みににさんのマイページ

レビューした作品

女性みににさん

レビュー数2

ポイント数11

今年度262位

通算--位

  • 神2
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

面白かったです!

1巻&2巻セット【イラストラフ画集付き電子限定版】を購入して一気に読みました。面白かったです。2巻を読み始めたあたりから、読み終えてしまうのは残念だしでも続きは気になるしで複雑な気持ちになるほど。作画を担当されている麻々原先生のイラストラフ画集も良かったです。 身長対比図にワクワクしました!

使徒や登場する貴族たちが持つ紋章などの設定に惹かれました。点だったことが線になったときは脳内で「わー!!」と言ってしまうほど楽しかったです。
また、これぞ樋口作品!というような部分もこの作品の魅力のひとつだと思います。具体的にあげると、人の『立場』や『役割』についての捉え方や登場人物たちの思考の流れ、色んな思いを受け入れることができるタイプの受(柔軟とも少し違うような…)が出会っていく人たちによって成長していく過程などです。個人的にそういうところが樋口先生の作品を読んでていて好きだなと感じる部分なのでとても楽しめました。

いわゆるエロの部分は、多くはありませんが作品のバランス的にはちょうどよかったかなと思います。ただ、気になったのは『潮』描写。同じぐらいの時期に出た別作品でも同描写がありその時も思ったのですが、なんとなく作品の雰囲気と合わないなと感じました。完全に合わないというわけではないですが…特に必要性を感じなかったというか…うーん、本当になんとなく。曖昧ですみません。

実は樋口先生×ファンタジー作品の組み合わせには少し苦手意識があったのですが、それも杞憂に終わりました。
(途中で断念していたムシシリーズをリトライしてみようと思いました!)
全体を通してとても面白い作品でした。
三巻の発売が待ち遠しいです!!
解けた謎もあれば深まる謎もありまたまだ謎ばかりで早く続きが読みたいです。

好みドストライク!

『ドラッグレス・セックス』に収録されている高校生男子2人が主人公の『ドラッグレス・セックス 辰見と戌井』の続編。一冊まるまる表題作。あらすじ等はちるちるの作品ページにある内容を参照ということで。

最高です!!好みドストライクすぎて、こんなにも繰り返し読んだ漫画あろうかというくらい繰り返し読んでいます。
そしてエロい。タイトル文字列からの想像を裏切らないほどエロも濃い目で読んでいてパァーッと明るい気持ちになります。気分が落ちている時なども、これを読めば浮上度は気分の沈み度にもよりますがたいてい浮上できます笑!
(ただ、タイトルから受ける印象で興味というよりは引いちゃう度合いの方が大きい人はこの作品とは相性が良くないかもです。)

主人公2人のバランスがとても好きでした。
執着攻めの戌井と治安悪だけどだんだんと攻めに絆される受けの辰見。この作品だからこその唯一無二というような攻め受けのバランスではありませんが、今まで読んだどの感じよりも好みにはまりました。

それと、デフォルメされたちび戌井とちび辰見がかわいいのもこの作品の魅力のひとつです。
登場のタイミングが絶妙で、たまに漫画を読んでいると話の流れを台無しにするようなデフォルメちびキャラ登場のタイミングを見かけることがあるんですが、そんなことも全くなくて…シリアスになりすぎなかかったりコミカル展開の落とし所なっていたりと作品の面白さをより際立ていたように思います。

2人のあれこれがもっと読みたいです!
続巻希望です〜♪

※電子書籍で購入。eBookjapanとRenta!の2つで購入しましたが、Renta!の方が修正が少ないのでお勧めです。

世界観に心踊るもあらゆる方向から飛び出す伏線に翻弄される…!

アメリカの流通大手企業と中華系裏社会を舞台に繰り広げられる長編シリーズ(?)の19作目。『龍の帰還』ということで、龍であるティエン(攻)と高柳(受)がメインの話……ではあるのですが今までの登場人物が濃いめに色々出てきます。このシリーズは巻数表記がないし、毎回作品冒頭での設定説明もしっかりされてるのである程度は単巻で読むことも想定されているかもしれませんが、タイトル頭文字で『龍』『獅子』『鳳凰』『虎』『麗鳥』、それと『ウェルネス(龍獅子鳳凰虎麗鳥以外のタイトルもの)』シリーズ通して読むことをお勧めします!巻数を重ねるごとに登場人物が増えていくうえに濃厚に絡んでくる&伏線が色んな方向から飛び出してくるので(笑)
※ちなみに、わたしは電子版で読んだので巻数表記がないのにはとても苦労しました…個人的には巻数表記をして欲しいくらいです…。でもこれはラヴァーズ文庫のあるあるの仕様なのかしら?ちらりと見た紙版の巻末にはシリーズとの紹介が載っていたので、そちらや各種情報サイトなどを確認していただいた方がスムーズに読み進められるかと思います。

