テンカウント(5)

ten count

テンカウント(5)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神214
  • 萌×269
  • 萌36
  • 中立16
  • しゅみじゃない23

--

レビュー数
63
得点
1470
評価数
358
平均
4.2 / 5
神率
59.8%
著者
宝井理人 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
テンカウント
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784403665141

あらすじ

「城谷さんを一番めちゃくちゃに出来るのは俺です」

二ヵ月ぶりに再会し、初めて自分の意志で黒瀬の手を取った城谷。
タクシーを拾い二人で帰途につくが、黒瀬は先に降りて、あっさり帰宅してしまう。
とっさにあとを追う城谷だが……?

無愛想なカウンセラーと潔癖症の社長秘書の恋、
黒瀬の過去も明かされるセンセーショナルな第5巻!

2017年11月8日、11月14日発売の『Dear+ 2017年12月号』で連載が終了することがTwitterで発表された。最終巻の6巻は2018年春ごろ発売予定。

表題作テンカウント(5)

黒瀬陸 無愛想なカウンセラー
城谷忠臣 潔癖症な社長秘書

その他の収録作品

  • 黒瀬くんと城谷さんと葛藤(描き下ろし)
  • ドラマCD「テンカウント3」アフレコレポート

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数63

今度は城谷さんが黒瀬くんをすくい上げる番

1巻を読んだ時の私は、こんなことを思っていました。
「黒瀬くんと出会えたことで射し込んだ一筋の光がどうか色のない世界に生きている城谷さんを色のある鮮やかな世界にしっかりと導いてくれますように」
5巻まで読んだ今では、すっかり逆転してしまいました。
どうか城谷さんが黒瀬くんに射し込む一筋の光でありますように。

黒瀬くんの過去がついにはっきりと明かされました。
それによって、これまでの巻(特に1~3巻)に張られていた伏線が一気に回収されます。
これも伏線だったのか!というものもたくさんありました。緻密に計算された上で描かれている漫画なんだろうなとは思っていたものの、予想していた以上です。
この先少しネタバレし過ぎかもしれませんので、未読の方は読みとばしてもらう方がいいかもしれません。




黒瀬くんは、城谷さんとはまた別のタイプのネグレクト家庭で育った子供でした。
城谷さんの父親もヘドが出そうなほど最低な親ですが、黒瀬くんの両親も大概なクズ親です。
本人がそのことに気付いていた分、城谷さんよりかはマシなのかもしれませんが、子供らしさは損なわれますよね…
“愛されている”という実感を得られないまま、無感情に過ごしていた黒瀬くんに「歪み」をもたらしてしまったのは近所に住んでいた〔西垣〕という男の存在でした。
彼は城谷さんと同じように潔癖症を患っていて、他人との接触を断って独り閉じ籠って生きていて、けれど何故か黒瀬くんの侵入だけは積極的ではないにしろ許していました。
黒瀬くんは西垣と知り合ったことで、自分「だけ」が誰かの特別になれる嬉しさを知ります。
だけど今まで誰にも愛されてこなかった黒瀬くんは「間違えて」しまうのです。
黒瀬くんの存在が西垣を光の方向へ向かわせた時、また独りになってしまうのを恐れた黒瀬くんは自分と一緒に今いる場所に留まってほしいと願います。(といってもこれは子供によくある自己防衛的な行動ですが…)
結果、当時の黒瀬くんの唯一の拠り所だった西垣との関係は壊れてしまいました。
大人だったら後悔にさいなまれて立ち直れなくなりそうなエピソードなのですが、良くも悪くもまだ子供だった黒瀬くんは「今度は間違えないようにしなきゃ」と西垣のような人を救うためカウンセラーになります。
そして城谷さんと出会うのですが……

黒瀬くんの過去が明らかになったことで、気になっていたいくつかの行動や言動が過去に繋がりました。
例えば、
1巻でキスしようとしてしまった後に突然城谷さんを突き放した理由
2巻で「愛」と「依存」の区別がついていないような発言をしていた理由
3巻で城谷さんが風邪を引いた夜の帰り道にぼそりと呟いた「酷いですね」の意味
4巻で自分だけを受け入れてくれることに興奮すると言っていた真意
などなど。

