テンカウント(3)

ten count

テンカウント(3)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神519
  • 萌×2109
  • 萌64
  • 中立39
  • しゅみじゃない46

--

レビュー数
59
得点
3262
評価数
777
平均
4.3 / 5
神率
66.8%
著者
宝井理人 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
テンカウント
発売日
ISBN
9784403664618

あらすじ

「もし、俺も黒瀬くんのことが好きだって言ったら、どうなるんですか…… ?」
無愛想なカウンセラーと潔癖症の社長秘書の恋、注目の第3巻!


特典一覧 (2月25日確定)

◯協力書店(配布書店リストは随時更新)
描き下ろしコミックペーパー

◯店舗別特典
コミコミスタジオ
B5クリアファイル
絵柄:『Dear+ 2015年1月号』巻頭カラーイラストを両面にプリント

◯とらのあな
A4クリアファイル
絵柄:表面/『Dear+ 2014年9月号』巻頭カラー(3巻の口絵)イラスト、裏面/描き下ろしのカラーサイン&カット

◯アニメイト
サイン&メッセージ入りイラストカード
絵柄:『Dear+ 2015年2月号』表紙差分(別バージョン)イラスト

◯サイン&メッセージ入りイラストカード
絵柄:コミックス3巻表紙差分(別バージョン)イラスト

◯三洋堂書店
サイン&メッセージ入りイラストカード
絵柄:『Dear+ 2014年12月号』表紙差分(別バージョン)イラスト
※三洋堂Web-shopで品切れ中の「テンカウント3巻(イラストカード付き)」の追加分が、2月27日12時に掲載と発表されました

◯芳林堂書店・ホーリンラブブックス
描き下ろし缶バッジ
絵柄:描き下ろしちびキャライラスト

今回は電子版にも特典!
■電子書籍特典 ※電子版『テンカウント(3)』は3/13より配信開始

◯配信ストア/BOOK★WALKER、コミックシーモア、イーブックジャパン、ニコニコ静画、アニメイトブックストア ほか
壁紙(スマホ/PC)
絵柄:『Dear+ 2014年9月号』巻頭カラー(3巻の口絵)のネコ耳差分(別バージョン)イラスト

◯配信ストア/Renta!
綴じ込みイラスト
絵柄:『Dear+ 2014年9月号』巻頭カラー(3巻の口絵)のネコ耳差分(別バージョン)イラスト

表題作テンカウント(3)

黒瀬陸,無愛想なカウンセラー
城谷忠臣,潔癖症な社長秘書

レビュー投稿数59

狂人

城谷さん、黒瀬でなくても嗜虐心を揺さぶられる感が増し増しに増してきました。エロいことを知ったばかりの10代みたいな素振りをみせるもんだから、そりゃ黒瀬はたまらないな〜と。黒瀬のヤバい部分は巻末描き下ろしぐらいでしか(それもコメディノリで)文字にはならないけど、淡々としてるようで狂気の人です。初心者の受けに攻めフェの上イラマを強要してくる、堂々たる狂人。初心者の受けにアナルプラグ買ってくる狂人。城谷は逃げたほうが良かったのかとも思うが、これぞショック療法。

0

あらあら

前巻の時点でこんなにあれこれ見せてもらえるとは思わなかったですありがとうございますみたいな感情だったんですけどまさかあれ以上が押し寄せてくるなんて。前巻よりさらに押しのパワーアップした黒瀬にタジタジになる城谷がむちゃくちゃ可愛いです。城谷の泣き顔のかわいさもパワーアップです。
ストーリーも城谷の過去が少しわかったり10個の項目も少しステップアップします。そして今回もまた気になるところで終わってしまったので続刊が楽しみです。
3巻はちゃんとデート(?)をする2人が見れますよ。ペンギンにちょっと突かれてご立腹の城谷がめちゃくちゃ可愛いので必見です。

0

徐々に。

3巻にして漸く城谷の心が徐々に解れてきた感じがしました。
心とは裏腹、黒瀬を求めてしまう体。
「どうして 城谷さんの心は嫌がってるのに
城谷さんの体は城谷さんのいうこと
聞かないんですかね?」
黒瀬はずっと生殺しされている状態。
かなり辛そうですが‥
城谷自身もそれがわからないから苦しいんだよなあ‥。
Sな部分もあるけどあくまでも無理強いせず、カウンセラーとしての立場を弁えている黒瀬がめちゃくちゃかっこいい。
だいぶお互いの距離が近付いたように見えますが、この先どうなるのか‥楽しみです!

0

ドSのデレやばい

黒瀬くんほんとドSだしそれに翻弄される城谷さん、何度も言いますがかわいいです!!!快楽に弱いとこも萌える!あと、黒瀬くんのあの穏やかな笑顔もっと見たいいいい!なんだあれ!ドSがデレる破壊力やばいです。そしていつもはあんなに攻めてるのに城谷さんに何かあったかもってなるとめちゃくちゃ心配してるし焦ってるしも〜〜〜ほんと一生2人でいてください。

0

今度は城谷が振り回す側に

 初めて読んだ時は、この巻辺りから城谷がちょっとしたことで勃起させてしまったり、性行為中でないにも関わらず感じてしまったり、かなり際どい行為まで許してしまったりすることが多くなってくるので、潔癖症なのにいきなりここまで性的な部分を解放できるものなのだろうかと、疑問を覚えたように思います。でも、再読してみると、今まで彼が性に関する興味も欲望も徹底的に押さえ込んできた反動は、すごく大きかったのかなと少し印象が変わりました。

