ニューヨークはバラ色に

ニューヨークはバラ色に
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
3件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784592874645

あらすじ

借金を抱えた両親のため、顔も知らない加勢グループ会長への身売りを決意した羽鳥空。ところが愛人生活に入る前最後の休暇に、アンティークのネックレスを手に入れるために訪れたNYで、建吾と名乗る男に誘拐されてしまう。建吾は加瀬への恨みゆえ、空を人質として誘拐したのだ。加勢への操立てのため、抱かれるわけにいかない空が手を出すなら自殺する、と言うと「俺に惚れさせてみせる。自分から抱かれたくなるようにしてやる」と建吾は宣言した。その次の日からは紳士的な態度で、空を美術館やオペラ、ドレスコードのある高級レストランやミュージカルに連日連れて行ってくれた。そして、デートの待ち合わせにバラの花50本を贈るカップルを羨ましそうに眺める空に、建吾は100本のバラを贈ってくれる。さらには、オークションで値のつりあがった目的のネックレスまで落札してくれた。とうとう加勢への受け渡しが明日に迫った夕方、セントラルパークを二人で散歩しているところを加勢の秘書に見つかってしまい…

表題作ニューヨークはバラ色に

加瀬建吾,受様の身売り主に恨みを持つらしい謎の男
羽鳥空,両親の借金の為に身売りを決意する二年目社員

その他の収録作品

  • ハネムーンはバラ色に

評価・レビューする

レビュー投稿数1

とびっきりのシンデレラストーリー。

内容より、あとがきの方が楽しかったとか言ったら怒られそうですが、あすま理彩さま、インテリでいらしたんですね…!なんでも日本とNYをお仕事で頻繁に行き来なさってたのだとか。花丸天国というインフォメーションペーパーのインタビューも良かったです。「ロスでレバ刺し食べて急性胃腸炎になり、死にかけました。NYでは、テ○られて、死にかけました(ということは世界貿易センタービルかそこらにいらしたってこと?)。ラスベガスでは、カジノですっからかんになり、帰れなくなりました」結構ソーゼツ。。お話の方ですが、とびっきりのシンデレラストーリー。まさにそうでした。煌びやかで華やかで、読んでいてわくわくしました。イラストが私の趣味じゃなかったのだけが残念だったんですが…;
「頑張っていれば、きっと誰かがどこかで見ていてくれる」というあすま理彩さまと空の信じる言葉は、きっと本当だと思います。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