コミック

  • ドラッグレス・セックス 辰見と戌井

ドラッグレス・セックス 辰見と戌井

dragless sex

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作ドラッグレス・セックス 辰見と戌井

戌井,オタクな高校生→大学生
辰見,高校生→大学生

その他の収録作品

  • ラッキースケベ
  • オマケ(描き下ろし)
  • カバー下 あとがき

あらすじ

ヤリチンの辰見(たつみ)はフェロモン症の罹患者にも関わらず、
抑制剤を飲まずに校内の女とヤリまくる日々を送っていたが、
根暗なクラスメイト・戌井(いぬい)が自分のフェロモンに反応していることを知り、
興味本位で戌井を誘惑するも逆にメチャクチャに犯されてしまった。(「ドラッグレス・セックス」より)
戌井の強引な押しに負けて付き合い始める二人だが…
前作に読み切りで登場した辰見&戌井のその後を描いた待望のシリーズ続刊!!

フェロモン症パンデミック再び!!!
絶倫一途なオタク男子×元ヤリチンツンデレ流され系
不幸なハプニングから真実の愛は生まれる――?

【収録作品】
ドラッグレス・セックス辰見と戌井#01~#06
おまけ(描き下ろし)

作品情報

作品名
ドラッグレス・セックス 辰見と戌井
著者
エンゾウ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人セレクション
シリーズ
ドラッグレス・セックス
発売日
ISBN
9784801963580
4.5

(843)

(613)

萌々

(135)

(51)

中立

(14)

趣味じゃない

(30)

レビュー数
70
得点
3772
評価数
843
平均
4.5 / 5
神率
72.7%

レビュー投稿数70

エロさは半端ないまま、甘さも半端ないよー♥

『ドラッグレス・セックス』続編は、オタク高校生・戌井×俺様ヤリチン・辰見をクローズアップ、まるごと一冊、二人の話です!

前作では、アイドルオタクがヤリチンをメス化させちゃうところがエロ激しめで描かれていましたが、今作は一冊まるごとですからね、二人の気持ちなんかもしっかり描かれていて、もーうエロさだけじゃなく、甘さも半端ないです^^


フェロモン症を抑える薬を飲み始めたら、女子に相手にされなくなった辰見。
戌井の部屋まで行ったのに、戌井まで薬飲んだら自分に興味ないのかと拗ねてるけど、そんなことはない!
戌井は前回の激しめレイプを反省して、辰見にやらしいことしないように必死に我慢してるんだよ~。
辰見も襲われるのは嫌と言いつつ、興味無さそうな態度を取られると悔しくて誘ってしまう天邪鬼ぶりがかわいい♪

でも辰見から触っていいと言われると、戌井はもう止められない!
辰見も「俺だけのものになって」と激しく求められる受け身のセックスが気持ち良くて…

友達の前で、デートの約束なんかしちゃって、二人はすっかり公認カップルです♪
辰見はいちいち嫌がる素振りを見せるんだけど、デートも、アイドルコスプレも、ハメ撮りも、イラマも、戌井に拗ねられると結局お願いを叶えてあげちゃうチョロさがおかしいw
それで辰見も気持ちよくなってトロけちゃってるのがかわいい♪

そんな時、薬でフェロモンを抑えてない辰見とヤりたい女子達に、戌井は襲われるんだけど、戌井は女子にはまったく反応しない。
そこに助けにやってきた辰見に「怖かった―」って泣きついちゃうかわいさったら!
辰見は嫉妬でマヂギレ、自分から戌井に乗っかって挿れちゃう!!!!!
辰見もすっかり戌井に気持ちを動かされてるー!


そして二人は大学生になって同棲。
付き合って二年経っても、戌井の辰見大好きぶりは(絶倫も♥)相変わらず♪
でも辰見はまだ男としての自分に未練があり、誘われるまま浮気しそうになった現場を戌井に見られてしまう…
(もう女を抱けるカラダじゃなくなっちゃってるのにねぇ…)

それから戌井は冷たくて、辰見のフェロモンにも反応しなくなり…
辰見は戌井に惚れられてるって自信満々で、ヤらせてやってるって高慢だったのに、すっかり自信を失くし、友達に「嫌われちまったの?」と弱音を吐き、戌井に「ぜってー別れねぇ」と泣いて縋る。
辰見はヤリ捨てた女が泣いて縋ってくるのをバカにしてきたのに、自分自身がみっともない女そのものになってる!
もう辰見も戌井にめちゃくちゃ惚れちゃってるじゃん!

仲直りエッチは燃えるものです!!!!!
戌井のストッパーも外れちゃってるけど、辰見も戌井を激しく求め、あんなにゴム無しは拒否ってたくせに、自分から中出しを懇願しちゃってる。
もーう、二人揃ってリミッター振り切れちゃってる激しすぎるエロシーン♥
そして事後に好きだと言い合っちゃってる甘さったら!
もうニヤニヤが止まんないよね^^
(辰見が戌井を好きだって、本作ならではの証拠もあって、とにかく甘い!)