シリーズ通しての作品の世界観感も好きだし、その中でも、個人的に『龍』カップルの作品1番好きでなのですが、本作の内容としてはどのあたりの評価にするか迷うところというのが本音です。
私は1カ月くらいの間でこの作品を含めた既刊本を一気に読みました。その間に、面白い期〜ほとほと期〜停滞期〜面白い期を繰り返しまして、数巻前から面白い期絶好調?!というような時期にこの作品を読みました。その流れで読んだからか、結構ワクワクしながら読み進めることができました。
が、しかし…です。
設定や話の流れが難解なうえに、この1つ前の作品から始まった伏線が物語の方向性をさらに不思議なものにしたこともあり、作品の結末がこの物語の結末ではないだろうとも思うので、面白いのになんだかよく分からないところもあるしでなんとも不思議な気持ちの読了感といった感じでした。ちなみに、今回のキーとなっている問題は謎のままもしくは未解決です。
個人的には1番お気に入りの登場人物であるティエンの出番は物語の進行上とはいえメインにしては少なめで残念でしたが、それでも龍カプのラブラブなシーンも堪能できたし、高柳のヨシュアへのブチ切れっぷりやらティエンへの思いやらを読むことをできたのはよかったなーと思います。
ということで、中立というよりは萌だし、萌×2というよりは萌というような感想です。

次回はどんな展開になるのでしょうか。
ティエンがもっと読みたいな…あと『鳳凰』の遠藤くんの登場も願いつつ、次回作に期待です!!

ときめきます!

ベテランアイドルデュオCROWの八雲(攻)と凛(受)の2人を中心に、エンタメ業界で活躍するミュージシャンやお笑い芸人などの恋愛模様や人間関係やらお仕事やらを描いた作品。エロは少なめで、ライトなBL作品。

10年以上前に紙本で集めて読んだ作品で引越しの時に手放したのですが、CIELのお得キャンペーンで電子版一巻が無料で読むことができたのであらためて読みました。
いや〜、佐久間ワールド全開だった〜!
紙本で集めていた当時のときめきが蘇りました!
登場人物、特に主役の2人の雰囲気が好きでした。
ベテランアイドル凛(受)の神経の図太さやら肝の座った感じ、スパダリ感漂う八雲の凛溺愛な感じとか。
そして、2人とも仕事ができる男〜!大好物!
エンタメ界のキラキラした感じもありつつ、アイドルって可愛いだけが魅力じゃなくてやるときはやるよ?的な感じもありつつ、困難や苦境が訪れても才能と持ち前の性格やらで突破していく感じもありつつ…。
うまい言葉で表すことができませんが、個人的にはこういう世界線あったら最高にときめくよね?!〜的なものがたくさん詰まっています。
漫画らしい漫画というか…夢の中に入っているピリッとした現実もやっぱり夢で、安心して漫画という素晴らしい夢の世界に没頭できる作品です。

ライトなBLが好きな方におすすめです。

その世界観にうっとり

人間に恋をして人間になるために死神狼となった狼王子ラディク(攻)とチェコ国籍をもつ日本人獣医の十和(受)が、お互いを思い合いながら深く愛し合い、そして、彼らなりの真実の愛に辿り着くまでの話。ハッピーエンド!
『銀狼の婚婬』の世界観とリンクしているので、合わせて読むことをお勧めしたいです。

人間生活としての知識はあるものの経験はなく、すべての物事に対して新鮮かつピュアな反応するラディクがとても可愛かったです。
1番キュンときたシーンは、十和に愛しさを伝えたくてキスをしたいラディクが、そういうことをするタイミングや空気があるからと十和に止められ「空気には何も書いてないから分からない」「今はダメなとき?空気になんて書けばいい?」と返したところ。
捉え方次第では屁理屈みたいな言い回しですが、作中のラディクが言うとこれがびっくり…!とても可愛くてキュンとしてしまいました。

