。。。
本当エロ可愛いよ、、、城谷さん。。。


2

ジャケ買い迷ってる方はぜひ☆

1巻発売時から素敵な表紙で惹かれてました。しかし、数々のジャケ買いで打ちのめされてきた私。とりあえず2巻まで待ちました。

いやぁ、待たなくてもよかったです。1巻の出だしは硬い絵柄のように感じたのですが、ぐいぐいお話にのめり込みます。
2巻になると、少しふわっとした感じの絵柄になるんですが、黒瀬くんの鋭い目線とか、要所ではキリッとした感じがあります。お話と絵柄が本当に合っていて、素敵です。

個人的には続き物が好きなので、2巻で急接近していますが、挿入まではあと、2~3巻粘って欲しいですね。

潔癖の表現、というか扱いは皆さん色々お考えあるでしょうが(雑誌ではもうフェラまで達したようなので)私はそれほど性急とは思いませんでした。
たぶん、城谷さんの「気持ち悪い」という言葉は気持ちいいと紙一重なんだと思うのですが、潔癖がネックですべて気持ち悪いになっちゃうんでしょうね。その辺り、丁寧に描かれていると思います。

そんなわけで、ジャケ買いしていい本だと思いますので、迷ってる方は勇気出して!

3

さすが女神

花のみぞ知るからテンカウントまで、そんなむちむちな柔らかな物語が好き

2

2巻だよ!ネタバレあり

1巻のノーエロぶりからすると2巻はえらいことになってまんがな!!黒瀬君、冷静にじわじわ感情を出さずに相手を動かすとこがどSですね。普通に面白いです。この手のBLは割とSがMを精神崩壊させて落としてラブラブに終わるパターンが多いのでどのようなラストになるか楽しみですね。
絵は普通に上手です、余り無駄な書き込みをしないところがこのお話の世界観に非常にあっていると思います。潔癖症ってリアルにはどんな感じなのかわかりませんが黒瀬君みたいな心理士が個人のクリニックには日本にはあまり居ない気がします。余談ですが。

2

ハイペース


皆様、高評価のところ、非常にレビューし辛いですが・・、
正直2巻は余り乗り切れなかったというのが正直な感想です。

1巻は宝井先生の綺麗な絵に合うゆっくりとしたお話で、最後の引きも凄く魅せてくれるなぁと思ったんですが、2巻は少し性急気味かな。
そもそもあそこまで酷い潔癖症な方だと、気持ちよく感じる前に不快・怖い気持ちが先立つんじゃないかな。。自分は決して潔癖症ではないんですが、病院であの行為はちょっと・・と思わず思ってしまいました。
下手すれば一生残るトラウマになりかねない行為を、仮にもカウンセラーの方が自分の職場でするのはどうなんだろう?という感じです。

BLはファンタジーと捉えてしまえばいいかもしれないんですが、せっかく1巻で潔癖症やその治療法についてページを割いて丁寧に取り上げているので、もっと深く掘り下げて真摯に向き合って欲しかったのが正直なところ。
今の段階では少し薄っぺらいかなという感じです。
ですが、どうやら黒瀬君にもトラウマがあるようですし、彼のあの性急な行為もそのトラウマにより引き起こされたものとして、今後上手くお話を展開してくれれば面白くなるかなと感じました。

あと気になったのが、城谷さんの幼さ。いくら潔癖症で他人と余り関わりを持たなかったからとはいえ、31才の男性にしては少し幼すぎるかなー。
せめて、社会人として、それも社長のスケジュール管理を担う秘書なら欠勤の連絡ぐらいはすべきかと。
絵も可愛い感じなので、余計に年齢とのギャップを感じてしまいました。


以上、色々厳しめに書いてしまいましたが、まだ2巻でこれからどんどんお話も展開していくと思うので、次巻に期待したいと思います。
評価は萌と迷いましたが、宝井先生に期待している分、あえて辛口の中立をつけさせて頂きます。

