菊池風子さんのマイページ

レビューした作品

女性菊池風子さん

レビュー数0

ポイント数1

今年度3087位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

まるで宝箱のような一冊

前の2冊と比べると今作は命の危険にさらされることも無く(兄上様が川に落ちて行方不明にはなりますが)穏やかに、安心して、いかに兄上様が皆に愛されているかが伝わってくる素晴らしい作品になっています。
また、一冊まるまる一つの長編ではなく、短編と中編のミックスなので気軽に読み進められました。とはいえ随所に感動ポイントがちりばめられているので、ちょくちょく涙腺がゆるみました。
兄上様の今世王を想う気持ちも書かれていたり、灰色狼さん達それぞれの視点でのお話も書かれていたり盛りだくさんの宝箱のような一冊でした。

執着攻めの代表選手、達幸

前作の「渇仰」で初めて宮緒葵さんの作品を読みました。執着攻めが大好きなので「渇仰」と「渇命」「ぱんつをはきたい3日間」の3冊を買いそろえてから読み始めました。レビューを読むとなんだか読み始めるのが恐ろしいような不安を抱えていましたが思い切って?読んでみてほんとーに良かったです。「渇仰」での達幸の凌辱強姦、「渇命」序盤の監禁なんてまったく可愛いもんだと感じてしまう圧倒的なラストに読み終わってしばらく胸がどきどきして放心してしまいました。こういう愛の形もあるんだな、と。達幸と明良にとってこれ以上の幸せは無いんだろうなと胸にしっくりくるラストでした。メリバなのかハピエンなのかは読む人によって解釈が分かれるところだと思われますが、私的にはハッピーエンドです。
執着攻めをなめてました。真の執着攻めを堪能させられました。宮緒葵さん、おそるべし。

まさに溺愛調教

西野花先生の作品を初めて読みました。今までひたすらどえろい(失礼!)イメージしか無かったので敬遠していたのですが…勿体ないことした~。
複数プレイが苦手で3Pすら滅多に読まないのに4Pかっ!大丈夫か私。読みきれるのか?なんてチラリと思ったのは最初だけ。あっという間に本の中に引き込まれました。受け様に対する愛があれば(まさに溺愛!)4Pでも全然OKなのね~。
笠井さんのイラストもほんとうに美しく、エッチなシーンなのに神々しくすらある。
私にとって新しい萌の扉を拓かせてくれた珠玉の名作です。

スパダリ好きにはたまらない作品

第1巻は受け様の湊があまりにツン過ぎ、うるさすぎで「好きになれないかも…。ほぼ全巻揃えちゃったのにどうしよう」と心配しましたが巻を重ねるごとに湊はツン1デレ9くらいに豹変してくれたので助かりました。
水戸黄門のような勧善懲悪読み切りなのでワンパターンと言えばワンパターンですが少しのドキドキで安心して読めます。
メインCP のエンツォと湊はもちろんですが脇キャラ達がこれまた魅力的で!どのCP も攻め様はスパダリ、受け様は線の細い美青年でもちろん性格も良し!なので光の腐女子さんにおかれましては楽しめる作品かと思われます。

甘々スロウラブ

夕映月子さんとみずかねりょうさんは本当に最強タッグだと思います。改めて。
物語は都会に疲れた燃え尽き症候群のスパダリ様と秘境のような田舎に住むゲイの青年というか少年の恋のお話。
とにかく甘々な夕映先生真骨頂のスロウラブ。
気持のすれ違い…というか田舎少年壱の1人片想いに思う存分モダモダキュンキュンさせられました。壱を取りまく環境も田舎だからこその保守的な感じが強いのかと思いきや、ラストでまさかの杞憂であったことがわかったり、全編通して安心して一気読みを楽しめました。
脇キャラがまたとても魅力的で…!みずかねりょうさんのイラストがキャラの魅力を最大限にひきだしていると感じました。
2人の続きがまた読みたくなるような素敵な作品でした。癒された~。

甘さに癒される。

甘い!とにかく甘い!安定の甘さです。危なげ全くなく、当て馬は当て馬の良い仕事をこなし受け様は攻め様にひたすら愛され…。だからといって物語が単調になることはなく一気に読んでしまいました。心が疲れているときのビタミンチャージにオススメの作品です。

壮大な歴史ファンタジー

少年は神シリーズの1作目がこの「少年は神の花嫁になる」です。既刊7冊で完結しているのでこれから読まれる方はぜひ7冊全て揃えてから読まれることをオススメします。7冊分で1つの物語なので本来は分厚い1冊という感じ。読み出したら途中でやめることは困難です。私には出来ませんで5日間で7冊読破しました。先が気になるのにじっくり読みたくて、結末が早く知りたいのに読み終わるのがもったいなくて…。
途中ではバッドエンドを予感させる箇所がちょいちょい出て来てホントにドキドキというかヒヤヒヤというかさせられましたが、最後の1冊で全て納得のハッピーエンドになっていて爽やかな読後感を味わえました。
7冊目の「少年は神の国に棲まう」のあとがきに「最初の予想と違いハッピーエンドになった」的なコトが書かれてあり「まじか!?あっぶなー…」と思ってしまいました。バッドエンド物は絶対読みたくないので…。
ファンタジーが好きな方にはたまらないシリーズになると思います。BLという枠にはめるのが勿体ない。壮大かつ重厚で緻密なストーリーです。シリアスでありながらコミカルで時々噴き出してしまうほど。私のまわりの人にも読ませたいですが、まぁやはりがっつりBLなので数少ない同志にだけ読ませようと笑。
イラストも巻を重ねるごとにキャラの魅力が増し、7冊目に出てくるアーサーと樹里の息子が!可愛すぎて悶絶間違いなしです。
最後までかなり緊張を強いられますがハッピーエンドなので安心して読んでいただけます。

ほのぼの出来るお話です。

いやはや。ホントにほっこり幸せな気持になれるお話でした。
元ヤン同士の恋のお話ですが、主人公龍基の兄の子麗王がまた良い味出しまくりで…。
小さい子供が出てくる話は数多ありますが話し言葉にやたら「~でしゅ」「~ましゅ」ってつけまくる作家さんがどうにも苦手で…。「子育てしたことないだろうから仕方ないけどそんな話し方する3歳児まずいないから。編集さんもそのへんしっかりして欲しい…」って思っちゃうんですよね。しかし。さすがは小中大豆先生。3歳児らしい言い回しを鬱陶しくなくかつ可愛らしく、等身大の表現をされているなぁと感じました。
特にみんなでお寿司を食べているシーンのゴリと麗王の会話が…!可愛すぎて悶絶しました。
エロはとっても少な目なのでかわい恋先生の作風がお好きな方には物足りないかもしれませんが夕映月子先生や安西リカ先生推しの方にはご満足いただける作品だと思います。

安心して読めるスロウラブ

最近読んだ小説ではダントツに面白かったです。描写がとにかく美しく山や高原の景色が脳内にありありと浮かびました。イラストもまた秀逸。透明感がある物語にピッタリです。
ドキドキというかハラハラする展開がほぼ無いので光の腐女子も安心して読める内容ではないかと感じました。
スロウラブが好きでは無い方やエロ多めがお好みの方には物足りないかもしれませんが私はこの作品で夕映月子先生にどっぷり心酔しました。