hayukoさんのマイページ

レビューした作品

女性hayukoさん

レビュー数1

ポイント数16

今年度545位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

まあ、普通かな……

なかなかのボリューム
そしてなかなかのお値段

続編ということもあり、買ってみました
前作、そんなに嵌らなかったんだよなぁと思いつつ

で、あらすじと言うか詳しいところは皆さん書かれてるので内容1点これだけは知りたい

天音、結局レイプされたの?

そこんとこの描写がよく分からんのですよねぇ
まぁ、無理矢理口に突っ込まれてましたが、挿入されたような描写はなくていきなりそこで場面転換
攻めターンに入るからまるで挿入されてるかのようだし

うーん

あと、生理的にダメだったのが強制フェラされた天音にキスしたりとか
レイプあったのかないのか分からんまま生で致すのは

衛生的になんだかなぁ、と思ってしまいました

せめてシャワー浴びようぜ

ありきたり、かな

作家買いしているので迷わず購入しました
まあ、あらすじから少しは覚悟していたのですが……

言葉が悪いですが『使い古された設定』でしたね……

それでも何かしらハッとするような、そんな展開を期待したんですが結果小説や漫画でよくある話と変わらなくて正直ガッカリです

これ、書き下ろしなんですよね?

もう少し違うテイストを書いて欲しかったなー

作家さんのファンではありますが、萌が何にもなかったのでこちらの評価で

LOOPY PEEPS! コミック

るんぁ 

ちょいちょい足りない

絵に惹かれて購入
しかし中身は表紙ほど上手いわけでも綺麗なわけでもありませんでした
許容範囲内ではありますが問題はストーリーかな

設定でパリピでセレブってのは良くあると思うのでちゃんと感情表現とか気持ちの変化を丁寧に書いていかないと『え?』『は?』って感じでちょいちょい足らない展開

これは読み返すことないなぁ
エロに特化してるわけでもないしと思いました

切なさとか萌えが足りない分、笑えるところとか吹っ切れたエロがないと楽しめないです

こちらの作者さん、今は翠岡優名義で描かれてるんですね

なんかの見たことある絵だなぁと思ったらやっぱりでした

気付かずに何話か読みましたがこれまたちょいちょい展開に無理があり『あんまり変わってないやん』という印象

こちらの作品はもう手放しました

あたり!!!

こちらがデビューとは……!

すごい新人さんキター!
これからも作家買いさせて頂きます!

絵が好みっぽかったので思い切って買ってみましたがもうめちゃくちゃ当たりでした〜は〜何度も読み返したわ〜……

攻めくんがもうね、無愛想ここに極まれりって感じなんですがちゃんと後々理由も明らかになるし
受けくんの素直で前向きな所とかでもキレて口悪いとことか親近感湧いてくるし
伏線も綺麗に回収されてるしキャラみんな立ってて最高でした!

これは続編希望です!
スピンオフも希望です!

てか、編集さんにもお礼を!
とても素晴らしい作品を出して頂き感謝しかありません!

これからも楽しみに追わせて頂きます!

いいな!

これ、ワンコ攻め?
いやぁ、違う気がするー

属性にワンコとあるけどね〜

実はあまりワンコ攻めとかじゃないんです

初読み作家さんではありません、どっちもどっち、読んでみました

結論から言うとこちらの方が好き!
麦丸くんのクズが崩れる瞬間、逆にクズのスイッチ入る瞬間!どちらもおいしいです!

どちらもコミュ症だよね、これ

それもいいです!

