嘘とひつじ

uso to hitsuji

嘘とひつじ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×233
  • 萌7
  • 中立3
  • しゅみじゃない4

97

レビュー数
10
得点
236
評価数
63
平均
3.9 / 5
神率
25.4%
著者
間之あまの 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
蓮川愛 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784344847637

あらすじ

一流ホテルに勤務する羽住弥洋は、世界的な映画監督・レオンが宿泊中は彼の部屋付きコンシェルジュ・「執事(バトラー)」として彼に仕えている。 冗談めいた口調で毎朝起こしに来た弥洋を口説くレオンに、弥洋が応えることはない。不適切な関係になれば、バトラーから外されてしまうことを知っているからだ。 片思いでも、仕事の間だけでも、好きな相手の側にいたいと願う弥洋は、気持ちをポーカーフェイスの下に隠していたが、ある日、人肌が恋しいと言うレオンの為に添い寝の相手を手配する羽目になってしまう。 頼れる友人たちに相談した結果、弥洋が添い寝サービスの会社から派遣された「睡蓮」としてレオンに会うことになって―!?

表題作嘘とひつじ

レオン・フォン・ヴァレンバーグ,35歳,脚本家兼映画監督
羽住弥洋,29歳,ホテルのバトラー制度を担うプライベート・コンシェルジュ

その他の収録作品

  • ライオンとひつじの朝(書き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数10

安心安定の甘さ!

1作目「キスと小鳥」2作目「恋とうさぎ」がとても好きだったので、今回も迷わずに購入しました!
ていうか発売したの知らなかったんだが…?自分なにやってたの…?ちゃんとチェックしなよ…。の気持ち…。

間之先生の作品は基本めちゃ甘い!!!!!!!!って感じですが、今回も安定の甘さでしたね~うれし~!!
なんといってもレオン様が最高でした…このシリーズの攻めはみんな溺愛スーパーダーリン感があって好きなのですが、レオン様は甘い言葉が次々出てきて楽しいですね。温和そうに見えて計算してるのも良いです…。
受けの弥洋くんも仕事をしているときと睡蓮のときのギャップが可愛くて!特に睡蓮のときにちょっとエッチなことに慣れてる雰囲気を出してしまったがために、レオン様を煽ってしまうシーンが好きです!
ピュアな子が無理して慣れてる風を演じるの可愛いですね~!

終始あま~~~い雰囲気なので、好き合ってる2人につらい出来事なんていらない!!と思っている方はとても楽しめるのでは!
前シリーズを読んでいなくても大丈夫ですが、レオン様の友達として前シリーズの攻め2人が出てくるので気になった方はチェックしてみると良いかなと。
おすすめの攻めは「恋とうさぎ」の恋を知らない男・相模原さんです!!!!

7

良い甘さ

一気読みしました。
はぁー甘かった。これは良い甘さですね。

設定もキャラも舞台もみんな揃ってます。
これは面白くなるとハラハラワクワクしながら読みました。

間之さんらしいスーパー攻め様と好意に鈍い受けさんですね。

読んでいて早めに結末は予想できるのですが、それでも楽しかったです。
切なさ減量気味かな。

エッチが多めで早いうちにやっちゃって、ええ?まだ続きかなり残ってるのにどう展開するの?と思ったら甘々でしたね。

攻めの策士ぶりも良かったですが、種明かしが長かったかな。

とにかく受けが可愛くて愛しくてたまらない攻めが大好きなので満足です。

読み終えても攻めと睡蓮の初対面の一夜をまた読み返してしまいます。良かったなあ。

ゴージャスでした。

5

偽りと真実の狭間で揺れる恋心

今回は世界的な映画監督と一流ホテルのコンシェルジュのお話です。

受視点で攻様が憧れの監督から最愛の恋人になるまでと
攻視点で本編回想を交えた恋人になってからの後日談を収録。

受様は和風のインテリアと最高レベルのホスピタリティ、
セキュリティの確かさで知られる国内屈指の
ラグジュアリーホテルのコンシェルジュです。

このホテルでは指名を受けたコンシェルジュが
部屋付の執事として使えるマイ・バトラー制度という
贅沢なオプションサービスがあります。

受様は親の仕事の関係で13歳までを仏英で過ごし、
ネイティブ程度に話せるフランス語、英語に加えて
簡単な日常会話くらいなら八か国語をこなします。

バトラーとしてのおもてなしの極意、美しい身のこなし、
護身術としてマーシャルアーツのジムに通い、
バトラーとして使える資格をいくつも取得するという
泥臭い努力を積み重ねて最年少でバトラーとなります。