そこから辰見はすっかり”戌井の女”になっちゃうのが本当にかわいいんだ♪


描き下ろしのおまけ。
本編で、戌井の誕生日に、辰見はアイドルコスプレをしてエッチさせてあげた。
事後、「これからもコスプレで毎年祝って」「どうせ今だけ」「一生惚れてるからずっと祝って」と戌井が辰見にしたお願い。
その約束がどうなったかのアンサーが描かれてます。
甘いというよりも、一緒にいるのが当たり前に思える二人。
その幸せな風景に思わず涙ぐんじゃいました…


前作は複数カップルのオムニバスだったこともあって、二人の心情はあまり掘り下げられていませんでした。
それと初めての『麗人』執筆で、エンゾウ先生はエロに気合を注入し、エロの読み応えはじゅーぶんだったけど、私はちょっと物足り無さがあったんですよ。
でも今作は、戌井は辰見にかわいく甘え、俺様な辰見が戌井に惚れきってる気持ちの変化をしーっかり描き、どこに出しても恥ずかしいバカップルに仕上がっているのが最高に甘くて良かったです♪

今作のエロもエンゾウ先生は気合入れて描いていて、めちゃくちゃエロいです!
そして気持ちがプラスされたエロの甘さの破壊力ったら…
私は前作よりも今作のほうがだんっぜん好きです!

31

エンゾウさんの脳内出力に感謝しかない+゚。*(*´∀`*)*。゚+

辰見と戌井の続編!
続編ですが前作未読でも大丈夫だと個人的には思います。
フェロモン症という特殊設定についての説明も入ってました。

ちなみにアニメイト限定セットの有償特典8P小冊子は
イチャイチャ前のツンツンデレ期のお話でした♪


さて、続編ですが…。
めっっっっっっっっちゃ良かったです!!!
恋愛してる2人見て泣けたッッ(;///;)

エンゾウさんの脳内が表に出てくれてホント良かったです。
(↑カバー下のあとがきで言及されています)
(前の1話だけではここまでの甘さは想像出来なかったデスヨ…)

前巻の短編では、戌井は辰見と2次元キャラを混同させてる?と思えるセリフもありましたし、
辰見は思いも寄らぬ相手からガチレイプされて傷ついているようにも見えました。
(ヤリチンがオタクに泣かされるのが非常に萌えたのですが;(私がクズ))

コレ下手したら闇ルートに入るのでは…?と思っていたらッッッ!!!
気付けばラッブラブのイッチャイチャで、
果ては穏やかな未来まで見せてくれて、
スタートはアレなのにちゃんと恋愛してる姿に泣いてしまった(;///;)

レイプ始まりだった関係も、フェロモン症も、2人で解消し。
戌井の一方通行だった愛情も、互いに育むものへと変わり。
何よりも辰見のツンツン期からデレへの転換…!!!
はぁ…堪らんよこれ…。
辰見が可愛すぎて萌える。

で、割れ鍋に綴じ蓋カップルに笑いました。
辰見はグイグイ来られるとツンデレ発動してキレる割に、押されないと寂しい。
戌井は辰見にキレられると大人しく(´・ω・`)とするけど、許可出れば押しがハンパない。
そうなると押しに弱い流され受けの辰見はもう激流に飲まれるだけw
グズグズに流される辰見をみて、戌井は更に攻めを深めるというね!

この押し引きのタイミングが無限ループセックスへと誘う…( ´艸`) フフフ
いやはや、激しいエッチの連続で読んでる方も息切れしてしまうわ////

個人的に今回の一番の見所は、
辰見が「恋愛」を自覚したところだと思います。

戌井によって自分の中がどんどん作り替えられていく不安。
ほんの出来心でその不安を解消しようとします。
しかしこの一件が戌井を怒らせてしまい、すれ違いへーーー。

戌井を必死に追いかける辰見にもぉぉぉぉ泣けた(;///;)
なにがあっても戌井から愛され続けたいと思っていた心が露わになって、
戌井に嫌われたんじゃないかという怖さに怯えて。
痛々しいほどションボリしてる辰見は可哀想で可愛くて萌え泣きした。
あああ、#4〈前後編〉が萌えすぎる問題で語りたい←

辰見はフェロモンを嗅いでこなくて耐性がないってことは
これが初恋なのかな?(発症してた相手を好きになったことがないだけかもだけど)
自分から好きになった相手が戌井だけだとしたら嬉しいな~!