ついに城谷さんのテリトリーに完全に入れてもらえて傍目には幸せそうに見える朝、黒瀬くんは言います。
「俺 また間違えたんですね」
黒瀬くんの中は城谷さんの何倍も厄介そうです。
黒瀬くんの中にあるこの葛藤、正直ちょっと解っちゃうんですよね…悲しいことに。
宝井さんはこの黒瀬くんに対してどういう答えを出してくださるんだろう。

城谷さんはきっともう大丈夫だろうと思えるところまで来ました。
「気持ち悪いですか?」といつものように聞く黒瀬くんに城谷さんが返した返事と、自分から黒瀬くんの頬に手を伸ばして触れたシーンはとても大きな変化ですね。
今度は城谷さんが黒瀬くんをすくい上げる番なんだと思います。

まだ少し続くということで、まだ少し何かが起こりそうな空気を残して6巻へと続きます。

この作品、表紙もまた緻密な計算がなされているのだなぁと5巻並べて改めて思いました。
最初は一人ずつだった二人が、3巻と4巻で黒瀬くんが城谷さんのテリトリーに少しずつ侵入し、今回はその距離を一気に縮めています。
そして城谷さんの片方の目の色が黒瀬くん色になりました。
さて次回はどうなるのだろうか。

読み終わったそばからもう6巻が待ち遠しいです。

16

今回はヤバい!!

ついにきたテンカウント5巻~(´艸 `*)嬉しいです!

今回はとても...とてもエロかったです。いや、元からエロいんですが、今回は一段とエロかったです。ついに...繋がっt(ry
黒瀬くんの過去も明かされました。黒瀬くんにもこんな辛い過去があったんですね...。びっくりしたのは、黒瀬くんは小さな時でも黒瀬くんでした。どこでそんなこと覚えたのか気になります。

最後にある女の人が出てくるんですが...もしかして...? と、ここで5巻は終了してしまいました...。うああ6巻どうなるんだろ...今から次巻が楽しみです。

8

王道

多くのBL作品において、エロは大切な要素の一つだと思いますが、この『テンカウント』ほど、エロ場面がクライマックスの効果を発揮し、読者の拍手喝采をもって迎えられる作品を、私は知りません。

水は、渇いた者に与えられるとき、最もその価値を大きくするもの。

エロいことなんて関係なさそうな、綺麗で格好良いキャラクターが、シリアスな話の過程で少しずつ見せてくれるエロ場面を、私は、ここに至るまでの巻でも、慈雨のように受け取ってきました。

エロ小冊子目当てに、聴く趣味もないCDを買ったこともあります。

そんな私にとって、このたびの本番エロ場面は、まさに砂漠で巡りあうオアシスのごとくでした。

なぜ、こんなにも「エロい」と感じられるのか。心惹かれるのか。

受攻二人の関係が、潔癖症患者とその治療者という、緊張のなかにあること。

治療と称してえっちなことしてええんか、という(読者が感じる)禁忌の念、背徳感。

『テンカウント』を読むと、BLのエロは「萌え」に奉仕するためにこそ、あるんだと納得させられます。

エロが、作品の中で最大限に生かされている。

私がこの漫画を王道中の王道、と評する所以です。

8

一番嵌ってる商業

テンカウントはずっと好きでイラストも内容も何もかも全部好きです
今回もとても良いシーンを堪能させてもらいました
次巻も楽しみです(^.^)

今回のは3月にアニメイト限定ラバスト付き特装版を予約して5ヵ月以上待ったのでさらに読んだ時の嬉しさというかなんというか
ここまで、一般に広がる、知ってもらえる??BL作品ってこの他ないと思います

今回ちょっと城谷さん成長した、、と思うので、、
次巻でもっといろんな面で(意味深)成長したところを見せてもらいたいと思います……(意味深)

ラバストも城谷さんと黒瀬くん両方揃って、にいてんごフィギュアもふたりとも後ろ姿が、可愛すぎて毎日机の上でキュン死)))

これからも、応援してます

7

素直になった城谷さんには誰も勝てない。

前巻の、エレベーターのキスから、次の巻こそはラブラブエチが拝めるはず!と首を長くして待っていた5巻。とうとう読めました〜!
以下、ストーリーには触れず、思ったことだけを読み終えた勢いのまま、書いています。まだお読みになっていない方は、飛ばしてくださいませ。