受様がこんなにも必死でバトラーを目指したのは
ホテルを定宿とする攻様に仕えたいという夢の為でした。

攻様は人気女優と売れっ子舞台監督の間に生まれた
ベルギー出身の脚本家兼映画監督です。

受様はイギリスに住んでいた頃に足を運んだ映画館で
すっかり彼の世界観に魅了されてファンになったのですが

攻様は新人研修のフロント業務で粘着質のクレーマーに
捕まっていた時に受様をさりげなく助けてくれ、
バトラーになると初めてのマスターになってくれ
来日の度にバトラーの指名をしてくれるお客様です。

受様は最初に助けてくれた時から
攻様への気持ちが憧れの域を超えてしまっていましたが
受様はその気持ちに蓋をして仕えています。

というのも、お客様に恋愛感情を抱いてしまったり
スタッフに対する以上の関心と執着を抱かれてしまうと
直接お客様とやりとりしない部署に異動か
退職するしか選択肢はないからです。

しかしながら攻様は受と過ごす時間が長くなるにつれ
口説き文句のようなセリフをよく口にするようになり
受様はそんな駆け引きめいたセリフをドキドキしながらも
さりげなく逸らすスキルも身に着けていく事になります。

攻様は礼儀正しく振る舞うもののマスコミを好まず、
取材を受けるのは特定の会社や記者のみなのですが
不本意で不快なインタビューを受けてしまいます。

傷心した攻様は受様に「1人になりたくない」
「そばにいてくれないか」と1晩抱き締めて眠りたい
という特別サービスを求められますが
ホテルスタッフとしてそんな事は出来ません。

受様は「添い寝フレンド」というサービスを発見しますが
身元が確かで守秘義務を護ってくれる相手を探せるのか
自信がありません。

そんな時、出版社に勤める女友人が飲んだ時の話題で
ソフレの話をしていた事を思い出し情報を得ようとすると
「1晩だけなら受様自身がなればいい」と
言われてしまうのですよ。

名の知れたコスプレーヤーでもある彼女の夫によって
華やかで色っぽく変身した受様は
一夜限りのソフレとして攻様の部屋を訪ねるのですが・・・

間之先生の既刊『キスと小鳥』『恋とうさぎ』の
攻様の友人である攻様の恋物語になります♪

あとがきによると『キスと小鳥』を書きあげた頃から
間之先生の頭の中には本作のキャラクターまで
出そろっていて三連作にしたかったそうです。

ルチル文庫でのリメイクだっだからこそ
叶った感じですよね。
花丸からの読者としても大変うれしいです♡

とは言え、既刊のキャラは攻様達が友人として
客演する程度なので単巻読みでも問題ありません。 

恋する攻様が落ち込んでいる姿を見るに見かねた受様は
ソフレスタッフとして攻様の部屋を訪れますが

攻様は真っ裸で寝るのが基本系な上にあっちこっちと
ボディタッチされた受様は気持ちよくなった挙句に
美味しく頂かれてしまうのですよ♡

そして攻様にねだられるままに
ソフレスタッフとして攻様の元に通う事になるのです。

受様のバトラーとしての昼の時間と
ソフレとして甘く口説かれ続ける夜の時間で
揺れに揺れる受様と一緒にドキドキ&ハラハラ!!