主人公達の恋模様は激しい喧嘩や2人の仲を揺るがすほどの当て馬もいなくて一見うまく行っているように見えるのですが、愛についての捉え方や置かれている環境の違いが常につきまとっていて肝心なところで噛み合わずを作品の空気に憂いが漂っていたように思います。(そこはもう華藤作品の醍醐味ですね!)
そこにとても惹かれたし、雰囲気に酔いしれるとはまさにこのことかと思いました。
華藤先生が紡がれる静かで美しい憂いとyoco先生の繊細で美しいイラスト、チェコ、ボヘミアの森、雪原、狼、この作品を構成する要素の組み合わせにとてもときめきました。
そして、本編のあれこれを経ての特典SSはもうご褒美と言えるほど甘くかわいい展開で満足感たっぷり。

主人公周りの人たちも概ねプラスの方向(設定上どうしようものないことはありますが)でことが運ぶので、少し拍子抜けの部分もありますが、最悪な展開になるよりはいいかなと思える範囲でした。

面白かったです。

変態攻めがクセになる!

世が世ならお殿様になっていたであろうお家のスパダリ攻め(国家公務員 市役所出向中)と家族の大黒柱として働く苦労人なクールビューティー受(市役所秘書課勤務)が、とあるパーティでの出会いをきっかけに、恋人ではないもののの、訳ありの『夫婦ごっこ』という名の同居生活をしながら愛を育んだりすれ違ったりするお話。最後はハッピーエンド!

攻めの変態ぶりに拍手を送りたい!すごかった!
ほかの作品でも変態攻めはいますが、鳥谷先生の表現力が攻めの変態っぷりをより際立たせていたように思います。鳥谷先生の変態攻めハマりそうです!

変態攻めも楽しかったし全体的にはハッピーエンドでしあわせな終わり方でしたし楽しく読んだのですが、内容で気になったところがちらほらありました。
最初からぽつぽつと起こる事件たち。
点だった事件がいつか太い線になるのかなと読みながら漠然と思っていたのですが、特に大きく繋がることはなく(多少の繋がりはありましたが)わりと単発の点のままだったので、繋がらないのであれば、少し事件が多すぎなのでは?と個人的には気になりました。
しかし、その“点”の事件たちは主人公たちの日常でもあり、その積み重ねで気持ちの面も変化していくのかなと思うとそれらは必要だったのかなとも考えました。
そして、そのことよりも(というか一番)気になったのが、幸野(受)が自分の性癖や伊豆倉(攻)に嘘をついていることについて、伊豆倉に打ち明けるをするシーンがなかったこと。
結婚という流れにまでなるのにそのシーンさがないのは不自然な気がしましたし、大大円で終わっただけのそこのシーンがあればがもっとスッキリ晴れやかに終わったのでは?と思い、なんとも惜しい気持ちになりました。

2人の幸せな時間が少しでも長く続きますように

タイトル通り、黒豹の帝王と砂漠の生贄のお話です。
お話の根底に悲しく切ない背景があるので全体的に明るさよりも憂とか切なさが漂う雰囲気の内容ではありますが、最後はバッドエンドではなく幸せなひと時が待っています。
すべてが丸く収まりハッピーエンドというわけではありませんが、主役の本人たちが最終的に幸せと感じられる状況を掴めたのならばあとはもういいかなと。
そう思わないと切なさをずっとひきづってしまいそうで…

そして、物語の憂い満載の世界観をさらに引き立てるのが葛西リカコ先生の美しいイラスト。
憂いや切なさと美しさの相性は抜群ですよね…。
憂い全開の気分で話を読んでいると、急に砂漠の帝王が素直だけどわがままな子供みたいなかわいいことを言う瞬間があって不意を突かれました(笑)
不器用だけれどもとても素直な帝王で、話を読み進めていくうちにだんだんと可愛く見えてきました。

本編のあとに番外編SSがあるのですが、本編であまり味わえなかった幸せで甘々なだけの2人を味わうことができてよかったです。
欲を言えば、もう少し甘い時間を味わいたいなと思いました。

長男様のオーラに萌えました!