22

悪くはないけれども

他の方も書いておられるように2巻になって強引さがましましたよね。嫌いではありませんが、潔癖性は…?感はちょっと否めないような。もっとゆっくり展開したほうが自然だったかも……
宝井先生の絵は本当に綺麗でそれが見せ場の一つでもあると思うし、好き嫌いの別れる感じではないので多くの人に受け入れられそうなのがいいですよね!
でも、キャラにもうちょい汚いどろどろしたところとか、バカなところとかあってもいいような。この作品も二人とも真面目で受けがちょっと引きぎみで…みたいな感じで、宝井先生の他作品のキャラとあまり大きな違いが見られず、個性がもっとあってもいいのかな、とも思います。
それでも話の設定とか流れは結構好みだったので、この評価で!

17

一巻以上。

一巻が期待以上だったので二巻はどうかなあ…と心配だったのですが、これも期待以上で一巻を上回る良さです。
一巻のプラトニック感…ピュアな感じがわたしはすごく好きだったのですが、二巻はすごいですね。
一巻がピュアだったからこそ、引き立つ二巻の良さ。
特に手を舐めるところは本当に震えました。
手を舐めるという行為のみだったら、特に何も感じません。しかし、主人公(受け)の潔癖性という設定が、この行為をすごく興奮させます。
最高でした。三巻に期待。

3

細部まで見逃せない。

個人的には宝井先生の絵柄は甘過ぎて好きではないのですが、これだけ話題になってますからね…。
2巻初版で買って1巻取り寄せ。
やっぱり続けて読まなきゃと1巻入手してからまとめて読みました。ちなみに入手までに1週間以上はかかりました。

しかしやっぱり絵柄が……。
中高生対象の少女マンガみたいで、黒瀬くんも…特に城谷くん…中性的…とまではいきませんが、どーも「成人男性」の色気が感じられなくて…。表紙位の色気が中にも欲しい…。
城谷くんは髪の毛以外の毛は絶対生えないんじゃないかという風情…。私にはちょっと物足りない…。(〃-〃;)
絵事態はとても綺麗なんですけどね。背景や小物の描き込み等も超絶美しい。全部新品みたい。ひょっとしたら宝井先生ご自身が「潔癖症」なのではないかと思った位、美しい。
「セブンデイズ」は携帯で読んだので、その点がわからず、今回単行本でじっくり見て感心してしまいました。

でもマンガの良し悪しは絵柄の好みは二の次三の次。(^^)
熟読した結果、萌×2にさせていただきました。m(__)m
かなり神に近いのですが、そうしたら3巻は神以上にどんな評価をすればいいんだ?という萌×2です。

なんというか…絵だけでなく表現がとても丁寧な綺麗な作品です。
事情説明やそれ的な台詞もほぼ無いに等しく、読む所は普段の会話のみで展開していくので、ちょっとした表情の変化や何気ない行動、携帯画面、携帯をはじめとする小物の扱い、グラスの飲み物の減り具合、氷の溶け具合、シチュエーションごとの服装、髪型…等々…、細部まで集中して読む必要があります。
面倒と言えば面倒なのですが、そういった所がまだ明かされてない二人の事情を読み解く…まるでミステリーを読んでるみたいで面白いんです。
そしてそこに感情の変化が潜んでいるので、そこを抑えた上での二人の接近戦…!…が萌えます。
我慢して我慢して……の行為ですから、ドえらい敏感です。
これはエロド直球のエロマンガより、エロいんじゃないでしょうか?∑(〃Д〃;)ハァハァ…

本当に丁寧です。

SMプレイは信頼関係が無いと出来ないと何かで読んだ事がありますが、成る程…そうかもしれない。いやそうだろうな…と思いました。
城谷くんから見た黒瀬くんが「ご主人様」なのは周知の通り(?)ですが、対して黒瀬くんから見た城谷くんもまた「女王様」なんですよね。城谷くんの許しが出るか出ないか…を伺いつつ…のギリギリの黒瀬くんの攻め。うっかり女王様の禁止区域に入ってしまったら何気にフォローが必要です。そこで黒瀬くんが地雷を踏めば信頼関係は崩れてしまうかもしれないのですから…。
つまり「対等」なのです。


