お世話やきます

osewa yakimasu

お世話やきます
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×24
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
37
評価数
11件
平均
3.5 / 5
神率
9.1%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784877348717

あらすじ

1年振りに、後輩の雄一と再会した手嶋。可愛い雄一に頼られ、振り回されっぱなしの手嶋だったが…!? 愛と笑いの、ハイジ流ラブがついに登場!! 雄一のために頑張る手嶋の姿は、見モノです! ヘタレ攻×小悪魔(?)受の天然系ラブストーリー!

表題作お世話やきます

手嶋,社会人,尽くし体質,ヘタレ先輩
雄一,薬局勤務,天然小悪魔,甘えん坊後輩

同時収録作品あまい痛み

国津慎一,社会人
美浜,別荘の管理人

同時収録作品愛と笑え

加尾,学生
倉持,加尾の同級生

同時収録作品どうぞ手を。

野宮,高校生
水野,学生

その他の収録作品

  • お世話やきます2
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

不憫な主人公

地味な青年と子供っぽい受けの組み合わせは佐倉さんがわりとよくかく組み合わせかなぁと思います。
冴えない攻めが主人公というのも佐倉さんのパターンというか、似通ったカップリングが多いと言えばそうなんだけど、そのへんは好きで読んでるのでウエルカムです。

…ですが、この話はちょっと攻めの手嶋が不敏すぎる^^;
受けである雄一がわがままで、最後までほとんどデレないのですよね。ほんとに好きなの?てくらいです。しかし、それに根気よく付き合う手嶋は素晴らしい・・・。この気の毒さは味であるともいえるけど、受けが攻めを振り回しすぎな気もするので好みがわかれそうな感じです。
攻めが気の毒でもいい!って方にはおすすめです。

相変わらずお話のゆるさは建材。
このシリアスになりきれないところは大好きです。

短編集なので他にいくつか入っていますが、最後の「どうぞ手を」がとても好みでした!喫茶店の店員×常連さんです。

主人公の水野は、お金を持たないでうっかり飲食したことから店員の野宮に世話になり知り合いになります。
野宮がマフラーを貸してくれたり、家まで送ってくれたり、ささいな気遣い続きをしてくれるものの、あくまでクールです。一方の水野は鈍い天然系。

これは高校生×大学生の年下攻めで、それもよくあるわんこ系元気系の年下高校生でなくてクールな高校生なんです。こういう組み合わせってすごく好みだけどあんまりないので楽しめました。
お話も短いんだけど出会いから告白までが自然で可愛くてまとまっています。でみればこの話のその後とかもっと見てみたいなぁと思いました。

1

哀れな主人公

主人公(攻め)よ…。
相手(受け)の何が良くて、
そんなに構ってあげるんだ……。

ってか、なにが良くて
そんなに好きなの?

受け、酷すぎるじゃないか!
主人公があまりにも哀れすぎて
泣けてきます。

「奴隷にでもなるか」
とか、思っちゃってますけど、
それ、絶対ダメだから!

だからかもしれないんですけど、
受けに対して、
いろんな行動が、
いちいちイラッときちゃいますね…。

結局、くっついたはいいんですが、
やはり受けは
ずっとわがままで……。

佐倉さんの作品は
脱力系で好きなんですけど、
今回は、相手(受け)を
好きになれなかったなー。

1

どの話も可愛い~

表題作他短編集。

表題作は、自由奔放で勝手な後輩・雄一〔受〕に振り回される先輩・手嶋〔攻〕
面倒をみてやったりパシりになってやったり電話一本で駆けつけたりと、お世話をやくというよりむしろ尽くしてますよ、先輩ー!
でも自分勝手に手嶋を振り回してるかの様に見える雄一ですが、実は手嶋の事が好きで本当は構って欲しくて些細な理由で呼び出したり会ったりしているんですね。
自分勝手に見えて実は素直に好きって言えないデレ受。
そして先輩、手嶋のヘタレっぷりは読んでいて微笑ましい可愛いカップル。

他の短編も、中にはページ数の都合で展開早ッって思ったのもあったけど全体的に可愛い感じの話でした。

0

淡いっ(*´д`*)

じれったいような、でも感情はむき出しな感じで、読んでいてワクワクなストーリーです((o(^-^)o))
タイトル通りの、少し世話やき(いや、大分世話やき)の先輩と、年中デレデレな後輩くんが萌えっ!二人の気持ちを確認し合う経過も良かったです(*´д`*)

甘いのがお好きな方にオススメです♪

描き下ろしマンガも良かったですよ♪

0

ゆるくて笑えてロマンチック。

これまで何となく真剣には読んでいなかった佐倉ハイジ。
ゆるゆるほわわんといった感じの絵柄に、ちょっとスタイリッシュ系?などというイメージを勝手に持っていた。
それに雑誌でパラリと見かけた時も、いつも顔が同じような印象もあったりで、なかなか入り込めなかったのだが・・・この人、中身もゆるゆるほわわんだったのか!と、本作を読んで初めて知ってしまった。

表題作はヘタレ先輩・手嶋×小悪魔後輩・雄一のお話。
手嶋は雄一に構いたくて何かと世話を焼き、雄一は手嶋の興味を引きたくて何かと我儘を言う。
要するにすごい両想いな2人だというのに、気持ちが通じ合ってからもなかなか進展しないところがじれったくて可愛いかった。
何のことない手嶋も雄一も互いにどう接していいのか分からず空回っているだけなのだが、その雄一の精一杯のアピールがめちゃくちゃカワイイ!のだ。
自分からあからさまに誘えないものだから酔った振りをしてみたり、わざと体を殆ど拭かずに風呂から出て来てみたり・・・と、もう殆ど子供並み。
お話としては正直普通なんだけれども、所々に見られる自虐的なキャラ絵がどうにも笑いのツボをついてくる続きので、癖になりそうな作家だなあ・・・と、改めて思ってしまった。
また脇キャラのオヤジ支部長が個人的にはちょっと好きだ( ´ー`)
「もぉ寝ぇや!」とキレてる支部長にラブ。

その他収録分もセルフツッコミというか、モノローグが妙に可笑しかったりする。
中では「あまい痛み」がお気に入り。
とある島で別荘管理の仕事している青年・美浜と、そこへ別荘を持つセレブ(だかエリートだか御曹司だかよくわからんが)・国津のお話。
ハイジさんの描くキャラはよく無神経な人間が出てくる印象があったりするのだが、この国津も例に漏れず掴みどころのない男だった。
そして常にクールを決め込んでいる美浜の、実は人恋しい部分にズカズカと入り込んでくる無遠慮さ。
しかしちょっと強引なくらいが良いよね、と思わせてくれるカップルだった。

ゆるさと甘さの入り混じったハイジワールド、ぜひ手に取って読んでみてほしいと思う。
恐らく簡単さらりアッサリと読めてしまうかと思うので、気分転換にオススメ!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