そんな2人の関係に終わりを告げるかのように
攻様と受様の関係をすっぱ抜いたスキャンダル写真が届き、
さらにハラハラ、ワクワク最高潮です。

受様が攻様の大切なただ1人の恋人になるまで
たいへん楽しく読ませて頂きした ヾ(≧▽≦)ノ

自身の秘密をバレないように隠す受様と、
受様の隠す秘密を引きだそうとする攻様の駆け引きが
とっても面白かったです。

本作は前月10月刊との連続発刊を記念して
全プレ企画もあります。
気になった方はどちらも応募券付きの帯のあるうちに
入手される事をお勧めします。

5

フランス語+金髪=最強

間之先生&蓮川先生なので買わないという選択肢はない。期待通りゲロ甘。「キスと小鳥」「恋とうさぎ」につながるシリーズ3作目。前2作のカプはちょい出なので単独読み可能と思いますが、前2作も是非。絶対忘れない1冊というほどではないけれど、糖分飢えてる時には最大級に安心して手に取れる1冊と思うので萌2にしました。フランス語+金髪イケメン攻め最高。

舞台は2作目攻め兄の経営する「ホテル サガミ」。そこでバトラーとして働く弥洋(やひろ)の今回のお客様は、世界的映画監督のレオン。3年前、猛勉強の末にバトラーになれた時から、弥洋を指名してくれ、あれやこれや口説こうと楽しんでくれる、超イケメン。ある日、レオンがすごくショックを受けた様子でホテルに戻ってきて・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
ブルーノ(攻めのマネージャー)、山本夫妻(弥洋の友人、援護射撃担当)、1作目2作目の攻めがちょい出。(相模原さーん♡♡♡)

++ 好きだったところ

甘い!とにかく甘い!それに尽きる。
コンデンスミルクのお風呂に入っているかのようで、とにかく安心して読めます。
イタリアンとはまた違った甘さ。僕の愛しい人(モナムール)だの、可愛い人(シェリ、ミニョン)だの、まあ出てくる出てくる、様々なバリエーションの愛のお言葉!それを金髪碧眼の超イケメンが吐息のように囁くわけですわ、破壊力絶大、腰砕け。

おまけにちょっとシュン・・・とした様子を見せて、可哀想に思ってもらうように仕向けたり(絶対分かってやってる!)、「もっといいものあげるから」となだめて、ぐぐっと奥まで押し込んでみたり。しなやか清廉そうに見えて百戦錬磨な策士じゃんかよー。

そんな金髪イケメン策士に、誠実生真面目なバトラーがかなう訳、ございません。さっさと陥落しておられました。なーにがホテルの規約で「不適切な関係にはなれません」だ。ずるい。結局バトラー辞めちゃって付いていっちゃうし。もうちょっと遠距離恋愛楽しんで、金髪攻めが我慢できなくなってから力づくで攫って行くとかでも良かったんじゃない・・?と感じました。羨ましすぎて、さっくりくっついたのに嫉妬してますね、私。

全面的に金髪攻めが好きで、受けにはガチで嫉妬を感じた一冊でした。あーでろ甘金髪いいなあ。どっかに落っこちてないかしら。

5

ひつじ

あとがきに「今回はひつじタイムがある」とか書いてあって、挿絵にもなっているとあったんですが、ちょっと意味がわからなくてそんなものどこにあったんだろな?
とイラストを見返して、「あーーー!」と理解した。そこがひつじ!
思わなかったよ。普通に読んでたよ。

相変わらずの間之さんなので、元気が無いときに読むのも良いかと思います。疲れたときには甘いものを食べると良いので。
どう見ても初見バレバレなのはお約束。お約束最強です。

4

溺愛だけど泳がせてくれる余裕がいい。

久しぶりに甘〰️いBLを読んだなぁって大満足しました。
間之先生なので当然と言えば当然なんですけど。

事情があって、変装して攻めに会う受け。
攻めに正体バレてるのは読者も知っている。
その攻めが受けの気持ちを優先して、気付かないふりで、急がず優しく受けを転がしているのがとても良かったです。

