>
新着レビュー

緒川千世さんのレビュー一覧

媒体
tomohi0501 19/02/21/ 08:50

※このレビューはネタバレ有です

ちょっとしんどい

美しい描写と裏腹なストーリー
一途で健気な2人をこんなにも歪めてしまう赤い靴がとても恐ろしくて美しい

読後は、なんとも言えないモヤモヤした感じと、このラストで良かったんだろうなぁと思わざるをえない内容でした

アダムの気持ちが掴めずに読んでいたので、途中とても切なくなりましたが、それでもいいと背筋を伸ばすユーリがただただたくましくて美しいなぁと思いました

後半のミハイルがあったこ…

  • 0
ごまくろ 19/02/05/ 16:50

※このレビューはネタバレ有です

すっごいえげつない

緒川先生の、ダークな部分を前面に出された作品でした。
学生ものが多いイメージだったので、今回のラグジュアリーで外国的な設定は新鮮でした。


1話から読み応え抜群で、短編としても構成が非常によく出来ていて面白いと感じました。ユーリ目線で描かれる荒廃したアパレル業界と、そんな場所で生きていけるユーリとアダム。
歪んでいるから、執着しているからを抜きにして、普通に2人の生命力がすごい…!

  • 0
mx 19/01/30/ 22:59
チャラ男受け好きなら読んで

チャラ男受けが好きなので、よかった。
受けがだんだん可愛いくなっていく。

  • 0
ののみエキスパートレビューアー2018 19/01/26/ 19:32

※このレビューはネタバレ有です

何のために序列をつけるの???

まずはゲーム化おめでとうございます。
非常に有名な作品なので思い切って読んでみました。

まず始めに感じたのは、何でカーストゲームなんてやってるの?という素朴な疑問。
これ言っちゃったらおしまいなんですが、せっかくの青春時代をこんなゲームに費やしてしまうなんて本当にもったいない。
社会に出たら見えないヒエラルキーに雁字搦めにされるんだから、親に養ってもらってぬくぬく出来る今のうちに楽しい…

  • 1
マミィ。エキスパートレビューアー2018 19/01/22/ 12:03

※このレビューはネタバレ有です

少しだけほっとした

レビューの書きにくいカーストヘヴンですが今回は少し今後に期待できる伏線が見え隠れしていたように思います。

刈野の梓に対する仕打ちは相変わらずなんですが何だかんだで自分以外が梓に触るのは許さない感じが更にヒートアップしていて、梓も梓で刈野に対して絶対復讐してやる!と思いながらも体が求めたり、助けに来てくれたことを喜んでいて、結局二人良い感じなんじゃないの?と思ってしまいます。

今回、新キ…

  • 0
みかと 19/01/11/ 22:35
怖いもの見たさで

作品の試し読みでギスギスしたり無理矢理な場面が多そうで少しためらっていたのですが、評価がよかったりゲームになったりしていたので思いきって読んでみました。

確かに、そういうシーンは多く梓くんへの無理矢理な描写はありますが、話の進め方が非常におもしろく気になってしまう作品です。
まだ、完結はしておらず、最終的にどうなるのかはわかりませんが、「ゲーム」についての秘密や登場人物の関わりを知りたくな…

  • 0
anonymouse 18/12/13/ 01:58

※このレビューはネタバレ有です

甘いおやつとしょっぱいおやつを交互に食べると止まらない系

誤算のハート、終わらない不幸についての話、その他…緒川千世さん作品の諸々短編がまとまっています。
私ずぼらで特典や同人誌を集められず、一冊にまとめてもらえるのはとてもありがたいです。

烏童兄弟周り。烏童弟×三城の後日談はアホエロカップルの完全形ですね。
いちゃいちゃエロエロを所構わず笑、見せつけてくれます。
私がかわいいアホな子受けが大好物なのは三城のせいだ。

一方で清竹×烏童兄…

  • 0
chikakumacoエキスパートレビューアー2018 18/11/10/ 18:58

※このレビューはネタバレ有です

ねじれて狂気な不幸の話。

美しいアラビアンナイトが読みたい。表紙に魅かれたのに。
巻頭の物語は高校生の天邪鬼で切ない恋の話。『溺れる魚』
自分を好きにならない人が好き。なんて、思春期の女子学生が言いそうな言葉を真に受ける健気な岸。なんて哀れで綺麗なんだろう。読了してみれば、この狂気を集めた短編集の中で、一番ホッとする物語だと気付く。そして、表題に持ってこられた『ラクダ使いと王子の夜』のインパクトの弱さ。
しかもアルフ…

  • 2
chikakumacoエキスパートレビューアー2018 18/11/10/ 15:31
果実は腐れば腐るほど、甘く香る。痛ましい歪な愛の物語。

これは…。クリスチャン・ルブタンだよなぁ。と、思う。2話の冒頭はパリのナイトクラブ『クレイジーホース・パリ』で、80日間だけ上映された『FIRE』を彷彿とさせる。(その頃、私はパリを訪れていた。)緒川先生はあの靴を履いたことがあるのだろうか。普通に履いていると、リフト(ヒールの先のゴムの部分)がすぐにすり減ってしまう。「(修理に)お金がかかって仕方ないんだけど‼︎」と、愚痴る私に先輩は言ったものだ…

  • 1
chikakumacoエキスパートレビューアー2018 18/11/09/ 11:49

※このレビューはネタバレ有です

一緒に生きていきたいと想い合える人。育んできた気持ち。

そう、弓太の呼ぶ「エツロー」は、「エッロー」に見えてしまう。このエロ親父‼︎
見るからに手練れで、モテて。見境無く手を出してそうな色男、越郎。
事故で腕を骨折し、蹴られて肋を折り、転んで脚を折る。お世話係を仰せつかった弓太との
エッチな同居生活は…⁈ と、エロきゅんドタバタコメディかと思いきや。
雰囲気ある佇まいの、あちこち旧くなった、日本家屋でひっそりと独居してきた越郎の、
心の傷が癒…

  • 0