書き下ろしも良かった〜
何気にガタイもいいよね、ぐふふ

人気シリーズ以外にもこういうのは描いて頂けるのは単純に嬉しいです

自作も期待です

萌えが皆無だった……

うーん、残念……

シリーズもので3作目、一応そこそこ楽しみにしてました
シメオンとワスレナのCPのくっつき方にあまり納得してなかった分、どんな風にお付き合いしてるのか気になったワケです

まあ、定番の当て馬キャラがこちら複数出てきます

シメオンにはヴェニス
ワスレナにはディンゴとフレドリック

これがなー、動機付けが弱い気がするんですよね……

受けのワスレナがシメオンとヴェニスの仲を勘ぐるのですが理由が独房で2人きり話し込んでいるってこととヴェニスのフェロモンが過剰な為誘惑されるんじゃないかって2点

箇条書きすると十分嫉妬に値する気がしなくもないですが無理やり感があります

そもそも学者肌でワスレナ以外に発情しないはずのシメオン
ディンゴやヴェニスを早く処刑したがってますが実験対象として生かしてるわけです
観察対象と話し込む(会話は他者が聞けないよう遮断しているとはいえ)くらいで『捨てられるかも』『ヴェニスに心変わりしたかも』は飛躍しすぎじゃない?

どこをそんなに不安がって1人でうだうだするような事ありました?って置いてきぼり感がありました

又、分かりやすくワスレナに絡むディンゴとフレドリックに対して嫉妬剥き出しのシメオン
これはまぁまだ分からなくもない

ディンゴはワスレナの愛した人だったしフレドリックは過剰に絡んできてて明らかにワスレナ狙いな描写が多かったからね

で、こんだけ分かりやすく嫉妬されてるのになんでワスレナはそんなに『別れるかも』って怯えるの?

そこんとこが分からない……

子供が中々できないのも不安要素みたいですがこの書き方もね、なんか古臭い

子供産んでなんぼみたいな
時代遅れじゃない?

アルファをインペリアル
オメガをコンセプション
運命の番をべターハーフ
とわざわざ凝ってるところは凝ってますが肝心の文章や表現方法にはクビをかしげる事しばしば……

受け視点で書かれるBLは多いですが葛藤や苦悩はもう少し説得力ある方が感情移入しやすいです

基本的作家買い派なのですが、今後はないかな……

擬音www

ふむふむ

結構序盤で『ああ、人格たくさんある系かー』と分かりやすい伏線でした

受けが、お父さん殺したんじゃないの?と思いつつ……
死体の始末だけ、攻めがしたんじゃないかなぁとか……

私的にはそこまで病んでるとは思わなかったです

エチシーンはいつもながら擬音すごいですwww

じゅっぽじゅっぽとか
ぐぼぐぼとか

書いてて笑っちゃうwww

ここまでくるとむしろエロくないwww

たまに口直し的に読みたくなりますね、丸木先生……


サラッと

短編集で読んだ後、楽しみにしていました
皆さんの感想にもありましたが大きい事件よりも3人でのラブラブシーンが多い印象です

エチシーンがエロくて良かった〜

受けの辻さん、エロエロしいのに侠気あってモテるのわかるわーってなりました

攻めですが私は基本的に大人の攻めが好きなので短編の時は敬語攻めのこちらが好みでした
反してもう1人の攻めはワンコ攻め、こちらはあまり普段から惹かれないので今回もそんな感じで読み進めてたのですが……

意外なことに、ワンコ攻めの方が良かった
こっちの攻めの方が大人なんですよね
だって我慢してる、肝心なことは待て、してます

健気な攻めって感じ

もう1人の敬語攻め、こちらは何というか大人なくせに受けに対して狭量www

いや、通常のケースならいいんですけど3人ならねぇ……

大人の余裕が欲しいもんです、嫉妬しすぎ
しかも、いつも最後までしてるのは自分の方なのに初めてのワンコ攻めのターンに邪魔しないでよって思いました

余裕ないのはいけませんよーwww

全体的に面白かったですが、全体的にいつもより軽め

サラッと読めて面白かったです

吉原だからこそと感じられるお話

はい、吉原もの、大好きです!