ただ、変装した状態で堂々と職場に顔を出してもバレないってちょっとどうかな?と思いました。
フィクションとはいえ仮にも有名人が一度に何週間も滞在するような高級ホテルで、ホテルマンたちが、毎日のように出入りする人をなんとなく髪型と雰囲気で判断してるなんてことはないです。
ホテルの人って2泊くらいすると割りと名前と顔を一致させてくるので、高いサービスを売りにしているホテルのさらに共に働く従業員が髪型とカラコンを変えたくらいで別人に…というのが同僚たち節穴すぎない?と思ってしまいました。

4

予測出来ても楽しくとびきり甘く可愛い

他者と交わるとき、近い人ほど楽だけれど、遠い人ほど視野が広がる

レオンの甘ーーい言葉と、それをあしらう執事(ホテルマン)の掛け合いもニマニマ、ソフレ登場からの激甘と嫉妬も堪りませんでした。

マスゴミの仕打ちに酷く落ち込んだ大好きな映画監督に、羽住はホテルマンとして禁止されている触れ合いに踏み込む為、添い寝フレンド・睡蓮として変装します。

ソフレ睡蓮に夢中なレオンの熱い睦言の数々がすごい。またすぐに睡蓮を誘おうとウキウキなレオンも可愛いし、それを側から見てアドバイスする羽住の図も良いです。
睡蓮の登場から、寝起きにキスを要求しなくなったレオンにモヤる羽住、レオンはこういう遊び人みたいな人が好きなんだ…自分は眼中にない…とか思っちゃう羽住、仕事バリ出来る人なのに可愛いです。

レオンが、典型的な美的特徴を詰め込み過ぎて、逆に特徴無く感じてしまいました。
ハスミのバトラーとしての動きは想像つくのだけど、見た目が(スイレンも)あまり魅力を感じられませんでした。挿絵でも何だかモブ感が…
もう少し男らしさが文にも出て欲しかった気がします。
でも浴衣にお面とうちわを用意する心配りが素敵過ぎて胸を打たれます!レオンが抱きしめたくなるの分かります!

睡蓮はソフレ設定なのに初めから許し過ぎチョロ過ぎです。それソフレじゃなくて売りでは…オプション料金請求くらいは会話して…
レオン監督は社会風刺を混ぜつつ若手で才能溢れる…ってことは誰々みたいな感じかな、とか何となくシリアス系想像してたらファンタジー映画⁉︎ズコー!まぁ大作作る人じゃなきゃバトラーサービス利用できないよね、でも羽住真面目だしファンタジー大作見る人に見えないような…?ちょっと設定盛り込み過ぎて現実的でなさ過ぎるのが、逆に妄想の余地をなくし盛り上がりに欠けました。

2

砂を吐くほど甘い♡

『キスと小鳥』『恋とうさぎ』のリンク作ですが、内容は独立しているので未読で大丈夫です。(私も『恋と〜』が未読)

まぁ、とにかく甘い。糖分過剰摂取にご注意を!と、言いたくなるくらい甘い‼︎
溺愛攻めが好きな方にはオススメです。
かくいう私も大好物でして、存分に堪能させて頂きました。

人気映画監督・レオン×ホテルのマイバトラー・弥洋(やひろ)
格差ラブであり、若干の主従ラブが入っています。

弥洋はレオンの専属執事の様な仕事をするホテルマンなのですが、まあ職務に忠実でお堅い。
弥洋を気に入っているレオンの甘い囁きを躱す躱す(笑)
すごく冷静で頭のいい男という印象でした。
その実、弥洋はレオンに片想いしていて、心の中と外面が全く違うのが面白いのです。
レオンの言葉にドキドキしたり、心躍ったり。
顔はキリっと、心はニヤっと……と、いうギャップが楽しかったです。

レオンは、金髪碧眼の美男子。
その上、才能もあって性格もいい完璧マンです。
キザなセリフをバシバシおっしゃる。そこも好きでした。

しかし、立場的にはマスターとバトラー。
どんなに好きでも、お客様と恋に落ちたらバトラー失格なのですよ。そこが辛いところ。

ある日、仕事で憔悴して帰ってきたレオン。
弥洋にそばにいて欲しいと頼みますが、弥洋は決して一線を超えません。その代わりにソフレを紹介することにするのですが、友人の提案で他人になりすました弥洋がレオンの元を訪れ……と、いう展開に。