そしてやはり気になるのは、未だ明かされてない点。
黒瀬くんが潔癖症の城谷くんに敢えて近づいた理由。そして城谷くんが潔癖症になったキッカケと思われるお父さんとの「何か」です。
それが知りたくて、そして今後の二人の接近が気になって、超3巻待ちです。(^艸^)

5

揺れる感情と、2人の関係

 初めてのレビューです。初めて買ったBLが宝井先生の作品だったので、最初のレビューはやっぱり宝井先生!と思って書いてみました。

 2巻は、城谷さんに対して、黒瀬くんが“カウンセラー”としてではなく“黒崎くん自身”として「好きだ」と気持ちを伝え、すれ違っていた2人の関係をリスタートさせたとこが良かったです。
 個人的に印象に強く残ったシーンは、食事に行った後のやりとりでした。「人に触られることを嫌悪してるのに、黒瀬くんに触れられたいと思う」と言う城谷さんに対し、その無垢さを汚して依存させたい黒瀬くん。白と黒が混じり合うような、白が黒に浸食されるような2人の関係性が作品の魅力の一つかなと思います。
 黒瀬くんには、表紙の素晴らしい腹筋と触れ合う時の余裕ない表情や黒い笑顔にきゅんきゅんさせられました! 気持ちを伝えた後からの黒瀬くんの攻めっぷりには少しびっくりしましたが…。それも城谷さんのギリギリの限界を見極めているようなので、さすがは黒瀬くんということで!
 あと、城谷さんの色気にドキドキでした。ただそれ以上に、自分が変わっていくことに戸惑い、抵抗しようとしながらも、黒瀬くんに惹かれる気持ちや触れられる快感を抑えられずに、嫌われたくない一心で色々頑張ろうとする城谷さんの姿がいじらしく、胸がぎゅっと締めつけられました。そして、その気持ちにちゃんと気づいてあげられる黒瀬くんが素敵でした。
 テンカウントは急展開もさることながら、心に沁みるような2人のやりとりが好きだなぁと思います。

 CDと次巻の発売が今から楽しみです。

4

急展開

腐女子歴3年以上ですが初レビューです(ドキドキ)笑
1巻を読んだ時点では宝井先生の漫画は全部買うと決めてるので
買いますがそこまでハマらないかなぁって思ってました。
(ちゃっかり特典目当てでいつもと違うお店でわざわざ予約したんですが笑)
しかし!
2巻はあちらこちらで皆さんがおっしゃっている通り急展開でしたね〜〜〜
黒瀬さんよくやった!!いいぞもっとやれ!とだけとりあえず言いたいと思います笑
BLはファンタジーなんでね、そこまで追求するつもりもないですが
ここまで酷い潔癖症の人が会ってまもない人にここまで気を許せるものかな、とかええっ!そんなことまで…!なんてことがあってちょっと衝撃的な2巻でした。
最近のBLは展開早いなー…と思いつつ甘いシーンも欲しいという欲張りな私なのでもちろんキタコレ!と喜びましたが笑
そして絵は私好みだしエロいし文句なしですね!
城谷さんにはもっと嫌がってほしかった気もしますが…(設定上長引くだろうなって思ってたので)
それほどに黒瀬くんに惹かれてるということにしときましょう(無理やり)
2回目にそういう雰囲気になったときの”浸食される”の表現が何故かすごく気に入りました笑

1巻よりは次巻の発売が楽しみになりました。二人の過去の描写があることと10個目の項目に期待しつつ待ちたいと思います。

5

最初は戸惑いましたが

どちらかといえばじっくり進む重厚めのドラマかと思えば一転、2巻での予想外の急変容で、最初は戸惑いました。1巻でも思いましたが、三十路になるまで悩まされていた不潔恐怖症を、ある日いきなり治そうという前向きな気持ちになるものなのでしょうか。こういうと身も蓋もないのですが、特に成人してからの人間、そうそうすぐに自分を変えようと思えるような柔軟性を持っていないのではないかと‥。しかしなんと言っても、黒瀬君も城谷さんもとても美しいので二人を眺めるだけでも楽しく、そうして読み返しているうちに、自分も同じように少し潔癖で素肌の触れ合いなどとんでもない、自分はきっとずっと独り身だと思っていた時期もあったなぁと思い出しました。私も大人になってから強引なひとに有無を言わさず引っ張られ、今では子持ちの普通の人間になりました。そういうこともあり、なんだか城谷さんに凄く共感してしまい応援したくなり、初めてのレビューに選ばせていただきました。今では毎日読み返すくらい、萌えの大セール?です<3

