めろりかさんのマイページ

レビューした作品

アドバンスドレビューアー

女性めろりかさん

レビュー数58

ポイント数369

今年度82位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

今回も楢崎くんの嫉妬がやべえ!

2巻、3巻と楢崎の嫉妬がかなりクローズアップされてましたが、今巻もでしたね〜。大学生編ということで新たな仲間も加えて、同棲してるふたりの良さも出ていました。迎えにくるのとか家帰ったらいるのとか、2人しか居ないから遠慮なくえっちできちゃうとか…良い…。ていうか2巻の時もそうだけど、夏生がフェラしてからキスするのってどっちも楢崎がめっちゃ嫉妬してた時なんですよね。は〜夏生なりの慰め方なのかな、奉仕して笑わせるっつーか。夏生、ほんといい男だと感じさせられます。
前半の新キャラが続々出てくるところで全然説明とか紹介がなかったので、え、私知らないうちに何ページか読み飛ばした?ってなりました。まあすぐに慣れたので支障は特にないです。少し混乱した。
上述したように2,3,4巻と楢崎ばっかり嫉妬してるようですが(多分夏生があまり嫉妬しないタイプなのと、楢崎がほんとに夏生だけだから対象がいない)、最後に多少不穏な空気が…。カテキョしてる楢崎の女生徒ですよね〜あの文面的には。女か〜しかも年下。かなりだるそうな女の子ぽいので、上手いこと避けてくれればいいなと思います…。夏生は上手いこと拒否れるからそこの信頼はあるけど、楢崎は他人からのアプローチに対応するの下手そうだから心配やわ…。

尊すぎるなんだこれ!!!

いやもう評価高いから間違いないと思ってたけどほんとに神ですね…。
1巻から一気に読んだんですけども…クールな攻めの楢崎が嫉妬しまくる嫉妬しまくる。そう見えないのに心の中でずっと夏生のこと縛っておきたいみたいな感じがやばいわ。超好きです、、、2巻あたりから夏生視点であまり書かれてないけど、それでも夏生は嫉妬されて超喜んでるのわかるし、とってもいい子で愛せるな。最高のカップルですよ。そしてゲイでもないのに無意識に夏生とずっと一緒にいること前提で物事考えてる楢崎やべーなと思いましたわ。別れるって考えが一切ないのすごい。
そして問題の同棲案件。いや〜色々上手いこといって良かったねという気持ち。タイミングと物事が重ならなければ2人で住むなんてならなかったもんね〜。しかし楢崎の初めっから同棲したくてずっと悩んでんの、おまほんまに受験生か?ほんと学年3位はちげえな…。楢崎のおかげでビリに近かった夏生もそれなりに良さげな東京の第1志望の学校に合格。みんなはっぴー!なのが良かった。次巻は大学生編かな、、余韻に浸りたいからまだ読まないでおく笑

やっば

こういう大人しい系の攻めと強気の受けの初エッチってすごい幸せ〜平坦〜に終わるイメージなんですけど(おい)、こんなえろいとは……いつもクールな攻めが受けのこと見て興奮して冷静になれずに、やめてって言われてもやっちゃう感じ…やばい。受けの反応も初めての快感!って感じてめっっっちゃえちかった。
そしてなによりも楢崎の嫉妬!!!!あーーー〜やっばい、私個人的に、冷めてそうな方が嫉妬すんのめっっっちゃ好きなんですよ。しかも結構しっかり嫉妬してるし心理描写もしっかり描かれてるし……ここまでしっかり嫉妬に焦点あてる作品珍しい気がします。1巻からそうですが、初めに好きになってアプローチしたのは夏生だけど、それに負けないくらい楢崎が夏生を強く想っていることが分かるのがいいですね。 2人の想いはイーブン。(プリキュアか?)

アーーーッ!最高!!!!!