城谷さんが勇気を出して一世一代の告白をしようとしてるところで、黒瀬くんが城谷さんの髪に触れるとこ!すごいよかった!そこで動揺する城谷さんにも萌え!でも黒瀬くん、そこは黙って聞いてあげろよw と思わないでもない(笑)
城谷さん、「俺のこと……めちゃくちゃにしてくれるんですよね?」って!!待ってたよ!そのセリフ!黒瀬くんと共に!(笑) やっと素直になってくれたか!
対する、黒瀬くんの「城谷さんを一番めちゃくちゃに出来るのは俺です」には震えました…。これぞ、攻めの極み!攻めの中の攻め!

そしてとうとう…2巻からわりと激しいエロをしてたのに、ここまでが長かった!黒瀬くんの「部屋、あがってください」に、鼻血噴き出そうでした。

足を舐められて黒瀬くんの顔を蹴り飛ばしてしまった城谷さん。えっ、今蹴り飛ばした…!?と思ったのもつかの間、黒瀬くん、興奮してる……。。。
変態か。変態がいる。
その顔を見てドキッとした城谷さんにも萌え//

黒瀬くんがエチの最中、ですます調とタメをまぜて話してるの、個人的にすごく好きです。「自分が嘘つきだって、少しは自覚しましたか?」って言った次に、名前を呼ばれて、「何?」って聞くところとか。「何ですか?」じゃなくて、「何?」なんですよね。距離が縮まった感じがして好きです。
あと、どのマンガでもそうですが、攻めがちろっと舌を舐めてるのが大好きです。嫌いな方もいらっしゃるかもしれませんが、5巻でも黒瀬くんが舌なめずりしてて嬉しかったです。

またもや唐突に始まる過去編。今度は黒瀬くん。
正直、物足りないです……もうちょっとエロシーン欲しかった…!
黒瀬くんの過去も、物語を進める上で欠かせないとは分かっているのですが、興奮がね!収まらないよ!
黒瀬くんの過去も、やはり闇が深いです。いかにして汚れきった黒瀬くんが仕上がったのか…?
私には、西垣さんに対する後悔が、城谷さんへの思いを形作っているように思えて、正直あまりいい気持ちはしませんでした。
カウンセラーになったきっかけが潔癖性だった西垣さん、というところまでは動機として不自然ではないし、いいことだと思うのですが、城谷さんを好きになった理由が、元々は西垣さんへの思いだとしたら、城谷さんだって、いい気分はしないと思います。

エチしたあと、城谷さんを見るなり黒瀬くんが、「俺、また間違えたんですね」って言ったシーン、私には意味が分かりませんでした。何を間違えたの?どうするべきだったと思ったの?他の方の意見もぜひ聞きたいです。困惑してるので。
一方、城谷さんは大人な対応ですね。これまで城谷さんはずっと黒瀬くんに翻弄されてるように見えてたので、初めてじゃないですか?こういう、城谷さんが黒瀬くんを気遣って言葉を引っ込めるような姿勢をとったのは。
でもそんなことよりキス!キスしようとしたよね、城谷さん!やっぱりキスしないエチってなんとなく物足りない感じがします。黒瀬くんのでこちゅーを城谷さんが拒絶しなくって、よかったです。

最後の女の人は…城谷さんのトラウマの原因の人でしょうか。黒瀬くんのお母さんといい、このマンガに出てくる女の人はろくな人はいませんね。

はっきりしないんですけど、城谷さんは、黒瀬くんに「好きです」って言ったっていう認識でいいのかな…?と思ってたら、最後の方で「カップルじゃないんだし」って城谷さんが言ってて、??ってなりました。
エチまでしたのに、めちゃくちゃにしてもらったのに、カップルではない、という認識らしいです。まあでもこれまで散々、エロいことはしてたんだし、お互いに確認しないだけで、両想いなのは暗黙の了解なんでしょうね。

6

黒瀬くんの巻

感想だけ。

黒瀬くんは本当にクールすぎて、恋愛初心者の城谷さんには分かり辛すぎるだろうと。笑
今巻で、黒瀬くんの表情がないのは子供の頃からなのだな、それが影響してるんだろうな、ということが分かって納得したものの、カウンセラーになった件は重いものを背負ってしまったな、と思いました。
城谷さんの過去が明かされた4巻でもやっぱり同じように思ったのですが、黒瀬くんの方がより逃げ場がないような気がして、今巻の二人の進展がエロさの割には深いところで繋がってない、不安がつきまとう感じでした。
暗くて重いのに甘くて、突き詰めて考えていくと息が詰まりそうなのですが、早く続きが読みたいです。

6巻はいつかな…。

6

大好き!!

