楽園のペット

rakuen no pet

楽園のペット
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×23
  • 萌14
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
14
得点
77
評価数
24件
平均
3.3 / 5
神率
16.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
スーパービーボーイコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784862631800

あらすじ

ホストクラブ店長・五加に拾われた茉莉也。
五加さん、ホストのお仕事がんばったら、いっぱい可愛がってエッチなこともしてくれますか…? 
表題作の他、王子様の激しすぎる求愛によろめく学園ラブ、しゃぶってないと我慢できない症候群などなど、どこを取ってもラブ☆えろいっぱいの傑作読み切り集!!

表題作楽園のペット

桐谷五加 ホストクラブ店長
阿部茉莉也(23) ホスト

同時収録作品王子様のぼく

莉花郎(18) 通称王子様
ヒノ 庶民

同時収録作品Honeycomb Child

弥勒 学生
蓮 学生

同時収録作品You are my Lollipop.

迅(17) 高校生・義弟
リオ(17) 高校生・口にものを入れる癖がある

同時収録作品ボクのイジワル

伊万里火焚 ラウンジスタッフ
唐津智 チーフ

その他の収録作品

  • My Man -俺の男ー
  • はなのすけはみていた。

評価・レビューする

レビュー投稿数14

安定の美しきアナ描写

とんでもないタイトルをつけてしまいましたが(笑)
この作家さんが描かれる合体シーンのアナがセクシーすぎてやばいです。

『王子様のぼく』
短編なので急展開ではありましたが、その中でも細かい設定や2人の距離の縮み具合がバッチリ描かれていました。
王子様素敵。

『Honeycomb child』
ギャグやエロのイメージが強いあじあさんが描かれるシリアスダークな作品大好きです!
歪んだ近親相姦&複数プレイはこの作家さんで何度か見ますね。
この背徳感大好きです。

『You are my Lollipop.』
おバカ受けきたあああああああ!!!
指を舐める仕草をここまでエロく描けるのはあじあさんだけだと思います。
2人共一生バカップルであれ!!

『ボクのイジワル』
美人受け最高でございます。
攻めの伊万里君の我慢している姿がおあずけくらった犬みたいで(笑)
えちシーンは他作品と比べて少なめでしたが、それでも満腹です。

『楽園のペット』
表題作ですね。
清純天使ちゃん受けが可愛い可愛い。
攻めの五加さんはヤンデレ気質あると思います(笑)
続き
『My Man』
兄と兄の友人がSEXしているのを目撃してしまい、恋心を抱いてしまう攻め君のお話。
うしおくんが何とも流された感がありましたが、短編なのでまぁ仕方ないですよねー。
液体の描写がエロすぎました。

0

作家買いvv

私の中で「わたなべあじあ」さんは失敗ないのでとにかく買う!!
今回もいろんな雰囲気のお話がありました。
その中でもお気に入りは
「Honeycomb Child」 「You are my Lollipop」 「楽園のペット」

●Honeycomb Child●
このストーリーは私、養父の紫苑おじさんが大嫌い!!
とにかく自分勝手な考えじゃないかっ!!

この紫苑には嫁がいた。だけど従兄弟を愛人にしてた。
自分を愛さない夫に復讐しようと、愛人を誘惑してできた子供たち。
蓮と双子の弟・弥勒と螢兎。

蓮は紫苑が大好きなのに抱いてくれない。
なのに紫苑は「もう誰も心から愛さない」「悲しみの基礎になる」って言うくせに
螢兎を抱いてる。(蓮を悲しませてるくせに何言うかっ!!)
理由は螢兎が紫苑を憎んでるからという(はっ?!)
でも結局は蓮と弥勒を自分の部屋に呼んでいたしてる。
勿論、紫苑が抱くのは螢兎だけ…蓮を抱くのは紫苑に良く似た弥勒。
螢兎も憎んでる紫苑になんで抱かれるかというと、そうしないと蓮が自分と寝てくれないから…
弥勒の台詞で「アンタを殺して続きやりたいよ」ってあるけどまさにその通り!!
でも紫苑が返す言葉は「私を殺すのは蓮、お前達じゃないよ」なんて
そんなことできないのわかってるくせにっ!!おっさん超ムカつく!!
結局はお前の愛情の分散(嫁と愛人)ができてなかったせいだろうが!!