 男性であることも反動の大きさの1つの理由になると思うし、彼はこういう行為を「いけないこといけないこと」と自分にずっと言い聞かせてきたと思うんですね。でも、頭ではそれが恐らくとても気持ちいいことなんだと分かっている。人間として抑えられない興味と期待。この時点で彼は黒瀬からの好意を認識していますし、自分が完全には受け入れられないかもしれないのに、安易に彼に手を出させるところは狡いのかもしれません。ただ、私はその現金さも、人間らしいかなと好意的に受け取れました。最後まではできないかもしれない、でも黒瀬に一度委ねてみたい。年下なのに安心感を与えてくれる彼に甘えたいと思う城谷に、共感できなくはないなぁと感じた3巻でした。

2

原因が見えてきた。テンカウント3

3巻。

2巻で私の好みより急激な感じでエロ展開になり、あれれとなった後の3巻。
接触恐怖はどうなった?と疑問だったが、城谷の根本は「世界が汚い」「他人が汚い」ではなくて「自分が汚い」だった…という事が見えてくる。
そうなったはじめの、子供の頃の体験。それは自分の父親の「何か」を見て射精した事からきているらしいことも示唆される。
そういう背景の種明かし的な展開は、物語の構成として良いと思う。
一方エロ的には。
2巻よりもっと進んでますよー。
黒瀬が城谷のを咥えて舐めてゴックンあり。エ〜っ…
城谷が熱を出して黒瀬が本当に心配しているような様子もあり、この2人が甘い恋愛関係になっていくのかな?なるといいな、などと思いながらラストに来て…
ア◯ルプラグ〜⁉︎
…これには正直驚きました。またここで展開が見えなくなってきました。
黒瀬は何がしたいのか…(ア◯ルプラグに驚いて星一つ減の「萌」。)

1

城谷が発情期?

あれれ?初読みの時に中立にしちゃってました。萌えです。

城谷は恋愛経験も免疫もなさそうで黒瀬にとっては残酷なんですね。

しかし城谷が発情期ですね。

週末も治療なのかデートなのか。黒瀬にリードされて城谷も自分から飛び込んで行って。
そしてなぜアソコにあれを入れることに?

城谷が黒瀬を好きになったらや、男同士で付き合うとどうなるか聞いたから?聞いたら期待するのは当然なの?謎の紙袋はあれが入っていたのかな?

そして城谷の子供時代のパートも。謎のお姉さんにクローゼットに隠されて父とお姉さんの情事を見せられてお姉さんに酷いことを言われて。トラウマの第一歩かな?前の巻でもお父さんと手を繋ぐシーンがありましたし。

黒瀬と着々と体の関係が進んでいますね。そうだ、BLだった!

0

寄せては返す波の様に。

2巻では、確かに2人の中は近づいたと思ったのです。
黒瀬くんが、ドS攻めなのは解りました。ええ、解っていますとも‼︎
ですが、黒瀬くんが冷たい…ううう。城谷さんが可哀想になってしまいます。
近づいては離れる、満ち干きする波のように。
この巻では、付き合ったらする事、したい事のフラグが立ちまくりです。
初めてのお泊り。
初めてのプレゼント。(服を買ってもらう)
初めての水族館デート。
初めての看病(風邪を引いて、お家に来てもらう。)
そして、初めてのアナルプラグ…
は、置いといて。
看病しろよーーー‼︎ 黒瀬くんが冷た過ぎる。泣。
生殺しだと言うけれども。そこは推して察してくれよーーー。
きっと恥ずかしいから、黒瀬くんの為に髪を切った事を言えなくて。
友達に誉められたなどと言ってしまう城谷さん。
嫉妬で不機嫌になる黒瀬くん。
ひたひたとした緊張感はそのままに次巻へと続きます。

0

読者も調教されているのかもしれない

5巻まで読んでいる者です。
3巻は二人の距離が縮まるということ以外は、とくにはストーリーが進みません。
しかし、エロが好きな方にはとてもオススメの巻です。
フェ〇ラやアナ〇ルプラグが登場します。
個人的には、風邪をひいた城谷さんのもとに黒瀬くんが行くシーンが好きです。
城谷さんがペットボトルの水を飲むシーンで、朦朧としているせいで
少しこぼしてしまうのですが、とても色っぽいです。
また、3巻は読者を焦らしプレイするような終わり方をしています。

1

エロいのに綺麗。これはもう罪ですよ。悶絶死してしまいそう。

3巻目に突入して、お話の行き先がどこに行くのか、よくわからなくなってきた感じがして
わくわく感が減ってきました。


黒瀬くんのフ○ラだのア○ルプラグだのと、エロがすごいですね。
こんなにエロいのに、綺麗な感じは残っていて絵は良かったです。
黒瀬くんは “腹黒”、“ムッツリ” 、“隠れS” というタグに加えて、“言葉攻め” のタグも必要そうだなと思いました。


でもエロが加速しすぎていて、潔癖症はどうした?というツッコミを入れたいです。
全然潔癖症の治療にはなってないし、むしろそれを利用した黒瀬くんに依存させられてる感じ。

でも見方を変えてみると、カウンセリングがそっちのけになってるのは確かですけど、
“カウンセラー(仕事) と 恋(プライベート) を公私混同するほど口説いてる” と思うとちょっと納得。


城谷さんの過去が少し見えましたが、個人的な感想はひたすら「かわいいなぁ」しか出てきません。

それと、手袋をはめる黒瀬くんが、思わず息を飲むほどエロかったです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う