★アッサム★さんのマイページ

レビューした作品

女性★アッサム★さん

レビュー数1

ポイント数14

今年度691位

通算--位

  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

無垢な神官を体から落とす王子。

大国エスヴァルドの第一王子(レオンハルト)×北端の小国フィオラノーレの神官(ナザリオ)の物語。
3冊目の発売に出会う事ができて、シリーズものと知らずに購入。
前作があると知って慌てて電子で前作を読んだ次第です。
電子はイラストはついてないのが残念でしたが、
面白くて3冊いっきに読んでしまいました。
読み終わった後ではナザリオを溺愛するスパダリという印象のレオンハルトですが、最初はナザリオが自分の花嫁を占いに来たと知るや、自国の大臣が依頼してわざわざ来てもらってるのに、いくら自分の意思ではない依頼とはいえ、いきなり帰れと言うレオンハルトにさすが王子様は我儘やのう…ってなりました。
読み進めるときちんと謝罪していたので自分を顧みられる人で良かった~と一安心しながら読み進められましたが…
あと、レオンハルトの意外なところが、かなり手が早いって事でした。
え、体から落とすの?ってなりましたが、ナザリオのあまりの鈍感さ故か、ライバルに出し抜かれないようにか、はたまた唯々触れたい欲求に勝てなかったのか…全部かなぁと続編も読み終わった今では思ってます
一方のナザリオはほんとに無垢な神官で、心綺麗すぎて眩しいってなるほど無垢で純粋で…そりゃみんな惚れるわ~って感じでした。
そして、なんつってもピーノとロッコが可愛い
この2匹はレオンハルトとナザリオの恋のキューピッドじゃないかなぁと思いました。
なんかモヤッとした所は、テオがこの2匹を触れないって所。
ナザリオへの忠誠心というかなんというか…を考えると心優しいテオがなんでこの2匹を触れない…というか避けてるんだろう?ってなりましたが、スピンオフのシリーズ2冊目で理由が明らかになってスッキリしました
他の心残りは脇キャラのクラウスが不憫で可哀想だったので、彼にも誰か心からの存在を~と思ってたらスピンオフのシリーズ2冊目で幸せになれて良かった~となりました

タイトルから分かりますが、クリストファ視点

日常のあるひとコマでクリストファのヤキモチが綴られています。
年下攻めと年上受けの甘酸っぱさが読めて楽しかったです。
後、リュカとシルヴァンがとてもいい!
察する能力が高すぎて、アシュリーもクリストファも隠し事出来ないな…と思いながらも、気持ちを正確に読み取ってくれる理解者が側にいるのはとても幸せな事だなぁと思いました。

年下不器用スパダリ?

攻めのクリストファと受けのアシュリーの出会いから物語が始まります。
視点は幼い頃の攻めから始まり、受けと攻めの両視点で綴られています。
両視点だけど、混乱する事もなく読めるのはやはりプロの作家様ならではかなぁと思いました。
辛い事もあるけれど、色んな出来事が二人の幸せに繋がっていたんだなぁと満足できる読了感でした。
****ここからネタバレあり感想****

クリストファがとにかく年下なのに年上か?と言いたくなるほど落ち着いた攻めで、落ち着いてるが故にアシュリーに気持ちが伝わりにくくてもどかしい!ってなりながら読んでましたが、10日間離れた時にもらった書簡でアシュリーの気持ちの一端を知ってから、周囲を構わず発揮される独占欲に年下さを感じて、いいぞ~!!ってなりました。
しかも、そんな所からアシュリーに貢いでたのか…愛ってすげーな、となったあの事実は思いもよりませんでした。
リュカのアシュリーへの献身は、実はアシュリーの事を…とか邪推してしまったけど、先生のあとがき読んでそっちか!となり、リュカのお話も読みたいものだわ、と最後まで楽しく拝読致しました。