あと戌井が優しい表情をみせるのも胸熱です。
辰見が好きで好きでしょうがないという甘くて穏やかな表情で、
「宝物」「大好き」と言ったりするのにキュンキュンが止まらなかった!
激しいエッチや意地悪するときとのギャップにやられる(∩´///`∩)
辰見からの「好き」が返ってくるようになって幸せそうです♡

描き下ろしでは30歳になった彼らがチラリ。
スタートがスタートだっただけに、紆余曲折を越えた姿にジーンときました。
読めて良かった…ほんと良かったとしか言えない(∩´///`∩)

23

辰見の変化

何度も読み返してしまいました。辰見の変わっていく様が素晴らしかったです。

辰見は、表面的な快楽と他人との勝ち負けを意識して生きていて、モテてセックスするけど、満足できず次から次へと相手を変える中毒のような状態です。勢いはあってヘラヘラしてるけど、本当に求めるものは自覚しておらず手に入れていないので、寂しさを抱えていてキレやすいです。本当に求めるものは「自分だけを強く求める人から愛される受け身のセックス」ということが後々分かってきます。

戌井は逆に、オタクなので、世間の価値にとらわれず自分の本当に求めるものを追求していて、穏やかさとブレない芯の強さがあります。ただし他人との関わり合いにおいて、他人の感じ方に配慮することが苦手です。辰見のことが好きすぎるほど好きです。

この二人が出会って恋愛することで、どんどん変化が起きてきます。
辰見は、渋々という形で戌井とのセックスに応じますが、自分だけを求める戌井、自分が受け身になるセックスという、本当に求めていたものを経験して、体の方から徐々に満たされる反応をします。また自分が主体的になる今までのセックスができなくなってきます。

戌井は、辰見に思いをぶつけるだけでは傷つけてしまうことを学んで、辰見の感じ方に配慮する付き合い方を学んでいきます。服装に気を使うところなんかも辰見が教えてくれます。

何度も二人がセックスをする場面が出てくるのですが、少しずつ辰見が受け入れる部分が広がっていくのが、プレイの内容・体位・表情・事後の過ごし方などに表れていて、セックスの違いをここまで描いてくれてありがたいです。堪能させて頂きました。

そして、辰見はようやく自分の求めていたものを認めるのですがここがすごくよかったです。その後、自分から戌井に愛情表現をするように頑張っていきますが、慣れていない感じが可愛いくて萌えるところが多すぎます。

最後に十数年後の二人が見れるのですが、真逆の個性だった二人が一緒の時間を過ごすことで似た雰囲気が出てきています。また、辰見がすごく穏やかで色気があってカッコよくなっています。余計なものがそぎ落とされて本来の魅力が出ているような感じで驚きました。

他者との関わりを通して、自分が本当に求めていることを知ること、自分の枠を越えていくことが表現されていて、このような作品が読めて本当によかったです、ありがとうございました!

19

辰巳が可愛いすぎる。

前作で読み切りだった、戌井×辰巳カップルの続編。
1冊丸々このカップルのお話だったので、すごく嬉しかったです。
前作で一番好きだったのがこのカップルのお話だったので(というか他のカップルのお話はそこまで好きなじゃなかった、すみません)。

前作より更にエロエロですね~。
どんだけヤるの?ってくらいヤリまくってます。
でもこの作者さんのすごい所は、これだけ激しく長く回数も多いエロシーンを描くのに、それだけで終わらない所ですね。
よくレビューに「エロを読みたいって人にはオススメの漫画です」なんて書かれてしまっている漫画がよくありますが、この作者さんの作品に関してはそういうレビューは書かれないだろうなと思います。
だってそれだけじゃないもん。深いもん。

さて、作品の感想ですが。
まず戌井。ちょっと頼りない所もあるけど、一途で大事にしてくれて、素敵な彼氏ですね。
そして辰巳!可愛い~!!恋をするとこうも変わるかというくらい可愛い。
前作を読んで「辰巳がもっとデレる姿を読みたかった」と思っていましたが、期待を大幅に超えるデレ。
ていうかもうデレとかいうレベルじゃない。
戌井に対してはメロッメロですね。

電子で読みましたが、かなり良かったので、単行本買おうと思います。

17

とにかく濃厚です

「すごい!!!」
この一言に尽きます!
キャラが濃い!匂い立つほどにエロが濃い!

久しぶりに大興奮でレビュー書いております。
これは私もフェロモンに当てられたかな?

前作では「好きにしたいよ」の真澄×藤生CPが衝撃的すぎて、この戌井×辰見はわりとサラッと読んだような?…という記憶しかないのですが…(ああ、ごめんなさい)
ん〜〜さすがエンゾウ先生。
一冊丸ごととなると、ここまで完璧にキャラを作り上げて下さるのかー!と、ますますファンになりました。
オマケを含めて、高校生〜30代までの2人を見ることが出来ます。

最初のほぼ一方的な戌井→辰見から、ラブラブになるまでの展開が楽しい。
戌井の人の話を聞かない、地味キャラなのに超〜〜強引に迫っていく感じは、ときに怖っ!ってなるくらい。
でも普段イキがってる辰見は、その押し潰してくるくらいに強引で、ときにねっとりとした絡みつくような愛情にどんどん絆されハマっていく。
全然違う形のピースが、どろどろに溶け合いながらひとつのパズルに収まっていくような、素直にはピタっとハマらない不思議な快感があります。

2人のキャラや性格の濃さに、これまた濃厚なフェロモンがこれでもかこれでもかと畳みかけてくる、本当に濃い一冊です。
爽やかさとは対極にあると思いますので、苦手な方はご注意を。

日ごとにBL愛が高まるのに反比例して、エロには耐性がついていってしまう。
そんなささやかな悩みを持つ今の私の脳みそを、ズドーーンと直撃してくれた本作に感謝(^^)

16

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP