火崎勇さんのレビュー一覧

刑事と花束 小説

火崎勇  夏珂 

これは良い刑事受け

まずタイトルが素晴らしい。なになに?刑事さんとお花屋さんの恋?なんじゃそら!私ホイホイか!刑事受け大好きなので裏のあらすじに捜査一課とか書いてあったら即買いしてしまいます。

ヘタレワンコ年下攻め×キリッと男前お兄ちゃん属性です。はあ〜カッコ可愛い刑事さん大好き。平凡な町に起きた殺人事件がきっかけで2人は知り合うのですが、推理ものとして話もしっかりしているし、命の重さの部分もちゃんと書かれてい…

1

夕闇をふたり 初回限定ショートストーリーペーパー グッズ

恋人が不機嫌な理由

本品は『夕闇をふたり』の初回限定特典ペーパーです。

本編後、近石が猫を預かるお話です。

近石は旅行に行く上司から週末だけ世話をして欲しいと頼まれて
老猫を預かることになります。最初は長尾が嫌がるかと心配します。

しかし、長尾は猫が嫌でなければむしろ歓迎ムードで一緒に預かった
猫じゃらしで楽しそうに遊び始めます。

その間に近石が風呂に入り、上がった時には遊び疲れた猫を膝の…

1

夕闇をふたり 小説

火崎勇  実相寺紫子 

拗れた恋の危機

今回は大手広告会社勤務の会社員と出版社勤務の会社員のお話です。

受視点ですれ違った2人が心を通わすまでと
攻視点で本編裏事情的な回想と後日談を収録。

受様には同性の恋人がいます。高校1年で出会った同級生で受様とは
全く違う強さに憧れを抱き、やがて恋へと育っていきます。

3年間別のクラスで見ているだけでしたが、同じ大学を目指していた
事から共に試験勉強をする事となります。恋す…

1

ヒトデナシは惑愛する 小説

火崎勇  小椋ムク 

ヒトデナシとは

ヒトデナシっていうからどんなろくでなしかと思ったら「人ではない何か」という意味でした。
子供のころ神隠しにあった少年と人には視えないものが視えてしまう少年の話。
神隠しに会った少年は人から隔離されて育ち、なにものにも執着しないようにと自分を律してきたため浮世離れした感じの青年で、古書店が舞台というのもあって不思議な雰囲気の話でした。

〈あらすじ〉
共働きの両親により夏休みの間田舎の父方…

0

同居人はケダモノ!? 小説

火崎勇  一馬友巳 

う~ん…

あらすじを読まずにタイトルの印象だけで読み始めました。
同居モノは割と好きなので期待していたのですが…恋愛面のストーリーは王道の範囲かなと印象でしたが、受け様の行動に色々無理があったかなと思いました。

受け様が天然なので、それを強調するためなのかもしれませんが…。
主人公2人が
全くの赤の他人ではないという事と同居ということで、もう少し甘いものを期待していたのですが、そこは完全に予想が…

0

その脚の白き誘惑 小説

火崎勇  周防佑未 

私にはわかりにくかったです

 梁瀬は女に夢を持つ親友の付き添いで、その運命の人がいるかもしれない家に行き、その女性の弟――槐に興味を抱く。
 槐は梁瀬の好みの見た目をしていたが、自己主張と覇気に欠けていた。
 友人に付き合いながらも、リハビリ医として槐の足に触れ、槐の中にあるひたむきさを引き出そうとする梁瀬だが……

 という話でした。
 なんというか……言いたいことはわかる! でもわからない!! って感じの話でし…

0

ブルーデザート 小説

火崎勇  佐々木久美子 

この作品単独でも読めます

前作の『ブルーダリア』のリンク作ですが、前作とは主人公が変わっているのでこの作品単独で読んでも大丈夫だと思います。
もちろん前作を既読の方には前作で主人公だった2人も登場しているので背景等は更に分かりやすいかと思います。

前作もそうでしたが、今作も舞台は主人公の職場での出来事が主です。
ただ普通の職場ではなく、強引に頼み込まれたイレジュラーな環境でのお仕事です。
アラブのセレブが登場す…

2

ブルーダリア 小説

火崎勇  佐々木久美子 

色々気になることがありました

外資系のIT会社に勤める唯南と唯南のマンションの隣室に住む便利屋の東城。
真面目な唯南とワイルドでなんとなく怪しい仕事をしていそうな東城は全くタイプの違う性格です。
舞台は2人が住むマンションと唯南が勤める会社周辺がほとんどで、大人な社会人のお話かと思いきや…それだけではありませんでした。
あらすじを読まず読み始めたのですが、全く予想していなかった方向に話が進んでいきました。
そういう意味…

1

ブリリアント 小説

火崎勇  麻々原絵里依 

隠しているのが何なのか

火崎さんも麻々原さんも好きな作家さんなので、期待して読みました。
理由も告げず突然姿を消した若手画家の紺野が2カ月ぶりにアメリカから帰国するところからストーリーは始まります。
密かに身辺整理をし、都心から姿を消した紺野を見つけ出したライバルの飾沢は空港に迎えに行くのですが、紺野の側にはアレンというアメリカ人が付き添っていて、紺野の恋人だと告げられます。
紺野視点で語られているのですが、冒頭か…

0

安上がりでもいいよね「アナタの見ている向こう側」番外編 グッズ

主人公視点の後日談

本編の後日談、恋人になってからの話です。

宮本(受)は、関東(攻)に「一緒に買い物に行こう」と誘われて、楽しみでウキウキしていたのに、当日待ち合わせ場所に行ったら買い出しの手伝いでガッカリ。それでも幸せを感じてしまう安上がりな恋人…という内容でした。

本編同様、宮本(受)の視点からしかないので、実は買い出しでも一緒に出掛けたかった、と関東の胸の内を読めば楽しいかも!とは思ったのですが、…

0
PAGE TOP