今回は切なかったです。

シリーズ4作目。
警察モノで非BLですが、情報屋がゲイバーのママだったり、3作目で主人公の上司がもしや…と思う感じだったりとBLとしても色々楽しめる要素があります。
今作は上司と主人公の2人きりだったり部署に増員が入るお話。
特殊能力係ってだけに、3人目も特殊能力もってますが、それによってあんな切ない結末が用意されてるとは…
作品の中で、能力はあっても自覚がないとダメって言葉があったのですが、確かにその通りだなぁ…と色々しみじみ思ってしまいました。
最後の沖縄からのメールでかなり復調しましたが、今作は本当に切なくてやり切れない想いが込み上げる4作目でした。

エロ多めだけど、真面目な要素もあって素敵な作品

最初は設定的にう〜む…って悩んでて、積んでる先生の作品を先に拝読するか…とか思っちゃったのですが、笠井先生の表紙ラフを拝見してラフ(可愛さ)と完成表紙(美麗さ)の差にめっちゃ気になりだして、フォロワさんのひと押しで購入、即読みでした

いやぁ、やっぱり優しくて読み終わった後に自然と笑顔になれる作品でした。
面白かった‼️
デラックスな魔女はついついあのお方が頭に浮かんじゃったけど好きな方なのでそらも楽しかったです。
先生の作品に出てくるキャラは完璧じゃない人達で、それがとても人間臭くて大好きです
お互いを認めあって、必要として一緒に生きて行くっていうのが、自然に無理せずピタッとハマるカプが多い川琴先生作品。
無理はしてないけど、努力はしてるのが感じられて、「ああ、いいなぁこのカプ」って感じる、毎回。

それと、フォロワさんから飯テロって聞いてたけど、まさかのたまご料理専門店完敗です。
うちの近くにも史のお店があればいいのになぁ…
私、たまご料理大好きなんですよね。
毎日史のたまご焼き、食べたい。

あと、笠井先生のラフ画でも全イラスト見てみたいと思っちゃいました。
ラフ画可愛すぎませんか…完成が美麗なだけに…ギャップ萌え

レイの家族も素敵だったし、史のお母さんも不器用だけど優しい人で素敵だったな。
やっぱりとても素敵な作品でした。

過去の辛すぎる経験を乗り越えての幸せが染みる

警察学校モノって事で、舞台が最初から私のツボな作品とタイトルで分かってはいましたが、拝読して大好きが詰まりまくった作品だなぁとなりました。
小学生時代の同級生との苦い思い出と、ツラい経験が蘇る再会。
すれ違う2人、分かち合う痛み…からの溺愛✨
はぁ♥めっちゃ良かったです
過去のツラい経験と共に拗らせまくってる2人が、全部分かちあって思いを交わすシーンも最高でしたが、私は蝶に…蝶々に泣かされました
蝶々に泣かされて、2人に泣かされて、感動しまくって、最後の温泉で…まさかの1か月後宣言。
いや、そりゃキレるわ。
最後に笑わせて頂きました

DEAD LOCKシリーズ 短編集3作目

2015年から2019年までの番外編14作と書き下ろし1作とか…豪華すぎです
読めて一番嬉しかったのは、パコとトーニャの番外編です。
ずっとずっと気になってたのでほんとに嬉しかったです‼️
先生、キャラ文庫様、ありがとうございます
表紙のイラストも素敵ですが、口絵のイラストのディックが…このまま飲料CMになりそうなカッコ良さでした
やっぱりDEAD LOCKの世界は大好きです。
短編なのに毎回感動があって、涙したり、笑顔になったりしながら拝読しました。
読んでて自然と笑顔になる作品、本当に素敵な作品です。
ユウト達は架空の存在なんだけれど、LAに行けば何処かですれ違えそうな…そんな実在感があって、読む度に私も頑張ろう!と思わせてくれる素敵なキャラ達がいっぱいで、彼らに出会わせてくれた先生方に本当に感謝しかないです