●You are my Lollipop●
小さい頃に義兄弟となった迅とリオ。
とにかく異常なくらいの寂しがりやのリオは常に指を含む癖がある。
一目でリオを気に入った迅は毎日自分の指をしゃぶらせてたが
17歳になった今、身体的にもヤバクなってきておしゃぶり禁止にしたのですが
指がしゃぶれなくて、意識がモウロウとしてきたリオは間違って友達の指をしゃぶってしまう。

そこで迅が怒るわけですよ。
お前が指しゃぶるなら、俺はお前のちんちんしゃぶるみたいな(^^;)
それが嫌なら指しゃぶり止めろ!!って
まっ、止めるわけないですよね。好きなんだから。
もう可愛いバカップルなお話でした。

●楽園のペット●
とにかく天使みたいに純粋無垢な茉莉也の姉の元亭主が
勝手に姉を保証人にして多額の借金をして逃げた!!
捕まえてくる!!とその間に甥の花乃助を預かり路頭に迷っているところを
ホストクラブ店長の桐谷に拾われる。
桐谷を好きになる茉莉也ですが桐谷には恋人がいると勘違い。(セフレなんですけどね)
天使のような茉莉也に手が出せないでいると、そのセフレがちょっかい出すんですよ。

だけど悪いのは桐谷。
だってセフレといる間も茉莉也のことばかり。
いくらお互い身体だけの関係でもちょっとデリカシーないよね。
まっ、そのおかげで2人はラブラブになるんですけど。

そして花乃助(3歳)に攻め疑惑。
2人のシーンをたまたま覗いてしまった。
それを見た花乃助がクマのぬいぐるみ相手に合体してた?!
お、おおっ…(^^;)

2

印象強い一冊

いろんなものが集まっている作品集ですが、結構印象強い作品が多かったと思います。

中でも「Honeycomb Child」は強烈でした。
親族入り乱れのドロドロ関係。弥勒が一番切なかったかな。
同人誌でも別のお話が出てます。

「You are my Lollipop」
もう高校生なのに、おしゃぶりをやめられないという設定がすごい・・・。
リオを大好きな迅が必死に堪えてるところが笑えた。

「ボクのイジワル」
モデルでモテるのに、好きな人に対しては超ヘタレな攻めが好きでした。

「楽園のペット」
表題作で、ホストクラブの店長とその店長に拾われた子のお話。
コミカルな片思いモノ。
お手伝いさんがいい味出してました(出番ほんのちょっとでしたが)。

「My Man -俺の男ー」
三角関係モノ。兄の友人が好きな高校生は、兄とその友人がセックスしているのを目撃して・・・
こういう設定は結構好き。

0

エロが濃い

わたなべあじあ先生の短編集、読みました。
こんなの、ばかり読んでたら頭溶けちゃうよ(笑)
ってくらい、いやー、あまあまでエロエロでした。
今回のコミックスは、けっこう私好みのお話が多かったですし
なんていうか、ホストクラブ店長と田舎育ちカプのような
素朴と派手、真面目と遊び人とか
ああいうの大好きなんですよね。幸せでした。(笑)

でも好き嫌いは、はっきり、わかれることには違いないですね。
(ノ><)ノ個人的には萌えだけど、中立作品だと思います 。

0

どっちかといえば作者除けをしていた人です

「ひめごとのはなぞの」他の表紙を見て自分には合わない絵だなと思ってたんで。

それにもかかわらずぷあぷあにあった
「You are my Lollipop」が良かったんで入ってるこの本を買ったんですが・・・
うーむ。You are my Lollipopだけが良かった。

0

ひとつずつ掘り下げてみた。

一作目『王子様のぼく』
学園の王子×庶民
よくある話っちゃ話。王道っちゃ王道。だけどこんなにエロく描く方はわたなべあじあさんの右に出る人はいないでしょうw
町娘なヒノが可愛かった!