In this one,it is more about 黑濑陆 intead of 城谷忠臣~~~
and I see new characters.
Kurose kun's parents is very handsome and beautiful,but it seems that they only care about themselves,not put enough patient and love to their kid??
and Kurose kun's childhood could show that he was so calm since he was just a kid???LOL
OK,I know he is borned to be a facial paralysis......
well,the most important is,they finally do what I've been looking forward to for a long time!!!
LOVE!!!!!

6

「謎」なところがむしろ良い

「テンカウント5」、楽しみに待ってました。

キタコレ!!と思いました。
前巻は城谷さんの過去が。そして5巻では黒瀬くんの過去が。ちょっとずつ二人の内面とか、生育環境とか、色々明らかになってきて。

なのに、何なんだろう、この「何もわかりません」状態は。
城谷さんは、どうして黒瀬くんなら自分を汚してくれると思ったんだろう。
黒瀬くんは、なぜ城谷さんに執着してるんだろう。

黒瀬くんの哀しい子ども時代。無条件で自分を愛してくれるはずの親は自分に無関心で。そんな中出会った近所の不潔恐怖症の男性・西垣との関係。
西垣は結局どうなったのか、なぜ彼は黒瀬くんを受け入れていたのか、そして黒瀬くんは、なぜ彼に執着したのか。

5巻を読んで、二人の気持ちや関係が分かるようで、よく分からない。
でもそれがとてもツボでした。次巻への期待度が増した、というか。
「テンカウント」が始まったときは「自分に肯定感を持てず、不潔恐怖症を患い他人とうまく付き合うことができない城谷さん」を、黒瀬くんの大きな愛でトラウマから脱却させる、というごく普通のストーリーを想像していましたが、さすが宝井さんというべきか、予想や期待を裏切り二転三転するストーリー展開に圧倒されました。

身体は繋げたけれど、二人の気持ちはまだまだ遠いところにあって。
黒瀬くんに気持ちを預け始めた城谷さん。
ずかずかと踏み込んできているようで、一歩どころか100歩くらい遠いところにいる黒瀬くん。
まだまだ距離のある二人ですが、これから彼らの気持ちがどう寄り添っていくのか楽しみで仕方ありません。

あと「テンカウント」に収録されている番外編。
これ、すんごく好きです。本編ではシリアスな雰囲気が漂いますが、番外編では可愛らしい城谷さんと黒瀬くん(これポイント)が読めるのが、毎巻楽しみにしていますが今巻もほっこりしながら読みました☆

5

やっぱりテンカウント面白いです!

ずっと待っていた最新刊でした!
やっぱりテンカウント面白いです!

今回やっと最後までいった二人でしたが、まだまだスッキリせずもやもやさせられます。
(それが良いのですが……笑)
黒瀬の過去がわかり、少しずつ、さらに話が深くなって来た感じがします。

でも黒瀬には早く過去に捕らわれた状態ではなく、今の黒瀬として過去は関係なく城谷さんに夢中になっていただいて、心からラブラブな笑顔の二人が見たいです!

早く幸せになってもらって、ラブラブな二人のその後……的な話が読みたいです。(笑)

4

色っぽくなっていきますね>_<

テンカウントもついに5巻目…
今回はついに、でしたね!つ(赤飯)
そして宝井先生、セブンデイズから拝見させて頂いてますが、どんどん、どんどん、絵に色気が増していってるのが(////)
今までのサラッとした感じも好きでしたが、テンカウントはもっと好きです。
1巻と比べても、身体が、え、えろい…、!!
艶っぽい絵柄がシーンと良く合っていて、重厚感にドキドキ。cd予約必須です。
ストーリーは相変わらず、謎が多いかな…
ちょっと不穏なラストでしたね。あれは植田さんなのかしら、どちらにせよ一難去ってまた一難くる予感。
6巻も楽しみに待っています(*^_^*)

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