夜光花先生、初読みです。
気になってはいたもののなかなかきっかけがつかめずだったのですが、今回『狼に捧げたい-眷愛隷属-』電子発売企画で既巻がお得に買えるということだったので、前作の『きつねに嫁入り-眷愛隷属-』を読了したあと長男のことが気になりすぎて本作も購入しました!
(なぜ1作目を買わなかったかというと、あらすじ読んでみて自分の好み的に2作目からがいいだろうという予感がしたので…。)
期待通り、長男素敵でした!さすが力の強い討魔師かつ長男。帝王というか王様のような雰囲気がある人でした。大好物です。
柚が耀司の寝込みを襲った時もきっちりキスには応えつつも、その後、もっともらしく柚を嗜めるシーンにとても萌えました。

『きつねに嫁入り』を読んだときから思っていたのですが、こちらに出てくる攻めの人達の力の強いこと強いこと(驚)! 耀司、有生の手にかかればどんなに厄介な相手もコロッとスルスルッと討伐してしまうのには、やばい2人強いかっこいい…!って思う反面、逆に相手はこんな弱くて大丈夫なの?妖魔界大丈夫なの?と、物語とはあまり関係ないことを思ってしまいました(笑)
圧倒的な強さを持つ攻めに対して、受けはわりと無鉄砲というかおバカというか…(慶次は半人前というのもありますが柚も慶次も無鉄砲がすぎるような…)、攻めが好みすぎるだけに受けが自分的にはあまり好みのタイプでなくて、その辺りはちょっと惜しい気持ちに。

今回『狼に捧げたい』の後半に入っていた有生&慶次のお話が結構好きでした!ケンカップルな2人の文字通り狸も食わない甘さ強めのやり合いが見れて楽しかったのと、本編のあとに続く話になるので、2人の恋路の行方や耀司の気持ち、柚の今後など、いろいろ未消化だった本編でのメインの人たち以外の事情を少しだけでも知ることができて嬉しかったです。
『きつねを嫁入り』を読んだ時よりも『を読んだあとの方が有生&慶次のカップルのことが好きになりました。

そして、前述した通り、本編はいろいろ未消化で終わってしまったのでぜひ耀司&柚の今後が読みたいです!先生楽しみにしてます!お願いします!

表紙が最大にして最高の萌えでした!

市梨きみさんはお初の漫画家さんでしたが、とても綺麗な表紙に心が踊りました〜。
あらすじでオメガバース作品だということを認識していたので、もしかして重めかも?と覚悟していたのですが、読み終えてみれば読む前の想像よりもライトな感じだったなというのが感想です。
しかしながら、ライトだからこそテンポよく楽しく読めたのかなとも思います^^!
評価は『萌』ですが、続きがあれば是非読みたいし、続編が出たらまた1巻に戻って2人の最初の出会いから読み返したいなと思う作品でした。

※追記
最初にあげたレビューを修正して、再投稿しました。

続編が読みたい作品です!

前作の『檻の中の王』から続く三作が好きだったため、本屋さんで見つけたとき、「またあの世界観が読めるのね!」と大興奮しました。

前作と同様にとても面白かったです。
ちなみにお話は一気に読み進めましたが、個人的には一度目よりも二度目と読み返すたびに面白くなっていく作品なのかなと感じました。
パブリックスクールを統率する者の人物像もキャラ達の位置付け(主役2人周り含め)も前作と異なるところがちらほらあり、最初は戸惑う部分もありましたが、最終的にはそこが面白いポイントであり何度も読み返していろいろとじっくり考えたくなるところでもありました。

そして、今回も美しいイラストで感激でした!
しかし、ああ…英国の貴族様!という感じでうっとりとするかたわら、スタンの表紙の雰囲気から受ける雰囲気と本編内との印象に、少しズレを感じました。
(ケイトに関してはあまり感じなかったのですが…。)
そのズレが作品の最後まで続いたこともあり、頭の中で消化するのに少しだけ体力を要してしまいました。
具体的には、表紙のスタンはこの作品の序盤もしくは始まる前のスタンと考えるのが妥当なのか、スタンの内面から出る表情なのか、それとも、これからのスタンとして捉えるのかとても悩みました。
(ちなみに体力を使うとはいえ、それを悩むのもとても楽しかったですが)
自分の頭の中だけとはいえ、「これかな」と断定するには材料が足りず、もっとスタンの色んな姿が見たい!と思いました。

続編が読みたい作品です!