二作目『Honeycomb Child』
どろどろな親子関係・・・

三作目『You are my Lollipop.』
この作品が一番好きです!この作品だけなら私的に神!
おしゃぶり(弟)×四六時中口にモノを入れる癖がある兄
リオの泣き顔がたまりませんっw

四作目『ボクのイジワル』
顔だけ男×美人チーフ
飯田さんよくやった!とガッツポーズw

五作目『楽園のペット』
ホストクラブ店長×小悪魔天使v
結構むりやりな出会いに笑w
ギャグセンス(?)がcjさんみたいでした

六作目『My Man―俺の男―』
古い作品なんでねー^^;
この作品だけだとしゅみじゃないです

描きおろし『はなのすけはみていた。』
はなのすけ可愛いw最後のオチがよかった!!

1

「楽園のペット」わたなべあじあサン


 1作目:同級生同士
 2作目:シリアス系 ドロドロしてます。
      好きなのに届かない・・・
 3作目:再婚同士の兄弟
     四六時中おしゃぶりしてなきゃダメなリオ(弟)
オニイチャンをずーーーとしゃぶっつちゃう リオ 可愛い
 4作目:ラウンジのバイトとモデルの掛けもちしてるヒノ×ラウンジのチーフ唐津
     手錠H
 5作目:店長桐谷×純真無垢ろりろりホストまりや
      他のホストにガムテープで拘束され
      襲われかけちゃう まりやは・・・
 6作目:学生×保健室の先生

0

 キラキラな世界

 う~ん、あじあ先生の描くものってふわふわレースが掛かってそうで、かわいいんですよね。でも、すごく好きってわけでもなくて、物語によって好き嫌いが出てしまうんです私。
 受けの子がかわいいばかりなだけではだめなんです。それしかないじゃんって気もしますが、なんと言ったらよいのか、ハッ!これ好きだと思わせるお話に時折出合わせてくれる作家さんだというのが私の中での位置づけ。
 
 「王子様のぼく」は、設定的にはよくあるもので、いわゆるセレブと庶民の恋ですか。う~ん価値観の違う二人にはいろんなところに発見があって、不思議と惹かれあう運命なのかな。攻めの顔が奥深いです。む~。

 「You are my Lollipop」も面白かったです!17歳になっても指をしゃぶっているリオのことを周りも結構すんなり受け入れているとこが、不思議な世界~。私の周りでも、指をしゃぶるのをやめられない子がいたので、親近感沸きました。

0

エロカワ

エロカワという表現がピタリときますね。
可愛い受けは本来好みではないんですが、あじあさんの漫画はなぜか惹かれてしまう。
絵が魅力的ってのもあるんですが、それだけじゃない何か…その何かがやっとわかった気がします。
表題作のキャラが言っていた言葉で「男は清らかかなものを汚したくなる生き物」…それだ!
多分精練潔白そう美しい少年が汚される(無理矢理じゃなく)姿に萌えを感じてるみたいです。

三話目のお話が1番好きですね。義兄弟もので、寂しいと何かをしゃぶってしまう受け。その受けが可愛くて自分の指をしゃぶらせてた攻め。
小さいころはよかったけど17にもなるとさすがに色んな意味でまずいことに…

ポップでキュートでエロい!

0

おしゃぶりっていいよね!

全体的にコメディチックな作品なんですが、1作だけなんか場違いにシリアスな話が…(+_+)

『ハニコムチャイルド』は初め読んだ時、近親相姦?家族で4P?とか思ってたんですが、どうやら更に複雑な人間関係…。4人の関係を文章で書くのは難しいので省きます。主人公は双子の兄・蓮(受)。彼の両親の葬儀から物語は始まります。
特に印象的なのは「バラは血でできていて、百合の花は精液でできている」というフレーズ。耽美な香りのする作品でした。
正直この話で丸々1冊描いて欲しかったです。十分描けると思うけどなぁ。しかし一度読む価値はあります。


