トッキュウ8号さんのマイページ

レビューした作品

女性トッキュウ8号さん

レビュー数15

ポイント数156

今年度131位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

溺愛だけど泳がせてくれる余裕がいい。

久しぶりに甘〰️いBLを読んだなぁって大満足しました。
間之先生なので当然と言えば当然なんですけど。

事情があって、変装して攻めに会う受け。
攻めに正体バレてるのは読者も知っている。
その攻めが受けの気持ちを優先して、気付かないふりで、急がず優しく受けを転がしているのがとても良かったです。

ただ、変装した状態で堂々と職場に顔を出してもバレないってちょっとどうかな?と思いました。
フィクションとはいえ仮にも有名人が一度に何週間も滞在するような高級ホテルで、ホテルマンたちが、毎日のように出入りする人をなんとなく髪型と雰囲気で判断してるなんてことはないです。
ホテルの人って2泊くらいすると割りと名前と顔を一致させてくるので、高いサービスを売りにしているホテルのさらに共に働く従業員が髪型とカラコンを変えたくらいで別人に…というのが同僚たち節穴すぎない?と思ってしまいました。

エロ可愛いー!

作家買いです。
百瀬先生最近たくさん発売されてて嬉しいです。

今回受けの楪のエロかわいさが爆発してます。
ただただ好奇心でお尻いじっちゃってハマっちゃった受けVSただただ可愛い子が好き(男女問わず)攻め。
楪かわいいよー
ツンツンしすぎってくらいツンツンなのに、気持ちいいことを素直に受け止めてすぐヘロヘロになっちゃうところ。あーかわいい。

顔で近寄ってくるヤツが嫌い‼️ってあんなにも散々言っていた理由がちょっと分かりづらかったのと、当て馬が本当に楪のこと好きだったの?というのが引っ掛かりましたが、とにかく読んで損なし。
オススメです。

既刊も揃えたくなる

初読みの作家さんでしたが、とにかく勢いがよくて隅から隅まで面白かったです。
受けが天然可愛いってどうかなーと思っていましたが、むしろ性格は男らしいんです。
男気があって真面目で、だけど思考がぶっ飛んでる。
もうめちゃくちゃかわいかった。
攻めもすごく素直で、受けのことが大好きで二人のぴったりフィット感がすごい。

ちょいちょい出てくる受けの友達がまたイケメンで、この作品唯一の聡い人物。

続編でないかなー
すごい面白かったので続きが読みたいです。
とりあえず作者さんの既刊探しに行こうかな。

夏生可愛いーーーーーー!!!!

五巻まで見守ってきた読者様ならみんな思うんじゃなかろうか。
夏生可愛いがすぎる。

夏生のやきもちのやきかたがあまりに可愛い。そのかわいさにチカがフェンスの前で悶えてたとき、気持ちがわかりすぎて本を持つ手が震えました。
まさしく「だめだ……これ…かわいすぎて頭おかしくなる……」です!
もーほんとこのシーン大好き。

みなさんおっしゃってますが、夏生の繊細なところが危うくもあって魅力でもあるんですが、常にただただ夏生を大切に思う(キザなこと素でしちゃうくらい)チカが隣にいることで、夏生も安心してとことん悩めるし落ち込めるんですよね。
本当にいい二人です。

そしてさきほどの可愛さ悶えるフェンスのシーンに被せた特装版小冊子‼️
間に合う方はぜひ手に入れてください。
最高ですので!

本当に存在しているかのよう

このシリーズ、登場人物が本当に存在している人のこと書いてるんじゃないの?っていうくらいキャラクターそれぞれの持ち味とか距離感とかリアルですごい。
だからお仕事大変そうな描写は読んでる方も疲れるし、数日ぶりのゆっくり浴槽→ベッドにはこちらもため息でるような心地がする。
読み出すとあっという間なので購入しても数日温めてから開きたい。

内容はみなさん触れていただいているので一点だけ。
イラストもうちょっと欲しい。
表紙とカラーの口絵以外はほぼ挿し絵なしです。
抽象的なものがちょっとありますが。
シリーズ続いていて、各キャラクターに愛着もあるので文章だけじゃなくイラストで顔もみたいです。
同じレーベルでも本によってイラストの点数が違うのはなんなんでしょう?
そこだけがかなり残念です。

ギヴン(6) コミック

キヅナツキ 

ギヴンでも一回集まっとこ‼️

シリーズものとして着実に冊数を重ねていくなかで、主役の周りを固めるキャラクター達がメインになる巻ってありますよね。
今回それです。
話も面白く続きもすごく楽しみです。


でも!
けど!
ギヴンでも一回集まっとこ‼️
4人で集まって欲しい!
LINEじゃなくて、個々でもなくて4人で顔会わせてるとこちょっとでいいから見せて!という感想です。

続き楽しみに待ちます。

読むなら今すぐ!

夏の空気で読みたい一冊です。

ネタバレ無しで読んだ方が絶対にいいので感想だけ。
草也、市来、そして奏。
3人がそれぞれすごく魅力的。
奏は初め、草也が語る形でしか出てこない。それでも草也とのやりとりの端々で奏のことが大好きになっちゃいます。
そしてなんとなくアレなんだか不穏な気配…と思ったら

言えません‼️これ以上は‼️
とにかくネタバレ無い状態で読んだ方がいいです!
できるなら今すぐ!
夏の間に出会えて感謝です。

タイトル通り!

とても可愛いお話です。
ファンタジーとおとぎ話の中間のような優しいお話なので、戦闘場面もありますが気持ち的には読後感もよく癒されます。

個人的にですが、本物の動物→人間に変化して恋をする的なストーリーが苦手(もふもふは好きです)なのですが、今回は魔術師の受けが猫に変幻(人間→動物)するのが得意ということで可愛さと癒され度が爆上がりでした。

オッドとても良いキャラです。

小さなアンリが王城にきた当時の、人見知り先住魔術師達がわたわたと世話をやくストーリーなんかももう少し読みたかったです。

脇役好きにはたまらない

脇を固めるサブキャラに魅力があると、そのお話がものすごく面白く感じませんか。

今回なんというか初々しい、どちらかというと子どもっぽい恋をしているメイン二人に対して、レオと拓海という脇キャラがスパイス代わりになってくれていたと思います。
特に拓海は常に攻めの清光と共にいたので、二人の関係を二人以上に良く見ていた人物として重要なポジションにいます。
また挿し絵で見る拓海(レオもですが)、ものすごく格好良くありませんか?いいんですか?ありがとうございます。という感じです。
未読の方にはぜひ確かめていただきたい。

ストーリーは割愛しますが、悪人もいませんし、お仕事内容含めてたのしく読めました。

無駄な言葉がひとつもない

すごく良かったです。
初めから過酷な運命なのに、受けがメソメソうじうじしないで気高い王子なんです。
国のため、民のために命を落とすなら本望。それは決して死んでも良いという後ろ向きな理由ではなくて、みんなを助けるための手段で役に立ちたいという健やかな理由。
そのため、命を落とすことに意味がない従者は一人残らず逃がす。(どうしても言うことを聞かない一人を残して)

それでも怖い訳じゃない。でもそれは誰にも見せない。
本当に好感がもてる素敵な王子様です。

攻めもまた理由があって孤独でありながら人に慕われて、自分も周りを大切にしている。
二人が心を通わせていく場面は読者は応援団。
フレーフレーふたり!
すれ違う場面は胸が痛い。
心を揺さぶられました。

かなり切実に続編読みたいです。