私100作品以上は読んでて、自分にとって最高に好みの作品って2,3作品程度しかないんですけど(もちろん超厳選してるのでみんな良作品)、そこにランクインしましたわ…。攻めの強引さ、執着具合、受けの攻めへの切なくなるほどの想い、セフレであることの葛藤や焦れったさ、拘束プレイや嫉妬プレイなど、最高に大好きな要素盛りだくさんでした!
上下巻でしたが、展開の速さはちょうどよく、よくこんなにうまいバランスで全部詰め込めたな!と思いました。満足感すごい。
登場人物はメイン2人に加えて当て馬にあたるキャラが2人、キーパーソンが1人という形で登場しますが(みんな男)、みんな素敵なキャラばかりでした。こういうどのキャラも愛せるキャラで幸せになってほしいな、と思える作品って確実に神作品ですよね。丁寧に作られている。
えろもしっかり、ストーリーもしっかり、きゅんもしっかりと、上下巻ですごくバランスよくBLとして素晴らしい要素が詰め込まれた神作品です。ぜひ!!

既に良い…神!

上巻読み終わって高速で書いてますが、既に神!!!攻めの受けへの執着さがたまりませんし、受けの潔癖なように見えてマゾ気質なのも萌えます。
また、心理描写やストーリー展開が大変上手く描かれている先生だなと思います。おじさんカプは苦手でしたが、攻めはそんなに年取って見えないし、受けはだんだん老け顔も可愛く見えてくるので面白いですね。下巻も楽しみます!

山田ノノノ先生の世界観がたっぷり楽しめる作品

先生の作品は『跪いて愛を問う』を読んだことがありますが、独特の世界観とゾクッとする表現力、キャラの豊かな表情などなど、ほかの先生にはない独特な特徴をお持ちです。
その要素がぜーんぶ入ってました…試し読みでは一見、里見が森野をストーカーする狂気的なやばい男に見えますが…。それには驚きの理由があった…。

あと、なんつーか、里見の過去を知る度に里見が可哀想で可哀想で…。
ガチで可哀想なのもあって、里見がどれだけ森野に救われているのか分かりやすかったです。
また、森野も自分を認めてもらえないという悩みを持っていましたが、里見と出会うことで、自分を認められたり、何度も助けてもらえたりしています。
お互いに唯一の存在やな…と泣

全編通してシリアスで痛い表現も多めで可哀想なので(えろさとかではなく)、そういうのが苦手な方は控えた方がいいです。

今作、かなりストーリー重視です。キュンキュンとか濃厚なエロとかを期待するよりは、独特な世界観における2人の恋愛模様を読みたい方はオススメです。

読み終わったあとは映画を見たかのような気分になれました。えろもしっかりえろくて良かったです。お互いが唯一だって感じられるカップルを見たい方はぜひ!

えろは少なめだけど、満足感がすごい!

今回はこのシリーズにしてはえろが少なめなのですが、たくさん要素が詰まっていて飽きませんでした!は〜もう次の巻が待ち遠しい…。

春日と木菜の過去編がメインで、おまけで108期の佳清さん(受け)と鳴子さん(攻め)のイチャイチャ、先森・柳カプの濃厚エチ(和解後)がありました〜!

108期の中だと佳清・鳴子の絡みが多めでしたが、唐式・坂遊の関係性だったり、秋草室長・我玄の今後の希望的言及があったりして、今後の108期のカプたちの登場や進展等が楽しみです…!あと、これで108期のカプの組み合わせが確定しました〜!!いや予想通り!笑 個人的に早く坂遊さんの人間性と、蛭芭・小羽の関係性が知りたいです…!!

あと、藍染・鶏楽の巻の時によく出てきていた佳清さんが受けである姿が見れてよかった…やっぱり108期のみなさんも118期、128期に負けず劣らずのさすがのいちゃつきぶりですね。

見たいカプが多すぎて語りまくりしたが、次巻で春日・木菜の和解編と、早いところ牛通堂・千散のカプメインで読みたいです!!!あそこがほんと気になる…受けの執着強めなのやばい気しかしないですね。とにかく妄想が豊かになる素晴らしい濃厚な巻でした。早く先が読みたい…!!!

