情愛のリザーブシート

jouai no reserve seat

情愛のリザーブシート
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
6件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
プリズム文庫(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784775508961

あらすじ

千尋は、親友に誘われてイタリア料理店「トスカ」を訪れる。
出てきた料理は、どれも完璧なまでに自分好み。
驚く千尋の前に現れたオーナーシェフは、なんと6年前にミラノで付き合っていた年下の恋人・拓磨だった!当時は、甘く激しい恋に溺れた千尋だったが、拓磨の傲慢な束縛に疲れ果て、黙って逃げるように日本に帰りそれっきりだった。
強引だが、包容力もある大人の男に成長した拓磨に、再び求められた千尋は…。

表題作情愛のリザーブシート

イタリアンレストランオーナーシェフ/守沢琢磨・26
家具のセールス&バイヤー/永池千尋・28

その他の収録作品

  • 情熱のドルチェヴィータ

評価・レビューする

レビュー投稿数2

再会と成長

レストランシェフ兼オーナー・琢磨×家具店勤務・千尋の年下攻めなお話。

千尋は、6年前、留学先のイタリアで付き合っていた琢磨と、
彼の店(日本)で偶然にも再会します。
自分勝手な彼の束縛に苛立ち、すれ違い、一度は逃げ出した恋だったはずなのに、
終わらせたつもりで終わっていなかった気持ちに気付いてしまい―。

私は個人的に、“一度駄目だった恋は何度やりなおしても駄目”な
ものだと思っているのですがこのお話を読んで、
お互いに成長していればアリなのかな~という気持ちになりました(笑)
6年前は、子供っぽい年下執着攻めという印象だった琢磨も、
大人の男に成長していますし、
千尋のほうも、本編と続編の中で、勝手に自己完結しようとする癖を直し、
少しずつ成長していきます。

お話の展開としては、なんとなく先が読めてしまったところが残念でしたが、
アイテムの使い方が、素敵だったのが印象に残りました。
タイトルにもありますが、千尋が何気なく座っていた“シート”に
付けられていたある名前には、ときめいてしまいましたよ♪

水名瀬先生のイラストもとても素敵で、良か続きったです。

2

藍生有さんのデビュー作。

6年前、留学先のミラノの語学学校で二人は出会いました。
千尋(受)にひと目ぼれした拓磨(攻)の粘り強いアタックで千尋も陥落、恋人同士となります。
しかし始めは良かったのですが、拓磨の束縛や独占欲がだんだんと激しくなり、千尋の行動に煩く口を出し、そのくせ自分は一晩中友達と飲んでいるなど、身勝手さが目立つようになっていきます。
千尋の考えなど考慮することなく自分の夢ばかりを口にする拓磨に耐えられなくなり、千尋が逃げる形で二人は破局。
しかし、6年後に親友に誘われて行ったイタリアンレストランで、二人は再会します。そこが拓磨の店だったんですね。

その後、二人は6年前の出来事をお互い何も言い出さないまま、再び「恋人同士」のような関係に戻ってしまいます。
この辺がちょっと唐突で強引な感じがしてどうしても気になりますが、6年の月日を経て、自分がいけなかった部分を繰り返さないように、二人とも成長しているのがよくわかる。
こういう成長が見えると、いったん離れて再会することに意味があったんだな~と納得して受け止められます。

表題作のみだと腑に落ちない続き部分も目立ちますが、通して読むとちゃんとまとまった感じがします。
不器用な二人が遠回りする、甘い恋のお話でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