紳士で野獣

紳士で野獣
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
8
評価数
4件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784877245542

あらすじ

君の淫乱な姿をネット上に流されたくなくば、素直に感じろ―優秀な入国審査官として空港で働く聖也のライバルは、英国貴族の教育を受けた紳士ながら冷淡な態度の将和。
しかしある夜、将和が実は内通者を探る潜入捜査官であることを知った聖也は、口封じのため将和に媚薬を使われ犯されてしまう―感じてたまるかと屈辱に抗いつつも、将和の傲慢な言葉責めと灼熱の楔に、聖也は甘く淫らに喘いだ。
だが全てが終わると、打って変わって優しく身体を気遣う将和に聖也は戸惑い…。

表題作紳士で野獣

田中(仲倉)将和/入国審査官(潜入捜査官)
柚木聖也/入国審査官 勘が良く摘発率も良い

評価・レビューする

レビュー投稿数3

微妙

おもしろくなりそうな設定とかキャラだったんですが、なんとなく微妙なままで終わってしまったかも。ちょっと特殊能力とか、SFファンタジーっぽいノリが苦手なので。

0

入国審査官から・・・

入国審査官として働く聖也のライバルは革手袋をなかなか外さない田中(偽名、本当は仲倉)

仲倉は、潜入捜査で聖也は、媚薬で身体を奪われる。仲倉の言葉責めに、淫らになる。

聖也の妹が人質にとられ、違反をしなくてはいけなくなり悩むが悪い事は出来なかった。
仲倉の恋の力で、突き進む。

0

キャラは良かったんですが…

入国審査官の二人が最初は反発しつつもいずれ惹かれあい…みたいな話かと思いきや、途中からちょっと意外な要素が入ってきて、一風変わった感じの話になっていました。

入国審査官の聖也は怪しい人物を見抜く力(特殊能力?)を持っていて、不審人物をバンバン摘発しているという実績があります。
そんな聖也に、普段は無愛想で人を寄せ付けない優秀な同僚・田中が声を掛けてくるのですが、実は田中の正体は入国審査官ではなく潜入捜査官で、ある疑惑を聖也に抱き近づいてきたという経緯があります。

仲倉(田中は偽名で本名は仲倉と言います)をはじめ、警察のある組織に所属している人間が出てくるのですが、始めから入国審査官としての話ではなく、そちらの組織をメインにしたストーリーにしてしまった方が面白かったんじゃないかなと思ってしまいました。
その組織や特殊能力を持つ人間、キーマンになるヤクザの存在など、それぞれは悪くないのですが(むしろ結構好き)、この作品の中ではその設定が充分生かされていないというか、どこか中途半端になっている印象がありました。
また仲倉と聖也の関係についても、あまり萌える展開ではなかったの続きも残念でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