一般やBL、ジャンルに限らず吉原ものが好きです
儚さや、哀しさ、愛しさ、美しさ、憎らしさ

全てが詰まっている気がしてですね……

こちらも大変楽しく読ませて頂きました
おはぐろどぶに沈む姉女郎の遺体を胸に、受けである暁芳が語りかける言葉に嗚咽が漏れました

ああ、なんてなんてツライ……

エッチシーンも確かにエロエロではありますが、随所に垣間見える哀愁でそこまではエロさを感じません

でも、それがいい

題材に反して禁欲的なのが良かったです

男花魁……まぁ普通は蔭間でしょうけど
なさそうで新鮮でした!

攻めの、不器用ででも一途で朴訥とした色男っぷりがよかったです

榎田さんは、ほんとハズレがないなー!

どれも性癖に突き刺さる良作

どの短編も面白かった!

まず、1つ目の短編
『痛い靴』

攻め、初めからチラチラ垣間見える執着がなかなかクセになる……
はじめから受けを落としに来てるのが伺えます

引き抜き、孤立、ストレスからの罠に嵌めて落とすまで

もう、最初から逃げようがなかったんでしょうね受け不憫……!

でも、こちらなかなかどうして攻めと対等な変態に育ちそう……そう思わせるラストで面白かったです!


2つ目の短編
『ストロベリー』

こちらリバでした
苦手な方もいるかもです

が、何というか攻めが受けにイタされた後、絆されちゃう懐の深さは気持ちいいくらい男っぷり上がりました!

何で受けがそんな暴挙に出たか、理由はまあ勘違いなんですけどどう勘違いしたのか読んでてすぐわかります

なので安心して読めるかな、ラブで終わるんだろうなって


3つ目の短編
『10×3』

このタイトルだけ意味がわからなかった……まあいっか……

続編も出ているようで読むのがとても楽しみです
攻め1の敬語が地味にクるし攻め2のがっつきっぷりも悶える
何より受けが男らしくて快楽に正直なのが良いです

そうよね、エッチって楽しまないとさ
どんな性癖でも本人達が楽しんで気持ち良ければなんでもいいよwwwって感じです

こちら続編もぶれずにずっと3Pらしいので期待してます!途中でどちらかとだけ、とか最後はどちらかとか求めてないのでwww


4つ目の短編
『カルメン』

受けが攻めを受け入れる心理描写が少し駆け足な気もしますが何と言っても睡姦未遂シーンが個人的には美味しかった!
盛り切った攻めの暴走具合、受けが寝ているからこその箍の外れ方!エッチシーンより楽しかったです


5つ目の短編
『クリスタル』

これ、一番好きでした
エレベーターに閉じ込められる攻めと受け
ありがちな設定ではありますが排泄シーンが素晴らしい

この後、花瓶どーすんのってハラハラはしましたwww
だって横置いてやっちゃったら倒れそうじゃんてwww

ま、そこは小説なんで深くは考えなくてもいいんでしょうけど

受けに裏切られたと思って攻めがイジメまくるのですが、もうまさに嫉妬と焦燥とそれ以外に受けを泣かせて興奮してるとことかね、鬼畜っぽいけど溺愛ですよこれ

根底に受けが好き過ぎて暴走してるのが丸見えで萌えます

で、誤解が解け受けが泣きじゃくるとこで形成逆転ですよ

文字通り尻にひかれる攻め

この、結局最後は受けに翻弄される所が良かった!
それがまた幸せっつうかね……

是非是非続きが読みたいです!


最後の短編
『書生の戀』

こちらは現代に至るまで往復書簡と小説、電報、メモで綴られる戀の話

これ、ひ孫さんが見つけてくれて本当に良かった
メモで泣いてしまいました

なんて純粋な気持ちなんでしょう
言葉って本当に素敵

一度も会うことがなかった曽祖父とその読者との戀
実らなかったけど清廉で美しくて……ああ、語彙が足りなくてもどかしい

どの短編も素晴らしかったです

最近作家さん買いしてるので他の小説を読むのも楽しみ!

短編集ならではの良さが詰まった本でした