後はほとんどコメディタッチ。一番好きだったのは『ユーアーマイロリポップ』です。
義理の兄弟だけど同い年の迅×リオ。リオには小さい頃から指をしゃぶる癖があって、17歳になった今でも指をしゃぶってます。寝る時はいつも迅のベッドに潜り込んで、迅の指をしゃぶりながら寝付くという始末。
リオのことを犯したいくらい好きな迅は、もういい加減それに耐えきれなくなっており、リオにおしゃぶり禁止令を出します。
しかし幼い頃からの癖が簡単に治るわけがなく、我慢して続きいる内にリオはフラフラと他の男の指をしゃぶってしまいます。それを見た迅は激怒。リオを叩いてしまいました。
ショックを受けて大泣きするリオに迅はついに「自分の指をしゃぶってもいいが、そのかわり俺だってしゃぶる!」とリオをひん剥いてアソコをパクリ(笑)
で、まぁそのままHに突入して両想いになるんですが、最後のオチが面白かった。
初Hの翌朝、迅が目覚めるとリオの姿がどこにもない。ところが布団をめくってみると、そこには迅の股間をちゅぱちゅぱおしゃぶりしてるリオがいましたとさ。めでたしめでたし。

いや~さすがはわたなべあじあ先生です。外れが無いなぁ。ホント作者買いしようと思います。同人誌も欲しい…

0

エロかわのお人形さん

あじあさんの攻め様は皆男前のハンサムで
受けちゃんは、みんなお人形さんみたいって思っていたら
SDマニアだったのか!で納得しました☆
とにかく、エロスとかわいさ抜きん出ているので、それだけで満足です。
倒錯も変態も許せてしまう。
「ハニコムチャイルド」はダークでいいですね~
親子兄弟なんですよ(鼻血)
「You are my rolypop」は指を吸う癖が、やはりあそこにいってしまうのね。
「楽園のペット」ショタかと思ったら23歳!?
しかし、しかし赤ん坊の花之助ヤバイすよ~。
すでに攻めの要素が、いつかやっちゃいそうですね。

エロくてかわいくてケーキバイキングみたいで、何も考えずに読んで楽しめる貴重な作家さんと思いました。

0

ナイスエロカワ

たまにムショーに読みたくなります。あじあさん。
受はひたすら天使のように可愛らしく美しく、攻はひたすらイケメン&イイカラダ。眼福です。
今作も、テンション高めのラブエロ満載でした。
深く考えずに素直にエロに集中できますwww
楽しんで描いてるんだろうな~というのが伝わってくるというか…素敵です。

「Honeycomb Child 」
唯一シリアスでしたが、耽美な雰囲気がスゴイ。「風と木の詩」を思い出しました。

「ボクのイジワル 」
ヘタレワンコな攻と強気美人な受がたまらないです。

「You are my Lollipop 」
義兄弟モノ(兄大好きな弟×常に何かしゃぶっていないとダメな甘えっこ兄)
やっぱりこうゆう突き抜けたネタっぽいのを期待してしまう(笑)
あじあさん、さすがです!

0

とにかく

アマアマのトロトロです(´∀`*)ポッ
受のこがとにかく純粋で綺麗過ぎるのですよ。
大好き大好き大好き。
ヤヴァイ、浄化されそうorz
首輪とか有りますが、まったく酷いプレイもなく。
トロットロ空気な一作でした。

他、耽美な作品のオンパレード。
絵を見てるだけで満足してしまうほど。
ため息ばかりが漏れます。
表情が上手いんだよ~~~。
ロン毛とか苦手なのにあじあサンの描かれるロン毛はゆるせてしまう。
攻とか普段興味ないのに、あじあサンの描く攻には無性にときめいてしまう。
そんな不思議な魅力がてんこ盛り。

【ボクのイジワル】の2人は中でも最高でした(*´д`*)
男ッポい2人がいちゃこらエロいことに励んでる姿はたまらない。
ちょっと表紙の絵が濃すぎるのは難ですが(苦笑

4

あまえろっ

あじあさんっなんでこんなに可愛らしいのっ

絵が綺麗すぎるっっ


今回の中で『you are my Lollipop』ってゆう作品が一番お気に入りですっ

義兄弟もので、同い年の弟×兄ものです。

四六時中口にモノを入れる癖がある兄が可愛いっっ

頑張って我慢しようとするとこが可愛いんです

ナイス上目遣いっっ


本当に可愛いらしい作品なので、読んでみてくださいっ

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