「睡蓮」と名乗ってレオンとHまでしてしまった弥洋。
弥洋が色っぽい。髪型も格好も変えて、ベッドで淫らに乱れます。そして、レオン──この男、変態チックですね(笑)
挿れっぱなしで眠ったり、嫉妬して弥洋のアンダーヘアを剃ったり。なかなか楽しませて頂きました♪

弥洋と睡蓮の二重生活、レオンを嵌めようとする誰か……と、いうところが見どころでしょう。
時々、弥洋と睡蓮が混ざってしまっているところは、笑ってしまいました。

こんなハイスペックな相手にここまで愛されたら、もう逃げられませんよね。
「僕の美しい花(フルール)」なんて言われたら堪んないよ。
ラストまで甘々でした。正真正銘の溺愛攻めです。

でも、レオンの裏切り者を利用する強かさや、弥洋に対する策士具合も良かったです。甘々だけでは終わりません!
蓮川先生のイラストも素敵でした。レオンかっこよ♡

8

胸焼けしました

あらすじを読んで、金髪碧眼スパダリと恋心を晒してはいけない地味執事の切ない恋愛ものを期待してクーポン利用で電子購入。
終盤で読むのをやめてしまいました。
大体の理由はイラストです。
勤務中のお硬い姿も美しくはないし、添い寝フレンドとして変装してるキャラもコスプレ要素が強くて海外の著名な映画監督が好むか?と疑問でした。青のエクステンションを付けます?文中の執事の美しさがイラストで全く理解できませんでした。
攻めの顔だけが美しく、あとは顔も身体のバランスも服装も酷かった。
あと攻めが強かに執事に騙されるフリして溺愛してるのが延々と続いて胸焼けしました。
溺愛執着攻めが大好きなのですが、緩急次第なのか?最後まで読めなかったです。
久しぶりに間之先生の作品を購入しましたが、今後は購入することは無いかもなと思いました。

4

設定と甘みが盛り盛り

甘い作品を読みたい時には間之先生。
3連作の3作目ではありますが、他2作のキャラクターはそこまで登場しません。こちらだけでどっぷりと砂糖風呂のような甘さに浸れると思います。

金髪の麗しい外国人×日本人の組み合わせ。
設定が盛り沢山で、なんだか少し懐かしい雰囲気のBL作品を読んだ気持ちになりました。
今作の最大の魅力といえば、やはり攻めのレオンのキャラクターでしょうか。
駄々っ子まではいかない甘え上手っぷりと甘やかし上手さが共存しているおいしいキャラクターです。
策士…とまではいきませんが、とろけるほどに甘い策略でさり気なく受けをがっちり掴みつつ、次から次へと出て来るメープルシロップたっぷりの口説き文句で包んで溺愛してやまない。
受けの弥洋視点で進むお話なのですけれど、序盤からレオンからの好意がダダ漏れていますし、この流れはもう必然的にこうなるのだろうなという、王道な展開が読めてしまう。そういった分かりやすい部分も含めて、ひたすらに甘さを楽しむ作品なのかも。
合間にニッチなプレイを挟んでくるのがずるい。

と、レオンの甘さはとっても良かったのです。これぞ溺愛攻め。
ただ、うーん…私には設定が盛り盛りすぎたのか、一気に読むことが出来ず、途中途中で休憩を挟みながら読んでしまいました。
一流ホテルのマイ・バトラーなるプライベートコンシェルジュが、添い寝フレンドを派遣するの?一流ホテルの上客相手に?なんて、ちょっと冷めてしまったというか、つっこみたくなって仕方がなかったんですね。
レオンの映画監督な姿ももっと見たかったですし、弥洋の魅力が分かりづらかったのも惜しかった。
とはいえ、間違いなく糖分は大量摂取出来る。
細かいことが気にならなければ楽しめるのではないでしょうか。
個人的には、前作・前々作の方が好みでした。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う