徳永さんって実は…と思ったシリーズ3作目

忘れない男シリーズ3作目。
今回も特能係の2人が犯人逮捕に活躍します。
以前徳永さんとバディだった刑事が襲われる所から始まる物語。
なんか不穏な感じからのスタートですが、今回も犯人に切ない側面があって…人を襲うのは決して許される事じゃないけど、犯人に寄り添う気持ちがあるのも人として徳永さんがとても素敵だからだなぁ、と改めて大好きになりました。
事件はなんとも切ない感じですが、事件以外の部分では1作目とは逆に瞬の家に徳永さんが泊まったりして、徳永さんの普段瞬に見せないのに、今回は見せてる行動とかが深読みを誘って楽しい
非BLですが、徳永さんの情報源がゲイバーのママだったりして、実は徳永さんがそうとかないかなぁ…と勝手に妄想して楽しんでました
しかし今回は徳永さんがそうなのでは!?と思うシーンがあって…シーンというか、友人刑事の高円寺の一言なんですが、ちょっと勝手に1人で興奮してしまいました
あと、遠宮課長という美人新キャラがめちゃ気になる。なんか徳永さんと過去に色々あったのでは…と色々深読みしたくなるシリーズ3作目でした
もうシリーズ6作目まで出てるのでやっと半分まで追いついたって感じですが、シリーズを読み進めるほどに面白くなっていくので先が楽しみです

セクシャリティをも凌駕する一目惚れ

女好きの遊び人攻ヴィハーン×深窓の天然健気受シャウーリャの物語、とっても面白くて一気読みでした。

お互いにほぼ一目惚れ状態なのに、中々自分の気持ちに気づけない2人の心の揺れ動きに焦れながら読む楽しさを堪能致しました。

小中先生も書かれてましたが、表紙をめくってすぐの口絵カラーのヴィハーンの色気にクラクラして、あまりの色気に直視出来ず、思わず本を閉じたり

小中先生と石田先生のタッグと聞けば、今回はどんなスパダリかと思っていたのですが、最初はなんてクズ野郎なの!という印象で、シャウーリャが可哀想で切なかったです

でも読み進めていく内に、人としてはとても魅力的ないい人なんだなぁ…惜しい!っとなり、最後はもうスパダリ確定なこれからのヴィハーンへの期待がいっぱいでした

シャウーリャも男なのに他国へ嫁がなければいけないという自身の境遇を悲観するでもなく、淡々と受け入れて前向きに努力しようとする芯の強さがあって、とっても好感がもてました。

読み終わって、この物語がいつまでも終わって欲しくないという思いに駆られ、即読み返し始めてしまいました。

カップルの幸せがとても素敵な作品

タイトルだけ見て、どこかの国の王子様と人魚とかのファンタジーなお話かなぁ…とか思ってましたが、あらすじ読んで ん?ファンタジーじゃない⁉️ってなって、気になってましたがやっと拝読出来ました。
そして最初の話を読んで、なるほど深海魚ってそういう事か、ぷぷぷとなりました。

恒生(攻)と奏(受)が出会ってからへたくそなのが分かるまでの恒生の株がジェットコースターみたいに上がって下がってだったのが面白かったです。
外見が最高に好みなのに、エッチが…って中々のダメージだなぁ、二人とも。

最悪の別れ方をした後に再開してから、段々と距離が近づいていく過程も楽しかったです。
いやもう好きになってるやん、それ。って何回心の中で奏につっこんだか。

自分の恋愛観が変わる様な相手に巡り会えた2人はとても幸せで、付き合いだしてからの話はめちゃくちゃラブラブでした。
エッチもめっちゃラブラブだった

幸せが滲み出てる2人に、読んでるこっちも笑顔にさせられる。
そんな素敵な作品でした。
めっちゃよかった~
年下ワンコ攻め、サイコーです