城谷さんも、やはり黒瀬くんに出会った時点で惹かれる部分があったのだろうと思います。不躾でしたけど、ま、だってえらいイケメンですしね‥。今まで全く恋愛という感情自体経験なしだと自覚できなんだろうと思います。全てが初めてですよね‥しかし、城谷さんは思春期ですか? というほど、黒瀬くんが触るとすぐムラムラするようです笑
まぁでも恥ずかしいですが、気持ちは少し分かります‥。
黒瀬くんに無理矢理未知の扉を開けられて、あっぷあっぷですが、完全に黒瀬くんに溺れちゃっています。親鳥についていくヒヨコのような気もしますが、依存も恋愛も同じようなものですよ!
黒瀬くんは、発言はとてもストレートなのに顔が怖いことが多く、なんとかして微妙な表情の違いを汲み取ろうと、動きもしない絵をじーーーっと凝視してしまっているのは私だけではないはず! 城谷さんのことが好きなんだろうと理解できる表情もないことはないのですが、何せ加虐的なもののほうが多く‥。快感で泣かせるのはベリーウェルカムですが、お願いだからもう突き放したりしないであげて! まだまだ彼の過去など伏線が散らばっていて、少し不安です。

城谷さんさんのおそらくテンカウント目である、頭よしよしも最終的にはできるように! 二人が幸せになるような呪いをかけたい★

蛇足ですが、顔の綺麗さ、体型の細身さに比べて、局部の描写の精彩さ、リアルさに流石に照れてしまいました。しかも後半部分は登場回数多数‥。私にはすごい破壊力でした。城谷さんと黒瀬くんのモノのサイズ違いも‥いやはや、眼福です。2巻で、こんなに拝ませていただけるとは‥。宝井先生は予測不能‥

14

あれだ、

特典のクリアファイルの意味がわかった気がする。

黒瀬は鞭。城谷は手錠。
黒瀬は城谷を束縛していく。
城谷は黒瀬に囚われていく。
そんな、感じがした。

続きを読まなければわからないけど。

黒瀬が、10番目の項目は性行為?と言ってたが
あんなに、拒絶したんだから頭を撫でられる事かも知れないと思った。

やっぱり、父親と関係があるんだろうと思う。何が合ったのかはまだわからないけど。

黒瀬が料金の発生しないカウンセリングを城谷にするのは、一目惚れと下心が少なからずあったんじゃないだろうかと思う。

今回も表紙が素晴らし過ぎるけど、肉を食べてる黒瀬に萌えた。あと、黒瀬に認めて貰おうと嘘をついた城谷の必死さに。痛々しいけど。

黒瀬の過去について妄想。
もしかすると、過去に黒瀬と城谷は出会ったことあるとか。
カウンセラー目指すきっかけが城谷だったりとか。

いずれにせよ、父親の事も含めて謎が多い作品。

そして、3巻の表紙はやっぱり2人一緒なんだろうか。ちょっとずつ距離も縮まって、そうだと良いけど。

15

潔癖症って、、、

読みました。
で、読み終えて思ったのが、城谷さんの潔癖症てこんなもんだったのか、です。
わりと皆様高評価で、こういう強引な方が受け入れられるのかなあ……。

1巻の時のような静けさをまとったまま、ゆっくりと潔癖症を克服するストーリーだと思っていたので、ちょっと意外。
城谷さん、そんなに簡単に犯されていいのか。
犯されたら吐くくらいの描写が欲しかった……!