賭けセクGP コミック

藤峰式 

あーー!最高!こういうの大好き!

攻めがずっと思い続けてて、執着してるんだけど、誠実だし無理やりとかないし…。さいこうのスパダリかよ…受けの子も攻めと出会って更に可愛くなるしたまらん、、攻め視点があるのも良かった〜!攻めの受けへの愛情が分かったしなんで好きになったのかも知れた。受けにとって攻めは何に関しても勝てない相手だったけど、攻めにとっては受けに対して唯一そういう意味で勝てない相手だったんだな、と思うわ。お互い相手に勝てないんだな…と思ってエモエモのエモでした(語彙力)。いや〜もう、最終話の攻め視点の受けの子が可愛すぎてこっちが抱きたくなったわ。羨ましい…。

エロさ標準的って…ちるちる嘘でしょ!?

わたし基本的に、エロエロ表記の本しか読まないんですが、今回試し読みと設定に萌えて購入、読んでみましたが、いやいや、エロ!!!!!受けの百貴、えろすぎて…穴とか…ひろげちゃって…あーた最近まで処女だったくせになんつーエロい子なのよ!!!

たしかに前半はほぼほぼえろなしですが、キュンキュンさで補強可能。受けの子はサラリーマンですが慣れてなさそうだし、攻めの子は20歳で童貞だし…初心な感じの恋が楽しめます。

そして後半、えろえろですね…えろシーンが長いとか、びちゃびちゃ、とかじゃないんですが、受けの百貴がえろすぎて抱きたくなります…はぁ…ふぅ…()

途中、5話?とかで受けのズッ友視点が急に始まるので、え、ムリ婚終わった!?ってなりますが、大丈夫です。優秀な当て馬キャラの話でした。受けの子のえろさを引き立ててくれるし、攻めの嫉妬も見れる良い回でした。

はぁ〜なんか子供が産まれてからの続編もみたいなーと無意識に思いましたが、そういう設定は無いんでした…。この2人、孕ませえっちとか普通に言うのでガチで子供できそうな感じあります…。最近まで2人とも童貞と処女だったのに…ひぇぇ…

前半では、村同士の掟ということで、2人の母親たちがかなり強引に性行為を強要してくるので、そのへんの倫理観が気になる方は気をつけてください。そういう村のしきたり的なファンタジーだと思った方がいいです。まぁ大体の人は後半の本人たちのラブラブ加減見てたら、そのへんはどうでも良くなります。

明るめのオメガバース

有休オメガのシリーズを先に読んで、こんな新感覚のオメガバースあるのか!と衝撃を受け、そのまま番手当も購入しました。有休オメガの受けの子の従兄弟役として出ていた春人にクローズアップしたスピンオフ作品でしたが、別に有休オメガは読まなくても全然大丈夫なやつです。

いや〜思ったよりも良かった!!!!枕営業の何が悪い?みたいなスタンスの受けの子の性格とか、発情してやらせろ、なんて言う攻めとか、どっちもクズすぎて大丈夫か?となりましたが、ほんとお似合いカップルでした。途中まで、なぜ攻めのミナトが受けの春人を好きになったのか謎でしたが、おそらく「ミナト」としての自分ではなく、本当の自分そのものを求めてもらえた気がして、惚れちゃったのかな。あとは読んでて何度も思ったけど、ミナトあんなスカした感じで、意外と恋愛経験なさそう笑笑

途中、芸能人設定にありがちなスキャンダルによるすれ違いがありましたが、もうそこが切なくて切なくて泣
あの腹黒で自分の出世のために抱かれるような子(ミナトにしか抱かれてないぽいけど)が、ぼろぼろ泣いて…。いつも余裕そうなミナトのあの表情も切なかったな。
けど試練を乗り越えた先には光があります!最後の幸せえちえち最高にきゅんでした!

3作品とも素晴らしかったので、他の藤峰先生の作品も購入しましたー!楽しみです。