というわけで評価は☆3

巻末小ネタには萌えたし、城谷さんえろくてかわいいし、めちゃくちゃ不満!てわけではないんです、よ。

とりあえず、10個目の項目の予想をして3巻を待ちます

10

1巻とのギャップ

待望の2巻!!ずっと待ってました!!

1巻のピュアな感じとは違い、
2巻は少しエロが多く、ピュアを求めていた私はんー・・・??と少し困惑してしまうところもあったんですが、
受けの子が本当に可愛くて可愛くてびっくりしたので大満足です!!

まだまだキャラクターにも裏があるような描写があったり、何かまだ隠しているような意味深な描写があったりでとても続きが気になりました!
3巻が楽しみです!!

7

待ってました♡

一巻読んでから続きが気になって仕方なかったです(>ω<)
一巻は少しずつ恋が進んでくんだろうと思って読んでたら
二巻で怒涛の急展開でしたッ!
黒瀬さんは色んな意味でデキる男wwww

城谷さんの中で成長していく恋心がたまらないです////
怖くてびくびくしてるくせになんやかんや自分から
黒瀬さんに近づいちゃう城谷さんに萌えさせられました♪

は~~~~~ぁ
二巻擦り切れるまで読んでまた三巻まで耐えますッ(`・ω・´)

6

エロさ満載\(//∇//)\

1巻とは打って変わって2巻では黒瀬さんがどんどん攻めていきますッ!
純粋無垢な城谷さんが敬語S攻めしかも年下‼︎の黒瀬さんに詰め寄られていくのがたまりません。
まさかの病院で城谷さんの手を黒瀬さんが.......\(//∇//)\
エロシーンの後の城谷さんの前髪を下ろしてある髪型に対して、黒瀬さんが言った台詞はキュンキュンでした。
城谷さんかわいいーーーーーっ‼︎
3巻の2人の展開が気になりますッ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

宝井さんの作品は本当に素晴らしいです。
絵がとても綺麗なのでまだの方は是非1度読んで見て欲しいです。

7

レビューすごいですね

すごい評価の数の勢いですねw

個人的には1巻の潔癖症を一緒に治しましょう的に
真面目で綺麗なお付き合い風味だったのが
2巻で急展開のSとMな関係みたいなハードな流れになっている
ギャップ萌えというのでしょうか・・・

1巻目で潔癖症で物静かな感じの受け様ですが
2巻目では完全に攻め様に振り回され、可愛さ倍増だし
攻め様はどんどん、受け様の中に入り込んでいくさまが凄かったです

攻め様の無表情の中にも喜怒哀楽があって
攻め様が萌えているところはたぶんあそこだろうな~と想像w
それもこれも最後のおまけを見てしまってから
読み返すと、攻め様がここ萌えてるじゃないか!?と思ってしまいますw

とにかく攻め様受け様の過去の事や、これからの展開が
楽しみ過ぎますね!

7

じわじわ…?

びっくりと同時にガッツポーズです。再会までひと巻ぶんくらいあったらどうしようと思ってましたので!

城谷さんの、黒瀬くんの、細かいいろいろな表情にドキドキします。
(繊細な城谷さん、S滲ませる黒瀬くん、目線が気になる三上さん(笑)…後半怒涛のふたりきりパートで、満喫はさせてもらいましたが、できれば、周囲の人たちとの関わりも、描いていってほしいところ)
黒瀬くんの過去も、これからキーとなってくるでしょうか。
物語の拡がりに期待してやみません。


※理解度低くて大変申し訳ないようなんですが、ふたりが食事に行ったのって「日曜の夜」?
読んだ限りだと、食事→黒瀬くん家、の時点で少なくとも夜9時とかになってそうな雰囲気だなって思ったんですが、「今日休みですよね」(←これも、あれって思ったんですけど;;)って時点ではもう翌朝っぽい…?月曜日?買い物に行けちゃうの?
そこだけ!どうしても!もやもやしちゃいました!こんなところでごめんなさい(>_<;)

6

黒瀬君みたいな攻めと、城谷さんみたいな受けを待っていた!!!!!!

※過度なネタバレ注意※

一巻を読み終わった時点では、
この先の、話の展開によっては二度と読まないことになりそうだと危惧しながら読み終わりました。

二巻を読むのは期待半分、不安半分。
一巻ですごく良い手ごたえを感じたからこその不安であり、
この先で個人的地雷が炸裂しませんように!!
と思わず願ってしまうほどに期待していたのでした。

展開的な不安要素は2つあって、
まず一つ目はこの先に潔癖症の人がショックを受けるような展開になったら嫌だなという不安がありました。扱っている事柄を殊更センセーショナルにやってほしくないという思いがあったので、まぁ宝井さんだからそんなことは無いよね?大丈夫よね?と思いながらでしたが。100%安全展開だと思い込んでアレだった時が辛いのでそんな不安がありました。

そして二つ目は黒瀬君がカウンセラーという立場を利用して城谷さんを落とそうとしたら嫌だ!!ということ。
これは本当に、きわめて個人的な理由での地雷です。
お気楽作品ならそういう展開でも地雷にはならないけど、センシティブ系でやってくれたら大地雷。
一巻の終わり方、黒瀬君がいきなり城谷さんを突き放したので、とっても嫌な予感がしたのですよね。大丈夫だとは思いながらもやっぱり不安ではありました。

しかし読み終わった今、
二つの不安は消え、
私は今、萌えの嵐の中にいます。

黒瀬君、そうなんだよ、それだよ!!
自分がカウンセラーだってことで信用してくれている城谷さんの気持ちを利用して、城谷さんに触ったりとかダメなんだから!!
そこは結局好きだから触りたいってこと伝えなきゃダメでしょ!
で、きちんとその「好き」の気持ちを伝えた黒瀬君、
ハラショーーー優男に見えて実はごっつい男らしいやないの!!
一巻の終わりに城谷さんを突き放した理由がそれならOKですよ~。

てか2巻の表紙からして黒瀬君、色気パーンはじけてますね!
実は細マッチョだしどんだけハイスペックw

なにこの攻めてる感じ!
きたよ…!
黒瀬君はカウンセラーという職業柄、確かに優しいし、
物腰も落ち着いているけど、
本当はこの人すっごいドSだ!!
攻めてる感じがほとばしってる。
それを相手のことを想って抑えてるところがグッド!
相手が本気で嫌がったら踏み込まないだろうけど、
様子をみながら、丁寧なんだけど、
そう、決して乱暴じゃないんだけど、
黒瀬君、2巻ではガンガン攻めています。
もう気持ちも伝えちゃったし、ぐいぐいぐいぐい押してます。
攻めの本領発揮!!
攻めはこうでなくっちゃ!

じわじわと、
段階を経て、
指先に触れ、
下半身に触れ、
乳首に触れ…
うひょーw

そして城谷さん…
久々にキター!
無自覚誘い受けのお手本みたいな人ですね!
たまらんわ~~~www

「気持ち悪いし逃げたくなる
なのに黒瀬君に触られることばっかり想像していました」

ってもう告白したも同然ではw
早く!気持ちに!気づいて!!
もう笑いが止まらんほど立派に無自覚誘い受け&ド天然で、
黒瀬君でなくとも思わず黒い笑みを漏らしてしまうよ!!
あの黒瀬くんのニヤリとしているコマを見て、
改めてこの人ドSだなと思いました(笑)

城谷さんの天然がまぶしい・・・!
どうしてくれようこのひつじさん!!

まず一生懸命、黒瀬君と決めたことにチャレンジしようと頑張っている城谷さんが可愛い。
そしていろいろ経験不足な城谷さんの真っ白加減が調教しがいがあるというか以下略(さすがに自主規制)
あ~いいカップリング♪

この段階を経た今なら黒瀬君が焦って自分の立場を利用してでも城谷さんを手に入れたいっていう展開にこの先なったとしてももう大丈夫。
もうどう転んでもOKな段階に個人的にはたどり着きました!
心置きなく3巻を楽しみに待つことに致します!!

14

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